またまた山です。

懐かしマーケットに行く前に、またまた山に行ってきました。

d0359503_22340999.jpg

ハケらしいハケは見つからず....。
d0359503_22363815.jpg


近年の不法投棄場でゴミに混ざって、アンカーコップを見つけ....。
(これ一番最初は買ったんだけどなぁ。けっこう出る....。)
d0359503_22431517.jpg


時代は若そうだけどこんなグラスも....。
真ん中のインクびんだけ表面採取。あとはゴミから...。
d0359503_22442587.jpg


おお~!しょうゆびんまであるじゃにゃーきゃぁ
備後弁(広島弁と備後弁は微妙に違います)
ど~でもいいか....。
(肥料袋に入ってました)
d0359503_22434620.jpg



この下段真ん中のびん、どんな蓋だったんだろうと思ってたら、
懐かしマーケットでガラス蓋つきを見ました。
蓋だけでは売ってくれそうにないので買わなかったけど、
可愛い形なんです。
ちなみにその右側のは偽卵と、尺八?を吹く人の陶製人形。
裁縫用のへらは重めなので象牙?と思い持って帰りました。
d0359503_22435601.jpg


コバルト色のびんと思って、持って帰ってよく見たら、
中に青色の塗料?が入ってただけ....。
d0359503_22441693.jpg


こちらはゴミから出たものと表面採取が半々...。
キリンビールのプリントびんはいつもスルーしてたんですが、
HBCさんの本に載ったので参考品としてお持ち帰り。

上段右端のは三ツ矢ソースびん、蓋つき \(^0^)/
こっちにも来てたんだ.....。
以前買ったものより少し小さい気がします。
小ぶりの方がいいっ!
d0359503_22443684.jpg
ちなみにナーリングのあるびんでも、子供時代にお世話になったものは
持ち帰ります...。(ほんと際限がない)




家にはまだ下洗いもしてないこんなものもいっぱいあるのに.....。
(画像はごく一部)
d0359503_22433716.jpg


そしてこの投棄場最大の見せ場!









金川式活桒育器!!(/・ω・)/
d0359503_22485138.jpg

おいっ!!
今度は三十七本。割れてたのや、お嫁に行ったのを除いて
合計五十九本になりましたぁ~~~!!!
(複雑な心境....。)('◇';)

トレード用にとっとくにしては多すぎ....。



投棄場で疲れたので、家の近くの既ハケに移動。
d0359503_22460393.jpg


d0359503_22455616.jpg

d0359503_22453761.jpg

岡山縣製薬の神薬が出たハケです。
d0359503_22473908.jpg

d0359503_22472907.jpg
五回目でもうとっくに掘りつくしたはずですが、



まだちょびちょび出ますねぇ。
d0359503_22491820.jpg



左端は蜂印のカラシびん。
ラベルが残ってたんですが、ちょっと当たったら、バラバラに
剥がれ落ちてしまいました。これはラベルがあった方が良かった。
(--;)
d0359503_22491114.jpg



左上は岡山縣製薬の神薬の破片。完品はダメでした。
しかし片口式の組合目薬二本、
エンボス薬びんも片方は口が縦に割れていたものの、二本出ました。
右下のコバルトびんの破片は大きな○の中におおきな蚕の文字。
ずっと完品に憧れてるんですけどねぇ。
金川式はもういいので、こちらを一本!びん神様!!
d0359503_22492420.jpg



また来ると思うので簡単に葉っぱをかけるぐらいの片づけで撤収!
山の持ち主には許可をもらってます。
以前、ハケより大分下の方でバッタリ出会い、お互いビックリ!
事情を説明してからは理解してもらえましたが新たな情報は得られず...。
d0359503_22474863.jpg



ウマノアシガタのお花畑道を歩き....。
(これは一重ですが、八重咲のは園芸種のキンポウゲです)
d0359503_22461832.jpg


山を後にしました。
d0359503_22462746.jpg


しかしこんなものまで持って帰ってしまうんで、
色んなものがいっぱいありすぎてなかなか洗えず、
洗った後のびんのアップが出来ませ~ン。
(だったら持って帰るなよ.....。)
d0359503_22493001.jpg


[PR]
# by hiroibito | 2017-05-03 09:37 | びん | Comments(8)

倉敷・懐かしマーケット

きょうは久々に倉敷に行ってきました。
もちろん観光ではなく、目当てはこれです。

「倉敷・懐かしマーケット!!」

日にちが合えば必ず来たい市です。
地元の骨董市などでは、ほとんどガラスびん出ないんです。
今回は気候が良く、GWということもあって、
いつもよりお客さん多いみたいです。
d0359503_19594813.jpg

おっ!左端パイロットのインクびんのピンク硝子!!
と思ったら赤インクで汚れてるだけでした....。
d0359503_19595752.jpg
あちこちガラスびんが出てます。

あ、透明わかもと....。
アンバーしか持ってないので、
値段を聞いて速攻で買い!
d0359503_20001864.jpg

d0359503_20002798.jpg


お、珍しい。ウズラ酢の素の子供が居る....。
しかし、くちばしが欠けてました.....。
d0359503_20003323.jpg

この右端のびん.....。
一週目は見落としてました。
チキンソースのびん!
二週目で買いです。
d0359503_20004757.jpg

仁丹びん二つほど購入。
d0359503_20005459.jpg
来るたびにガラスびんを扱う業者さんが多くなってます。
d0359503_20010522.jpg

d0359503_20011242.jpg

d0359503_20012057.jpg

d0359503_20012616.jpg

おねえさんなど撮らしてもらいつつ.....。←こらっ
d0359503_19590956.jpg

駆け足で各ブースを回り、これと思ったら買っちゃいます。
二週目に見た時には消えてることが良くあります。

飴屋びんもいいんですが、これまで手を出したら、えらいことになります。
d0359503_20013628.jpg

d0359503_20014513.jpg

d0359503_20021115.jpg


この中の美顔水、ちょっと悩んだけどやめときました。
剣先コップもトロトロで良かったんですが
これも値段を聞いて断念.....。
相場的には普通の値段だったんですがねぇ...。
予算が....。(泣)
d0359503_20021747.jpg

d0359503_20022251.jpg

d0359503_20022735.jpg
ブルーの目薬びん。
本体は持ってるので、スポイトだけくれといったら断られた....。
当たり前か。
だって透明は五百円でブルーは千円て、高くね?
ちなみに上の画像のケース入りのやつもなぜか千円。
ケースに入ってないのは安くしてよォ....。
d0359503_20023250.jpg

d0359503_20023931.jpg

いつも来ているファイキン関係など扱ってる業者さん。
気になってるけど、ガラスびん優先で買ってくから
結局決めた予算をオーバーして買えない.....。
d0359503_20024756.jpg

d0359503_20030219.jpg

この置き薬の箱、欲しかったけど予算オーバー.....。
いい感じのじいさんの絵なんだけどなぁ。
ん? 薬神様か.....。
d0359503_20030908.jpg

d0359503_20033442.jpg

d0359503_20034046.jpg

あるブースの看板犬。
「ぼくもう疲れたよ....。」
d0359503_20034770.jpg

結局マーケットで買ったもの。

チキンソース。
うぶだし状態なので汚いし、そんな古いものでもないんですが....。
d0359503_20045862.jpg

このニワトリのエンボスがずっと欲しかったんです。
d0359503_20050457.jpg

透明わかもと(^^)
d0359503_20051085.jpg

仁丹びん中身入り
d0359503_20052194.jpg

d0359503_20052720.jpg

少し形が違うけど、庄司先生の「びんだま飛ばそ」にも載っていた実験びん
碍子は大きさ比較用です。
d0359503_20053258.jpg

続いてマーケットにも出されていたけど、倉敷といえばココ。
山陽堂さんへ。
d0359503_20040455.jpg

しかし、これといったものが見当たらず、
こきーゆさんへ。

病院名のエンボスが入ったびんは
基本的には買わずに、自力で見つけたものだけにしてるんですが、
これは大きさが可愛かったのと、三百円と良心的だったので購入。
d0359503_20051621.jpg
誰も気が付きそうに無い場所に
バス?のコンペーびんが置いてありましたが、
お店の留守番の方が、値札がはがれていて
いくらかわからないとのこと。
携帯で聞こうとしてくれましたが、なかなか主がつかまらず、
わからずじまい....。
まっ。高いのはわかってるからあきらめました。


ほかに何軒か骨董屋さんをめぐり、定番の毎度毎度の
倉敷観光を済ませ、(何回来たことやら....。)
d0359503_20041603.jpg

鳩さんなど眺め....。
d0359503_20042233.jpg

定番ポイントで女房殿の記念写真を撮らされ.....。
(この画像にはいません)
d0359503_20042840.jpg
家路につきました。
あ~。楽しかったけど疲れた....。(^0^;)

[PR]
# by hiroibito | 2017-04-30 21:55 | 骨董市 | Comments(8)

神薬


私と神薬との出会いはこの一本から。
ある島でビーチコーミングをしていて、たまたま満潮線より上の草むらに転がっていたもの。
漁師さんが捨てたものが打ちあがったのか?
この地方には出回ってなかったと勝手に思っていたので意外でした。
ただ、首が折れていたのであまり感慨はありませんでした。
d0359503_22000678.jpg
d0359503_21595997.jpg
それ以来ずっと完品にあこがれて、出会いを待っていたのですが、
海はもちろん、メインフィールドを川に変えても、欠片さえ見つかりません。
青い欠片は目薬のものか、エンボスのないものばかり....。
他のびんは色々出たんですが.....。


そんな時、山の中の集落跡地に転がっていたのがコレ。
つぶれた家屋の瓦下にコロンとありました。
邑田資生堂の八角神薬!
しかし完品だけど、比較的最近まで出回っていたもの。
しかもスクリューキャップ......。
最近やっとこの良さがわかってきたけど、
拾ったときはやはり「なんだかなぁ...。」でした。
(ぜいたくな)
d0359503_22001211.jpg


相変わらずなかなか神薬は見つからず、
やはりほとんどこの地方には出回ってなかったと改めて思い始めた矢先。
別の山の集落跡地に二か所ハケを発見。掘ってみると....。


滋賀縣製薬
d0359503_22002265.jpg
d0359503_22002713.jpg


サークルK神薬
d0359503_22003401.jpg
d0359503_22004113.jpg

出たけど、割れてます。涙です。
やはり不完全燃焼....。


そして今度は比較的自宅からすぐの山の集落跡。

出た!!
岡山縣製薬 \(^0^)/
最終的に数本出て、二本お嫁に行きました。
d0359503_22010006.jpg


山陽神薬
d0359503_22010812.jpg
d0359503_22011486.jpg

無名の神薬二本、一本は割れてます。
d0359503_22012130.jpg

でか神薬と普通サイズ
神薬っぽいけどラベルがないため不明。
d0359503_22012796.jpg
d0359503_22013806.jpg
百湯撰?温泉の素かな?

d0359503_22014790.jpg
神薬はやはりその神秘性に惹かれます。
今では禁止のクロロホルムが入っていたとか、
甘いため子供の嗜好品代わりにされていたとか、
他の売薬と一緒に、日本中の山深い集落のすみずみまで
行きわたっていたことなども
遠い昔の人々の暮らしを思い起こされ、感慨があります。

中身が残っていたのを舐めてみたことがありますが、
薬臭さの中に甘さをけっこう感じました。
ただの気付け薬と言ってしまえばそれまでですが、
やはりこの色と相まっていつまでも追っていきたい一品です。



[PR]
# by hiroibito | 2017-04-26 23:01 | びん | Comments(4)

染料びん

今回は手を抜いて、手持ちの染料びん達

まず、一番よく出るこの方。スクリュータイプはもういいから、
コルク栓のが欲しい (^^ゞ
「みやこ染」縦書き、ほぼ全部川から
d0359503_22151367.jpg
















続いて横書き、同じく川から
d0359503_22152564.jpg
















「みやこ染 白ダイ」川と山から
d0359503_22153218.jpg
















d0359503_22154255.jpg
















「みづほ染料」山からだったかな?
d0359503_22155606.jpg
















「ゆたか染」
この前、初見と書いたけど、すでに一本拾ってた....。(^^;
左が山、右が川から
d0359503_22160794.jpg
















右から「ソメテハゲヌ 敷島染」、川から
d0359503_22161563.jpg
















京都の「家庭染料京美染」、山から
d0359503_22162605.jpg
















ネックの細いタイプ、山から
d0359503_22163696.jpg
















そして、「音羽染」!!。これは川から(ほんのり銀化してます。)
d0359503_22165351.jpg

































ごそごそ探してみたら、あちこちから出てきて
合計六本ありました。
しかし手前二本以外は傷だらけ...。
d0359503_22170501.jpg
















ではまた。

[PR]
# by hiroibito | 2017-04-22 22:56 | びん | Comments(10)

川からの贈り物

今まで集めたびんのほとんどが、一本の川からです。
しかもほんの1~2キロの範囲です。
川物ゆえ、傷、欠け、すれも多いけど、
長年泥や砂の中に眠っていたものは比較的きれいです。

町中の川で拾ってますから、最初はちょっと人目が気になりますが、
慣れてしまえばなんともなくなります。(^^)
むしろ一般の方から見れば、ゴミを拾ってるわけですから、
環境美化活動? 堂々と拾えます。
ただし、話しかけられるのが苦手な方には、町中を抜けた川をお勧めします。
大丈夫。会話を楽しみましょう。(最近はめんどくさくなってきたけど...。)
ポイントは、古くから栄えた町があり、川自体の環境があまり変わっていない場所です。
海から近く、干潮時に干潟が出る。もしくは水深が浅くなって歩ける川がベストです。
(この状況が、全国で当てはまるとは思いませんが、参考までに)

これはマイフィールド、満潮時の画像です。
d0359503_17482984.jpg
















場所を特定できる画像ですが、あえて貼ります。
なぜなら前にも書きましたが、去年の大雨の被害で上流から大量の砂が
水とともに押し寄せ、お宝を海に押し流してしまったと同時に、
川底を深く覆ってしまい、残っていたであろうブツも出なくなったからです。
(残党がわずかに出ますが...。)
それと、ヘドロがたまっている場所も多く、
慣れないと足をとられて身動きできなくなります。こけたら、全身泥水だらけです。
(何回かやりました...。)
それでもチャレンジしたい方は喜んでご案内します。
海から上がってきた子フグや、チヌ、ボラが遊んでくれます。
流されてきたカメさんも救出することができます.....。(^^;)

ところでこの記事は、別の場所でアップしていたんですが、ブログで仕切り直し....。
見て頂いた方には、見覚えのある画像ばかりですが、付き合ってやってください。
では。



みかん水です。ネット上や書籍で見かけるシュッと細長いものでなく、
このあたりはこういった形になります。
d0359503_19560215.jpg
















「みかん水」や「非賣壜」等のエンボス入りや、首にネックリングがあるもの....。
d0359503_19555020.jpg
















二段のみかん型.....。
d0359503_19553021.jpg
















次はニッキ水!山から出たのも混ざってます。
d0359503_19551262.jpg
















上段右二本は山から、他は川から.....。
d0359503_19544763.jpg
















上段左端は川から(やや、表面がすれてます)
中断右端は買ったもの、他は山から
d0359503_19543664.jpg
















川からは右端のみ、頭だけの左二つは山から。
左二つは他に完品が一個あったんですが、
飾り棚の整理中に落っことして割っちゃったので、
くやしまぎれに真ん中のを買いました....。
d0359503_19545820.jpg
















次!コンペー!! すべて川から!
左の当たり矢のマークのは、裏がパックリ割れてます。
完器は真ん中だけ。
d0359503_19541863.jpg
















ヒコーキと機関車!
機関車はもっと大きなお気に入りがあったんですが、
これも落っことして、木っ端みじん....。(泣)
d0359503_19541108.jpg
















リャーフルとペストリ!!
特にペストリ(ピストル)を見つけたときは、
川の中で一人静かに「ヨッシャーーーーッ!!」
と叫んでました....。(^^;)
d0359503_19540570.jpg
















次、「ペロペロ」!
これも上から三段目、左端の真っ二つのを除いて、すべて川からです。
上段左端は、ほんとは蝋燭の燭台をひっくりかえしたものです。
知るひとは知っている.....。
d0359503_19535574.jpg
















こんな方...。
d0359503_19532650.jpg
















あんな方....。
d0359503_19533341.jpg
















真ん中のは足が欠けてたんで、立たせるため、パテで補修したものです。
(透明系をつかえばよかった...。)
d0359503_19531664.jpg
















で、これが燭台他のみなさん....。
d0359503_19530453.jpg
















こちらガラスのコマとままごと系二つ.....。
右のは、カップとセットになっていたと思われます。
d0359503_19534743.jpg
















そして最後に....。
固形ラムネと思われるみなさん!!
d0359503_19522242.jpg
















d0359503_19521496.jpg
















最初何のびんかわからなかったんですが、四つめでエンボス入りが出て
固形ラムネだとわかりました。
現在も売られている、ラムネ菓子と同じようなものかはわかりません....。



「ハピー」、「大阪ラムネKK」、逆三角形の中に「サ」のエンボス文字
d0359503_19520029.jpg
















以上。

追記
私はビーチコーミングによる貝殻収集、陶片収集もしていましたが、
あるかたの陶片収集のブログがきっかけで、川に入るようになりました。
びんはビーチコーミングがきっかけですが、本格的にびんを集め始めたのは
その方に触発され、川に入ったからです。
残念ながらそのかたは、今は亡き人となられましたが、
生きていらっしゃるうちにお会いしたかった....。
同じ県内に住んでいたのに残念です。
そのかたに感謝しています.....。


























[PR]
# by hiroibito | 2017-04-15 22:25 | びん | Comments(7)