クリーム瓶特集 その16

その16!
また色々と出します!


1932昭和7年創業の「モンココ本舗」のクリーム瓶
名前から可愛いですね。
フランス語では、"かわいいい娘”という意味があるそうですが、
社名の由来は意味深なのとか、諸説あるようです。
d0359503_20224863.jpg

d0359503_20225425.jpg

d0359503_20230013.jpg



次はこれですが....。
d0359503_18130836.jpg

「FUKEMYO」? わからん....。
d0359503_18131600.jpg



これは?
d0359503_18132534.jpg

1955昭和30年設立の「ゼリア薬粧」。
現在の「ゼリア新薬」ですね。
d0359503_18133304.jpg




こちらは「ニッカ」詳細不明。
d0359503_18134430.jpg

「nikka」のエンボス
d0359503_18135895.jpg




「ISOLA」 これもわからない.....。
d0359503_18150010.jpg

d0359503_18150865.jpg

d0359503_18151655.jpg




「クロロフィル」のクリーム瓶です。
1954昭和29年「日興美容化学株式会社」設立。現在の「日興製薬株式会社」です。
d0359503_18152365.jpg

「Chlorophyll」のエンボス。
d0359503_18153399.jpg



「オリーブマノン」
1949昭和24年設立。
オリーブを使った化粧品、食品、苗木まで手掛ける
岡山県牛窓町「日本オリーブ株式会社」製です。
d0359503_18154557.jpg

「OLIVE MANON」のエンボス。
d0359503_18155320.jpg



「森田」?
検索すると、「森田薬品工業」という会社が化粧品も扱っているようですが。
う~ん.....。 たぶん違いますね.....。(;^ω^)
d0359503_18160307.jpg


「MORITA&Co」のエンボス。
d0359503_18160980.jpg



これはなんだ?
d0359503_18161698.jpg


「mYRnA BEnIR」?
大文字小文字ばらばら....。どっちみちわかんない....。
d0359503_18162351.jpg



「ベルマン」です。
前身である「ウェスト化学研究所」が1915大正4年に創業しています。
1964昭和39年に「(株)大幸」を設立し、
1984昭和59年に「(株)ベルマン」と、改称しています。
ドイツ語の「ベルックスマン(愛される人)」という方言からのネーミングだそうです。
d0359503_18163083.jpg

d0359503_18164031.jpg

「VELMAN」のエンボス。
d0359503_18164785.jpg






おまけ


川で拾った時計の枠と目薬瓶。
だれかこれのスポイト余ってたらください.....。(^^;)
d0359503_20560448.jpg





つづく。

(・ω・)ノ


[PR]
by hiroibito | 2017-08-31 17:49 | Comments(2)

クリーム瓶特集 その15

その15も、色んなメーカーいきます。



まずは「クラヤ特殊化粧品本舗」
「蜂蜜入りクラヤクリーム」の瓶かな?
ほんとはもっとワインっぽい色です。
d0359503_20201207.jpg


d0359503_20202041.jpg


う~ん....。色が出ない。(ーー;)
d0359503_20202691.jpg



次は「丸善化粧品部」
d0359503_20203304.jpg


「丸善」のエンボス
d0359503_20204058.jpg



次は丸善化粧品部のカガシ化粧品本舗の瓶。
(ややこしい....。) (ーー;)
d0359503_20213309.jpg

このマーク、好きですねぇ。
d0359503_20214034.jpg

「KAGASI」
d0359503_20214885.jpg



「エイボン」です。
d0359503_20204835.jpg


「AVON SkinSilk DayCream」
d0359503_20205770.jpg

正直者にしか見えないエンボス...。 (;^ω^)
「AVON」とあります。
d0359503_20210486.jpg



次は.....。
d0359503_20212033.jpg


「パル?」「パール?」「ノビル?」
わかりませんっ💦 ← キッパリ
d0359503_20212743.jpg



こっちは?
d0359503_20215558.jpg


「SHIRAHO.KAIMEN.OSHIROI.」
合成界面活性剤の使われた白粉ですかね?
d0359503_20220272.jpg



これは?
d0359503_20220940.jpg


「COLONA SAMBIDO」
「クラブ」の中山太陽堂により、1957昭和32年に株式会社「コロナ」が設立されています。
ただ、その「コロナ」かどうかは不明....。
d0359503_20221676.jpg


「BBB SANBI」
なるほど....。 三つのBで 三B、サンビー、サンビ.....。
う~ん.....。(;^ω^)
d0359503_20222294.jpg



こんどは?
d0359503_20222949.jpg


「BEAUTIFIER BY THE GREER」
d0359503_20223514.jpg

検索しても出てきません.....。(-ω-)
d0359503_20224253.jpg





おまけ


「ターナー」のポスターカラーかな?
某専門学校時代、この瓶じゃないけどお世話になりました。
そのころ習ったことは......。

まったく関係ない仕事に行った私には.....。(ーー;)
d0359503_20554762.jpg

では!

(-ω-)/

[PR]
by hiroibito | 2017-08-30 17:54 | Comments(2)

クリーム瓶特集 その14

その14は、色んなメーカー、ばらばらと行きまっす!!( `ー´)ノ



「アイデアル特製練り白粉」の瓶
戦前のようです。
d0359503_20145871.jpg


エンボスは、「とくせいねりおしろいあいである」
(おいっ)
d0359503_20155762.jpg



「桃谷順天館美顔白粉」
蓋と本体は二個一です。この組み合わせでOKみたいですね。
(蓋も余さず拾いましょう....。)
d0359503_20160552.jpg

「桃とトンボ」のシンボルマークです。
d0359503_20161167.jpg


でこでこした黒い瓶.....。
d0359503_20161711.jpg

どこのマーク?
d0359503_20162626.jpg
ベルボン商会のクリーム瓶と思われます。レトロアツメさんに教えて頂きました。



次は「ホーメイ」
株式会社北尾化粧品部の前身で
大正10年に創業者の川端邦四郎が「ホーメイ」の名称を使い始めています。
戦後昭和21年には、「ロビン」のブランドで再生しているようです。
d0359503_20163572.jpg

右読みで「ホーメイ」
d0359503_20164496.jpg


こちらは1964年創業の株式会社タイヨーさんの「ハネスキン」です。
d0359503_20165265.jpg

蓋、朽ちて横が割れてます....。(ーー;)
真ん中のマークはミツバチでしょうね。
d0359503_20170071.jpg

「ハネスキン」のエンボス
d0359503_20170666.jpg



「メディカ」?
d0359503_20172065.jpg

「Vegetable MEDICA Pomade」
d0359503_20172828.jpg

直訳すると....。
「メディカというブランドの野菜を材料に使ったぽまあど....。」
(適当.......。)
d0359503_20173489.jpg



「ミヨシ」試供瓶サイズ
詳細は不明。
d0359503_20174298.jpg

「ミヨシ」のエンボス
d0359503_20174937.jpg

深さ.....。 
1センチくらいです。ほぼ入らないんじゃないかと.....。(^^;)
d0359503_20175573.jpg



次は「ホマレ」
検索で化粧品を扱う会社が二件ほどヒットしましたが、沿革を見るとどちらも新しい....。
この瓶には、右読みの戦前と思われるエンボスがあるので、該当しないようです。
d0359503_20180122.jpg

d0359503_20180956.jpg



ハリウッド化粧品の「オーキッド」シリーズのクリーム。
d0359503_20181793.jpg


d0359503_20182249.jpg



1933年創業の「アマツ青松堂」の物と思われます。
d0359503_20182968.jpg


d0359503_20190223.jpg



「パティー」と読むのかな?
d0359503_20191127.jpg


d0359503_20191859.jpg





おまけ


島田塗料株式会社 エスクマ印の「マメラッカー」は、
昭和40年頃以前に模型用塗料として販売されていたようです。
缶入りのものがあったのはわかったのですが、これは瓶....。
おそらく専用のシンナーが入っていたのでは?と思われます。
d0359503_20553866.jpg


d0359503_20550283.jpg



では!

(-ω-)/



[PR]
by hiroibito | 2017-08-29 19:51 | Comments(4)

クリーム瓶特集 その13

その13は「コーセー」と「ピアス」



まず、「コーセー」から。

「パーライトスキン」
1951年から1976年の25年間販売されていた製品です。
ずっとこの色だったかどうかは不明です。


三つとも「パーライトスキン」だと思いますが.....。
d0359503_20124064.jpg


「KOSE PERLIGHT・SKIN」
d0359503_20124755.jpg

二個目は後ろ側にも、ラベルの窓があります。
d0359503_20131516.jpg


右端のはラベルの窓がどこにも無い代わりに、底裏に「kose」のエンボス。
d0359503_20132192.jpg



次は「ピアス」
1947年創業の会社です。あの「パピリオ」も傘下に収められています。

可愛いデザインですね。
d0359503_20134097.jpg


後ろ側
d0359503_20134666.jpg


「PIAS」
d0359503_20135238.jpg



これは「ピアス ナインコールド」かな?
他に、側面にエンボスがあるものも存在するようです。
d0359503_20135840.jpg


底裏の文字盤エンボス。
d0359503_20140548.jpg



おまけ


某?会長に便乗....。
d0359503_20164668.jpg
川からいらっしゃった謎のお方.....。
擦れまくってすりガラス状になってます。
飲み口から後頭部に欠けて炸裂してるし.....。(ーー;)




では!







[PR]
by hiroibito | 2017-08-28 20:22 | Comments(10)

クリーム瓶特集 その12

その12は「金鶴」と「丹頂」です。


明治時代の輸入雑貨販売「大崎組」が前身。
昭和2年、「金鶴香水株式会社」設立。
昭和8年、丹頂チックがヒットし、頭に「丹頂」の名を冠した製品を次々リリースし、
昭和34年、「丹頂株式会社」に社名を変更。
昭和46年現在の「株式会社マンダム」となる。

だそうです。


まずは「金鶴」から
d0359503_20081275.jpg


「KINTSURU KOSUI CO.LTD」
d0359503_20082107.jpg



こんなの....。
d0359503_20082818.jpg


さくら?のマーク
d0359503_20084510.jpg



同じデザインの微妙なサイズ違い。
(画像じゃわかんないな....。)
(ーー;)
d0359503_20085107.jpg


d0359503_20085796.jpg


やっぱり蓋があるといいなぁ....。神社の裏での表面採取。
「金鶴ポマード」ですね。
d0359503_20091283.jpg



これはアラバスターです。
d0359503_20091974.jpg

「KINTSURU PERFUMERY CO.LTD」中心に「7。」
d0359503_20092536.jpg



これもアラバスター。
d0359503_20093298.jpg


「KINTSURU KOSUI CO.,LTD.」
d0359503_20093872.jpg



これは上のと同じデザインで乳白ガラスです。
d0359503_20094479.jpg


ただし、左と右は「金鶴」時代と「丹頂」時代にわかれます。
d0359503_20095592.jpg


「KINTSU KOSUI CO.LTD」
d0359503_20100233.jpg


「TANCHO CO.,LTD・MADE IN JAPAN・」中心に「16」
d0359503_20101083.jpg


これはまた違うデザインですね。
d0359503_20101631.jpg


「TANCHO CO,LTD.MADE IN JAPAN・」中心に「6」
d0359503_20102268.jpg


また、別デザイン。
d0359503_20102934.jpg


「TANCHO CO LTD・MADE IN JAPAN」
d0359503_20104847.jpg

最後、蓋とラベル付きのアラバスター!
(*^。^*)
d0359503_20105481.jpg


ちょっと、きたねーな....、このラベル。
(ーー;)
d0359503_20110222.jpg


d0359503_20110833.jpg


裏が気が利いてる....。
d0359503_20111448.jpg




おまけ


川から救出した「キティー ホワイト」
d0359503_20544835.jpg
嬉しそうです.....。




クリーム瓶特集、まだまだ続きます。
では次回で.....。

(''ω'')ノ




[PR]
by hiroibito | 2017-08-27 04:46 | Comments(4)

クリーム瓶特集 その11

その11は「シボレー」と「メヌマ」



「シボレー」は昭和4年、「若葉ポマード本舗」として創業し、
その後、「シボレーポマード本舗」「シボレーポマード」「シボレー」と社名変更し、
平成13年、民事再生法を申請しています。

このメーカー、化粧瓶特集でも書いたけど、瓶のデザインがいい意味でやっちゃってます!


まずコレ!
d0359503_20042691.jpg


d0359503_20043307.jpg


意匠のナンバーでしょうね。
d0359503_20044068.jpg


この「SIBOLEY NO.200」のエンボス
d0359503_20045394.jpg


同じデザインでも右の瓶には入ってません。
d0359503_20053901.jpg


d0359503_20052496.jpg



これもよく似てるけど別のデザイン。商品名は「シボレーNo.100」かな?
d0359503_20054669.jpg


d0359503_20061318.jpg


あれ?ナンバーが上のといっしょ....。いいのかな?
d0359503_20060446.jpg


ラベルの窓
d0359503_20062051.jpg


d0359503_20055214.jpg



これまた違うデザイン。ガラスの色違い二点。
商品名は「シボレーNo.150」だと思われます。
d0359503_20063071.jpg


d0359503_20063557.jpg


d0359503_20064270.jpg



またまた違うデザイン。「シボレー フレッシュポマードNo.300」
正面
d0359503_20064810.jpg


反対側
d0359503_20070712.jpg


d0359503_20065672.jpg


あらっ? また同じナンバー......。
(/・ω・)/
d0359503_20070240.jpg


d0359503_20071487.jpg



d0359503_20072034.jpg



こっちは「メヌマ」
明治43年創業の「井田京栄堂」をルーツとしています。
「メヌマポマード」は大正6年に製造販売を開始しているようです。
d0359503_20113803.jpg


d0359503_20122283.jpg


d0359503_20114319.jpg



これも
d0359503_20122916.jpg

こちらは古そうです。....。
d0359503_20123596.jpg





おまけ
d0359503_20585161.jpg


ではでは!


(*^。^*)


[PR]
by hiroibito | 2017-08-26 18:06 | Comments(2)

クリーム瓶特集 その10

今回は「パピリオ」と他こまごま。

まず、「パピリオ」から....。
「パピリオ」は1904年創業の伊藤胡蝶園を前身としています。
紆余曲折を経て、実質的には現在は存在しない会社ですが、
「ピアス」が商標権を獲得し、「パピリオ株式会社」として生き続けています。
しかし胡蝶園に始まる「パピリオ」とは歴史的に関係ないようです。

洋画家として有名な、佐野繁次郎氏がロゴデザインを手がけた陶器の瓶です。
全て川で拾ったものですが、蓋が出てきてくれません。(ーー;)

右の二つは同じものですが、「P」のロゴ違いの物が他に存在します。
また、円筒形の物もあるようです。 
d0359503_19543105.jpg



これも「パピリオ」の小瓶
d0359503_19543954.jpg


蓋は金属です。
d0359503_19545040.jpg



メーカー不明。しかし持ってる人多いみたいです。
やっぱりピタッと合う蓋が出てきません。
蓋には「アイボリーポマード」と文字がある画像を確認済です。
d0359503_20032061.jpg

謎の「2」
d0359503_20033313.jpg


「天美」です。大阪の地名の天美と関係があるのかな?

蓋か中蓋か本体か、わけわからない一品。
d0359503_20034119.jpg

d0359503_20034670.jpg

「TENBI TOILET GOOOS」? のエンボス。
なんでこの面に入ってんだ?
(・・?
d0359503_20035340.jpg


これも「天美」
d0359503_20040086.jpg

またまた見えにくいけど「天美」のエンボス。
d0359503_20041627.jpg



次はこれ!


d0359503_20072879.jpg



d0359503_20073439.jpg


底裏に筆記体で「meijo」
詳細は不明です。
d0359503_20074034.jpg


こちらは特に特徴ないけど....。
d0359503_20075705.jpg

「MEIJO HANDO CREAM」
d0359503_20080316.jpg





おまけ....。


どうしても欲しくて、女房殿にゲットしてきてもらった、
ガチャガチャの「キアゲハの終齢幼虫」
50歳とっくに過ぎてるおっさんがやってると怪しいでしょ....。
(女房殿もじゅうぶんおばさんだが....。)

虫の苦手な方、ごめんちゃい!

m(_ _)m
d0359503_20543365.jpg
今見ると.....。

なんで欲しがったんだろ.....。
(。´・ω・)?




では!

[PR]
by hiroibito | 2017-08-25 18:44 | Comments(6)

クリーム瓶特集 その9

その9は「ももの花ハンドクリーム」と「リリス」と「プリンス」



まず、オリヂナル薬粧株式会社の「ももの花ハンドクリーム」

d0359503_19534691.jpg


d0359503_19533897.jpg


これは「新ももの花」
けっこう皆さん、持ってらっしゃるようで...。
お花型のラベルの窓が可愛いですね。
d0359503_19535679.jpg



次は「リリス」
フランスの「Lilyth d'or (リリス ドール)」という化粧品と関係があるのか?
d0359503_19540627.jpg

なさそう....。だって、カタカナだし.....。(ーー;)

例によってエンボス見えにくい....。
右上から左下に欠けて「リリス」とあります。
d0359503_19541450.jpg


こちらも同じパターン。
ちなみにこれは戦前の「リリス 煉紅」のようです。
ケラダマヒのmaicaさんとこで判明。
d0359503_19542456.jpg


最後は「プリンス」
現在の東洋ビューティー株式会社
d0359503_19552019.jpg


d0359503_19552959.jpg


壽化学工業株式會社.....。
あれ? ジュジュも寿化学だったような....。
関連は無いみたいです。
d0359503_19553867.jpg


ラベルの下に「PRINCE」のエンボス
d0359503_19554406.jpg


裏側にも...。
d0359503_19554928.jpg



d0359503_19555872.jpg


これまた「プリンス」
d0359503_19561020.jpg


d0359503_19561752.jpg



d0359503_19563318.jpg



こっちも「プリンス」
d0359503_19564346.jpg


d0359503_19565367.jpg


やはりラベルの下にエンボスあります。
d0359503_19570055.jpg


d0359503_19570626.jpg





おまけ



戦前と思われるハチミツの小瓶。 川物でキズ多し....。
梅蜂印蜂蜜で検索したらHBCさんのブログがヒットしたのみ....。
あとは詳細不明....。しかしこんな小さな瓶に蜂蜜って....。
やっぱり貴重だったんでしょうねぇ。
d0359503_20531913.jpg


d0359503_20532664.jpg
d0359503_20534205.jpg



では!


(-ω-)/



[PR]
by hiroibito | 2017-08-24 18:08 | Comments(4)

クリーム瓶特集 その8

その8は「柳屋」とその他少々....。


ポマードと言えば....。
d0359503_19511380.jpg


d0359503_19511917.jpg


d0359503_19512657.jpg


d0359503_19513611.jpg


「柳屋」の源氏香マーク....。
d0359503_19514226.jpg


こちらはラベルの窓がありませんね。
d0359503_19520176.jpg


またまた、見えにくい.....。
d0359503_19520845.jpg



これはどこのメーカーでしょうか? オレンジ色してますねぇ~。
(のちに、壽化学工業株式會社の「プリンス ミルクアルモンドクリーム」と判明しました)
d0359503_19525193.jpg


蓋のマーク....。
d0359503_19525789.jpg



こっちは「山葉」
d0359503_19530474.jpg


d0359503_19531257.jpg

う~ん.....。検索しても、あの楽器やバイクなどのヤマハしか出てこない....。
西谷美泉堂で検索すると、現存する福山市の美泉堂薬局という会社が出ます。
スタッフは西谷さんたち...。
このラベルは間違いなくその会社の物だと思いますが、
「山葉化粧品」?を扱っていて、扱った証にラベルを貼っただけなのか?
しかし、いちいち箱を開けて貼ったとも思えないし....。
するとやっぱり美泉堂製のローカル化粧品なのか?
真相は.....?
d0359503_19532092.jpg



最後は「BELLONA」 詳細は不明。
d0359503_19550010.jpg


d0359503_19550748.jpg


d0359503_19551266.jpg





おまけ....。


ちっちゃいけど、何のびん?
d0359503_20521483.jpg


d0359503_20520852.jpg
あ、緑色かぶっちゃった....。





(・ω・)ノ


[PR]
by hiroibito | 2017-08-23 20:43 | Comments(2)

クリーム瓶特集 その7

その7は「モナ」です。 (=^・^=)
1946年(昭和21年)創業の「関西有機化學工業」
d0359503_19440750.jpg


d0359503_19441681.jpg


d0359503_19442475.jpg


この手描き感がいいですねぇ。
d0359503_19444324.jpg


d0359503_19444914.jpg


d0359503_19445603.jpg


若返るのかっ!! \(◎o◎)/!
d0359503_19450845.jpg


d0359503_19451616.jpg


d0359503_19462735.jpg


ここも手描き感....。
d0359503_19463670.jpg


色々とPR...。
d0359503_19464426.jpg


こんなの....。
(これもコールドクリームと思われます)
d0359503_19465375.jpg


d0359503_19470130.jpg


四角いの....。モナの「ロ-ヤルゼリークリーム」
d0359503_19470901.jpg


d0359503_19472969.jpg


ぽてっとしたの.....。
(たぶん栄養クリームか、葉緑素クリーム....。)
d0359503_19474158.jpg


d0359503_19474715.jpg



アラバスターの....。
d0359503_19480342.jpg


d0359503_19481218.jpg


磨りガラス状のアラバスター....。
d0359503_19482014.jpg


d0359503_19484843.jpg



これも....。
d0359503_19492726.jpg


d0359503_19493667.jpg




おまけ....。


西洋御料理のエンボス瓶。
見えにくいな~。川物でキズだらけだし.....。
(後ろも実は、穴開いてます)
d0359503_20514466.jpg


ではまた。


(-ω-)/


[PR]
by hiroibito | 2017-08-22 18:22 | Comments(2)