思いっきり季節が間違ってますが......。
この冬の終わりにビーチコーミングに行ってきました。 ←(もう夏も終わったんだが)
(ーー;)

最初に断っておきますが、瓶はほぼ出てきません。 ←(またかよ)
以前やっていたビーチコーミングによる貝殻収集。ふっとまたやってみたくなり、行きなれた海へ。


ここを通るのも久しぶり。
d0359503_21295092.jpg


とりあえずなにか瓶でも落ちていないかと、こんなとこにも寄ってみます。
d0359503_21295614.jpg


アカガイ.....。周りのカキ殻同様に食べた後で捨てられたものですね~。海辺の集落や漁港の海岸傍ではよくある光景です。
しかし両殻揃ってるので一応持ち帰り。(^^;)
d0359503_21300301.jpg


あった! スクリュー蓋の小さなインク瓶。擦れ方が中途半端で状態悪し。今回のガラス瓶はコレだけ。
d0359503_21300934.jpg


次に行ったのはココ。このあたりで拾えるタカラガイの仲間はメダカラだけなんですが、このポイントでは必ず数個は拾えます。
d0359503_21301911.jpg


え~っと....。? クズヤガイ...............。だったかな?ブランクがあるので名前が出てきません。
d0359503_21302741.jpg


トマヤガイ。地味な貝が続きます。メダカラはどこかな~♪
d0359503_21303350.jpg


マツバガイ。岩などに張り付いてます。放射状の模様が松葉に似ていることからこの名前がついたようです。味も悪くありません。 ← (食ったんかいっ!)
d0359503_21303803.jpg


結局メダカラを拾えず場所を移動。(^^;)ナイ...。 
うっわ!!貝だまりが出来てない。(ゴミだまりとも呼んでますが打ちあがったゴミや貝などが帯状になっている状態)
d0359503_21304461.jpg


景色はいいんだけど......。今日は四国が見えないし。
条件のいい日はすぐ近くにあるかのように四国の山なみがくっきり見えます。
d0359503_21304983.jpg


貝だまりが出来てないので、ひたすらうろうろして探します。
どうしてもあいかわらず二枚貝が多いな~。これはアケガイだっけ?これも旨かったな確か。
新鮮なのが打ちあがってたら初めての貝の場合とりあえず茹でて頂いてみます。
貝毒なども無いとは言えないので良い子はマネしないように。(;・∀・)
あと、カキやサザエ、アワビなど商業ベースに乗るものは勝手に生きたのを採ってると漁協との兼ね合いで通報されますのでご注意を!
採ったのを食べたい方は予め採取禁止の種類は調べておくように。(ビーチコーミングの話じゃなくなってるな。)
d0359503_21305446.jpg


あまり色が良くないけどサクラガイは無条件に持ち帰ります。
d0359503_21305955.jpg


アサジガイ。
d0359503_21310556.jpg


ずいぶん白っぽいマツヤマワスレ。
d0359503_21311059.jpg


定番中の定番、ナミマガシワ。
d0359503_21312939.jpg


たまにしかお見かけしない合弁でした。見えている方が岩に固着するための穴の開いた右殻です。
d0359503_21311990.jpg


アカマテガイ。
d0359503_21313517.jpg


テンガイ。
d0359503_21315479.jpg


トリガイ。寿司ネタとして有名ですね~。
右のボロボロのは化石化していると思われるオガイです。状態のいい殻を見たことが無いのでずいぶん昔にこのあたりでは絶滅しているようです。
d0359503_21322184.jpg

この貝が数が多いわりにわからないんですよね~。ワスレガイの仲間だと思うんですが....。すでに化石で元の色を保ってない可能性もあります。
シマワスレかなぁ?
d0359503_21320579.jpg


ちっこいウニ。
d0359503_21324969.jpg


表側を見てみると......。ムラサキウニかな?
d0359503_21330722.jpg


アシヤガイ。
d0359503_21332121.jpg
始め

ツメタガイ。まだちっこい! 
二枚貝に小さな穴がポツンと開いていることがよくありますが、ツメタガイを始めとしたタマガイ科の貝が殻に穴をあけて中身を食べた跡です。
d0359503_21344704.jpg


またまたオガイ。
d0359503_21345125.jpg


古めの陶片もあります。
d0359503_21350105.jpg


アカフジツボ?
d0359503_21350611.jpg


好きなハナガイ。
d0359503_21351150.jpg


ヌノメリスガイ これも好き。
d0359503_21352838.jpg

d0359503_21353231.jpg



ハスノハカシパン  れっきとしたウニの仲間です。
d0359503_21353711.jpg



ここにもヌノメリスガイ。(^^♪
d0359503_21354139.jpg



あっ!マクラガイ  またまた好きな貝です。
d0359503_21354641.jpg

って思ったら裏側ボロボロ.......。(; ̄▽ ̄)
d0359503_21355018.jpg



レイシガイかな。あんまり状態良くない.....。
d0359503_21355606.jpg



ヨフバイ 下が殻頂です。
d0359503_21361462.jpg



ミミズガイ 
d0359503_21362475.jpg


え~っと....。 なにエビスだったっけ?
d0359503_21362895.jpg



う~ん、名前が出てこない。調べる元気もない。((+_+))
d0359503_21363355.jpg



ま~たトリガイ。
d0359503_21363703.jpg



アカニシの小さいの。
d0359503_21364298.jpg



イトカケの仲間。
d0359503_21370246.jpg



フロガイダマシ。
d0359503_21370639.jpg



ハイガイの化石
d0359503_21371152.jpg



フミガイとバカガイの幼貝かな?
d0359503_21371625.jpg


ネコガイ  にゃあ😻
d0359503_21372131.jpg


しっかし小さめの貝ばかりじゃな~。
d0359503_21372639.jpg


さっきのと違って綺麗なマツヤマワスレ ( *^▽^*)
d0359503_21373582.jpg




さてと

久々にビーチコ堪能できたので帰るとするか。(。-`ω-)
d0359503_21374463.jpg



いつか外洋に沿った海岸でビーチコしたいなぁ。(^-^)
d0359503_21375874.jpg



こいつが見送ってくれました。
イソヒヨドリの雄です。ま~た短玉で撮ったので拡大トリミングしました。
( ;´Д`)なのでボケボケ
d0359503_21380253.jpg


d0359503_21374086.jpg


次回までさらばじゃ!(それにしても拾った貝殻どこやっちゃったんだろ? まだ洗っても無いし....。)


( `ー´)ノ


[PR]
# by hiroibito | 2018-09-24 22:10 | ビーチコーミング | Comments(6)

今日は私の住む町から車で一時間、同じ広島県内の世羅町の山、標高635メートルの新山に上がりタカの渡りの探鳥会(観察会)に参加してきました。(^^♪


ここに来るのは記憶が正しければ実に十数年ぶり。
古いガラス瓶収集を始める前からずっと続けている野鳥観察です。
と、言ってもここ十年ほどはあまり見ていませんが。 (^^;)  


新山から望む世羅町の町並み
d0359503_19301468.jpg



一般にはあまり知られていませんが「ハチクマ」と「サシバ」の二種類が渡りをするタカとして特に有名です。
この山では主に「ハチクマ」を中心に観察できます。しかし気象によって当たりはずれが多く、さて今日はどうなるか?


リーダーのUさんの説明を聞く参加者の皆さん。
d0359503_18421780.jpg


そして.........。



結果としては当たりでした!(*^▽^*)


画像は上昇気流をつかまえて直上で舞う「ハチクマ」の群れ。
デジカメ時代に入ってから野鳥写真はやめているので標準ズームしか持ってません。
無理して撮ったけどこれが精いっぱい。(ーー;)
d0359503_18425160.jpg
この群れが多い時には舞いながら上昇していく様が、一番下の個体から上がりきった個体までの間が柱状に見えるため「タカ柱」と呼ばれています。


上がりきった個体から西に向かって流れていきます。
最終到着地点は東南アジア、そこで越冬し春になると再び日本での繁殖のため帰ってきます。

しかしPCならともかくスマホで見てる人は拡大しても見にくいだろな~コレ。
何も写ってないように見える。( ̄▽ ̄;)
d0359503_18423371.jpg



たまたま「新山」頂上のアンテナに「サシバ」がとまったので、スコープ(望遠鏡)にカメラを押し付けて無理やり撮りました。
さらにトリミングし拡大しているので悲惨な画像ですが、参考までに貼っときます。
(実際にはスコープで見るともっと綺麗に見えています)

d0359503_21444133.jpg



結局帰るまでに250羽以上のハチクマを中心としたタカたちが渡っていきました。
他の山ではすでに遥かに多くのハチクマが渡っていますが、これだけ見れば十分満足です。


画像はハチクマたちが渡って行った方角の空。曇りがちだったけど気持ちのいい一日でした。
久々のタカの渡りの観察を堪能でき、リーダーのUさんをはじめ、Mさん、参加者の皆さんに感謝です。m(_ _)m
d0359503_18415467.jpg



ではまた!


( `ー´)ノ



[PR]
# by hiroibito | 2018-09-23 21:52 | 自然 | Comments(0)

ええもん貰った!


ケラダマヒのmaicaさんから、びん便が届きました。

(^ω^)マッテマシタ
d0359503_22201649.jpg


左はお願いしていたものですが右は何だろう。(。´・ω・)? 
何かいっしょに送ってくれると言ってたけど。
d0359503_21551283.jpg


プチプチをほどいてみると....................。   




(;・∀・)なんとっ!!



神薬ーーーーーーーっ!!
d0359503_21552443.jpg



しかも破片しか持ってない八角神薬がっ!! ;つД`)
d0359503_21553062.jpg

エンボス文字はかなり薄めですが、邑田資生堂の物のようです!
d0359503_21553488.jpg


こっちの神薬もいいぞーっ!写真のピントがどこに来てるのかわからないくらいトロットロです。
d0359503_21554393.jpg

かすかに神薬のエンボスがあるんだけどちょっと判読が苦しい。いやぁ、とろけてますねぇ。
d0359503_21554824.jpg


なんとこちらはピンクっぽい金魚のゼリー型! 
金魚のゼリー型はずっと欲しかったんだけどまだ買えてません。掘っても出ないし。

d0359503_21561938.jpg

右から
d0359503_21561015.jpg

左から
d0359503_21560420.jpg

う~ん、かわいい! (●´ω`●)
d0359503_21561447.jpg



もうわかったかな?



実は神薬も金魚もmaicaさん手作りの石鹸です。全て実物から型をとったそうです。

やるなぁ、maicaさん。

\(◎▽◎)/!


そしてこちらがお願いしていたアルス染料。戦前の物でしょうけどなかなかの状態の良さです。
それにしてもシュールなパッケージデザインじゃのう!
d0359503_21564854.jpg

一周してみましょか。
d0359503_21565322.jpg


d0359503_21565794.jpg


d0359503_21570276.jpg

蓋です。
d0359503_21570615.jpg

そして肝心の瓶ですが、これが画像で見ていた印象よりもずっと素敵で可愛いんです!
d0359503_21571144.jpg

ラベルの状態も本当に綺麗だし。
d0359503_21571554.jpg


d0359503_21571970.jpg


d0359503_21572318.jpg

エンボスもいい。
d0359503_21572853.jpg

そしてこのガラス栓が憎いですねぇ。(≧▽≦) 
d0359503_21573295.jpg

普通わたしゃ、化粧瓶や香水瓶、クリーム瓶以外はラベルは無い方がいい。
光を透して輝きを取り戻した姿を見ていたいから。
な~んて思ってるんですがこれは中身の染料の色が生きているためか、
このままですごく綺麗で魅力的なんです。
ラベルの一枚一枚もこだわった形で秀逸ですね。(統一感はないけど)



いや、それにしてもmaicaさん本当に素敵な数々の物をありがとうございました。

神薬石鹸は、神薬瓶を飾っているガラスケースに一緒に並べようと一瞬思ったんですが.....。
夏場だとケースの中はけっこうな温度になるので、変形するとやなので別の場所にとりあえず
大事にしまっておくか冬限定で飾ろうと思いまっす!



ではでは!

(゚∀゚)ノ

[PR]
# by hiroibito | 2018-09-22 00:08 | 頂きもの | Comments(4)

精密機械油 旧海軍

このびんは何?と聞かれたら.....。 海軍さんのびんと答えます。

第一海軍燃料廠研究部の四號精密機械油のびんです

第一海軍燃料廠研究部は神奈川県鎌倉郡本郷村にあった大日本帝国海軍の工廠です。

1938年(昭和13年)に海軍用の燃料、潤滑油などの石油製品の研究や実験を行う施設として建設されたようです。

航空機用計器の潤滑油らしいですが、四號のほかに貮號も確認しています。





これは倉敷の山陽堂さんで以前買ったもの。貮號も有ったんですがラベルの四と貮の違いだけだったので予算オーバーにて四號だけ購入。今思えば貮號も買っとけばよかった。(ーー;)
d0359503_10142549.jpg

ネット上でちょくちょくお見かけするびんですが、ラベルだけだったらおそらく買ってません。決め手は錨のマークのエンボス。やはり旧海軍ものはこのマークがあると無いとでは魅力に差が出てしまいます。エンボスは錨マークと「精密機械油」

素朴な疑問は旧海軍のマークの基本は「桜に錨」この組み合わせは現代の海上自衛隊にも伝統として引き継がれているようです。
桜がありませんねー。(・・?  シチュエーションによって使い分けられてたのかな?
最初ラベルは当時物ではなくてあとで貼られた可能性も疑ったんですが、調べてみると旧海軍跡の施設でコレと同じ瓶を拾われてる方がいらっしゃいます。他にも色んな方がブログでとりあげられているのを見ると旧海軍ものであるのは確かなようです。


海軍さん、できれば桜に錨マークにしてほしかった。魅力アップ間違いなし。 ← (勝手なわがまま)  
d0359503_10143040.jpg





では!

(≧◇≦) 


[PR]
# by hiroibito | 2018-09-15 10:18 | 手持ちのびん | Comments(2)

次亜燐

さ~て、「また川じゃあっ」シリーズも終わって拾いネタがなくなったので。
手持ちのびんでお茶を濁す日々がまたはじまりまっす! ハッハッハ!! \((^O^))


じゃ、このびんから。
1900年(明治33年)から市販された滋養強壮薬、大阪の薬問屋小西久兵衛の「次亜燐」です。肺病、胃腸病、貧血の効能書きがあったようです。
知ってる人は知っているびんですよね~。山の集落付近の杉林の斜面で拾いました。お相撲さんの絵柄が広告看板等に使われていますが、次亜燐と言う四股名のお相撲さんは二名ほど実際にいらっしゃったようです。
d0359503_21131075.jpg


次亜燐には様々な用途のびんやバリエーションがあるようですが、このびんはアルファベットだらけでぱっと見は外国のびんみたいです。
d0359503_21131836.jpg


羅列してみましょうか。
「KONISHI&Co APOTHECARY DOSHUMACHI.O.J」
d0359503_21132372.jpg


右書きで「製久西小」
れっきとした日本のびんです。<(`^´)>
d0359503_21132746.jpg


とろみかげんといい、色といいお気に入りのびんのひとつです。


(^O^)/ デハマタ!

[PR]
# by hiroibito | 2018-09-09 00:09 | 手持ちのびん | Comments(6)