サイダーじゃ! その2


その2 行きまーーーすっ!!  (^.^)/





有馬鑛泉の瓶です。
d0359503_20080554.jpg

明治33年(1900)に、大阪堺の酒造家で清酒「春駒」醸造元の鳥井駒吉が
サイダー製造会社「有馬鑛泉合資会社」を有馬に設立しています。

明治34年(1901)に日本で最初のサイダー「有馬シャンペンサイダー」を
神戸居留地の外国人、外国航路向けに発売。

大正15年(1901)に製造停止になり、平成14年(2002)に有馬八助商店が
お土産開発の一環として「有馬シャンペンサイダー」を76年ぶりに復刻、
「ありまサイダーてっぽう水」として発売されています。



トレードマーク?
d0359503_20081549.jpg


底周りには、右読みで「泉鑛馬有」
d0359503_20083693.jpg


「ARIMA MINERAL WATER」
d0359503_20084482.jpg


気泡もポチポチと.....。 (*^^*)
d0359503_20090749.jpg


窪んだキックアップの底にもトレードマーク。
d0359503_20094366.jpg





次はなんだ?



日本最古の歴史を誇る、兵庫県西宮市の「株式会社布引礦泉所」
明治32年創業です。
(どれが本当の最古なんだ?)(ーー;)
d0359503_20100728.jpg


オリジナルかどうかは不明ですが、コルク付きのガラス栓も付いてました。 
d0359503_20103655.jpg


こちらも気泡がいいです。
d0359503_20101620.jpg

底周りのエンボス.....。
二つ重なった蹄鉄のようなマークはなんでしょね?
d0359503_20105658.jpg


ダイヤモンドのトレードマークを挟んで、右読みで「ンロトシ💎キビノヌ」 
d0359503_20110914.jpg


「ダイヤモンドマーク」
d0359503_20112020.jpg


「シトロン」は、ある柑橘類の名称ですが、広義で柑橘系飲料をさすようです。
d0359503_20113349.jpg




次は一番のお気に入り。

株式会社別府鑛泉の「金色サイダー」?
有名な金線サイダーというのがあるので、これもサイダーだと思うんですが....。

検索すると、「川原の一本松」さんのブログにもありましたが、他は探せませんでした....。

しかしさすがは某会長?のブログには
もっと渋いデザインの金色サイダー瓶がアップされてました。
(-ω-)/
d0359503_20125351.jpg


ぐるりと「金色」の文字
d0359503_20130175.jpg


底周りには、山? お猿で有名な高崎山でしょうか?
(・・?
d0359503_20130831.jpg



右読みで「泉鑛府別」
d0359503_20131537.jpg


またもや山............。
d0359503_20132193.jpg


「社會式株」
d0359503_20132879.jpg





ちなみにサイダーとは無関係ですが、ついでにお気に入りをもう一本......。

(^^ゞ

壽屋(現サントリー)が明治40年(1907)に発売した
赤玉ポートワイン(現在名は赤玉スイートワイン)の瓶です。
総合洋酒メーカーとしてのサントリーの土台を築き上げた有名な製品です。
d0359503_20140907.jpg


キックアップの底に「AKADAMA・」の素朴なエンボスがツボです。
(*^▽^*)
d0359503_20142232.jpg
パチモンでなければいいが......。




ではこの辺で!


(・ω・)ノ



[PR]
# by hiroibito | 2017-12-08 18:25 | 手持ちのびん | Comments(2)

サイダーじゃ! その1

部屋の整理の都合上のアップ、今度はサイダーなどなどを....。

(^^;)





「別子サイダー」です。
別子は愛媛県の別子銅山で有名ですね。
d0359503_20001717.jpg


新居浜市の工場で作られていたようです。
d0359503_20004536.jpg


「矢形炭酸飲料製造所」で検索しても、「別子サイダー」で検索しても出てきませんでした。
ただ、現存する「別子飲料」という会社が出てきましたが、関連は不明です。
d0359503_20005460.jpg


瓶本体はよくある流用品.....。このあたりの時代では普通のことです。
「三ツ矢サイダー」の瓶が使われることが多いですが.....。
(私が子供の頃飲んでいた農協のサイダーもそうでした)

これは古いですね。右読みです。
「社會式株ーダイサ輪雪」
d0359503_20010299.jpg


愛媛県の宇和島市に大正時代の頃に設立された会社のようです。
それ以上のことはわかりませんでした。
d0359503_20011146.jpg


d0359503_20012102.jpg


非賣品のエンボスがいいですね!
サイダー作っておいて売らないなんて! (ーー;)
(瓶だろっ!)
d0359503_20013106.jpg


おもむろに気泡も存在感に貢献してます。
d0359503_20014070.jpg






次は王道!「三ツ矢サイダー」
 (*'▽') 説明の必要なし!!
d0359503_20024222.jpg


大小とも肩のエンボスは同じです。
d0359503_20025668.jpg


正味量の、丸正マーク 340mlは大きい方の瓶のエンボス。
d0359503_20043635.jpg


ラベルはちっと残念....。
個人的にはエンボスが控えめなものは、ラベルは生きてた方がいいです。
  (嗜好はころころと変わりますが.....。)
d0359503_20040738.jpg



時代は遡ります。
d0359503_20050053.jpg


三ツ矢のマーク
d0359503_20051162.jpg


底周りには
「ASAHI BREWERIES.LTD.」
d0359503_20054890.jpg


d0359503_20055950.jpg


d0359503_20061191.jpg





この間には、魅力的なエンボスの三ツ矢サイダー瓶があったと思いますが
いまだ手に入ってません。 (T T)







更に遡ります。

シンプルですが、この手が出てくれると嬉しい瓶です。
二本とも同じものです。
d0359503_20064354.jpg


底裏にはトレードマークと、時計回りに「三ツ矢」
d0359503_20070370.jpg




これらも同じ系統ですが、左の瓶は色が明るく、ネックリングもありません。
d0359503_20072421.jpg


トレードマークと、反時計回りに「矢ツ三」
d0359503_20073525.jpg




その2に続きます。




ところでどなたか、次の瓶が何の瓶かご存じないですか?
d0359503_20133846.jpg


この瓶、どなたかのブログでも拝見した事があるんですが、
その方もよくわからなかったようです。

d0359503_20134875.jpg
通りすがりでもご存じの肩....。いや、方がいらっしゃいましたら御教示願います。
コメントよろしくお願いします。


m(_ _)m






[PR]
# by hiroibito | 2017-12-07 22:00 | 手持ちのびん | Comments(2)

その2行きます!

\(^o^)




前回も取り上げた「日本ビール」の別タイプ.....。
d0359503_22202166.jpg
左の小さいほうの肩のエンボス。「Nippon Beer」
d0359503_22204600.jpg
こちらは右の大きいほう。間に☆のマークがあります。
後に「サッポロビール」となりますが、
このデザインの文字がそのままSapporoとなって、継承されています。
d0359503_22205354.jpg





「キリンビール」です。
d0359503_22210164.jpg
これは左の小さいほう。肩には右読みで「ルービンリキ」
d0359503_22210946.jpg
反対側は重なった「KB」のマークを挟んで「標商 録登」
d0359503_22211530.jpg
右の大きい方です。
やはり右読みで「ルービンリキ」
d0359503_22212383.jpg
反対側も小さいのと同じ、
「KB」を挟んで右読みで「標商 録登」
d0359503_22212928.jpg
大きい方にのみ底周りにもエンボスがあります。
右読みの「ルービンリキ」
d0359503_22214165.jpg
反対側は「KB」を挟んで右読みの「標商 録登」
d0359503_22214804.jpg




これらは同じキリンでも透明とブルーグリーン。
ビールではなく、炭酸系などの清涼飲料と思われます。
エンボスは左右とも同じパターン。
d0359503_22223112.jpg

肩周りに「KB」を挟んで
「KIRIN BREWERY CO.LTD.」

d0359503_22223830.jpg

d0359503_22224720.jpg

d0359503_22225500.jpg

そして底周りに「KB」です。
d0359503_22230500.jpg



そして次っ!
..................................................

...............。


あれっ?



無い............。(ーー;)



ビール瓶特集、始めておいてなんですが........。


どうやら第一回の部屋の整理の時、
これ以降の○の中に正味量の正の字がある瓶あたりから手放しちゃったみたいです.....。
(記憶が曖昧.....。)



そーゆーわけで.....。



ではまた!

m(_ _)m

(おいっ!!)








[PR]
# by hiroibito | 2017-12-06 20:45 | 手持ちのびん | Comments(2)

今回は手持ちの中からビール瓶です。



なぜにビール瓶かというと.....。 ここのところ部屋の「第二回 大整理大会」中で、
スペースの都合上、仕舞っちゃうと出しにくくなるところに入れざるをえないので、
それなら仕舞う前に写真撮っておこう!ついでにブログのネタにしてしまおうと.....。

ただ、それだけです。 (^^ゞ

この手のでかい瓶は興味を持つ人が少ないと思いますが、
まっ、付き合ってやって下さい。  
<(_ _)>




まずは、これを.....。

「サクラビール」

九州初のビール会社として門司において大正2年(1919)製造開始
当初は「帝国麦酒」という社名で、昭和4年(1929)に桜麦酒株式会社に社名変更、
昭和18年(1943)に大日本麦酒と合併し、姿を消したそうです。
d0359503_21483102.jpg
桜のマークと右読みの「標商録登」のエンボス。
d0359503_21483830.jpg
下回りのエンボス、「SAKURA BEER」
d0359503_21484645.jpg
「ルービラクサ」
d0359503_21485546.jpg




次はこれ、「大日本ビール」。大き目の気泡がいいですね。
d0359503_21490395.jpg
底裏はキックアップになって凹んでます。
d0359503_21491663.jpg
サンドブラストの文字で、「標商◎録登」
d0359503_21492539.jpg
反対側には「造醸社會式株酒麥本日大」

d0359503_21493342.jpg




同じく「大日本ビール」の色違い。エンボスは全て同じパターン。
d0359503_21494118.jpg
「DB」の文字マーク

d0359503_21494891.jpg
「TRADE ◎ MARK」
d0359503_21495580.jpg
底周りには「DAINIPPON BREWERY Co LTD」
d0359503_21500214.jpg
底には星のマーク
d0359503_21501468.jpg




これも「大日本ビール」ですが、濃いグリーンの色からすると
ビール用ではない可能性も....?
d0359503_21503560.jpg
「DB」のマーク。
d0359503_21504329.jpg
「造製社會式株酒麥本日大 ◎ 」
グリーンの色がきれいです。
底裏にも底周りと同じマークが入っています。
d0359503_21505077.jpg





「日本ビール」

「大日本ビール」は戦後の昭和24年(1949)に集中排除法により
「日本ビール」と「朝日ビール」に分割されたようです。、
d0359503_21510301.jpg
「BNK」のマークが三方向にあります。
d0359503_21512066.jpg
マークを挟んで「NIPPON BEER KOSEN CO LTD」
d0359503_21512698.jpg





元に戻って.....。 (^^;) 

「大日本ビール」

透明瓶なので、これもビールじゃないと思われます。
d0359503_21513359.jpg
「BNK」の文字、反対側も同じ。
d0359503_21514068.jpg
「造製社會式株酒麥本日大 ◎ 」
d0359503_21514952.jpg
星のマーク。
d0359503_21515706.jpg




こちらは底周りにエンボスがあるだけ....。

やはり「大日本ビール」です。
これもビールではなく、炭酸飲料系か......?
d0359503_21522991.jpg
「造製社會式株酒麥本日大 ◎ 」
d0359503_21523977.jpg
やはり星のマーク。
d0359503_21524989.jpg




その2に続く......。

(-ω-)/





[PR]
# by hiroibito | 2017-12-03 23:24 | 手持ちのびん | Comments(6)

いつもの川へ (4)

順番的に最後にパッとしないものが来てしまった....。
(それでもアップする)
(^^;



いつもの「ジュジュ」のクリーム瓶。右はアラバスターです。
d0359503_21425950.jpg



こちらは見慣れない形....。いいですね、古そうだし。
d0359503_21430942.jpg


「CAppi」のエンボス。 カッピーです。
1908年(明治41年)創業の田端豊香圜 カッピー化粧品本舗の製品のようです。
d0359503_21432086.jpg



アラバスターの蓋付。
d0359503_21433028.jpg


メーカー不明.....。どこのマーク?
d0359503_21434081.jpg


これも既出の「ももの花ハンドクリーム」
d0359503_21435503.jpg



これもたまに出る「クラブ ホルモンクリーム」
現在もプラスチックに変わりましたが、同じデザインで現役です。
d0359503_21440505.jpg



エンボスは無いですが、この形は「モナ」ですね。
d0359503_21441885.jpg



こちら不明瓶。
d0359503_21443052.jpg



これも不明瓶。
d0359503_21444358.jpg



こちら、「カネボウ」の試供瓶。三個目かな?
d0359503_21445264.jpg


蓋にはマーク.....。
d0359503_21450255.jpg



他、こまごまと.....。
d0359503_21451330.jpg




既にアップ済みですが、陶製の人形や猪口など。
d0359503_20435430.jpg


これは高台があるので、お皿かな? 
ということは、ままごと系か雛道具ですかね?
d0359503_20442389.jpg



陶製の人形の裏側には山の下に正の字....。
d0359503_20455391.jpg

川から助けてくれてありがとう.....。
「ウフフフフフ.......。」
d0359503_20445359.jpg


「ホホホホホ......。」
d0359503_20452228.jpg
「ほほほほほのほ..........。」


こわっ (◎o◎) !





ではまた!

[PR]
# by hiroibito | 2017-11-24 18:37 | リバーコーミング | Comments(4)