タグ:ディギング ( 4 ) タグの人気記事

「ビーマン」

今回も手持ちの瓶をアップです。
お手軽に一種類だけ......。(^0^;)



白髪染めの「ビーマン」です。
ビーマン研究所から販売されていたものです。


d0359503_22540971.jpg
スクリュー蓋の口のは川で拾ったものです。
その後コルク栓のを拾いましたが、確かハケからだったと思います
どこのハケかも忘れましたが.....。
(やっぱり記憶力悪い)(ーー;)

双方とも状態は良くお気に入りの瓶たちです。

!(^^)!


[PR]
by hiroibito | 2017-11-16 22:28 | 手持ちのびん | Comments(2)

白髪染めじゃあ!

きょうはネタがないため、白髪染めの日。
特に理由は無いんですが、部屋の中がとんでもない状態になっており、
少しでもスッキリさせるため、びんや古民具を取り捨て選択中なので、
選択が終わったものからアップすれば、一石二鳥。
整理するうえでも、都合がいいだけだったりします。(^^ゞ

白髪染めなので、似たようなびんばかりですが、お付き合いください。


まずは、やたらと出るこちらのシリーズ....。
ご存じホーユーの「ビゲン」!
その1
d0359503_21572234.jpg
ふたのロゴはこう。
d0359503_21575982.jpg
底のロゴ。微妙に違うツーパターン。
d0359503_21582078.jpg
ラベル付きは中身入り。
d0359503_21573492.jpg
その2
ふたがベージュ色のタイプ。
d0359503_21584093.jpg
d0359503_21584827.jpg
底のロゴは手描き?風。
d0359503_21585539.jpg

その3
ふたのロゴが違うタイプ。
d0359503_21592292.jpg
d0359503_21593326.jpg
その4
びん正面にビゲンとあるタイプ。
d0359503_21594851.jpg
底にはロゴは無し。
d0359503_22000295.jpg

続いて「パオン」!
その1
側面にPAONとエンボス。
d0359503_22002245.jpg

d0359503_22003393.jpg

その2
正面にPAONとエンボス。
d0359503_22004268.jpg

d0359503_22005611.jpg

その3
ふたが褐色のタイプ
d0359503_22010551.jpg

d0359503_22011805.jpg


今度は「納言」!
d0359503_22013091.jpg


次は「元禄」
左はスクリューふた、右はコルク。
d0359503_22015010.jpg

裏は右から、量定
d0359503_22015915.jpg

川物で傷だらけですが....。
コルク栓で、裏側は定量と、GENROKUのエンボス
d0359503_22021245.jpg

一番よく出る「るり羽」スクリューふた。
裏側に定量のエンボス
d0359503_22022719.jpg

こちらは裏側に、
定量
過酸化水素水13cc、
大阪.堂島.上一
山発産業
d0359503_22023784.jpg

これはコルク栓。
裏は右から、容定。
d0359503_22024873.jpg

同じくコルク栓で裏は定量のエンボス。
びんの色は二色あり。
d0359503_22025919.jpg

こちら無印!裏はコノスジ定量。
d0359503_22031071.jpg

これらも無印!裏は右から容定。
右端のみ、右から線量定。
d0359503_22032369.jpg

これらはまったくエンボスなし。
d0359503_22033334.jpg

「君が代」二種。右は甲液。
左は乙液でしょうか?
右のは洗った後で下の方に、ニュウが...。(T T)
d0359503_22034421.jpg

どちらもMADE IN JAPANのエンボスあり。
d0359503_22035558.jpg

「志らが赤毛染ナイス」
山の集落跡のハケでセットで出ました。これも乙液、甲液かな?
写真忘れたけど、底にT.M.のエンボスあり。
d0359503_22041422.jpg


そしてこちらっ!
ケラダマヒのmaicaさんから頂いたものです。
こころよく譲っていただきありがとうございました。
「清姫」の厚底、おちょぼ口でトロトロの「羽衣」!
どっちもいいっ!
(^o^)/

みなさんから頂いたものは、少しずつこういった形でアップさせてもらおうと思います。
d0359503_22043094.jpg


おまけ。
白髪染めをはじめとした、海で拾った砂糖菓子状態のびんたちです。
川では汚く傷だらけのことが多いんですが、
海では徹底的にみがかれて、美味しそうになったのが、たまに見つかります。
綺麗な完品とは違った良さが生まれます。
d0359503_22044056.jpg


おまけのおまけ。

ちょっくら干潮を見計らって、いつもの川へ行ってきました。
d0359503_22051960.jpg
前回より多少ましかな?とは思いますが、まだ多くの場所が砂に埋もれていてダメです。


本日の結果。
洗った後でまた捨てるものを選びます。

この中に破片ですが、お宝を見つけた人はさすがです。
d0359503_22052657.jpg

書籍。「いろはにコンペイトウ」59ページの7番と同じものと思われます。
破片とはいえ、わたしにとってこのタイプは初見!
嬉しいものが見つかりました。\(^o^)/
d0359503_22053599.jpg
洗った画像はまたそのうち....。(^^ゞ



[PR]
by hiroibito | 2017-05-29 00:00 | 手持ちのびん | Comments(10)

神薬


私と神薬との出会いはこの一本から。
ある島でビーチコーミングをしていて、たまたま満潮線より上の草むらに転がっていたもの。
漁師さんが捨てたものが打ちあがったのか?
この地方には出回ってなかったと勝手に思っていたので意外でした。
ただ、首が折れていたのであまり感慨はありませんでした。
d0359503_22000678.jpg
d0359503_21595997.jpg
それ以来ずっと完品にあこがれて、出会いを待っていたのですが、
海はもちろん、メインフィールドを川に変えても、欠片さえ見つかりません。
青い欠片は目薬のものか、エンボスのないものばかり....。
他のびんは色々出たんですが.....。


そんな時、山の中の集落跡地に転がっていたのがコレ。
つぶれた家屋の瓦下にコロンとありました。
邑田資生堂の八角神薬!
しかし完品だけど、比較的最近まで出回っていたもの。
しかもスクリューキャップ......。
最近やっと、これの良さがわかってきたけど、
拾ったときはやはり「なんだかなぁ...。」でした。
(ぜいたくな)
d0359503_22001211.jpg


相変わらずなかなか神薬は見つからず、
やはりほとんどこの地方には出回ってなかったと改めて思い始めた矢先。
別の山の集落跡地に二か所ハケを発見。掘ってみると....。


滋賀縣製薬
d0359503_22002265.jpg
d0359503_22002713.jpg


サークルK神薬
d0359503_22003401.jpg
d0359503_22004113.jpg

出たけど、割れてます。涙です。
やはり不完全燃焼....。


そして今度は比較的自宅からすぐの山の集落跡。

出た!!
岡山縣製薬 \(^0^)/
最終的に数本出て、二本お嫁に行きました。
d0359503_22010006.jpg


山陽神薬
d0359503_22010812.jpg
d0359503_22011486.jpg

無名の神薬二本、一本は割れてます。
d0359503_22012130.jpg

でか神薬と普通サイズ
神薬っぽいけどラベルがないため不明。
d0359503_22012796.jpg
d0359503_22013806.jpg
百湯撰?温泉の素かな?

d0359503_22014790.jpg
神薬はやはりその神秘性に惹かれます。
今では禁止のクロロホルムが入っていたとか、
甘いため子供の嗜好品代わりにされていたとか、
他の売薬と一緒に、日本中の山深い集落のすみずみまで
行きわたっていたことなども
遠い昔の人々の暮らしを思い起こされ、感慨があります。

中身が残っていたのを舐めてみたことがありますが、
薬臭さの中に甘さをけっこう感じました。
ただの気付け薬と言ってしまえばそれまでですが、
やはりこの色と相まっていつまでも追っていきたい一品です。



[PR]
by hiroibito | 2017-04-26 23:01 | 手持ちのびん | Comments(4)

花見のち、ディグ

女房殿と花見にいってきました。

途中タラの芽など採りつつ、ちらちらと怪しい場所を探ります。
えっ何を探るかって?
もちろんハケ(昔のびんや陶磁器他をすてていたゴミ捨て場)です。(^^)
d0359503_23582287.jpg
















d0359503_22304206.jpg

































在来種のキビシロタンポポや外来種の西洋タンポポ.....。
d0359503_22345239.jpg

































d0359503_22350446.jpg
















春を感じつつ現地到着
d0359503_22355546.jpg

































弁当を食べたら、とっとと帰りながらハケ探しに出発!
花見とタラの芽採集の本日のノルマを達成したので、女房殿は文句は言いません。

さっそく上に続く怪しい道....。
d0359503_22454509.jpg

































しばらく行くと.....。
d0359503_22460538.jpg
















石垣が少し残る住居跡?.....。なんにもなさそうだけど.....。
はずれの方に行くと、一升瓶の導入でハケ発見!(^0^)/
土地の持ち主を探すのは困難な場所なので、そのまま掘らしていただきます。


ここからは掘ります。掘ります。
でかいびんが集まってるとこは、某師匠にならってびん塚と呼んでますが、
だいたい、でっかいびんしかないのが普通です。
しかし下から小さめのびんも出始めた!

掘ります。掘ります。掘ります.......?
          
???.....................................。
d0359503_23014171.jpg
















d0359503_23013325.jpg
















時代が若すぎ.....。深めに掘ればとも思ったけど、だめなようです。

それなりの時代のものは少しありますが、ダメです。 (ーー;)
d0359503_23014989.jpg
後片付けをし、撤収!


本日の結果。
印判の小皿は集めてるので良かったんですが、
普通は持って帰るのを迷うものばかりです。
d0359503_23020670.jpg
















右下の染料びんはやたら普通にどこでも出るみやこ染めと、やや少ない音羽染め。あとは古くないパイロットインク。
一応ナーリング(1961年以降、破損を防ぐための底に入れてあるギザギザ模様)のない化粧びん三つ。
時々出る注射器と、何の変哲もない透明クリームびん(しかも口が欠けてたので、後で捨てた)
右上のピンクのフクロウは、別場所の不法投棄場にあった現代の貯金箱(目が合ったのでしかたなく....。)

まっ、こんなものです。いつものことです。
ついでのディギングでいいものが出たためしはありません...。
まっええか!とりあえず「拾うたんじゃけぇ........。」
*********************************
PCは苦手なうえに、始めたばかりで、まだブログの設定、
使い方が??????な面が多いですが、暖かく見守ってやってください。
では!


[PR]
by hiroibito | 2017-04-10 00:02 | ディギング | Comments(5)