しっかし、厳選してもいっぱいあるな~....。(ーー;)
今回もKitsunetsuki(レトロアツメ)さんに特定作業は協力してもらってます。


まずはアラバスターから。メーカー不明瓶です。
d0359503_01031201.jpg
左端のはタンゴドーラン?似てるけどサイドのデザインが違ってました。
近い時代の物でしょうか.....。





右のは底裏にエンボスがありました。
d0359503_01031721.jpg


よ~わからん......。どこの?
d0359503_01032100.jpg
狐憑き?さんのコメントでの指摘のように、どうやら「MIDO」ミドーのようです。
ということは、このマーク逆さに写真撮ってますね......。(''◇'')ゞ
「バニシングクリーム」のようです。





あんよのある皆さんです。
d0359503_01032615.jpg


右端のあんよが特にかわいいですね。
d0359503_01033517.jpg




「クラブ」は珍しくラベルが残ってました。一旦剥がして洗って再接着。
右のは「大正製薬」。化粧品じゃないけど.....。
d0359503_01033929.jpg


d0359503_01034452.jpg



これはカクカクしていてかっちょええですね。
d0359503_01040568.jpg


「Ubigan」?のエンボス。
d0359503_01041048.jpg




これもカクカクです。「デリカ ダリヤポマード」
d0359503_01041574.jpg


「Delica」
d0359503_01042023.jpg




これまたカクカク......。
d0359503_01042512.jpg


「DARDIN POMADE」
d0359503_01043117.jpg




これは以前拾ってたアラバスターの蓋ですが......。
d0359503_01044187.jpg


今回、ピッタリなのが二つ出ました。(*^▽^*)
d0359503_01044625.jpg


被せてみると.............。


うん、悪くない。
d0359503_01045081.jpg


お!? こっちでもいいなぁ。(どっちでもなかったりして.....。)
d0359503_01045592.jpg




こりゃどっかでみたような.......。maicaさんちだったかな?
「レート」のバニシングクリームと思われます。
d0359503_01050038.jpg
三宅堂合資會社の「リリス洗顔クリーム」の瓶とよく似てますが、
それには台座がデザインされてます。どっちが先なんだ.....?(^^;)


右端の瓶の裏にだけエンボス文字がありました。
「LAITCREME」の文字が一周してます。
d0359503_01051792.jpg




あまり面白みのないデザインですが....。
d0359503_01053538.jpg


「カガシ化粧品本舗」のカガシクリームです。
ここのトレードマークの案山子が好きなんですが、ラベルや外箱には書いてあったようです。
d0359503_01054064.jpg




これは「ピカソ美化学研究所」の「ピカソクリーム」。
d0359503_01055148.jpg


底周りにぐるりと「PICASSO LIEBE CREAM」のエンボスがあります。
d0359503_01055813.jpg
ちなみに現在も現役の会社ですが、この瓶のエンボスのように
古いものはスペルが「PICASSO」、現在は「PICASO」となっているようです。





これは見覚えがあるんだけど、どこのだったか?
(いつものパターン......。) (ーー;)
d0359503_01061400.jpg
と思ってたら、底に「スズラン」のエンボス文字がありました。
(よく見ろよ!って言われそう....。)
写真はありません。再撮影省略させていただきます。
(^^;)
ちなみに戦前の資生堂にもよく似た瓶があるようです。





これもわからないけど面白い。
d0359503_01064432.jpg





蓋と別々に出た白粉瓶.....。
d0359503_01064936.jpg


この組み合わせでいいような.......。
d0359503_01065456.jpg


ちょっと深く入り過ぎてるような.......。 やっぱり違うかな?(^^;)
d0359503_01065982.jpg


底裏のエンボス文字は右読みで「粉白シンエM級高」
戦前のようですね。
d0359503_01070439.jpg




この瓶は他と違って、僅かに青緑がかった乳白です。
(画像ではわかりにくいですね)
スクリュー蓋ではないので古そうですが手がかりがありません。
d0359503_01071980.jpg
少なくとも戦前の白粉瓶のようです。
(ケラダマヒのmaicaさんからの情報をもとに考証しています。感謝です。)





これはちょっと凝ってます。「戸田圓」の瓶。
d0359503_01072479.jpg


側面三か所に、デザイン化された「都」の文字を中心にした花柄エンボス。
d0359503_01072914.jpg


右読みで「圓田戸」の文字。
d0359503_01073501.jpg




おまけ




やっぱり洗ったら割れたもの.........。 Σ(・ω・ノ)ノ!
d0359503_01052720.jpg


S級のハケ 11 (土のクリーム瓶)に続く。 (`^´)/




[PR]
by hiroibito | 2018-03-29 23:46 | ディギング | Comments(9)

今回はクリーム瓶(ジャー)です。
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ





その前に以前頂いて紹介していなかった、わ○○○さんからの瓶をひとつ。

感謝! m(_ _)m


ケンシポマードでしょうね。小さな星の集合体が綺麗です。
(^^☆
狐憑き?さんがブログにアップされていたので便乗しました。
(''◇'')ゞ
d0359503_21061638.jpg
脚もついてておしゃれな瓶ですョ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


さて、ここからがSハケのものです。
アホみたいに持って帰ったのでこれ全部アップするのはやめときます。(ーー;)
d0359503_00582287.jpg




主な瓶だけを.......。





まずはクラヤ特殊化粧品本舗の「蜂蜜入りクラヤバニシングクリーム」
d0359503_00583673.jpg


ここに「CLA-YA」のエンボスがあるはずなんですが、
薄すぎて「C」しか読み取れません。
d0359503_00584156.jpg


気泡もありトロッてますね~。(*^^*)
d0359503_00584683.jpg


この穴さえなきゃ以前拾ったものより格段にきれいでいいんですが....。
(ーー;)
d0359503_00585257.jpg


左のが以前拾った物。アップにするとキズだらけです。
右は「クラヤ 美肌化粧水」
d0359503_00585873.jpg



お次はジュジュです。これ、二つ出ました。好きな瓶です。
d0359503_00592400.jpg


瑠璃色がきれいなんですよっ!
d0359503_00593096.jpg


以前拾った右端のと合わせて記念撮影。
d0359503_00593696.jpg


こりゃもう左のは資生堂の「ドルックス」でしょうね。
d0359503_00594417.jpg


右のは変わったデザインです。
d0359503_00594905.jpg


底はグルグル~。(◎_◎;)
d0359503_00595461.jpg



これもなかなかおしゃれなんですが.....。
中山太陽堂の「クラブ美髪ポマード」です。
d0359503_00595878.jpg

欠けと大きなヒビ。くもってるし、捨てるしかないな......。(-_-;)
d0359503_01000409.jpg

右読みのエンボス文字で戦前なんだけどな~......。
d0359503_01000996.jpg



こっちも面白い形してるから、割れていても持ち帰ったけど
やっぱりだめだなコリャ....。景色として見れないヒビです。
バリバリに割れていても、かえって綺麗な場合もあるんだけど....。
d0359503_01001635.jpg

「これもポイだね~....。」(*'▽') 「そだね~」('▽'*)
(使ってみたかったんです)(ーー;)

ちなみに「ナリス化粧品」でした。
d0359503_01002107.jpg



こりゃもう「クラブ白粉」しかないでしょっ!
d0359503_01003324.jpg

中身もたっぷり残ってて蓋も取れなかったんですが、なんとかなりました。
中身入りも貴重ですが、やっぱりわたしゃ、ガラス瓶は光を透して見たいんで洗っちゃいます。
d0359503_01003891.jpg



こういった渋い抹茶色の、小瓶も軟膏かもしれませんが好きですね~。
(´ω`*)
d0359503_01004582.jpg

いいにゃぁ......。(=^・^=)
d0359503_01005099.jpg


こっちは特徴は無いけど綺麗なグリーンと気泡がポイント。
d0359503_01005580.jpg

「D」.....。(・・?
d0359503_01010060.jpg



これもきれいな濃い赤茶色。
d0359503_01010595.jpg


「ウテナ」の「バニシングクリーム」でしょうね~。
d0359503_01011074.jpg





そして今回のクリーム瓶の中では一等賞。
「KBK」のクリーム瓶です。
d0359503_01011429.jpg


「KBK TOKYO」 欠けてるけど.....。(ーー;)
d0359503_01011933.jpg




一周してみましょか。
d0359503_01012546.jpg

小傷も入ってますねー.....。ヒビよりいいけど。
d0359503_01013028.jpg

d0359503_01013434.jpg

d0359503_01014047.jpg

おしゃれですねーっ! (*^^*)
d0359503_01015072.jpg





この先は色黒な方たち.....。


ベーククライトの蓋付。
ビタオールの「エイトポマード」 
d0359503_01015731.jpg
って、書いてあります。(読んだだけ)
(^^ゞ
d0359503_01020302.jpg



こっちは「マスター尚美堂」です。
d0359503_01020809.jpg
インク瓶の時と同じく、漂白剤水に浸けすぎました......。
ベークライトの蓋が荒れちゃってます。
d0359503_01021247.jpg

マークはこの向きでいいんだろか? たぶんマスターの「m」と尚美堂の「S」
d0359503_01021720.jpg
太陽の塔の顔ではありません。




こちらは特に特徴ないですが.....。
(しいて言えば蓋がずれてしまっている。)
d0359503_20344355.jpg

透かすといいねぇ~っ!
d0359503_01022218.jpg



これは色んなメーカーによくあるデザインなのでアップするつもりもなかったんですが....。
d0359503_01023105.jpg


中の雑な作りがツボでした。
d0359503_01023743.jpg




雑と言えばこれも。
d0359503_01024274.jpg


もう、なんでもありです。気泡が「どおろどろぉぉ....。」と流れてます。Σ(・ω・ノ)ノ!
d0359503_01024796.jpg




最後の黒いのは.......。
d0359503_01025832.jpg



お月さんでした。🌛
d0359503_01030200.jpg
「花王」ですねぇ。





「S級のハケ 10 続クリーム瓶」に続きます。


(''ω'')ノ

  

[PR]
by hiroibito | 2018-03-27 21:21 | ディギング | Comments(4)

 さてと.......。(ーー ) 



Sハケを掘っていると次々と出てきたニッキ水の瓶.......。
d0359503_01095026.jpg


なんて無情なんだ......。
d0359503_01095585.jpg


神も仏も無いものか......。
d0359503_01100079.jpg


これなんか完品持ってたのに、棚の整理をしていて落っことして
木っ端みじんになったのと同じやつ.....。
d0359503_01100524.jpg


ちなみに顔を置いたらこんな感じ。
完品出てよ~っ......。(-_-;)
d0359503_01101064.jpg
ビー玉と曇ったおはじきはSハケ産。




コンペーの破片も出るし.....。
d0359503_01101482.jpg

これなんかコンペーのピストリのグリップだし....。
d0359503_01103241.jpg





しかーーーーーしっ!!




神は見放してなかったようです。


瓢箪ニッキ完品出ましたっ!
\(^o^)/ 
d0359503_01105099.jpg



ありゃ?


洗ったら割れました........。

Σ(゚Д゚)
d0359503_01105687.jpg


この「広島縣規格壜」前拾ったのも洗ったら割れたのにーーーっ!
またかよぉーーーーっ........。 (ToT)
d0359503_01103893.jpg


ちなみに...。底裏のエンボス......。です...。
(ここのヒビみたいなのは製瓶時のしわです)
d0359503_01110663.jpg




それならこっちはどうじゃっ!!


くもってるけど、大丈夫みたい。 ε-(´∀`*)ホッ
d0359503_01111159.jpg


読みづらいけど丸の中に「井」のエンボス文字。
d0359503_01111636.jpg




そしてこれこれっ!
バイオリン型コンペーっ!!!!きれいだなぁ~。(^^♪
d0359503_01112282.jpg
いやぁ、まさかこんなのが山奥で出るとは思いませんでした。(#^^#)



まあ大穴開いてるしヒビもあちこちあるけど、ほぼ形は保ってるのでOKです。
おそらくもうお目に掛かれないかもしれないし。
(洗って割れたんじゃないし)
d0359503_01112825.jpg


丸の中に「松」
d0359503_01113301.jpg



それからこれもっ!!!

いやぁホントこんなのが完器で出るとはねぇ~。
懐中時計型のコンペーは初めてです。
d0359503_01113971.jpg
あとで思い出しました。そういえば以前、小さめのも拾ってました。
(ーー;)


大きさはこんなかんじ。でかコンペーです。  シャリっ....。
d0359503_01114544.jpg


裏はこうです。ヒビに見えるのはこれも製瓶時のしわです。   シャリっ..。
d0359503_01115097.jpg


こんな写し方もしてみたりして!     シャリっ............。
d0359503_01115663.jpg
きれいだなぁ~........。 


...............。


???

シャリっ.....。


シャリってなに? (゜-゜)


????????


.................................................。
d0359503_01120233.jpg
 (´・ω`・)エッ?  .......................。




どわわわわぁああああああーーーーーっ!!!!
d0359503_01120750.jpg
完全に乾いて何日もたってるから安心してたのにぃ........。

;つД`) ひーーっ 




気を取り直して.......。




これって仏具の真鍮製燭台の代用品で合ってるんだろか?
洗う前は中が金色に塗られてたし......。
d0359503_01121366.jpg
(。-`ω-)?




[PR]
by hiroibito | 2018-03-25 20:17 | ディギング | Comments(8)


今回のSハケの成果はインク瓶を取り上げます。
あまりレア物はありませんがお付き合いください。
(''◇'')ゞ



まずはおなじみ「ライトインキ」です。
口が二重のリングになってるのがいいですね。その他は他のメーカーと変わり映え無し.....。
d0359503_18025116.jpg

エンボスが無いと、もちろん「ライトインキ」とはわかりません。
どこも同じようなデザインが多いですねー.......。(ーー;)
「RIGHT INK 2OZ MADE IN JAPAN」
d0359503_18025694.jpg




左のは「1 OZ.」のエンボス文字が肩にあります。双方ともメーカー不明。
この色好きです。
d0359503_18030137.jpg



次も小さな瓶。
d0359503_18030615.jpg
手前の左から二番目のは蓋に「RADIO INK」とあったんですが....。


油断してました......。
まあ、大丈夫だろうと思ってハイター水に長い事浸けすぎました。
ボコボコに荒れちゃいましたねー.......。

古くなったプラやベークライトは漂白剤に弱いのはわかってたはずなのに、やっちゃいました。
新しいプラは大丈夫なのになー......。(ーー;)
d0359503_18031786.jpg



お次は「丸善インキ」です。
d0359503_18032357.jpg

おなじみの「M」のマークの上下に「登録」の文字。
気泡は少ないけどトロってますね~。
d0359503_18035107.jpg



これはどこかな?
d0359503_18035790.jpg

「DAINITI INK」
d0359503_18041340.jpg

大日インク.....。かな?
デザイン化された「大日」の文字
d0359503_18042811.jpg



こっちは「ABC INK」
d0359503_18043302.jpg

d0359503_18043851.jpg



これらは?
d0359503_18044314.jpg
なるほど.......。って、このマークどこだったっけか!? ど忘れっ!
(・・?
d0359503_18044815.jpg
洗ったら片方割れました。(ーー;) こんなんばっか.....。
d0359503_18045347.jpg



今度は「パイロット」の2OZ瓶。
肩に「PILOT.2OZ.」のエンボス。
d0359503_18050047.jpg



次は「ボントン」です。
d0359503_18050542.jpg

肩に「2OZ」胴に「OGURA'S BONTON INK」
d0359503_18051053.jpg

そして底には「倉」のマーク。(´ω`*)
d0359503_18052443.jpg

唯一残念な点.....。
d0359503_18052998.jpg



これは「ワグナー」ですね。
d0359503_18054093.jpg

「WAGNER」のエンボス。
d0359503_18054665.jpg



そして通常サイズの最後は靴型瓶。おそらく「チャムピオンインキ」。
五個めかな? 何個あってもいいっ!(^^ゞ
d0359503_18055183.jpg



で、今度は変わってスタンプインクです。
d0359503_18055736.jpg
いい感じ......。
d0359503_18060223.jpg



こっちは詰め替え用だろか? でかいインク瓶。
d0359503_18060798.jpg



これもでかい!「篠崎インキ」
d0359503_18061243.jpg

肩のエンボスは「篠崎インキ製造株式會社」
d0359503_18061600.jpg

底周りには「SHINOZAKI INK MFG CO.,LTD」
d0359503_18063661.jpg




おしまいはインクではないんですが.......。

この形は墨汁瓶ですね。
d0359503_18070173.jpg
左の瓶底。
d0359503_18070608.jpg
右の瓶底。
上下に唐草のようなものがあり、左右に右読みで「汁墨」
d0359503_18071141.jpg


以上っ!
今回はおまけなしです。
誰もおまけは見てないか........。(^^;)


[PR]
by hiroibito | 2018-03-25 00:29 | ディギング | Comments(2)

S級のハケ 6(陶磁器)

(。-`ω-) 今回は陶磁器関係を少々......。

コンペーはどうしたっ!コロダインはどーなったっ!!という声が聞こえてきそうですが....。



もったいぶってるだけです。(^^ゞ



では、かまわず続けます。(。-`ω-)

拾ったり掘り出したりした物の場合、完品のように見えても
持ち帰って洗って見ると欠けやニュウが見つかることが多いです。

今回はまずまずでした。


型紙摺り印判の湯呑。(湯呑でいいよね....。)
この技法は主に明治期に出回っていたものです。
食器類は割れない限り使われるのが普通なので、
これらが出たからと言って明治時代のハケというわけではありません。
d0359503_18001013.jpg
飛び立つツルさんです。
あちこちに色が飛んでしまっている稚拙な作りが生活雑器らしくていいですね。



こちらも型紙印判手。この技法は大好物です。
d0359503_18001577.jpg
かわいらしい柄です。



これも。
d0359503_18002224.jpg



こちらも。
d0359503_18002777.jpg


これって、こちら向きの、ウサギさんの団体でしょうか。
それともおデブのキツネさん? なんにしても可愛すぎる。(^O^)
d0359503_18003228.jpg



これは備前焼かな? 臍徳利と言われるものです。
窪ませた部分をへそに見立ててこう呼ばれるようで、
ここに大黒様などの福の神があるものは人形徳利と呼ばれます。
d0359503_18000089.jpg
人形徳利は地元の薬用酒「保命酒」の瓶としても、かつて出回っていたようです。
人形の無いこれはどうだったんでしょうか......。




こちらは銅版転写の印判の徳利です。
銅版転写は明治後期から昭和の戦前まで主に使われていた技法のようです。
d0359503_18000575.jpg
徳利はあまり趣味じゃないんですが、今回はこのたたずまいに負けました。



これらはお絵かき関係です。
梅皿(パレット)が完品で出たのは良かったですねぇ。
(いまだに私の親は絵手紙書くとき使ってるけど.....。)
d0359503_18003765.jpg


毎度おなじみの絵具容器です。
二つあるうちの一方は統制番号が入ってますが、なぜか文字がひっくりかえってる気が....。
(^^;)
d0359503_18004135.jpg


こちらも絵具容器ですが......。
d0359503_18004649.jpg



すずらん絵具でした! \(^o^)/
これ、欲しかったんです!
d0359503_18005099.jpg
中央には統制番号「岐184」が見て取れます。




続いて型紙刷り印判のお皿。
d0359503_18005519.jpg


王道の図柄ですね。
d0359503_18010018.jpg



これも型紙刷り
d0359503_18010515.jpg


ぐ~るぐるぐ~るぐる......。
目が回る.....。 \(◎o◎)!
d0359503_18011025.jpg




他にもこんなのとか.....。
d0359503_18011805.jpg


d0359503_18012312.jpg




こんなの。
d0359503_18012879.jpg


d0359503_18013462.jpg



これはやたらと出てくる、桜の図柄の盃? 吹墨の技法です。
d0359503_18013998.jpg




次は軍盃。軍猪口とか軍隊盃、記念盃とか言われるものです。
戦勝記念や凱旋記念に軍のお土産として個人が業者に作らせたもののようです。
ちなみに我が家の母屋(ボロ家?築約百年)を片付けた時にも近所の方の名入りが出てきました。
d0359503_18014546.jpg
以前はあまり好きじゃなかったんですが、これの特集もいつかやろうかなぁ....。

わたしゃ別に軍国主義者でも何でもないんですが、
戦争物は歴史の一片を語るものとして興味があります。




ヘルメット型、いや鉄兜型というべきか.....。
中央のは飛行機のプロペラ?かな。
ここが飛行機そのものだったり、桜の花の形だったり色々あるようです。
d0359503_18015027.jpg
(狐憑き?さんからコメントで三つの砲弾であることを教えて頂きました。)
いつもありがとーっ!



d0359503_18015782.jpg


見込みには旭日旗と桜の花が描かれているようですが、
大体このように剥げたり薄くなってしまっているのが多いです。
所属部隊などの文字もあったはずなんですが....。
d0359503_18020412.jpg



もう一つは星を挟んで右に縦書きで「満期」左に「記念」
「満期記念」ですね。
d0359503_18021281.jpg


これも旭日旗と桜の花?
d0359503_18021934.jpg


右読みで「一四歩」。「歩兵四一連隊」かな? 
これは詳しい人じゃないとわからないですね。小隊とか中隊かもしれないし.....。
d0359503_18022585.jpg




これはそんなに古くはないと思いますが、集めてるので.....。
清酒の銘柄入りの猪口です。
(買ってまでは集めてないけど。あくまで拾い人.....。)
(ーー;)
d0359503_18023064.jpg



これもよく出る金属の代用の陶器製のフック。
勝手に集まってくるものですが.....。
d0359503_18023564.jpg


今回のはちょっと違ってた!
文字が入ってました!!ちょっと見たこと無いです。
d0359503_18024081.jpg

だからどーした!と言われればそれまでですが......。(^^;)ゞ
d0359503_18024663.jpg





懲りずに今回のおまけ.......。



挿し木から育てたアセビの木です。漢字で書くと「馬酔木」
有毒なので馬が食べると酔ったようにふらつく.....。といったことでこの名前がついたといいます。
d0359503_18073268.jpg
初めて花が咲きました。(*^_^*)




では、その7までお待ちください。

m(_ _)m



[PR]
by hiroibito | 2018-03-20 23:26 | ディギング | Comments(10)

S級のハケ 5(化粧瓶)

第五段は化粧瓶です。
(#^^#)



まずこちら、これは欲しかったんです。
「SANKYOの」トニック瓶です。底が一部欠けてますがほぼ完品。

時代を飛び越えてスクリューキャップより古いと思われる、コルク栓口が出てくれました。
d0359503_17543714.jpg
綺麗なアンバーです。




こんなのも出ました。
主婦之友社の「メグミ液」。美髪、養毛、フケ止用です。陶器びんもあるようです。
でかいスクリューキャップのは厳選するようにしたんですが、蓋があるとOKの場合もあります。
特に金属やベークライトの蓋は古さを醸し出すため好きですねぇ。
d0359503_17544454.jpg
なかなか斬新なデザインです。





あ......。またこれ持って帰ってしまった.......。(ーー;)
モナの葉緑素アストリンゼント系....。
d0359503_17545067.jpg
蓋は今までで一番いい状態。本体は手持ちのとあまり変わらず.....。
要る人いるかなぁ....。





これらもちょっとでかい.....。左は蓋ないけど古いかもと思って持って帰ったんですが、
ちょっと微妙.....。ゴミにだすかも。

右はコルク栓口なのでいいですね。また、「OZAWA」のエンボスが効いてる。
(=^・^=)
d0359503_17545633.jpg



「ロゼットビタミン乳液」
これは持ってたんですが右の濃い色は初です。綺麗な色のは嬉しい。
d0359503_17550249.jpg
こちらの淡い色の方は洗ったら割れちゃいました。
よかった、持ってる色のほうで......。(^^;)
d0359503_17550848.jpg



こちらアラバスターな皆さん!
(*^_^*)
d0359503_17551321.jpg
特にこれなんかいい形です。あまり見かけない横広な瓶。
d0359503_17551838.jpg



先日はこれの試供品をケラダマヒのmaicaさんから頂きました。
「ビタオール」です。
このサイズのは以前持っていたものは川出しで状態が良くなかったため手放していました。
いい状態のが出て良かったです。
d0359503_17552670.jpg



こちら「白美液」の瓶ですね。白いアラバスターのは持ってますが、この色は初です。
このタイプはmaicaさんも拾われてますね!
d0359503_17553966.jpg


maicaさんと違うのはココ..。割れてる...........。(ーー;)
まっ!いいかぁ~!!、 まいいかぁ、 まいか、 マイカ....。
おやじギャグ......。(゚Д゚;)
d0359503_17554599.jpg
しかしこの違いは決定的です........。(T T)


「ハクビエキ」のエンボス。
d0359503_17555544.jpg

「白美液」
d0359503_17560079.jpg

右読みで「録登匠意」
d0359503_17560666.jpg



これらはよくあるタイプですが、ベークライトの蓋が残ってたので持ち帰り。
d0359503_17561167.jpg
色違いです。





これらは香油等のオイル瓶。化粧瓶の中では大好きな瓶達です。
小さめで、色もよく、時代が良ければ泡トロ!
戦前から戦後すぐの昭和二十年代から三十年代前半あたりの瓶でしょうか。
戦後の瓶は戦前の物よりも稚拙な作りの場合も多く
時代の混乱を物語り、結果いい味出してる瓶が多いようです。
d0359503_17561620.jpg
なお、ミシンオイル等の瓶も含まれてます。


ほらほら、薄い緑色がきれいな気泡入り。作りもトロっとしてます。
実物の色よりも濁って写ってるのが残念。
d0359503_17562571.jpg

d0359503_17563081.jpg

こちら涼しげなアクアカラーです。
d0359503_17563551.jpg

こちらはほぼ無色に近いですが、右のは若干飴色です。
d0359503_17564770.jpg

これらもいいなぁ。スクリュー蓋ですが、トップは滑らかには成型されてません。
d0359503_17565343.jpg

ぶくぶく~......。.。o○
d0359503_17565876.jpg

これはスッキリしすぎてますが、色がいいので持ち帰り.....。
際限がない......。 (ーー;)
d0359503_17570384.jpg

これもいいねぇ。
だけどこれまた洗ったらニュウがっ! (゚Д゚;)
d0359503_17570804.jpg

けれど.......。
d0359503_17571256.jpg


このエンボスが捨てるなと言っている......。
エンボス文字に弱いわたし。 (;´д`)
d0359503_17571944.jpg
「ブドー」? どう読む......。 (・・?

と思ったら、maicaさんから「ブドー印 ミシン油」だと教えて頂きました。
ありがとうございます。




毎度毎度のピアスカラー。
びん拾い初期に拾った記憶から思い入れが強く、何度出ても持ち帰ってしまいます。
d0359503_17572490.jpg


蓋はこの二種があります。今回は両方出ましたね。
d0359503_17573008.jpg




「オルガン」
これはどっかでお見かけしたけど........。
d0359503_17574618.jpg
化粧水のような口ですが、これもミシンオイルだったようです。
狐憑き?さんに教えて頂きました。




これも前に拾ってるけど、そのときのは川出しだったのでキズが多く
今回はハケ出しなので綺麗です。蓋付も出てラッキーっ!
d0359503_17575355.jpg




これは言わずと知れた「星製薬」の瓶。いつ見てもホシのトレードマークは嬉しいです。
化粧品は「ホシ美化粧品」でしたかね。
d0359503_17580621.jpg
ホシ美化粧品の「水白粉」です。
「星製薬」は星一が1910年に設立した製薬会社。SF作家の星新一の実の父親です。


底にもホシのマーク。
d0359503_17581244.jpg



こちらはご存じホーカー液。
液の文字にかかっているニュウのように見えるのは製造時のシワです。
d0359503_17582437.jpg



いままで出たホーカー液の瓶の中で一番状態がきれいです。
d0359503_17583071.jpg


あ、欠けが........。 (゚Д゚;)
d0359503_17583788.jpg




こちらの左は比較的よく出る明治18年創業の「桃谷順天館」です。

右のはメーカー不明で口がガラス栓のスクリュー口です。化粧品とは違うかもしれませんね。
d0359503_17584487.jpg


桃谷さんはいつものトンボと桃のエンボス。「白色美顔水」系の瓶と思われます。
d0359503_17584966.jpg



出た瞬間コンペー瓶かと思いました。しかし口が明らかに化粧品....。
ありゃ? これどっかで見たような......。
d0359503_17585487.jpg



惑星さんとこで見たかな? かわいい形です。(*^_^*)
d0359503_17590072.jpg
惑星さんとこ行って確認して見たら違ってた。(^^;)
狐憑き?さんによると株式会社みごとの「ゴールデンウェーブ」ではないかとのことです。



これは.....。
左はいらなかったかな? 右はいいですねーーーっ!
d0359503_17590739.jpg
狐憑き?さんからの情報で調べてみると
「果汁の精化粧水」等ピカソ美化学研究所の瓶のようです。
このタイプは他に数種の製品にも使われたようです。
情報ありがとうございます。



あゎあわあゎ~.....。.。o○
d0359503_17591229.jpg




たま~に出る背の低い香油瓶、椿油系と思います。
d0359503_17591660.jpg



これらは試供瓶。
右は「資生堂」ですが左のは形は似てるけど手がかりが無く不明。
d0359503_17592132.jpg


右の瓶底には「資生堂の」花椿。
d0359503_17592610.jpg




これはまた頑張ったデザインですねーっ!
SFチックと言うか、ヘイケガニみたいと言うか.....。
d0359503_17593447.jpg


裏まで頑張ってます!
d0359503_17593855.jpg
狐憑き?さんによると株式会社リビアの「福龍椿」だそうです。
調べてみると昭和30年代始め頃の広告で特選香水入香油として掲載されていました。




これはもう、でかめだけど持って帰らざるを得ませんでしたね。
色とカットが美しすぎです!
d0359503_17595555.jpg


元はこんな姿。香水瓶ですね。
d0359503_17594648.jpg
きれいだにゃぁ~......。😻

のちに黒猫チャックさんのインスタでケンシ精香株式会社の
「ケンシ オーデコロン」と判明しました。(≧▽≦)タスカル~



今回はここまで!
(^O^)/






おまけ

いつものようになんの脈絡もありませんが.......。




庭のフクジュソウが満開です。
県北で株分けして増やしていらっしゃったおばあさんから頂いたもの。
もう随分になります。
d0359503_18072627.jpg
あ、また眠い写真になってる。へたなんだから載せなきゃいいんだけど....。

(''◇'')ゞ



[PR]
by hiroibito | 2018-03-18 21:42 | ディギング | Comments(6)

S級のハケ 4(薬品等)

S級のハケ、なんとか洗い終わりましたので、続けてゆっくりとですがアップしたいと思います。
写真もまだ一部しか撮ってませんし。

(^O^)/


数えてみたら約450本も持って帰ってました。そりゃ洗うのも写真撮りも時間かかるわな。
そもそも仕舞う場所が全く足りない。この前整理して捨てた量より多いんだから.....。

(アホだ!)





まずはこの青い薬品瓶。この大きさの瑠璃瓶は初めてです。
(^^)
d0359503_20582167.jpg
綺麗ですね~。(*^^*)~💙




他の薬品関係。(あ~あ、またでかいの多く持って帰ってる.....。)
d0359503_20583264.jpg
特にエンボス文字はありません。


泡だらけのもあります。
d0359503_20584048.jpg
しゅわしゅわぁ~....。.。o○




左のは蓋と本体が別々に出たんですが、ピッタリなのでたぶん純正ということに.......。
d0359503_20584845.jpg
右端のはよく見ると底にナーリングがありました。新しい証なのでゴミの日へ。

真ん中のオキシフルの瓶も時々出ますね。
d0359503_20585353.jpg

d0359503_20585954.jpg



円筒形の水薬瓶色々。後ろ真ん中二本はくもりが何をやっても取れません。
古いタイプですがもう一回だけくもり落しにチャレンジしてダメなら手放す予定です。
右端のは新しめで味が無いんですが、コルク栓でもはめて将来フリマにでも出すかな~。
d0359503_20590629.jpg


中央のは「草浦療院」のエンボス文字。
d0359503_20591217.jpg



こちらは前後に平たい水薬瓶。
d0359503_20591856.jpg


右後ろのは「今川醫院」のエンボス文字。
d0359503_20592327.jpg


これは見えにくいけど、サンドブラストと思われる文字入り。
d0359503_20593470.jpg
レントゲン科 内科小兒科 藤井醫院
電話一二六番





アンバーカラーの瓶二種。右のは特にかっちょいい!

Kitsunetsukiさんのコメントによると右のは武田薬品の四塩化炭素球の可能性があるようです。
四塩化炭素自体はドライクリーニングの溶剤に使われたり消火器の薬剤、機械器具の脱脂、
農薬等に使われていたようですが毒性があるので現在は一般販売は禁止されているようです。
四塩化炭素と四塩化炭素球の違いは検索してみてもさっぱり理解できませんでした。(^^;)
あくまで参考まで。

いつの時代もコスト的に数種類に使用できる汎用瓶は存在するので
ラベルが無いとそれと確定はできないのが残念ですが。
d0359503_21000136.jpg



こっちもアンバー。
d0359503_21000788.jpg


右の底裏にあるエンボスマーク。
どちらさん?
d0359503_21001369.jpg



これらは? 右端のは何が入ってたのか。首曲がってるけど....。
d0359503_21001900.jpg


左端の瓶底には「SANKYO」のエンボス。
d0359503_21003034.jpg


真ん中のは「むさし」.....。
なんて勇ましいネーミングなんだ。( ゚Д゚)
d0359503_21003853.jpg




これはどうでしょうか? オーソドックスですがいいかんじ....。
d0359503_21004575.jpg


おっと! 星製薬の瓶でした。☆の中にHの文字。好きなマークです!
d0359503_21005167.jpg
Kitsunetsukiさんによるとホシ アンチツベルケンではないかとのこと。
肺結核をはじめとした肺病関連の薬のようです。
もちろんこれも汎用瓶の可能性あり。





これらはもう形でわかりますね。(^O^) ビオフェルミンです。
右の大きいのは泥を落としたら割れていて、更に乾いたら反対側も割れてしまった....。
(ーー;)
ただ、大きいのはエンボスが一切ないのでこれもビオフェルミンかどうかは確定できてません。
しかしコルク栓のビオフェルミンは他に持ってないので参考品としてキープ。
d0359503_21005806.jpg


小さい方にはおなじみの「K.H.L.」のエンボス。
d0359503_21010493.jpg


朽ちかけた蓋は磨いたら欠けがひどくなってしまった.....。(T T)
d0359503_21010981.jpg


同時に出た左のはビオフェルミンの統制陶器じゃないかと思われます。
d0359503_21012650.jpg
エンボスも統制番号もなんにもありません。




次のは右二本は時々出ますね。
d0359503_21035057.jpg
真ん中のは以前買った物には「むすめ印 酢の素」のラベルが貼ってありました。


左端の瓶には「理研 無塩醤油」のエンボス。この文字は洗って見つけた物。
d0359503_21035704.jpg



こっちのエンボスは「NOT TO BE REFILLED」
d0359503_21040259.jpg

「NO DEPOSIT NO RETURN」
d0359503_21040756.jpg




そしてケチャップ関係.....。右端のでっかいサイズは初めて見ました。
d0359503_21041274.jpg


左二本。
イカリとカゴメですね。
d0359503_21041840.jpg


右二本は愛知トマト時代のカゴメ。
d0359503_21042426.jpg




醤油瓶も出ました。大きなダメージも無ければ蓋も無い.......。
d0359503_21101970.jpg


こういった時の為にキープしてるんですが、今回も合うのがあるか!?
d0359503_21043606.jpg


ありました。
純正の組み合わせかどうかは不明だけど.......。 (^^;)
d0359503_21044163.jpg
ちょっと首を傾げてるのがいいです。




次です。「わかもと」のスクリュー栓の瓶。
スクリュー栓口の格好が悪いためか、比較的少ないのか.....。
あまりネット上でも見ないような?
d0359503_21013225.jpg



次は「わかもと」風の「パチもと....。」左のがそうです。右は本物。
d0359503_21014876.jpg


しかし「パチもと」のほうが気泡も多く.....。
d0359503_21021388.jpg


赤い不純物があったりと、わびさび度は高いです。(。-`ω-)
d0359503_21022074.jpg



こちら本家、すっきりしすぎて味があまり無いですね。
アルファベットのエンボス文字はかっちょええけど。
d0359503_21015882.jpg


しかしこの首の「わかもと」エンボスが好きなんだナァ。
d0359503_21020465.jpg


外形のよく似た統制陶器と....。
エンボスは一切無いので「わかもと」かどうかは怪しいです。小さい方はかわいいですね。
d0359503_21024059.jpg


双方とも「岐」番号ですね。
d0359503_21024811.jpg




そういえばこういったのも出ました。




八角神薬ーーーーーーっ!!!(;゚Д゚)
d0359503_21031886.jpg
完品ならお宝........。 (T T)ううっ




次は.....。






おおおおおおぉぉぉぉ..........。

憧れの「陶器製タムシチンキ」があああぁぁぁ......。
d0359503_21032580.jpg


大丈夫! 完器も出ました。
(''◇'')ゞ
d0359503_21033115.jpg


裏側。ん?どっちが表????
d0359503_21033971.jpg



おまけ.......。



人から株分けしていただいて、庭で育てている「ユキワリイチゲ」.....。
春を告げる花のひとつです。
d0359503_21044657.jpg
どうも眠い写真になるなァ。へたくそ.....。



次回もまたしばらくお待ち下さい。
(''◇'')ゞ



[PR]
by hiroibito | 2018-03-12 00:16 | ディギング | Comments(10)

頂いたんじゃけえ!

仕事から帰ると、「ケラダマヒ」のmaicaさんから郵便物が届いてました。

おろ?何も聞いてないけど、瓶だろか!
(すでに嬉しい)


今回の個人情報隠しは、またもやその辺にあった
「倉敷・懐かしマーケット」の葉書を使ってみました。
d0359503_21483702.jpg


開けてみると......。
ねこさんのお手紙とともに、薬袋に入ったなにやら説明書が....。
d0359503_21490681.jpg



で、瓶はこちら......。




ビタオールの試供瓶二本!!


「キャーッ!!」
d0359503_21493646.jpg
か、可愛い......。😍



こちらはその説明書でした。
d0359503_21500683.jpg
詳細は「ヤングの古物趣味」の狐憑き?さんが詳しく書かれています。
(あれだけ詳しくアップする元気が無い....。いいなぁ若い人は。)

詳しくはあちらのブログでどうぞ!
(丸投げ......。)




ビタオールにはけっこう思い入れがあって、びん集めを始めたころに出会った瓶のひとつです。

左の小さめのは金属の蓋が残っています。
真ん中の大きいのは最初川から出て、ガサガサだったので手放したら、
今回Sハケから綺麗なのが出ました。
d0359503_21503617.jpg
オクでも何度か綺麗なラベル付きや箱付きのも出てたんですが、
万年金欠病の私は見送ってしまいました....。
(ーー;)


それがこの、可愛いサイズになって私のもとへ!

maicaさん、ありがとーっ!!

\(^O^)/


[PR]
by hiroibito | 2018-03-05 22:29 | 頂きもの | Comments(6)

では! (^^ゞ

とりあえずSハケから出た、でっかい瓶の紹介から。
(いや、でかいのは見たい人そんなにいないし......。)


すみません。順番は例によって片づけの都合だけです。

m(_ _)m



まずは大日本麦酒関係です。
茶色いのはビールだと思いますが、グリーン系はシトロン系かもしれません。
この会社のは、やたらとお目にかかるんですが種類もやたらとあるので
持ってなさそうなのはとりあえず持って帰り.....。
で、この会社の瓶がどんどん増殖してしまいます。
d0359503_17482189.jpg
同じ瓶でも一本一本個性があるから、違う瓶扱いにすることもあるし.....。
いつかまとめておさらばせざるを得ない日が来ると思います。その日までは.....。




こっちは「カブトビール」
愛知県半田市にある赤煉瓦建物(旧カブトビール工場)にて
1898年(明治31年)に丸三麦酒によって「加武登麦酒」の銘で誕生し、
1943(昭和18年)まで製造されたビールの瓶です。
d0359503_17483583.jpg
この会社の瓶は、わたしゃ初めてです。(^^ゞ

「KABUTO BEER」のエンボス文字。
d0359503_17484213.jpg

○の中にKのマークを挟んで「TRADE MARK」のエンボス。
d0359503_17484807.jpg




古い「トリス」の瓶と、「赤玉ポートワイン」(現在は赤玉スイートワイン)の瓶。
d0359503_17485831.jpg
「赤玉ポートワイン」の瓶は以前アップしたものと同じタイプですが、一回り大きなものです。
(首をちょっとかしげていらっしゃいます.......。)
(^^;)



「Torys」
d0359503_17493569.jpg



トリスには「KOTOBUKIYA LIMITED」の文字、
赤玉にはキックアップした底に「AKADAMA PORTWINE」の文字。
d0359503_17494241.jpg



次は?

「養命酒」と「大黒葡萄酒株式会社」の瓶
d0359503_17495056.jpg


文字は右からの読みです。「酒命養」
肩にトレードマークである「飛龍」のエンボスがある物も出ましたが
大きなヒビが入っていたため持ち帰りませんでした。
d0359503_17495707.jpg




「大黒葡萄酒株式会社」は後に「オーシャン」となります。
d0359503_17500884.jpg


d0359503_17501646.jpg
「大黒葡萄酒」はあくまで会社名なので、葡萄酒とは限らないけど何の瓶だか?、






左からニッカのアップルジュースと、よくあるエンボス入りのジュース瓶。
そしてなぜか持ち帰ってしまった「ミリンダ」。
d0359503_17502805.jpg



「Nikka」のエンボスです。

ウィスキーで有名な会社ですが創業当初はアップルジュースからスタートしています。
「ニッカウヰスキー」の前身、「大日本果汁株式会社」は
ウィスキーが熟成し販売できるようになるまで、
1934年(昭和9年)からリンゴジュースを作り始めています。
翌1935年(昭和10年)からニッカ林檎汁(アップルジュース)の販売を開始しています。
d0359503_17503777.jpg


こちらは「ペアリース」......。と読むのかな? (・・?
d0359503_17504498.jpg





今度は左から「朝潮サイダー」と「三ツ矢サイダー」二本。
d0359503_17505429.jpg


わかりやすいエンボス文字ですが、この瓶をお持ちの方でも
なかなかこの会社については謎なようです。
d0359503_17510270.jpg



三ツ矢のこの手の瓶はたまに出ますが、
底のエンボスは微妙に違うパターンが何種かあるのは有名ですね。
d0359503_17510955.jpg
三ツ矢の文字が右回りだったり左回りだったり、
矢羽のエンボスが凸だったり凹だったりとか.............。今回は両方同じでした。





ソース瓶三本......。

左の三ツ矢ソースは既出のものと違って上下のアルファベットが
カーブしていてかなりかっちょいいんですが.....。
d0359503_17511650.jpg

ざ~んねんじゃ......。
d0359503_17512306.jpg

無念じゃ..................。 (T T)
d0359503_17513146.jpg



これは時々、市やお店で、見かける大正製薬の「アテミス」
中にコルク栓が残ってます。つついて壊して取り出してもいいんですが、
コルクとスクリューキャップの併用瓶であることの資料として残してます。

使ってた人が蓋なくして、その辺にあったコルク栓をはめてただけだったりして.....。
(ーー;)
d0359503_17513605.jpg
気になるけど、でかいのでいつも見送ってたんですが、出てくれてよかったです。
二本出たうちの一本は割れてました。一本は完品で良かった。



こちらもなかなかに、いかつい瓶です。洗い方が雑なのは......。
d0359503_17514395.jpg

「TENYOSYA」
d0359503_17515022.jpg

「KYUDAISOL」
d0359503_17515766.jpg

洗ったら勝手に割れちゃいました。(゚Д゚;)
なので、でかいこともありサヨナラする予定です。
d0359503_17520492.jpg

しかし以前購入した「ブルトーゼ」によく似てるなぁ......。
d0359503_17521254.jpg




次は殺虫剤!「フマキラー」と.........。
「ピレトール」.....? 知らない名前......。
d0359503_17521794.jpg

おなじみ、專賣特許「フマキラー」
d0359503_17522323.jpg

この瓶も微妙なバリエーション違いが何種かあるようです。
d0359503_17522705.jpg



そしてこっちが右読みで
「害無畜人 ルートレピ」
d0359503_17523367.jpg

「許特賣專 ツメンセ」
ツメンセ→センメツ→殲滅.....。古い殺虫剤にはこの殲滅の文字があるのを見かけます。
ちょっと、過激......。
d0359503_17523803.jpg

「社會資合薬製國中」
d0359503_17524447.jpg





そして最後に!

ちょっと小ぶりな農薬瓶っぽいの。見かけないサイズなので参考に持って帰りました。
d0359503_17524817.jpg




帰ってから泥を洗い流してみると.....。




「えっ!」




d0359503_17525327.jpg





おおおおおおおおおおおーーーーーーーーっ!!


お宝でした!
(*^^*)
d0359503_17530111.jpg

(。´・ω・)? ところで何が入ってたんでしょね?



では! その4までしばらくかかります.......。

<(_ _)>


[PR]
by hiroibito | 2018-03-04 21:26 | ディギング | Comments(5)