いつもの川へ (4)

順番的に最後にパッとしないものが来てしまった....。
(それでもアップする)
(^^;



いつもの「ジュジュ」のクリーム瓶。右はアラバスターです。
d0359503_21425950.jpg



こちらは見慣れない形....。いいですね、古そうだし。
d0359503_21430942.jpg


「CAppi」のエンボス。 カッピーです。
1908年(明治41年)創業の田端豊香圜 カッピー化粧品本舗の製品のようです。
d0359503_21432086.jpg



アラバスターの蓋付。
d0359503_21433028.jpg


メーカー不明.....。どこのマーク?
d0359503_21434081.jpg


これも既出の「ももの花ハンドクリーム」
d0359503_21435503.jpg



これもたまに出る「クラブ ホルモンクリーム」
現在もプラスチックに変わりましたが、同じデザインで現役です。
d0359503_21440505.jpg



エンボスは無いですが、この形は「モナ」ですね。
d0359503_21441885.jpg



こちら不明瓶。
d0359503_21443052.jpg



これも不明瓶。
d0359503_21444358.jpg



こちら、「カネボウ」の試供瓶。三個目かな?
d0359503_21445264.jpg


蓋にはマーク.....。
d0359503_21450255.jpg



他、こまごまと.....。
d0359503_21451330.jpg




既にアップ済みですが、陶製の人形や猪口など。
d0359503_20435430.jpg


これは高台があるので、お皿かな? 
ということは、ままごと系か雛道具ですかね?
d0359503_20442389.jpg



陶製の人形の裏側には山の下に正の字....。
d0359503_20455391.jpg

川から助けてくれてありがとう.....。
「ウフフフフフ.......。」
d0359503_20445359.jpg


「ホホホホホ......。」
d0359503_20452228.jpg
「ほほほほほのほ..........。」


こわっ (◎o◎) !





ではまた!

[PR]
by hiroibito | 2017-11-24 18:37 | リバーコーミング | Comments(4)

いつもの川へ (3)

え~.....。

間違って「いつもの川へ (2)」を (1)と同じ日にアップしちゃいましたが....。
(どーでもいいか)

今回は(3)です。前回のつづき....。(^^;)
d0359503_20495302.jpg




こりゃもう、汚れてても見慣れた人はお判りでしょう....。
d0359503_20515693.jpg

「ロート」の両口式点眼瓶です。
d0359503_20415346.jpg



これは二個目! 前に拾ったものより一回り大きいです。
d0359503_20422473.jpg

「デッカ」の瓶。
検索しても他の方のブログは出てきましたが、その方も不明とのこと....。
d0359503_20425438.jpg



これは?
d0359503_20522676.jpg

この形は、固形ラムネと思われます。

コンペイトウ瓶も一瞬疑いましたが、今まで出た固形ラムネに佇まいが似ています。
d0359503_21415342.jpg


左は瓶好きには有名な、マエダの固形ラムネ、「セルベット」
もちろん買った物ですが....。(^^ゞ
d0359503_21420125.jpg

ちなみにこの川ではこのタイプが多く?出ます。
大阪ラムネ株式会社の「ハピー」
d0359503_21421321.jpg

d0359503_21422839.jpg


他にはこんなタイプもあります。(右端は今回の物)
左端の仁丹瓶に似たタイプは「SASAKI」のエンボスがありますが、
レトロアツメ 狐憑きさんのブログでも別タイプをとりあげられています。
中央の島田製菓株式会社の物もレトロアツメ 狐憑きさんのところでとりあげられています。
(ここからのリンクの仕方がよくわからない.....。) (ーー;)
d0359503_21423860.jpg


見ての通りのガラスの蓋....。いいですね。
d0359503_21403832.jpg



見ての通りのペロペロか、ままごと系の破片....。残念ですね。
(-ω-;)
d0359503_21411036.jpg



おっ!これは......。
d0359503_20525632.jpg



見ての通りの「ペロペロ」!! \(^o^)/
d0359503_20532609.jpg

ほぼ完品です!
d0359503_21412104.jpg
凸凹に欠けてるように見えますが、
作られたとき型の中にガラスが行き渡らなかったようです。
d0359503_21413035.jpg

あとはごくわずかなニュウと台座がちょこちょこ欠けてるだけ。
これならOKです!(キズ多いけど....。)
d0359503_21413807.jpg
既出のタイプですが、やっぱり「ペロペロ」は嬉しいですねぇ。



では、その(4)へつづく.....。

(*'▽')




[PR]
by hiroibito | 2017-11-23 20:40 | リバーコーミング | Comments(4)

いつもの川へ (2)


S君との二度目の出会いの後、日を改めてまたやってきました。
d0359503_20483983.jpg


まず、これ....。
d0359503_20535621.jpg


これが出たのは久しぶり。大きめの味の素です。
ちなみに左の味の素は、よくあるものよりやや小ぶりです。
d0359503_20365066.jpg
オイルを塗って出来るだけ透明に見えるようにしてますが、双方ガサガサです....。
右のは古いので一応とっておきますが、左のは残念ながら.....。(^^;)



右読みで「素の味」
d0359503_20370280.jpg

これはたまに出る「カゴメ」の瓶です。前にも書きましたが好きな瓶です。
(本当にカゴメでいいんだろうか....。) (・・?
d0359503_20371524.jpg

カゴメのトレードマークの「六芒星」
d0359503_20372894.jpg

おっ!たまに出る形のインク瓶!
d0359503_20512375.jpg

色もきれいです。状態もまずまず。
d0359503_20374967.jpg

「セーラー」です。この形の瓶は、他のメーカーにもあります。
d0359503_20375993.jpg

小瓶とバイアル瓶と曇った水薬瓶.....。(状態が悪いのでみんなさよなら)
d0359503_20381006.jpg

「みづほ染料」の透明瓶。この色を拾ったのは初めて。
(買ったら同じものを拾ってしまった....。)
d0359503_20381911.jpg
ちなみに手持ちの「みづほ染料」を代表してこの四つを参考までに....。
d0359503_20383254.jpg

瓶の色違い....。片方はラベル付き。
d0359503_20384390.jpg

円筒形の色違い。
d0359503_20385352.jpg


続いてはこの瓶........?
d0359503_20390236.jpg


ではなくて、これは蓋ですね。最初にこれが出た時は悩みました....。
(^^;)

化粧瓶? なんだこのプラスチックの白いの?
あれ、?口の穴が塞がってる.....。なぜ?
車かバイクのライト関係....?いやいやいや、その場合も配線用の穴がないと....。

などなどと.....。
d0359503_22142578.jpg


おなじみ、コロンブスの靴クリーム瓶。
d0359503_20391427.jpg


メーカー不明の化粧瓶。
川瓶特有のマーブル状の擦れが入ってます。
d0359503_20392562.jpg
やや大きめだし、底が欠けてるので.....。う~~~~~ん.....。

ポイッ!


こちら「資生堂」

これといった特徴もなく、中も曇ってるのでこれまたサヨナラ。
d0359503_20393880.jpg

d0359503_20394911.jpg


ありゃありゃららら.....。
「びしっ」と、ヒビ入りのレートフード。手持ちもあるんだけど、やっぱり捨てられない....。

d0359503_20395982.jpg

d0359503_20401460.jpg

d0359503_20402109.jpg


「カネボウ」の試供瓶二種。状態悪し.....。
d0359503_20403126.jpg


資生堂の「スペシャル」
d0359503_20404009.jpg

d0359503_20404809.jpg


透明のと摺りガラスのクリーム瓶。
d0359503_20410018.jpg


モナの化粧品のふた....。
d0359503_20410945.jpg


印判の皿
d0359503_20412917.jpg


タイル....。
d0359503_20412040.jpg

続く.....。

(・ω・)ノ


[PR]
by hiroibito | 2017-11-22 22:40 | リバーコーミング | Comments(6)

いつもの川へ (1)

いつもの川へっ!と、言いたいところですが、その前にちょっと前のことを.....。


以前川で会った、中学生のS君にまた会いました。
話を聞くと以前会ったあと、何度か探索に来ているようで....。

なんと、陶器のタムシチンキの瓶がでたそうです!

こりゃ、さすがに羨ましい。\(◎o◎)/!

他にもポツポツと私の持ってない瓶を拾われたようで...。
なかなかやります。将来有望!


で、S君が見つけたという海ハケに案内してもらいました。
この場所はよくそばを通りますが、まさかこんなとこに!
と、思われる場所だったのでノーマークでした。
S君すごい!


確かに陶器の破片を中心にハケってる....。
ここでもいいものを手に入れたようです。
(なんだったっけ?)← おいっ!

残ってるのはガラばかりのようですが...。
d0359503_20492092.jpg


ニッキ水の破片かな?
d0359503_22551346.jpg


これは!! 「不可飲」の瓶!! の破片....。
d0359503_22550090.jpg


ガラスのコマも普通に落ちてます。 破片が....。
d0359503_21404956.jpg


羽釜のままごとガラス! なぜ割れてる....。(´Д⊂ヽ
d0359503_21410150.jpg


大正12年の「小型五銭白銅貨」、時代の良さを物語ってます。
さすがに錆びの塊だったので、サンポール攻撃で無理やり綺麗にしました。
d0359503_21424617.jpg


ふう....。

なかなか面白い場所を見せてもらい、やっといつもの川を探索です。
しかし、夕方になってる上に干潮時間が過ぎつつあり、時間がありません。
d0359503_20502486.jpg


まず、あったのはいつものビー玉....。
d0359503_20505303.jpg


その後、短い時間で拾ったのと、S君ハケで拾った破片を合わせてこれくらい....。
d0359503_22554375.jpg
成果がいまいちなので、日を改めて.....。





別の日にまた来ました! (^^ゞ
d0359503_20363118.jpg


つづく......。


(-ω-)/




[PR]
by hiroibito | 2017-11-22 20:27 | リバーコーミング | Comments(4)

外用サリチール水

今回も手持ちの瓶。
「外洋.... 。←(今日の誤変換)、じゃなくって (^^ゞ

「外用サリチール水」

川底に沈んでました。長い間埋もれていたのか奇跡的に無傷のピカピカです。
いつもの川から出たもので、これだけ綺麗なのは珍しいです。

戦前から戦後すぐにかけての瓶ですね。外用の文字は右読みです。
d0359503_22534928.jpg
検索してもヒットせず....。
サリチール酸は清酒の腐敗防止用等に使われていたようですが、
酒蔵がこんな量で間に合うのか? サリチール水はその水溶液なのか......?

右読みで「坂大」、縦に「開野製」←(この字が探しても出てこず、適当に当てはめてます。)
d0359503_22535709.jpg





ではまた!

(-ω-)/


[PR]
by hiroibito | 2017-11-18 11:46 | 手持ちのびん | Comments(2)

「ビーマン」

今回も手持ちの瓶をアップです。
お手軽に一種類だけ......。(^0^;)



白髪染めの「ビーマン」です。
ビーマン研究所から販売されていたものです。


d0359503_22540971.jpg
スクリュー蓋の口のは川で拾ったものです。
その後コルク栓のを拾いましたが、確かハケからだったと思います
どこのハケかも忘れましたが.....。
(やっぱり記憶力悪い)(ーー;)

双方とも状態は良くお気に入りの瓶たちです。

!(^^)!


[PR]
by hiroibito | 2017-11-16 22:28 | 手持ちのびん | Comments(2)

白髪染めじゃあ!

きょうはネタがないため、白髪染めの日。
特に理由は無いんですが、部屋の中がとんでもない状態になっており、
少しでもスッキリさせるため、びんや古民具を取り捨て選択中なので、
選択が終わったものからアップすれば、一石二鳥。
整理するうえでも、都合がいいだけだったりします。(^^ゞ

白髪染めなので、似たようなびんばかりですが、お付き合いください。


まずは、やたらと出るこちらのシリーズ....。
ご存じホーユーの「ビゲン」!
その1
d0359503_21572234.jpg
ふたのロゴはこう。
d0359503_21575982.jpg
底のロゴ。微妙に違うツーパターン。
d0359503_21582078.jpg
ラベル付きは中身入り。
d0359503_21573492.jpg
その2
ふたがベージュ色のタイプ。
d0359503_21584093.jpg
d0359503_21584827.jpg
底のロゴは手描き?風。
d0359503_21585539.jpg

その3
ふたのロゴが違うタイプ。
d0359503_21592292.jpg
d0359503_21593326.jpg
その4
びん正面にビゲンとあるタイプ。
d0359503_21594851.jpg
底にはロゴは無し。
d0359503_22000295.jpg

続いて「パオン」!
その1
側面にPAONとエンボス。
d0359503_22002245.jpg

d0359503_22003393.jpg

その2
正面にPAONとエンボス。
d0359503_22004268.jpg

d0359503_22005611.jpg

その3
ふたが褐色のタイプ
d0359503_22010551.jpg

d0359503_22011805.jpg


今度は「納言」!
d0359503_22013091.jpg


次は「元禄」
左はスクリューふた、右はコルク。
d0359503_22015010.jpg

裏は右から、量定
d0359503_22015915.jpg

川物で傷だらけですが....。
コルク栓で、裏側は定量と、GENROKUのエンボス
d0359503_22021245.jpg

一番よく出る「るり羽」スクリューふた。
裏側に定量のエンボス
d0359503_22022719.jpg

こちらは裏側に、
定量
過酸化水素水13cc、
大阪.堂島.上一
山発産業
d0359503_22023784.jpg

これはコルク栓。
裏は右から、容定。
d0359503_22024873.jpg

同じくコルク栓で裏は定量のエンボス。
びんの色は二色あり。
d0359503_22025919.jpg

こちら無印!裏はコノスジ定量。
d0359503_22031071.jpg

これらも無印!裏は右から容定。
右端のみ、右から線量定。
d0359503_22032369.jpg

これらはまったくエンボスなし。
d0359503_22033334.jpg

「君が代」二種。右は甲液。
左は乙液でしょうか?
右のは洗った後で下の方に、ニュウが...。(T T)
d0359503_22034421.jpg

どちらもMADE IN JAPANのエンボスあり。
d0359503_22035558.jpg

「志らが赤毛染ナイス」
山の集落跡のハケでセットで出ました。これも乙液、甲液かな?
写真忘れたけど、底にT.M.のエンボスあり。
d0359503_22041422.jpg


そしてこちらっ!
ケラダマヒのmaicaさんから頂いたものです。
こころよく譲っていただきありがとうございました。
「清姫」の厚底、おちょぼ口でトロトロの「羽衣」!
どっちもいいっ!
(^o^)/

みなさんから頂いたものは、少しずつこういった形でアップさせてもらおうと思います。
d0359503_22043094.jpg


おまけ。
白髪染めをはじめとした、海で拾った砂糖菓子状態のびんたちです。
川では汚く傷だらけのことが多いんですが、
海では徹底的にみがかれて、美味しそうになったのが、たまに見つかります。
綺麗な完品とは違った良さが生まれます。
d0359503_22044056.jpg


おまけのおまけ。

ちょっくら干潮を見計らって、いつもの川へ行ってきました。
d0359503_22051960.jpg
前回より多少ましかな?とは思いますが、まだ多くの場所が砂に埋もれていてダメです。


本日の結果。
洗った後でまた捨てるものを選びます。

この中に破片ですが、お宝を見つけた人はさすがです。
d0359503_22052657.jpg

書籍。「いろはにコンペイトウ」59ページの7番と同じものと思われます。
破片とはいえ、わたしにとってこのタイプは初見!
嬉しいものが見つかりました。\(^o^)/
d0359503_22053599.jpg
洗った画像はまたそのうち....。(^^ゞ



[PR]
by hiroibito | 2017-05-29 00:00 | 手持ちのびん | Comments(10)

今度は糊びん等。
おなじみフエキ糊他。
d0359503_16403401.jpg


次はインクびん
左からパイロット二本とプラチナ。
d0359503_16404066.jpg


右二本はマルゼン アテナインク。
左のも底にMのエンボスがあるのでマルゼンかな?
d0359503_16404538.jpg

こちら、不明インクびんのみなさん。
d0359503_16405235.jpg


おなじみの、ビゲン白髪染め。
もう、いいんだけどつい習慣で持って帰ってしまう。
d0359503_16405984.jpg


続いて、でっかいびん。
むすめ印 酢の素。
あれ?以前もアップしたっけ....。
d0359503_16410713.jpg

倉敷で買ったチキンソース。
予想してたけど、思った以上に内側の曇りが落ちない。
ベビーオイルを塗ってごまかしてます。
d0359503_16411367.jpg

ニワトリさん....。
しかし、中のオイル塗りすぎがわかる画像。(ベタベタ....。)
d0359503_16411964.jpg


三ツ矢ソースびん。蓋つき!
d0359503_16412448.jpg
d0359503_16413405.jpg


蓋は木製でコルクとの合体。
木製ながら、T・N・COMPANY・のエンボスがあります。
d0359503_16413924.jpg


農薬用と思われるびんと、磯志まん。
右三本は山でも川でも出る佃煮系。
d0359503_16414502.jpg

カゴメですね。
d0359503_16415252.jpg


フジツボだらけだった味の素とハウスのびん。
味の素、まだ汚れてるのがわかりますね。妙に茶色っぽい....。
(^^;)
蓋は味の素の、卓上容器のかな?
調べればわかるだろうけど....。
(だったら調べろよ!!)
d0359503_16420062.jpg


蜂印カラシびん。
d0359503_16420639.jpg

蓋と底に蜂のエンボス。
d0359503_16421378.jpg

こんなものまで....。
ベーキングパウダーの缶。
d0359503_16422246.jpg


バイアルびん等、薬びん色々。
d0359503_16422706.jpg


左から、組合目薬、同デザインのエンボスなし、大学目薬、不明びん。
d0359503_16423709.jpg


このびん、初期の目薬びんのように、凹んだ部分があって
良かったんですが、ハイター水の中で.....。

なので接着しました....。(涙)
d0359503_16424290.jpg


おしい! 最初から割れてました。
薬目(右書き) 日光水
d0359503_16424894.jpg


阪大(右書き)鈴木製(裏側)
d0359503_16425371.jpg


こちらは、
用外(右書き)六〇六

なんだ?
d0359503_16430207.jpg


鹿児島 エムエン商會(裏側)
d0359503_16430791.jpg


グルグルがかわいいびんと、みやこ染他。
d0359503_16444517.jpg

タイガーバーム(ラベルもあったけど、とっちゃいました)
エンボスの方が良かったので...。
d0359503_16445170.jpg


ニッキ水とペロペロ風燭台
この大きいニッキ水も画像ではわかりませんが、
洗ったら2センチ程、ヒビ入りました....。
(T0T)
d0359503_16445829.jpg


残念だったこのお方....。
左が今回の破片、右が以前拾っていた破片。
○の中に蚕の文字!
d0359503_16450573.jpg

重ねてみると、こんな感じ。

色といい、コルク栓?といい、堂々とした蚕の文字といい、
完品を絶対見つけたい一品!
d0359503_16451367.jpg


そして最後はやっぱり、
金川式活桒育器!
d0359503_16452591.jpg


現在手元に54本!!
d0359503_16453106.jpg
多すぎてお宝感激落ちの一品です!!

(ぜいたくだっちゅーの!)





ではでは(^^;)

[PR]
by hiroibito | 2017-05-17 22:57 | ディギング | Comments(4)

最近出たものをやっと洗い終えました。
川で出たものも、山で出たものも、不法投棄場で出たものもごっちゃです。

まずは飲料系
普通のラムネびん、National Drink二本、Fresh Drink
d0359503_16380886.jpg


乳酸飲料系。右はヤクルト。
左のは良かったんですが、ヤクルトのACL印刷ははがれました。
d0359503_16382589.jpg


ウィスキーのポケットびん
左から大黒葡萄酒、ことぶきや時代のサントリー、ニッカ。
d0359503_16381844.jpg


続いて醤油びん
右のは、とろとろです。
d0359503_16383310.jpg

d0359503_16383813.jpg


陶器製
d0359503_16384976.jpg


グラス系
アンカーコップ
コップにしか見えませんが、本当は金属が貴重だった時代に、
缶詰の代用品としてガラスで作られたものです。
d0359503_16385505.jpg

こちらは本当のグラス。
右端のは薬用酒用の物かな?何もエンボスがありません。
右から二番目は、やはり薬用の陶陶酒。(文字が見えない.....。失敗)
d0359503_16390389.jpg
 


キャンディーポットかな?
新しいけど、蓋つきで可愛いのでお持ち帰りでした。
d0359503_16390819.jpg


今度は、お化粧関係
ヘチマ型は、中がきったなく曇ってます。
前に出たのもそうでした....。(泣)
右端はシャンソン化粧品。
d0359503_16391596.jpg


明色の大き目のびんです。
d0359503_16392269.jpg


こちらは似てるけどピアスのもの。
d0359503_16393834.jpg


三本とも資生堂。
d0359503_16394594.jpg

右端はレートフード。右から二番目は戦前のようです。
d0359503_16395107.jpg


緑色がかったグレーのびんはKANEBO。その左のサンプルびんも同じ。
ちっちゃいのは指の関節一つ分くらいの大きさ。
d0359503_16395713.jpg


左はポーラ、右はJOCKEY CLUB
d0359503_16400681.jpg


CLA-YAのエンボスあり。
全体に赤っぽい茶筋入りです。
「クラヤ美肌化粧水」と思われます。
d0359503_16401951.jpg


モンゴール
d0359503_16402609.jpg


椿オイル関係
左からヒメ椿、椿島五(右書き)、不明びん
五島椿は戦前ですかね。ゆらゆらでいい感じです。
d0359503_16401343.jpg


クリームびん等
まずは、JUJU
d0359503_16431360.jpg


KANEBO
d0359503_16431952.jpg


左から資生堂、Club、PEARL
d0359503_16432853.jpg


左から蓋にSAMBIDO COLONNAのエンボスのアラバスターびん、
CAMELLIAとラベルにあるびん他
d0359503_16433357.jpg

d0359503_16434186.jpg

d0359503_16434715.jpg

これは裏にラベルあり。
d0359503_16435304.jpg

戦前ですね。
d0359503_16440271.jpg


福岡のダイサン商事の靴クリームですね。
d0359503_16440847.jpg

CREME LAITの文字。
レートの内蓋かな?
d0359503_16441465.jpg


統制陶器のクリームびん
d0359503_16442065.jpg


画像ではわかりにくいかもしれませんが、岐152の文字
d0359503_16442543.jpg


その他、お神酒徳利、碍子など陶器関係。真ん中の○の中に十の陶器は用途不明。
d0359503_16443389.jpg


細かいもの色々....。用途不明の穴の開いた皿?や偽卵など。
貝は海です。
d0359503_16443955.jpg


ひとまず、ここまで。その2へ続く.....。



[PR]
by hiroibito | 2017-05-14 18:19 | ディギング | Comments(8)