人気ブログランキング |

「懐かしマーケット」番外編

さてさて懐かしマーケット会場を後にしていつものお店巡りです。


その前に会場で買ったもののご紹介。


パイロットのインク瓶です。右のは以前川で拾っていたもの。
ガサガサだったので買い直しました。
d0359503_09471735.jpg



d0359503_09472116.jpg


底裏のエンボスは薄くて読みづらいですね~。
「PILOT MADE IN JAPAN」
d0359503_09480795.jpg


こちらは布地用染料の「まるまん染料」古代紫色。
d0359503_09481759.jpg



d0359503_09482425.jpg



d0359503_09482985.jpg



包み紙の底からこそ~っと開封しました。
わずかにセロハンが被っているだけだったのできれいに抜き取れました。
d0359503_09484237.jpg


中身は良い色ですね。このままで保存しときます。
d0359503_09484984.jpg


エンボスはコレだけ。製品名のエンボスが欲しかった。
好みとしてはハズレ、参考用としてとっておきます。
d0359503_09485328.jpg


続いて戦前でしょうか、右読みで「染島浦」。亀が可愛い。
d0359503_09490301.jpg



d0359503_09490702.jpg




d0359503_09491620.jpg


時代ですね。
d0359503_09492593.jpg


これの底は開けやすかった。さて、エンボスはあるのか!
d0359503_09493035.jpg


すでに同じブースで買ったものをインスタにポストされてる方がいらっしゃいましたが
見てない方もいらっしゃるかと思いますので。
こんなかんじです。ラベルは可愛いけど...。
d0359503_09493597.jpg



d0359503_09494797.jpg


やはりエンボスらしいエンボスは無し、これもハズレ。
これまた参考資料だな~。(ーー;)
d0359503_09495599.jpg



d0359503_11023570.jpg



次はこの白髪、赤毛染め「千代ぬれ羽」一番期待できそうです。
箱にはあまりこだわらないほうなんだけど、コレはいいですね。
d0359503_09500930.jpg




d0359503_09501624.jpg



d0359503_09502130.jpg


この箱はしっかり作ってあって開封しづらく、やむなく底を切って開けました。
d0359503_09502611.jpg


で、コレです。コウモリ?マークのエンボス。
(ドクターKさんのコメントでカラスと教えていただきました。
カラスの濡れ羽色からこのエンボスにしてるんですね~)
d0359503_09505030.jpg
でもやっぱりコウモリに見える(ーー;)



時代はいいけどちょっと微妙...。(ーー;)
d0359503_09505575.jpg



d0359503_09510049.jpg



d0359503_09510607.jpg
あとでドクターKさんから頂いたコメントを読むと、コレけっこう貴重みたいです。
大事にしなくちゃ。( ;∀;)シラナカッタ…。





じゃ、お店行きましょうか。

まずは「山陽堂」さんにお邪魔しました。
複数のお店の方が山陽堂さんの中にコーナーを借りて出していらっしゃいますが、
やはり以前ほどガラス瓶はありません。
しかし色んなものが所狭しと置いてあり見ていて楽しい有名店です。
二階には貯金箱博物館もあるようです。(見たこと無いけど)
懐かしマーケット会場にも出店しておられます。
d0359503_19530793.jpg


続いて「こきーゆ」さんです。
こきーゆさんのネットショップには実に魅力的な瓶がいっぱい出ていますが
ほぼすべてソールドアウトです。(^^;) 
もっと早くから集め始めてたらココでかなり買ってただろうなぁといつも溜息ついてます。
d0359503_19531185.jpg

店内は明るく女性らしいセレクトを感じることのできる素敵なショップです。
d0359503_19531557.jpg

ガラス物自体は色々とありますが、瓶目当てで行くとちょっと少なく感じるかもしれません。
だけどここのお店の雰囲気が好きで通ってます。
ただ懐かしマーケットのほうに出店していらっしゃるので、
開催時は優しそうなお母さまがお留守番をされていらっしゃいます。
d0359503_19532055.jpg


d0359503_19532432.jpg


お店の中を撮るのは得意じゃないのでゴチャッとした感じに写ってますが
実際は適度な気持ちいい空間を演出されてます。
d0359503_19532840.jpg


d0359503_19533392.jpg


d0359503_19533712.jpg


d0359503_19534406.jpg

ガラス瓶じゃなくても日本の古いガラス物は大好きです。
買えないのが歯がゆいったらありゃしない。← (それは働きが悪いからぁ~♪)
d0359503_19535168.jpg


d0359503_19535640.jpg



d0359503_19540035.jpg


d0359503_19540433.jpg

にゃぁ...。
d0359503_19540955.jpg



d0359503_19541307.jpg


マトリョーシカもひとつ欲しいなぁ。
手前にあるリキュールグラスも定番の形だけど、それだけに一つは持っておきたいんだけど...。
ボンビーなわたしゃ後回しになってなかなか瓶以外に手が出ません。(T_T)
d0359503_19541782.jpg



こっちの壁には小さな瓶をさりげなく飾ってあることが多いのでよく見ないといけません。
d0359503_19542200.jpg


で、今回とっておいてもらった瓶がこれ。
上段の右読みから始まる「薬目 精錡水」です。
d0359503_09511992.jpg


裏側は「俵薬店」。 あれ?「岸田吟香」さんじゃない....。ま、いっか。
ドコ…。(^^;)?
d0359503_09512891.jpg



こちらは石濱藥館の「沃度加里」の瓶です。
同型でコバルトブルーの瓶も存在するようです。
d0359503_09513430.jpg


思いっきり愛嬌のあるのを選びました。お腹がへこんでます。
d0359503_09514427.jpg

ところでこの沃度加里ですが、すでに持ってるので当初は買わない予定にしてました。
お店にまだ在庫が残っていて、見るとなんだか持ってるのと瓶型が違うような?
なのでバリエーションのひとつとして買って帰りました。\(^o^)
d0359503_09513968.jpg


同じだった....。(ーー;) 
ちょっとだけラッパ口だっただけ。ま、好きなタイプの瓶だから何個あってもいいけど。
d0359503_09515050.jpg



続いて「サイ・ズ」さんにやってきました。
とっても気さくにお話ししていただけるので、ほぼ何も買わずおしゃべりして帰るだけです。
いつもスミマセン (^^;)
d0359503_19545532.jpg
たまに前に置いてる植物を泥棒さんが持って帰ったりする楽しいお店です。
( ;∀;)オイッ!
こちらもネットショップをされているのでのぞいてみてください。ヽ(^。^)



こきーゆさんとはまた違った感じで女性らしい素敵な趣です。
d0359503_19564694.jpg



d0359503_19554118.jpg

素敵な鏡台ですね。
d0359503_19553723.jpg

裏側には猫さんが仕込まれてます。(=^・^=)
保護したてでちょっとお顔がまだブサカワですが...。
d0359503_19560530.jpg

こちらのお店にもケビント。憧れですがこれ以上家具は増やせません。
d0359503_19554634.jpg

色がセピアだったり手振れ起こしてるのはストロボ使わなかったから。
猫さんや他のお客さんに迷惑だからやめときました。
いにしえのデジ一眼レフなので勘弁してちょ。手振れ防止なんて無いし。
いい雰囲気になってると思い込んで暖かい目で見てやってくだされ。( ̄▽ ̄;)
d0359503_19552475.jpg


d0359503_19565266.jpg


Tomoさん用ショット。←(時計好き)
d0359503_19565666.jpg
最近コメント頂いてる他のTomoさんもいらっしゃるのでちょっと紛らわしい。
アッチノトモサン (^^;) コッチノトモサン……。


金魚ちゃんだらけ。まだ他にもいます。
d0359503_19551845.jpg

三ツ矢ソースだらけ。
d0359503_19550200.jpg


d0359503_19550673.jpg


d0359503_19561002.jpg


d0359503_19570015.jpg

左端の瓶、蓋もラベルも無いのを拾ってるけど、ココで正体が判明しました。
もちろん買ってません。ハッハッハ( ̄▽ ̄)
d0359503_19570447.jpg

これがそう。あ、後ろのグラスもいいな~!
買えないけど。( ̄ー ̄;)
d0359503_19570763.jpg

戦後だけどベークライトの蓋だから思ってたより古いみたい。
d0359503_19571273.jpg

このあたりの年代のもあります。
d0359503_19571557.jpg


d0359503_19572016.jpg

これもおかげで正体が判明しました。← (何しに来てる?)
d0359503_19572494.jpg


d0359503_19573066.jpg


この剣先コップ欲しいんだけど...。うちにある綺麗なのと換えてくれないかなぁ
(むちゃくちゃ言ってる)
d0359503_19573416.jpg



d0359503_19561633.jpg

コレ、ちょっと悩んだけど一本買っちゃいました。
d0359503_19573912.jpg

決め手はこの手のケチャップ瓶ではあまり見かけないガラス色とラベルの可愛さです。
d0359503_19582122.jpg


ほらほら、きれいでしょ~!(*´▽`*)
d0359503_09515724.jpg

かわいいでしょ~♥ ← (ハートが不気味なんだが)
d0359503_09520253.jpg




ではまた!!


( ̄▽ ̄)

Commented by よ~かん at 2019-04-02 21:50 x
浦島染、箱が同じで壜にエンボスがない同じモノを購入しています。
ですが、私の箱は酷い状態だったし、「みづほ染料」の説明書が入っていたので非常にガッカリしたものです。もしかしてこの染料はみづほ染料と同じ説明書を共有しているのかな?と思っていたのですが、こちらのをみてガックシきました・・・ ちゃんとあるじゃないですか、浦島染めの説明書。手持ちのヤツ、愛着度ゼロになりました(笑)
Commented by ドクターK at 2019-04-02 22:08 x
ついに「千代ぬれ羽」が見つかりましたか。白髪染の調査を始めてから8年前に「二羽からす」、2年前に「ナイス」と、ついに「千代ぬれ羽」です。明治38年末の発売以来100年以上たっても見つからなかったものです。自分のブログの壁紙には、新聞広告から作ったダミーを使っています。載せていただいた画像を参考に、いつごろのものか調べたいと思います。本当に素晴らしいものを拝見させていただきありがとうございました。
Commented by maica at 2019-04-02 23:04 x
まるまんも浦島も可愛いじゃないですか♪
今度懐かしマーケットでまた見かけたら代理購入お願いできますか?
浦島染が特に可愛いな~(*´∀`*)

お店のレポは行った気になれるので有難いです!
あ~ 懐かしマーケットも倉敷もそして広島も行きたいわ~。
ちょっと本気で考えようかな(・´艸`・)
Commented by Tomo at 2019-04-03 00:48 x
うはははは「誰かさん」から名前有りに昇格した!ヤッ٩(ˊᗜˋ*)و.ホウ
2台とも素敵~(*´﹃`*)
ベルがガラスの時計なんて初めて見ました。
涼し気で凄く綺麗な音がするんだろうな~・・・o((≧∀≦))oホシィ!!
毎度目の保養になります。

「千代ぬれ羽」良いですね~、箱も綺麗で私は好みの瓶です。
白髪染めだし烏の濡羽色と言うくらいなのでエンボスはカラスなのでは?
でもバカルディの蝙蝠みたいで格好良い!

何日あれば行きたい場所を全部回れるかな~。
骨董店や自動車時計博物館は勿論、旧広島港湾事務所とか日本麻紡績株式会社の給水塔とか。
広島って近代化遺産も多いんですよねえ。
あ~行きたいな~(>ω<)
Commented by karan_coron at 2019-04-03 08:32
なるほど・・・染料の箱などは底から開けるのですね。参考になりました。
エンボスがないとハズレなのですね。私的には「何もない」瓶でも平気ですが、コウモリみたいなのは面白いです。

こらゃ、なかなか断捨離とはいかないですね。(^_^)
Commented by tomo-so_ko at 2019-04-03 08:55
古代紫、良い色ですねぇ。。
多分風呂敷なんかでよく見掛ける色かも^^
私も時計は好きです^^
でも自分ではオーバーホール出来ないので今の手持ち
以外に増やすのは控えてます。
マトリョーシカの手前にあるグラスやサイズさんの所の
ピンクの蓋の瓶の後ろにあるグラスが好みで思わず乗り
出して見てしまいました。
お酒は飲めない(飲まない)ので眺める専門ですが(苦笑)
Commented by letoroathume at 2019-04-03 16:43
エンボスなしが多くて残念でしたが、千代ぬれ羽はエンボスも面白くとてつもないレア物だったようで、当たりではないでしょうか?
パイロットは相変わらずコルク栓のが見当たらない(泣)
アリストマトケチャップは全く同じ状態で売られているのを見かけたので、こちらにもいらっしゃっていたのかな?

MISTは広告を見かけてたんですが、エンボスの有無が不明でして、上げませんでした
エリガンスは既に正体を記事にてお書きだったような?
Commented by hiroibito at 2019-04-03 20:05
> よ~かんさん
浦島染、底が簡単に開けられますもんねぇ。古物を買ったときのあるあるですよね。
まさに博打買い。(^^;) まだ説明書があっただけ良かったと思うしかないですね~。← (無いほうがまだよかったか...。)
Commented by hiroibito at 2019-04-03 20:15
> ドクターKさん
貴重な情報をありがとうございます。コメントを読んでやっぱり箱の底は切らないように開ければ良かったと後悔してます。(^^;)そしてすごく魅力的なお宝に昇格してしまいました。
これはごちゃっと染料等が入っていた箱に一個だけあったんです。前回もあった記憶があるので売れずにそのまま箱ごと持って来られていたようです。箱の図柄は魅力的だったんですが中身がわからないもので前回は見送りました。今回はあまり買うものが無かったので買ってみたんですが良いものだったようですね。大切にしたいと思います。

Commented by hiroibito at 2019-04-03 20:27
> maicaさん
大好きな日本語エンボス入りであってほしかったので、エンボス無しとわかってちょっと寂しくなっただけです。(^^;) でもよくみると亀さんラベルと箱は確かにかわいいですね。大事にしておこう。
染料瓶なのでチラッとmaicaさんの顔が脳裏をよぎったけど、他にまだいいものがあるかもしれないと思うと一個づつだけにしてしまいました。200円と500円だったんだけど財布をのぞくと笑えるほど悲しい状態だったもので。( ;∀;)maicaサンノカオシラナイ…。
次は知らない染料瓶あったら買っときます。ヽ(^。^)

わたしゃボンビーだからそっち行けないけど、Tomoさんも誘ってオフ会したいね~。懐かしマーケット、今回はあまり買うもの無かったな~と思ってたら、しっかり良いのを買ってる人が数人インスタにポストしてたもんね~。間が悪かっただけだった。( ノД`)シクシク…

Commented by hiroibito at 2019-04-03 20:39
> Tomoさん
ベルがなぜガラス?割れないのか??って本気で心配になる時計です。ベルがとれちゃってゼリー型を加工してつけてるのかと思った程見慣れない代物でした。(◎_◎;)

「千代ぬれ羽」白髪染めを研究してらっしゃるドクターKさんがおっしゃるので、間違いなくレアアイテムみたいです。一気に魅力がてっぺんまで昇り詰めました。← (いつも単純)

おいおいおい、それらをいっぺんには欲張りすぎですって!(◎_◎;)
昔高速を軽四で福岡まで遊びに行ったことあるけど、若かったせいもあるけどそこまでしんどくなかったかな?普通車ならだいじょぶだいじょぶ。でも一度には大変じゃない?けっこう日数いるでしょ!

Commented by hiroibito at 2019-04-03 20:48
> karan_coronさん
開封場所はものによります。開けやすくて目立たないところ。「千代ぬれ羽」は切ってしまったのを後悔してます。途中までは水で湿らしつつそ~っと底を剥がしてたんですが、剥がして見てもまだ箱の下側がどう組んであるかよくわからなくてしかたなく切ってしまいました。もう少し側面も剥がしてたらわかったところでした。(ーー;)

拾ったり掘ったりから入ってきた瓶好きってのはおかしなもので、ラベルよりも文字のエンボスを好む傾向があります。よくわからない図柄のエンボスしかないとちょっと寂しく感じてしまいました。しかし貴重な品のようなのでお気に入り度は大きく変わってしまいました。げんきんなものです。
Commented by hiroibito at 2019-04-03 20:58
> tomo-so_koさん
他の色もあったんですが、古代紫という響きにひかれて選びました。思った通り染めると柔らかで自然な色になると思います。
時計は同じTomoさんのネームを持つ女性がいらっしゃって、本当に好きなようです。そして自分で直しちゃうんですよこの人、すごいです。

あの手のリキュールグラスいいですよね。持ち手の足にそろばん玉のようなとこがあるのもツボです。明治期からつくられてたようですがカットガラスではなく稚拙な味わいの出やすい型吹きのものが欲しいところです。
Commented by hiroibito at 2019-04-03 21:06
>狐憑き?( letoroathume)さん
「千代ぬれ羽」は珍しいものだったようで一気にお気に入りに変わってしまいました。好みなんてこんなもんですね~。(^^;)

今回のパイロットはスクリューキャップでしたが、同じデザインでコルク栓のタイプも別のブースで売ってましたよ。欲しかったけど今回は予算が低かったので見送りました。(''◇'')ゞ

そうだとすればアリスのケチャップはおそらくその業者さんから箱ごと仕入れたんじゃないかな?業者さんどうしで仕入れたりするのは普通のことですもんねぇ。
エリガンス、言われてみれば正体判明してましたね~。ラベル付きは初めて見たのでテンション上がり気味ですっかり忘れてました。( ̄▽ ̄;)
Commented by absana at 2019-04-04 15:13 x
ぎゃー金魚が沢山!!
仲間を増やしてあげたくなる(*´з`)
(こっそり値段も知りたい)
コウモリエンボスはファミコンの時のドラゴンみたいで可愛いすね。
Commented by ドクターK  です at 2019-04-04 21:42 x
「千代ぬれ羽」が何故すごいかお伝えします。(1)明治38年(1905)、それまで使われていなかった、全く新しい染料を使った、最初の製品。(これは現在でも主要な染料です)
(2)初めて新聞雑誌に大量広告宣伝でブームを作った。
(3)液体一剤式で過酸化水素を使わない。(空気で酸化します)
(4)使い方が簡単。説明書には5,6時間放置とありますが、髪に塗り(すぐ乾く)仕事に行って、夕方帰宅後洗髪すると染まっている。ただし、現在はこうした使い方はできません。
なお、瓶のエンボスですが、コウモリではなく、「カラス」が羽を広げた姿です。(大正2年の広告から登場していました)
Commented by hiroibito at 2019-04-04 22:47
> absanaさん
お買い上げありがとうございま~す。一個につき樋口さん一枚+送料となります。なお、一万円以上は送料無料で~す。← (こっそりか?)
PRしたからサイ・ズさんからなんかもらえるかな?( ̄▽ ̄)← (アホです)
コウモリエンボス可愛いですか~。そういわれると可愛く見えてきた。(^^;)

Commented by hiroibito at 2019-04-04 23:00
> ドクターKさん
ありがとうございます。確か前回のマーケットの時も見たような気がするので、他のものとゴチャッと入っていた箱ごとそのままでまた持ってきたみたいです。そんな売れ残り品だったので貴重なものだとはまったく思いませんでした。残り物に福があることもたまにはあるようです。(^^;)
コウモリにしか見えませんがカラスでしたか。やはりカラスの濡れ羽色に染まるイメージなんですね勉強になります。

Commented by absana at 2019-04-04 23:34 x
こっそり教えていただきありがとーございます(^O^)
沢山増やすのは無理かぁ(お財布的に)
Commented by hiroibito at 2019-04-04 23:46
> absanaさん
ですよね~(^^;)
by hiroibito | 2019-04-02 18:58 | 骨董市/フリーマーケット | Comments(20)