人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 34 )

クリーム瓶特集 その18

さて?わけわかんない瓶達です。



いい感じの色ですねぇ。
d0359503_18203430.jpg
「十」?「4」?と読めるような......?
d0359503_18204037.jpg
ぶくぶくぶく..... 。o○
d0359503_18204996.jpg




合資会社三葉商会の「クロバー レモンクリーム」もしくは「バニシングクリーム」
四角い不鮮明なラベル窓。
d0359503_18200896.jpg
反対側は丸いラベル窓。
(わかりにくい.....。)
d0359503_18201978.jpg
三つ葉のクローバーのエンボス。
d0359503_18202709.jpg




アラバスターのこちらは.....。
「タンゴ・ドーランクリーム」にも似てるし「丹頂バニシングクリーム」にも似てる。
しかし双方とも少し違ってるような?
d0359503_18205926.jpg
「REG DESIGN・NO.41651」
d0359503_18210550.jpg




摺りガラス状のこちらは.....。
d0359503_18211125.jpg
横面に小さく何かのマーク。
d0359503_18211716.jpg



ここからはエンボスも何もありません。
d0359503_18221594.jpg

d0359503_18222859.jpg
 



縦ストライプとチェックの兄弟。
d0359503_18224181.jpg




フムフム....。
d0359503_18232108.jpg




はいはい......。
d0359503_18232846.jpg




ほうほう......。
ん?これはどっかで見たような.....?
.......................................................。
...............。 
 あ、ウテナの「バニシングクリーム」だ。(ーー;)
d0359503_18233403.jpg





あら、終わりでした。
d0359503_18234152.jpg





おまけ




赤チン系の瓶。

全体に回ったヒビが景色となっていい仕事してます。
だから捨てられない.....。(^^;)
d0359503_20562049.jpg





ほいじゃっ!

(-。-)/


by hiroibito | 2017-09-02 18:36 | Comments(2)

クリーム瓶特集 その17

その17、今回もばらばら....。



まずこの黒い瓶は.....。
d0359503_18140622.jpg
「Rubina」 
詳細は不明。
d0359503_18141740.jpg

d0359503_18145350.jpg



次はメトロ化粧料本舗の「ゴールドメトロホルモンクリーム」です。
黒猫チャックさんのインスタで判明しました。ヽ(^o^)丿
川出しなのでガッサガサ....。
d0359503_18165524.jpg
「METRO」のエンボス
d0359503_18170416.jpg

実物はもう少しグリーンがかってます。
キズが無ければなかなか魅力的な瓶です。
d0359503_18171313.jpg




こちらは1938昭和13年に中山太陽堂が東京に興した
太陽製薬株式会社の「強アネホルモンA」
薬効を主眼とした、薬粧品ということです。
d0359503_18245458.jpg





これは東京市神田區 合資会社茂木商店の「過酸化水素入 ペルキシールクリーム」
正面にはラベルの窓のエンボス。
d0359503_18172675.jpg

裏には右上からカタカナで「ペルキシールクリーム」のエンボス。
d0359503_18173248.jpg




古い「花王バニシングクリーム」の陶器瓶。
d0359503_18174075.jpg
右向きの月のマーク。
d0359503_18174817.jpg



「加藤」なんだけど、どこの加藤さんだっけ?
軟膏系かもしれないし.....。
d0359503_18175541.jpg


このマーク、どなたかのブログで見たんだけどなぁ。どこだっけか?思い出せない。
ボケ始まってます.....。 (。´・ω・)?

岐の統制番号は、「125」?、「825」? 読み取りにくいです。
d0359503_18180230.jpg
ハウト液やコロダインで有名な「加藤翠松堂」でした!
レトロアツメさんありがとうございました。軟膏瓶でした。
どなたかのブログというより、皆さんアップされてましたね。
やっぱりボケてる....。(ーー;)




こちらも戦前の瓶。
d0359503_18181014.jpg


裏のラベル。
d0359503_18181777.jpg



これまた詳細不明の瓶。
d0359503_18182390.jpg

どこのマークかな?
d0359503_18183062.jpg





1946昭和21年創業のエーワンポマード本舗の「エーワンポマード」
d0359503_18183877.jpg

「A」と「one」の組み合わせのマーク
d0359503_18184520.jpg






「マーナー化粧料」現在の「マーナーコスメチックス」です。
1939昭和14年米国人レオン・トミーによって創設され、
「マーナー」ブランドで総合化粧品メーカーとして設立されています。
d0359503_20032474.jpg
「MARNA」のエンボス。
d0359503_20033163.jpg





こちらはミスト化粧料本舗の「V・Fミストクリーム」
d0359503_20035004.jpg
反対側
「V.F.MIST HORMONE PAHM」のエンボス。
d0359503_20035849.jpg






「アポロ」 詳細不明。
d0359503_20040406.jpg


「APOLLO」のエンボス。時代ですねぇ。
d0359503_20050949.jpg



どこの瓶でしょうか....。
d0359503_18185394.jpg

「パワー(電源スイッチ)」のようなマーク。
d0359503_18190079.jpg

こうかな?
d0359503_18190718.jpg




これは化粧品じゃなくて、軟膏とかワセリンとか.....。かな?
d0359503_18192297.jpg

「エスエス製薬」だったりして。 (^^;)
d0359503_18193055.jpg

茶すじ....。もう少し赤茶っぽい方がいいかな? ←(ぜいたく)
d0359503_18193667.jpg

むらむらです。!(^^)!
d0359503_18194772.jpg

d0359503_18195994.jpg





おまけ


何のびんかな?
蓋と本体は適当に二個一にしたものです。
ほんとは金属の蓋か、ベークライトの蓋がいいんだけど....。
d0359503_20561220.jpg
後で伊丹製薬の鎮痛・消化・健胃剤「イノターゼ」が似ていることがわかりました。
本来の蓋は赤色プラスチックのようです。





ではまた!

(=゚ω゚)ノ



by hiroibito | 2017-09-01 19:57 | Comments(2)

クリーム瓶特集 その16

その16!
また色々と出します!


1932昭和7年創業の「モンココ本舗」のクリーム瓶
名前から可愛いですね。
フランス語では、"かわいいい娘”という意味があるそうですが、
社名の由来は意味深なのとか、諸説あるようです。
d0359503_20224863.jpg

d0359503_20225425.jpg

d0359503_20230013.jpg



次はこれですが....。
d0359503_18130836.jpg

「FUKEMYO」? わからん....。
d0359503_18131600.jpg



これは?
d0359503_18132534.jpg

1955昭和30年設立の「ゼリア薬粧」。
現在の「ゼリア新薬」ですね。
d0359503_18133304.jpg




こちらは日華油脂株式会社の「ニッカ化粧品」、商品名は不明。
d0359503_18134430.jpg

「nikka」のエンボス
d0359503_18135895.jpg




「イソラ」鈴木三晃堂です。
d0359503_18150010.jpg

「ISOLA」
d0359503_18150865.jpg


d0359503_18151655.jpg




「クロロフィル」のクリーム瓶です。
1954昭和29年「日興美容化学株式会社」設立。現在の「日興製薬株式会社」です。
d0359503_18152365.jpg

「Chlorophyll」のエンボス。
d0359503_18153399.jpg



「オリーブマノン」
1949昭和24年設立。
オリーブを使った化粧品、食品、苗木まで手掛ける
岡山県牛窓町「日本オリーブ株式会社」製です。
d0359503_18154557.jpg

「OLIVE MANON」のエンボス。
d0359503_18155320.jpg



「森田」?
検索すると、「森田薬品工業」という会社が化粧品も扱っているようですが。
う~ん.....。 たぶん違いますね.....。(;^ω^)
d0359503_18160307.jpg


「MORITA&Co」のエンボス。
d0359503_18160980.jpg



これはなんだ?
d0359503_18161698.jpg


「mYRnA BEnIR」?
大文字小文字ばらばら....。どっちみちわかんない....。
d0359503_18162351.jpg
まてよ、マーナ ベニールかな? しかしスペルが違うよなぁ。
(^^;)




次は「ベルマン」です。
前身である「ウェスト化学研究所」が1915大正4年に創業しています。
1964昭和39年に「(株)大幸」を設立し、
1984昭和59年に「(株)ベルマン」と、改称しています。
ドイツ語の「ベルックスマン(愛される人)」という方言からのネーミングだそうです。

「ビタF 美白クリーム」
d0359503_18163083.jpg

d0359503_18164031.jpg

「VELMAN」のエンボス。
d0359503_18164785.jpg






おまけ


川で拾った時計の枠と目薬瓶。
だれかこれのスポイト余ってたらください.....。(^^;)
d0359503_20560448.jpg





つづく。

(・ω・)ノ


by hiroibito | 2017-08-31 17:49 | Comments(3)

クリーム瓶特集 その15

その15も、色んなメーカーいきます。



まずは「クラヤ特殊化粧品本舗」の「蜂蜜入りクラヤバニシングクリーム」
「サカエクリーム」とも言います。ほんとはもっとワインっぽい色です。
d0359503_20201207.jpg


d0359503_20202041.jpg


う~ん....。色が出ない。(ーー;)
d0359503_20202691.jpg



次は「丸善化粧品部」
d0359503_20203304.jpg


「丸善」のエンボス
d0359503_20204058.jpg



次は丸善化粧品部のカガシ化粧品本舗の瓶。
(ややこしい....。) (ーー;)
d0359503_20213309.jpg

このマーク、好きですねぇ。
d0359503_20214034.jpg

「KAGASI」
d0359503_20214885.jpg



「エイボン」です。
d0359503_20204835.jpg


「AVON SkinSilk DayCream」
d0359503_20205770.jpg

正直者にしか見えないエンボス...。 (;^ω^)
「AVON」とあります。
d0359503_20210486.jpg



次は.....。
d0359503_20212033.jpg


「パル?」「パール?」「ノビル?」
わかりませんっ💦 ← キッパリ
d0359503_20212743.jpg



こっちは?
d0359503_20215558.jpg


「SHIRAHO.KAIMEN.OSHIROI.」
合成界面活性剤の使われた白粉ですかね?
d0359503_20220272.jpg



これは?
d0359503_20220940.jpg


「COLONA SAMBIDO」
「クラブ」の中山太陽堂により、1957昭和32年に株式会社「コロナ」が設立されています。
ただ、その「コロナ」かどうかは不明....。
d0359503_20221676.jpg


「BBB SANBI」
なるほど....。 三つのBで 三B、サンビー、サンビ.....。
う~ん.....。(;^ω^)
d0359503_20222294.jpg



こんどは?
d0359503_20222949.jpg


「BEAUTIFIER BY THE GREER」
d0359503_20223514.jpg

検索しても出てきません.....。(-ω-)
d0359503_20224253.jpg





おまけ


「ターナー」のポスターカラーかな?
某専門学校時代、この瓶じゃないけどお世話になりました。
そのころ習ったことは......。

まったく関係ない仕事に行った私には.....。(ーー;)
d0359503_20554762.jpg

では!

(-ω-)/

by hiroibito | 2017-08-30 17:54 | Comments(2)

クリーム瓶特集 その14

その14は、色んなメーカー、ばらばらと行きまっす!!( `ー´)ノ



「アイデアル特製練り白粉」の瓶
戦前のようです。
d0359503_20145871.jpg


エンボスは、「とくせいねりおしろいあいである」
(おいっ)
d0359503_20155762.jpg



「桃谷順天館美顔白粉」
蓋と本体は二個一です。この組み合わせでOKみたいですね。
(蓋も余さず拾いましょう....。)
d0359503_20160552.jpg

「桃とトンボ」のシンボルマークです。
d0359503_20161167.jpg


でこでこした黒い瓶.....。
d0359503_20161711.jpg

どこのマーク?
d0359503_20162626.jpg
ベルボン商会のクリーム瓶と思われます。レトロアツメさんに教えて頂きました。
検索してみたらバニシングクリームのようです。白い瓶も存在します。
「イチゴコールドクリーム」とか「デュラロン」とかの製品名も見受けられますが
瓶の色によって変えていたのかただのラベル替えかはっきりしません。



次は「ホーメイ」
株式会社北尾化粧品部の前身で
大正10年に創業者の川端邦四郎が「ホーメイ」の名称を使い始めています。
戦後昭和21年には、「ロビン」のブランドで再生しているようです。
d0359503_20163572.jpg

右読みで「ホーメイ」
d0359503_20164496.jpg


こちらは1964年創業の株式会社タイヨーさんの「ハネスキン」です。
d0359503_20165265.jpg

蓋、朽ちて横が割れてます....。(ーー;)
真ん中のマークはミツバチでしょうね。
d0359503_20170071.jpg

「ハネスキン」のエンボス
d0359503_20170666.jpg



金鶴/丹頂のところではとりあげなかったけど「丹頂メデカ植物ポマード」かな?
d0359503_20172065.jpg

「Vegetable MEDICA Pomade」って書いてあるし。
d0359503_20172828.jpg

直訳すると....。
「メディカというブランドの野菜を材料に使ったぽまあど....。」
(違う違う.......。)
d0359503_20173489.jpg



「ミヨシ」試供瓶サイズ
詳細は不明。
d0359503_20174298.jpg
この瓶は、この後お嫁入しました。


「ミヨシ」のエンボス
d0359503_20174937.jpg

深さ.....。 
1センチくらいです。ほぼ入らないんじゃないかと.....。(^^;)
d0359503_20175573.jpg



次は「ホマレ」
検索で化粧品を扱う会社が二件ほどヒットしましたが、沿革を見るとどちらも新しい....。
この瓶には、右読みの戦前と思われるエンボスがあるので、該当しないようです。
d0359503_20180122.jpg

d0359503_20180956.jpg



ハリウッド化粧品の「オーキッド ビタモイスンクリーム」
d0359503_20181793.jpg


d0359503_20182249.jpg



1933年創業の「アマツ青松堂」の物と思われます。
d0359503_20182968.jpg
「エモルコールド」という名称だそうです。m(_ _)m

d0359503_20190223.jpg



パッティーポマード本舗の「パッティー 椿練ポマード」
d0359503_20191127.jpg


d0359503_20191859.jpg





おまけ


島田塗料株式会社 エスクマ印の「マメラッカー」は、
昭和40年頃以前に模型用塗料として販売されていたようです。
缶入りのものがあったのはわかったのですが、これは瓶....。
おそらく専用のシンナーが入っていたのでは?と思われます。
d0359503_20553866.jpg


d0359503_20550283.jpg



では!

(-ω-)/



by hiroibito | 2017-08-29 19:51 | Comments(8)

クリーム瓶特集 その13

その13は「コーセー」と「ピアス」



まず、「コーセー」から。

「パーライトスキン」
1951年から1976年の25年間販売されていた製品です。
ずっとこの色だったかどうかは不明です。


三つとも「パーライトスキン」だと思いますが.....。
d0359503_20124064.jpg


「KOSE PERLIGHT・SKIN」
d0359503_20124755.jpg

二個目は後ろ側にも、ラベルの窓があります。
d0359503_20131516.jpg


右端のはラベルの窓がどこにも無い代わりに、底裏に「kose」のエンボス。
d0359503_20132192.jpg



次は「ピアス」
1947年創業の会社です。あの「パピリオ」も傘下に収められています。

可愛いデザインですね。
d0359503_20134097.jpg


後ろ側
d0359503_20134666.jpg


「PIAS」
d0359503_20135238.jpg



これは「ピアス ナインコールド」かな?
他に、側面にエンボスがあるものも存在するようです。
d0359503_20135840.jpg


底裏の文字盤エンボス。
d0359503_20140548.jpg



おまけ


某?会長に便乗....。
d0359503_20164668.jpg
川からいらっしゃった謎のお方.....。
擦れまくってすりガラス状になってます。
飲み口から後頭部に欠けて炸裂してるし.....。(ーー;)




では!







by hiroibito | 2017-08-28 20:22 | Comments(10)

クリーム瓶特集 その11

その11は「シボレー」と「メヌマ」



「シボレー」は昭和4年、「若葉ポマード本舗」として創業し、
その後、「シボレーポマード本舗」「シボレーポマード」「シボレー」と社名変更し、
平成13年、民事再生法を申請しています。

このメーカー、化粧瓶特集でも書いたけど、瓶のデザインがいい意味でやっちゃってます!


まずコレ!
d0359503_20042691.jpg


d0359503_20043307.jpg


意匠のナンバーでしょうね。
d0359503_20044068.jpg


この「SIBOLEY NO.200」のエンボス
d0359503_20045394.jpg


同じデザインでも右の瓶には入ってません。
d0359503_20053901.jpg


d0359503_20052496.jpg



これもよく似てるけど別のデザイン。商品名は「シボレーNo.100」かな?
d0359503_20054669.jpg


d0359503_20061318.jpg


あれ?ナンバーが上のといっしょ....。いいのかな?
d0359503_20060446.jpg


ラベルの窓
d0359503_20062051.jpg


d0359503_20055214.jpg



これまた違うデザイン。ガラスの色違い二点。
商品名は「シボレーNo.150」だと思われます。
d0359503_20063071.jpg


d0359503_20063557.jpg


d0359503_20064270.jpg



またまた違うデザイン。「シボレー フレッシュポマードNo.300」
正面
d0359503_20064810.jpg


反対側
d0359503_20070712.jpg


d0359503_20065672.jpg


あらっ? また同じナンバー......。
(/・ω・)/
d0359503_20070240.jpg


d0359503_20071487.jpg



d0359503_20072034.jpg



こっちは「メヌマ」
明治43年創業の「井田京栄堂」をルーツとしています。
「メヌマポマード」は大正6年に製造販売を開始しているようです。
d0359503_20113803.jpg


d0359503_20122283.jpg


d0359503_20114319.jpg



これも
d0359503_20122916.jpg

こちらは古そうです。....。
d0359503_20123596.jpg





おまけ
d0359503_20585161.jpg


ではでは!


(*^。^*)


by hiroibito | 2017-08-26 18:06 | Comments(2)

クリーム瓶特集 その10

今回は「パピリオ」と他こまごま。

まず、「パピリオ」から....。
「パピリオ」は1904年創業の伊藤胡蝶園を前身としています。
紆余曲折を経て、実質的には現在は存在しない会社ですが、
「ピアス」が商標権を獲得し、「パピリオ株式会社」として生き続けています。
しかし胡蝶園に始まる「パピリオ」とは歴史的に関係ないようです。

洋画家として有名な、佐野繁次郎氏がロゴデザインを手がけた陶器の瓶です。
全て川で拾ったものですが、蓋が出てきてくれません。(ーー;)

右の二つは同じものですが、「P」のロゴ違いの物が他に存在します。
また、円筒形の物もあるようです。 
d0359503_19543105.jpg



これも「パピリオ」の小瓶
d0359503_19543954.jpg


蓋は金属です。
d0359503_19545040.jpg



メーカー不明。しかし持ってる人多いみたいです。
やっぱりピタッと合う蓋が出てきません。
蓋には「アイボリーポマード」と文字がある画像を確認済です。
d0359503_20032061.jpg

謎の「2」
d0359503_20033313.jpg


「天美」です。大阪の地名の天美と関係があるのかな?

蓋か中蓋か本体か、わけわからない一品。
d0359503_20034119.jpg

d0359503_20034670.jpg

「TENBI TOILET GOOOS」? のエンボス。
なんでこの面に入ってんだ?
(・・?
d0359503_20035340.jpg


これも「天美」
d0359503_20040086.jpg

またまた見えにくいけど「天美」のエンボス。
d0359503_20041627.jpg



次はこれ!


d0359503_20072879.jpg



d0359503_20073439.jpg


底裏に筆記体で「meijo」
詳細は不明です。
d0359503_20074034.jpg


こちらは特に特徴ないけど....。
d0359503_20075705.jpg

「MEIJO HANDO CREAM」
d0359503_20080316.jpg





おまけ....。


どうしても欲しくて、女房殿にゲットしてきてもらった、
ガチャガチャの「キアゲハの終齢幼虫」
50歳とっくに過ぎてるおっさんがやってると怪しいでしょ....。
(女房殿もじゅうぶんおばさんだが....。)

虫の苦手な方、ごめんちゃい!

m(_ _)m
d0359503_20543365.jpg
今見ると.....。

なんで欲しがったんだろ.....。
(。´・ω・)?




では!

by hiroibito | 2017-08-25 18:44 | Comments(6)

クリーム瓶特集 その9

その9は「ももの花ハンドクリーム」と「リリス」と「プリンス」



まず、オリヂナル薬粧株式会社の「ももの花ハンドクリーム」

d0359503_19534691.jpg


d0359503_19533897.jpg


これは「新ももの花」
けっこう皆さん、持ってらっしゃるようで...。
お花型のラベルの窓が可愛いですね。
d0359503_19535679.jpg



次は「リリス」
フランスの「Lilyth d'or (リリス ドール)」という化粧品と関係があるのか?
d0359503_19540627.jpg

なさそう....。だって、カタカナだし.....。(ーー;)

例によってエンボス見えにくい....。
右上から左下に欠けて「リリス」とあります。
d0359503_19541450.jpg


こちらも同じパターン。
ちなみにこれは戦前の「リリス 煉紅」のようです。
ケラダマヒのmaicaさんとこで判明。
d0359503_19542456.jpg


最後は「プリンス」
現在の東洋ビューティー株式会社
d0359503_19552019.jpg


d0359503_19552959.jpg


壽化学工業株式會社.....。
あれ? ジュジュも寿化学だったような....。
関連は無いみたいです。
d0359503_19553867.jpg


ラベルの下に「PRINCE」のエンボス
d0359503_19554406.jpg


裏側にも...。
d0359503_19554928.jpg



d0359503_19555872.jpg


これまた「プリンス」
d0359503_19561020.jpg


d0359503_19561752.jpg



d0359503_19563318.jpg



こっちも「プリンス」
d0359503_19564346.jpg


d0359503_19565367.jpg


やはりラベルの下にエンボスあります。
d0359503_19570055.jpg


d0359503_19570626.jpg





おまけ



戦前と思われるハチミツの小瓶。 川物でキズ多し....。
梅蜂印蜂蜜で検索したらHBCさんのブログがヒットしたのみ....。
あとは詳細不明....。しかしこんな小さな瓶に蜂蜜って....。
やっぱり貴重だったんでしょうねぇ。
d0359503_20531913.jpg


d0359503_20532664.jpg
d0359503_20534205.jpg



では!


(-ω-)/



by hiroibito | 2017-08-24 18:08 | Comments(4)

クリーム瓶特集 その8

その8は「柳屋」とその他少々....。


ポマードと言えば....。
d0359503_19511380.jpg


d0359503_19511917.jpg


d0359503_19512657.jpg


d0359503_19513611.jpg


「柳屋」の源氏香マーク....。
d0359503_19514226.jpg


こちらはラベルの窓がありませんね。
d0359503_19520176.jpg


またまた、見えにくい.....。
d0359503_19520845.jpg



これはどこのメーカーでしょうか? オレンジ色してますねぇ~。
(のちに、壽化学工業株式會社の「プリンス ミルクアルモンドクリーム」と判明しました)
d0359503_19525193.jpg


蓋のマーク....。
d0359503_19525789.jpg



こっちは「山葉」
d0359503_19530474.jpg


d0359503_19531257.jpg

う~ん.....。検索しても、あの楽器やバイクなどのヤマハしか出てこない....。
西谷美泉堂で検索すると、現存する福山市の美泉堂薬局という会社が出ます。
スタッフは西谷さんたち...。
このラベルは間違いなくその会社の物だと思いますが、
「山葉化粧品」?を扱っていて、扱った証にラベルを貼っただけなのか?
しかし、いちいち箱を開けて貼ったとも思えないし....。
するとやっぱり美泉堂製のローカル化粧品なのか?
真相は.....?
d0359503_19532092.jpg



最後は「BELLONA」 詳細は不明。
d0359503_19550010.jpg


d0359503_19550748.jpg


d0359503_19551266.jpg





おまけ....。


ちっちゃいけど、何のびん?
d0359503_20521483.jpg


d0359503_20520852.jpg
あ、緑色かぶっちゃった....。





(・ω・)ノ


by hiroibito | 2017-08-23 20:43 | Comments(2)