人気ブログランキング |

続 ハケを探して三千里

さて、前回川に行った成果がパッとしなかったのでまた山に向かいました。


d0359503_19324746.jpg



やっぱり山が一番好きかな~。( ̄▽ ̄)
d0359503_19325233.jpg




d0359503_19325728.jpg



前回見つけた若いハケを攻めてみたいと思います。
え~い、歩きづらいわっ!! \(ToT )
d0359503_19333923.jpg



あれ?こりゃ見落としてたな。またひょうたんニッキです。(^◇^ )
d0359503_19334527.jpg



到着したので掘り始めました。このオケツは見覚えがあるな。
d0359503_19334960.jpg



これ誰かも出してたな。それにしても
ウンコ…? (^^;)
d0359503_19335357.jpg
パピリオの「シルバーヘヤークリーム」でした。
狐憑き?さん、ありがとう。m(__)m





出たっ!!
ピストリコンペーっ!!!!!
シンプルダケド \(^o^)/
d0359503_19335716.jpg



一部を除き全体に若い瓶ばかりだったので少しだけ持ち帰りです。
d0359503_19342386.jpg




イノシシさん用の罠を横目に車に戻ります。
私がやたら通ってるので人間の臭いが残ってここは掛からないだろな。
d0359503_19342736.jpg



持ち帰り品です。
ま~た、貧乏徳利を持ち帰ってしまった。場所とる~(汗)
しかも一部持ち帰るの忘れたものがあるし。←(よくやります)
d0359503_19343525.jpg


洗いました。

まずはコレ、知る人ぞ知る守山牛乳の菊型瓶です。このタイプは二本目です。
d0359503_19353529.jpg




d0359503_19353994.jpg




d0359503_19354395.jpg


今回も出ました。「広島縣規格壜」のニッキ水。
d0359503_19354838.jpg



d0359503_19355206.jpg


.。o○
d0359503_19355764.jpg
今回は勝手に割れなかった。( ̄▽ ̄)



そしてコレコレ!ピストリじゃ~♥
d0359503_19360495.jpg


栗原英次氏の著書「いろはにコンペイトウ」に同じと思われるものが出てました。
本体の上に竹などで作られた銃身が付属するものです。
ミーハーなので出てると嬉しい。
d0359503_19373009.jpg


そしてやっぱりこうやって遊んじゃいます。
ふっふっふ...。
d0359503_19360942.jpg


オケツがのぞいてたのはコレでした。ヒメ椿のヘヤークリームです。
アラバスターは大きめでも新しめでもどうしても持ち帰っちゃいますね~。
d0359503_19361415.jpg



d0359503_19362703.jpg


コレはメーカー不明。
d0359503_19363140.jpg


だけど透けた色が良かったので。
d0359503_19363572.jpg


これは形が楽しくて持ち帰り。パピリオの「シルバーヘヤークリーム」
けっしてウ〇コじゃありません。Σ(・ω・ノ)ノ!
d0359503_19363920.jpg


ピアスの「ナインコールド」また出ました。しかしサイドにエンボスのあるのが欲しかった。
d0359503_19365429.jpg


やっぱりこの色と文字盤エンボスがいいわ~。
d0359503_19365992.jpg


これは鳥さんの盃。何の鳥だろ?
d0359503_19370899.jpg


次回は忘れ物を取りに行った記事です。もう洗い終わってるけど撮影がまだです。



******************************************


おまけ


自作のナイフ三本。

何年か前にハンティングナイフ形のペーパーナイフとして作ったものですが
刃をつけてみたらブレード自体が薄いこともあり意外と切れ味が良くて、
野菜の収穫やジャガイモの種イモ切り、紐の切断といったガーデニング作業全般や
果物の皮むきその他いろいろ活躍してくれてます。
d0359503_19372012.jpg

しかし元の材料はダ〇ソーのスクレーパーだったりします。
ヤスアガリ...。(^^;)
d0359503_19372556.jpg

ではまた!

(●^o^●)/



Commented by letoroathume at 2019-04-05 22:19
ウ○コ瓶はパピリオのシルバーヘヤークリームですね(笑)
ヒメ椿ヘヤークリームのアラバスター、素敵ですね
ピアスのナインコールドはこちらでも出そうなんですが、ピストルは相変わらず幻の一瓶ですね〜
広島縣もご当地で素晴らしい!
出てきてないのだと左上のアラバスターが気になります

ナイフ作り、海外の人がレンチやらスパナから本格的なナイフを作る動画に一時期ハマってましたね〜
鍛錬は厳しそうですが、切り出しや研ぎなら自分でも出きそうな気が…
ボーンナイフなんかは作ってみたいです
Commented by maica at 2019-04-06 00:25 x
狸さん逃げて~!!!!

はい こちらもお約束(≧艸≦*)
不明瓶が透かすと綺麗ですね。
ナイフは自分で作れるんですね!
しかもダ○ソーのスクレーパーとは。
持ち手も手になじみやすそうで面白いです。
いろんな世界があるんだな~。
Commented by tomo-so_ko at 2019-04-06 09:10
この時期の竹林は掘りにくいですよね。。
まず人が来ない場所に行かれてると思いますが(苦笑)
高知は特にその辺が難しいのでイタドリを取りに行くにも
山奥に行きます。今回の瓶は全体的に綺麗だし割れ欠けも
無くて泡々で良い感じ~♡

リメイクナイフ、着眼点がすごいです。
100円のスクレーバー、店の改装で練り漆喰を塗った時に
使って実物見てるので言われなきゃ分かりません。
握る部分の濃淡の使用感は何か加工しているのですか?
それともそこまで実際に使い込んだ?のでしょうか??
マサカネー(^-^;
Commented by Tomo at 2019-04-06 18:52 x
ナイフ凄い!何度か作ろうと考えましたがスクレーパー・・・成る程~。
これなら柄を別に作らなくても良いししっかり止まってるんですねえ。
そして私は懐中時計が気になります(*´艸`*)

ナインコールドは安定の可愛さですね~。
私ももう一回くらいカメのハケに行ってこなければ(*´∀`*)
Commented by hiroibito at 2019-04-06 20:46
> 狐憑き?(letoroathume)さん
おおっ、パピリオだったか!見た事だけは覚えてたんだけど、どこに出てたか覚えてないから探し直す気がまったく出なかった。助かる~。ヽ(^。^)
ピアスのナインコールドは必ず出るはずの瓶です。そう遠くないと思いますよ!
ピストルは....。こればっかりはある程度古い要素のある場所じゃないと出にくいからな~。健闘を祈ります。
左上のアラバスターは、蓋のスクリューの位置が深いのでかなり厚みのある蓋だったと思います。逆に言えば蓋が無いとバランスが悪くてぶさいくに見える瓶です。(^^;)
ナイフはキットを買えば根気さえあれば本格的なのが造れるはずです。焼き入れはオーダーすることができるはずです。ただ鋼材はべらぼうに硬いのでグラインダーが無いと削り出しから本当に根気のいる作業になると思います。根気が無いのでペラペラの鋼材のスクレーパーで我慢しました。(ーー;)

Commented by hiroibito at 2019-04-06 20:53
> maicaさん
はい。お約束のリアクションありがとうございます。(^^;)
ナイフはぱっと見、よく出来てるようにみえるでしょ~。( ̄▽ ̄)
しかし私はなんでもぱっと見を重視してるんで実際に見ると色々つっこみどころ満載のナイフです。(ーー;)
Commented by hiroibito at 2019-04-06 21:14
> tomo-so_koさん
タケノコ泥棒じゃありませぬと説明するのは面倒そうですからね~。この点だけはタラノメを採る時も勘違いされないように気を付けてます。まあ竹林はほぼ100パーセント先にイノシシさんが掘り返してますけどね~。(^^;)
今回の瓶は妙にきれいに撮れたように思います。お褒めにあずかり光栄です。
日本広しといえどもスクレーパーを改造してナイフ作ってるアホはそういないんじゃないかと...。ちょっとビンボ臭いナイフですが雰囲気重視です。ヽ(^。^)
濃淡はですね~...。
ガストーチで炙って濃淡をつけた後、炭化したのが手に着きにくい程度にざっと乾拭きして、そのへんにあった適当なオイルをウェスに染み込ませて拭き上げただけです。簡単かつ雰囲気が出るので木材や竹には好んで使うお手軽な手法です。竹は油が噴き出すので拭き取りつつ行います。ただ、薄い板にやっちゃうと乾燥しすぎて反り返っちゃいますが。(^^;)
Commented by hiroibito at 2019-04-06 21:31
> Tomoさん
予想したものへのコメントありがとうございます!\( ̄▽ ̄)ヤッパシ
ナイフはあくまでなんちゃってナイフです。ペラペラなブレードなので力を込めた作業には使えません。(^^;) そういった作業には既成のちゃんとしたのを使ってます。
作る場合は鋼材とハンドル材とピンがセットになったキットがおすすめです。
最近は作る人が増えたから焼き入れは送ったらやってくれるみたいだし。ただグラインダーで形を削り出すときにはさすがに摩擦熱が加わらないようにしないといけないですけどね~。
あとはシース(皮ケース)をつくらなきゃいけないけど。
懐中時計は人からもらったものです。なぜか針が無いんですが。 ドコヤッタ…。(ーー;)

ほらほら早く行かないとニョロさんや足がいっぱい生えたのがでてくるよ~!ヽ(^。^)



by hiroibito | 2019-04-05 21:24 | ディギング | Comments(8)