また川じゃあっ!(味の素とカゴメの瓶)

この川の常連、味の素の瓶。

1909年(明治42年)に発売され、旨味調味料として(グルタミン酸)今日まで確固とした地位を築いています。
瓶好きのあいだではカレー粉の瓶同様にバチ瓶として知られていますねー。(^ω^) ちなみに三味線を弾くバチに形が似ているためこう呼ばれるようです
今回のは左二本が古いです。右のスクリュー栓タイプはやや若くなりますがそれでも戦前からのものです。
d0359503_22244256.jpg

底にはいつもの右書きの「素の味」及び「AJINOMOTO」のエンボス文字。(欲張って三つ並べて撮ったら小さくて字が読みづらくなってしまった)
d0359503_22245726.jpg




次は何度も登場しているこの川の常連さん、「カゴメ?」の瓶です。カゴメなのでケチャップの瓶ではないかとずっと思っていましたが、最近海苔佃煮も作っていたことを知りました。ずっと前から知ってた人はいっぱいいるんだろな~。(^^;)
検索してみると六芒星のマークが入った「カゴメののり佃煮」の琺瑯看板がけっこうヒットすることが判明。しかし肝心の製品の画像は出てきません。なのではっきりとは言えませんが瓶の佇まいからするとこれがカゴメののり佃煮の瓶なんだろうな~と言うことになりました。違ってたらゴメンチャイ。(^^ゞ

まっ、なんにせよ好きな瓶です。
d0359503_22241736.jpg


底にはカゴメの製品であることを示す六芒星。
d0359503_22242758.jpg



今回はコレだけ!


(^_^)/


[PR]
Commented by letoroathume at 2018-09-01 00:44
良いですね! 味の素!
小瓶は拾い人さんからいただき、大瓶は購入しましたが曇っています
頭デッカチなコルク栓で透き通っていると美しいですね!
スクリューはこちらでもそろそろ出るかな?

カゴメ海苔佃煮、以前八角形の瓶はこれじゃないか!?とお伝えしようと思っていました!
スクリューのもありましたが、時代の新しい海苔佃煮、もしくはしいたけ海苔でしょうか?
Commented by hiroibito at 2018-09-02 00:18
> 狐憑き?さん
味の素コルク栓はもう一回り大きいのと小瓶よりも小さいのもありますね。どちらも状態がいまいちなので今のところアップしてませんが....。(^^;)
スクリューは狐憑き?さんの勢いなら近いうちに出るはずですよ。こちらのほうが本来遭遇率は高いはずだしね~。
カゴメに海苔佃煮があったのは意外でしたね~。いろんな可能性を考えて検索して見ないとダメですね~。スクリューのは私も持ってますがやはりおっしゃるように海苔佃煮、もしくはしいたけ海苔系でしょうね。

by hiroibito | 2018-08-31 22:42 | リバーコーミング | Comments(2)