無理やりの川じゃけぇ!(化粧瓶)

さて洗った物をぼつぼつとアップしていきましょうかね。

まずはいつものように化粧品から紹介します。

「東のレート、西のクラブ」で人気を二分し、一世を風靡した平尾賛平商店のレート白粉です。
書籍、アダチヨシオさんの「ワスレコモノ」を見て判明しました。
(随分遅ればせながら手に入れて良かった)(^^♪

1878年(明治11年創業)の会社ですが1954年(昭和29年)に会社更生法の申請が認められず廃業しています。
完品ですが状態が悪いですね~。ガサガサです。(^^;)
d0359503_13465908.jpg


しかしコレわたしゃ初見なんで、もちろんありがたくとっておきます。貴重な戦前のものだし。
ラベルがもしあったら華やかな美しい瓶です。(●´ω`●)
両サイドにはエンボス文字も入ってます。
「"LAIT" TOILET WATER」  ←Rが欠けてた.....(ーー;)
d0359503_13470871.jpg
「SAMPEI.HIRAO」
d0359503_13471450.jpg

口が欠けてますが、まあこれくらいは御愛嬌ということで。
d0359503_13472501.jpg



こちらは「ピアス フローラ」
すりガラスなので以前Kitsunetsukiさんに教えて頂いたBタイプだと思います。
d0359503_13474503.jpg

底には「PIAS」のエンボス。
d0359503_13475003.jpg
その後わかったんですが、A液が脂性用、B液が荒性用として作られていたようです。



これは椿油系のお染香油株式会社「お染香油」の瓶です。
ロンサムチカさんが同じタイプのラベル付きを2016年6月のブログでアップされていますが、
小花に囲まれた芸子さんの後ろ姿の絵があり可愛らしく華やかな瓶です。(ラベルがあればな~)
d0359503_13480953.jpg
「お染椿」のエンボス文字がありますが、貼ってあったはずのラベルには「お染香油」の文字が入ります。
d0359503_13481558.jpg
そういえばTomoさんもアップしてたような?




これは?
d0359503_13482053.jpg

「WAKODO」のエンボスですが、検索したら予想通り赤ちゃんのミルクやら離乳食やら大挙して出てきました。なのでこの瓶は正体不明です。(*_*;
d0359503_13482530.jpg
狐憑き?さんの情報で結局ベビーオイルの瓶と判明しました。




こちら毎度おなじみ「ピアスカラー」
d0359503_13483040.jpg

今回の蓋は双方ともご婦人のお顔でした。
d0359503_13483520.jpg



最後に試供瓶。これはたま~に拾えます。
パール化粧品の........。何だったっけ (・・?
d0359503_13500913.jpg
蓋のエンボスマーク。
d0359503_13501535.jpg
製品名まで判明してたはずだけど、メモを無くしてしまった。;つД`)

三香堂のパール化粧品の「ホワイト」だったようです。狐憑き?さんありがとうございました。




次回はクリーム瓶(ジャー)の予定です。

\(・ω・)


[PR]
Commented by maica at 2018-10-18 00:58 x
レートは良いですね♪
ちゃんとエンボスが入っているしサイドに文字があるのも素敵ですよね。
私もレート瓶ゲット目指そう!
ラベル付きでヽ(´▽`)/
Commented by まんじゅう at 2018-10-18 19:47 x
あ、オレもレートの瓶持ってます!
「トイレ ウォーター」って何?と思いながらお蔵入りしていました。笑
便所の水みたいで、なんだかオレ的に印象が悪かったんです。
知らないって恐ろしいですね。(^^)
Commented by コバルト at 2018-10-18 21:44 x
いつもお世話になっております。
今日たまたま、すりガラスでない方の「ピアス・フローラ」が在庫にあることが分かりました。

ここを見ていたからでしょうかね?見覚えがあるなと思ったら、やっぱり拾い人さんの所でした。

すりガラスでタイプBということは、幾つかタイプが違っていたという事なんでしょうか?
Commented by hiroibito at 2018-10-18 22:54
> maicaさん
そう、ラベル付きで......。(^ω^;)

やっとワスレコモノ買ったよ~。もう魅力的な白粉や水白粉の瓶だらけで「ほええぇ~...。」ってなっちゃいました。(´д`;)
化粧品の瓶はやっぱりラベルが命だねぇ。特に戦前のは美しすぎる。ラベル付きは普通買わなきゃ手に入らないのが辛いなぁ。(ーー;)
Commented by letoroathume at 2018-10-18 22:54
瓶情報いっぱいですね!
レートはおフランス感溢れますね、明治時代はあるんじゃないですか!?
白百合香油はTomoさんから私に贈って貰いましたよ〜
ピアス、透明のAと擦りガラスのBで通常と徳用サイズ、さらに時代違いで三種類のデザイン違いを確認しています
カラーはこちらでも出ますが、蓋は文字のみです

WAKODOはベビーオイルかなぁ?
最後のはパール化粧品の[ホワイト]です!
1960年の製品で発売元は三香堂、オパールと同じ会社です
Commented by hiroibito at 2018-10-18 22:59
> まんじゅうさん
私も最初そう思ってました。(ーー;)
「化粧水」って訳すなんて絶対思わないよねぇ。でも化粧瓶関係にはエンボスだったりラベルだったりでちょくちょく書いてあるんですよ~。それでもやっぱりトイレを想像してしまう。先入観って恐ろしい。(^^;)
Commented by hiroibito at 2018-10-18 23:26
> コバルトさん
ピアス・フローラにAタイプとBタイプがあることは、「ヤングの古物趣味」のKitsunetsukiさんに最初教えてもらいました。
彼はまだ学生さんだけど特に昭和中期の化粧品に関してはすっごく熱心に特定作業をしてしまいます。私のブログの正体不明瓶の画像を見てどんどん正体をつきとめてコメントしてくれたり、彼のブログ上で検証結果を出してくれたりもします。(熱意が強すぎてたまにコリャ違うなといったのもありますが)(^^;)
しかしホントにこんなのよくネット上から探してきたなといつも感心させられてるんですよ。
ただ当時の古い不鮮明かつ小さい広告写真や広告文からの特定が限界なので、それ以上の情報は難しいようです。フローラのAとBはどういった使い分けをするのかとか、他にCとかもあったのかとかはわからないですね~。
私も検索で調べてブログに使ってますが、広く浅くをモットーにしているのでそのほとんどは先輩方のブログから得た情報や、あとは現役各社のHPからがほとんどですね。あとは古い業界紙がアップされているところから探してくるわけですが、これが一番地道な作業で、Kitsunetsukiさんに任せてます。(・´з`・)

Commented by hiroibito at 2018-10-18 23:59
>Kitsunetsuki( letoroathume)さん
いつもありがとう。
他の方へのお返事コメントを書いてる間にコメント頂いちゃったようですね。(^^;)
レートは瓶のつくりからすると大正4年発売のレートフードより古そうに見えるような気もします。水白粉や乳白化粧水を何度か明治の終わり頃に出しているのでそのうちの一つとすれば明治時代確定ですね。この川では明治期の物もちょくちょく出るので間違いないかな?

あ、最後のは三香堂でしたか。記憶が色々シェイクされてぐちゃぐちゃです。(^^;)
古い化粧品は一つの会社の中で別の社名があったりすることが多いのでわけわかんなくなりますね。しかし黒い瓶なのに「ホワイト」ってのも面白い話ですねー。


Commented by maica at 2018-10-19 18:39 x
お♪ワスレコモノ買ったんですね!
凄いでしょ~ あの本。
驚きと憧れと諦めのタメ息しか出ない本です(≧∇≦)b
あれだけ集めるのはうん百万とかかかりそうですね。
Commented by hiroibito at 2018-10-19 21:12
> maicaさん
だいたいにおいて、見かける事すら難しい瓶ばかり出てるもんねぇ。
(ーー;)う~ん。
Commented by letoroathume at 2018-11-10 03:26
和光堂はベビーオイルの瓶ですね
広告を見つけました!
Commented by hiroibito at 2018-11-10 08:43
>狐つき?( letoroathume)さん
あざーっすっ!(≧▽≦)
そのまんまですね!!やっぱりベビー用品でしたか。編集しなおしときます。
by hiroibito | 2018-10-17 22:18 | リバーコーミング | Comments(12)