人気ブログランキング |

ホシ美 水白粉 

さ~て、ネタがまた無くなったぞ~。

またしばらく手持ちの瓶でごまかす日々の始まりです。( ̄▽ ̄;)


今回は星の中にHのマークでおなじみの星製薬株式会社の瓶ですが、薬ではなく化粧品です。
星製薬は1910年(明治43年)に星一が設立した製薬会社ですが、
SF作家の星新一の実の父親ということは有名ですね~。
その星製薬が造っていた「ホシ美 水白粉」です。

最初は川から出ましたが傷だらけだったのでその後ハケから出たものだけ残しています。
(記憶が正しければの話ですが)
側面にトレードマークのエンボスが誇らしく入っています。
けっしてドロンパではありません。ワカイヒトハワカンナイカ(^^;)
d0359503_21430876.jpg
小さい二本の内の一本はお嫁に行く予定です。(該当のお客様、しばらくおまちください)



ご丁寧に底にもマークが入ってますね~。
d0359503_21431334.jpg


ラベルの残ってるのが欲しいんだけど、たまに出会っても懐具合と折り合いが付きません。
ハッハッハ ( ̄▽ ̄) カネガナイ…。

ラベルと箱はこんな感じ。
d0359503_17360415.jpg
アダチヨシオ氏の名著、ワスレコモノより。


じゃまた!

(・´з`・)

by hiroibito | 2019-01-27 17:54 | 手持ちの瓶 | Comments(8)

S君の海ハケ 3(呪い編)

最後は陶磁器を中心にコマゴマしたものを。
d0359503_20251391.jpg


碍子他いろいろ。
でかいのは「1933」の文字が入っていますが年号だとすると古いですね~。
あちこち欠けてたので見送ってたんですが今回持ち帰ってみました。
d0359503_20273834.jpg


このでかいほうはたまに見かけますが何なんでしょう?
トイレ関係じゃないことを祈ってます。🚻(^^;)
d0359503_20274301.jpg


左下の小さい方には裏に「MADE IN JAPAN」の文字。
これも何なのかわかりませんね。
d0359503_20274731.jpg


機械栓の瓶の蓋。
d0359503_20275150.jpg


お猪口二つと何かの蓋。
d0359503_20275463.jpg


これはままごとのお釜でしょね~。
d0359503_20280049.jpg


七福神の弁財天と寿老人。おめでたいので持ち帰り。
d0359503_20280417.jpg


こちら陶磁器製人形。ここらあたりから怖い人は見ない方がいいかもしれません。
(特に最後の画像)
d0359503_20281223.jpg


左の子は足が無かったので以前補修したものです。
右の子はどうするかな~。どうも最近面倒で...。
d0359503_20281666.jpg


和製ビスク人形の腕。二本目です。(だからどうした?)
d0359503_20280801.jpg


足......。
d0359503_20284624.jpg


こうかな? 小指が足りないな。(そういった問題か?)
d0359503_20285103.jpg


この子はさすがの私も持ち帰るかどうか躊躇しました。
なんなんだコレ?いったいどういった素性のお姫様?ちょっと怖いんですけど。
しかし状態は悪いけどなかなか珍しいお人形さんだったんじゃないかな。
d0359503_20282085.jpg


後頭部、炸裂してるし!(◎_◎;)
d0359503_20282404.jpg


これゴムで出来てんだけど、ここが空気入れるバルブがあった穴かな~?
ふくらませた状態が本来の姿だったと思います。
d0359503_20282908.jpg
穴の上に謎の数字もあるし...。








いや、だからこういった遊び方じゃなくて....。
下からライト当てなくていいから、あああぁ..........。











きゃーーーっ!😱💦
d0359503_20283957.jpg

この画像を見た人はもれなく呪われます。( ̄▽ ̄;)


では!

(TOT)

by hiroibito | 2019-01-25 20:42 | ディギング | Comments(10)

S君の海ハケ 2

洗い終わりました。
皆さんが期待するようなものは皆無です。
(T_T)


d0359503_20250882.jpg



石蹴りの破片とビー玉とおはじき。
こういったものはS君は持ち帰らないようなのでありがたく頂いて帰りました。
川でもそうだけど石蹴りってホント完品がめったに出ません。
おはじきはここらではよく出る、じゃんけんと数字のエンボスのものです。
d0359503_20251977.jpg


この石蹴りも熱で逝っちゃってます。
d0359503_20252493.jpg


これも...。しかしこれはこれで味があるんじゃにゃーの?
左はおはじき、右はビー玉。(多分)
d0359503_20252973.jpg


バリバリにヒビだらけの哺乳瓶の蓋。
d0359503_20253349.jpg


以前拾っていた蓋の無い哺乳瓶があったからちょうど良かった~♪
d0359503_20253883.jpg


ゆるゆるじゃねーかよっ!(*´Д`)
d0359503_20254321.jpg


小さな化粧瓶?と「資生堂ドルックス」の試供瓶。
d0359503_20254728.jpg


角度によってうっすらと文字あとが浮かびます。
(わかるかな~?)
d0359503_20255285.jpg


「ドルックス フレーシュボーテ」
いつもなら中身は洗いますが、匂ってみたらまだ変質してないようなので
参考としてこのままにしておきます。(洗った同じ瓶は他にもあるので)
d0359503_20255951.jpg


このガラスは好きな色なので持ち帰っちゃいました。完品ならな~。
d0359503_20260334.jpg


「みやこ染」二本じゃけど...。
d0359503_20260806.jpg


片方は割れてたのでさようならです。
d0359503_20261141.jpg


この「クロカミ」、一瞬喜んだんですが。\(≧▽≦)/ ヨッシャーッ
d0359503_20261538.jpg



うん....?
d0359503_20262475.jpg

コレも熱にやられてる (T T)
d0359503_20262067.jpg

普通のアンバー薬瓶ですが。
d0359503_20262895.jpg

どこのエンボスマークだろ?
d0359503_20263983.jpg

泥落としたら割れてたし。
d0359503_20264391.jpg

だいたいコレも変形しとるじゃにゃーきゃあっ! Σ(・ω・ノ)ノ!
d0359503_20264913.jpg

強壮剤か何かについてた計量カップでしょうか?小さくてかわいいです。
d0359503_20265313.jpg

やっぱりヒビ...。
d0359503_20270289.jpg

牛乳瓶かな?
d0359503_20271210.jpg

こりゃなんじゃ?
熱で曲がった?それともわけあってこの形なのか?
面白いのでキープです。
d0359503_20272442.jpg

年号が平成なので比較的最近落とされた一円玉と、
錆を落としまくって結局なんだかわからなかったメダル。
d0359503_20273348.jpg


きょうはここまで。


3に続く。(^-^)

by hiroibito | 2019-01-24 20:28 | ディギング | Comments(0)

S君の海ハケ 1

どうも成果が出ないので、前に川で出合ったS君が見つけた海ハケをのぞいてみました。
(潮が引いたら全貌を現すハケです。)
彼は受験シーズンだからしばらく来てないだろな~。



いつ見てもハケにしか見えない散らばり方。(ハケだから当たり前)
d0359503_20323872.jpg


あれ?前会ったあとでけっこう掘りに来たのかな?こんなに陶片あったっけ?
d0359503_20361842.jpg

新たに潮に洗われて出てきてることに期待して。
腰を落としてじっくりと表面を見てまわります。
d0359503_20362345.jpg



d0359503_20363075.jpg



d0359503_20363575.jpg



d0359503_20363972.jpg


間違いなく時代はいいんだけど、いつ来ても破片ばかり...。
d0359503_20364612.jpg



d0359503_20364901.jpg

完品だったらよさげな瓶もあるんだけどな~。
d0359503_20370505.jpg



d0359503_20370915.jpg



d0359503_20371422.jpg

残念な皆さんを集めてみました。
d0359503_20371724.jpg


両口式目薬瓶もポツポツとあるんですが。
d0359503_20372146.jpg


どうもここのはゴミと一緒に焼いたのが多いようで...。
d0359503_20372567.jpg


熱でグニャグニャです。(^^;)
d0359503_20373005.jpg


これなんかピストルコンペーの銃身だろうに。完品なら立派な大きさの物なんだけどな~。
d0359503_20373388.jpg


ニッキ水はこの状態。
d0359503_20373781.jpg


食紅かな?
d0359503_20374166.jpg


イボイボニッキ水の一番下の部分。バリバリ伝説...。(-_-メ)
d0359503_20374506.jpg


d0359503_20374948.jpg


d0359503_20375427.jpg


d0359503_20375787.jpg

わかもと...。
d0359503_20380133.jpg

ペロペロ風燭台。
d0359503_20381204.jpg

神薬か目薬。
d0359503_20381762.jpg


完品がなんにもないからちょっと掘らせてもらったけど、
やっぱり何も出ません。出るのは陶片ガラばかり。(ーー;)




しゃ~ないからダメもとで周りの干潟を歩き回ってみました。
(やたら底なし沼状態に足をとられてコケそうになった)



コレ、エンボス文字のならいいのに。
d0359503_20382266.jpg

む...。新しめだけど資生堂ドルックスの試供瓶、一応持ち帰り。
d0359503_20370113.jpg

これはどうだ?
d0359503_20365357.jpg


おおっ!コルク栓のがあるじゃないか。
と言ってもこの雰囲気は「みやこ染」かな?初見のが欲しいんだけど。
d0359503_20365706.jpg

で、お持ち帰りして下洗いした物。
ほとんどがS君が持ち帰らないと思われる欠けた参考品や碍子、ビー玉など。
d0359503_20382750.jpg


本洗いの結果は次回で!

ε=(- -メ)


by hiroibito | 2019-01-23 18:33 | ディギング | Comments(4)

「やっぱり川じゃぁ!」の最後はこの瓶から。

たまに出る染料瓶の「家庭染料 京美染」です。
この瓶はエンボス文字がある上に出来が悪くて味があり好きな瓶です。
d0359503_23392834.jpg


小さな泡からポツポツと...。← (どっかで聞いたようなフレーズ)
d0359503_23393299.jpg



いくつかお嫁に行ってますが残ってるもので記念撮影。
右端が今回の物でやや縦長ですね。
d0359503_23393655.jpg



その他いつものようにコマゴマした物たちを。
d0359503_23400035.jpg



拾ったのは九割がた首が無い陶磁器製人形。恐い方はごめんなさい。
私から見れば庶民の生活を語る文化遺産です。手に持ってるのは尺八?
d0359503_23400556.jpg


袈裟懸けかな?虚無僧かなにかですかね。
d0359503_23400978.jpg

よく出るじゃんけんおはじきですが、型押しがずれててグーなのかチョキなのかパーなのか?
d0359503_23401342.jpg

ちいちゃな練りガラスのボタン。
d0359503_23402730.jpg

拡大
d0359503_23401703.jpg

裏面
d0359503_23402279.jpg

錆の塊だった貨幣です。ここまで磨いてやっとエンボスがうかびあがりました。
d0359503_23403294.jpg

反対側なんてほぼ何が何やら。
d0359503_23404410.jpg

材質の半分以上は錆になってたようですね。錆落としをしたらペラペラになっちゃいました。
ここまでして取っておくようなものでもないんですが。(^^;)
d0359503_23403893.jpg

大正から昭和初期の「桐1銭青銅貨」です。
d0359503_23404905.jpg


最後に今回の完全ボツのみなさん。
d0359503_23405567.jpg

「永久糊」ですが口が欠けちゃってます。
d0359503_23410036.jpg


d0359503_23410757.jpg

擦れすぎてるバイアル瓶。微小貝入れにも使えない。
d0359503_23411118.jpg


丸薬や仁丹用のイチヂク瓶は乾燥中にピシッと割れました。(ーー;)
d0359503_23411503.jpg


コロンブスの靴クリーム瓶。泥を落としたら初めからヒビが入ってました。
持ってるのと同じので良かった。(*'ω'*)
d0359503_23412024.jpg


資生堂「ドルックス」
実に川瓶らしい流れ模様の擦れが入ってしまっています。

d0359503_23412491.jpg


パイロットのインク瓶。銀化はきれいですが...。
d0359503_23412847.jpg

擦れが汚い。
d0359503_23413349.jpg

ブヒッ!
d0359503_23414595.jpg
ではまた!

\🐗/



by hiroibito | 2019-01-22 20:05 | リバーコーミング | Comments(4)

続 やっぱり川じゃぁ!

今回は糊瓶から。
d0359503_23382931.jpg


でかいほうは「フエキ糊」、小さいほうは1947年(昭和22年)設立の「ミツエ糊」
ミツエ糊は初めてです。現在も現役の群馬県高崎市の会社のようです。( ̄▽ ̄)
d0359503_23383439.jpg


初めてなのにヒビかいっ!\(-_-;)
d0359503_23383964.jpg


こっちのロートは銀化もしていて綺麗です!
虹色じゃっ! 🌈
d0359503_23394038.jpg

こりゃ仁丹かな~?割れてなきゃいい雰囲気なんだけど。
参考としてとっておきます。
d0359503_23394571.jpg


歯薬でおなじみの「今治水」、三本目が出ました。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
d0359503_23394838.jpg


おなじみのエンボス文字。
d0359503_23395248.jpg

手持ちのとスリーショット!右端が今回のです。
d0359503_23395681.jpg
今回の川で一番よかったものですね~。

ではまた次で!

\(^o^)/




by hiroibito | 2019-01-21 22:40 | リバーコーミング | Comments(0)

やっぱり川じゃぁ!

正月四日目は息子も京都に帰って行ったので午後から川に行ってきました。
(やっと瓶を探せる)(≧▽≦)
d0359503_20150064.jpg
だけど土嚢が度々の氾濫を表してるなぁ...。(ーー;)


なじんだこの風景に胸が高鳴ります。
いいのが出るといいな~♪
d0359503_20150597.jpg

しっかし異常な大雨で溜まった砂の下に、
どれだけ埋まってしまったお宝があることやら。
厚いところは30㎝以上は溜まってるもんなぁ。
川が氾濫しやすいので砂の撤去を地元の方たちが要請してるらしいけど
まだまだ他の災害地のほうが優先で順番が来ないらしいです。
d0359503_20151153.jpg

で、最初に拾ったのがこちらのお方。干支じゃないの!こりゃ縁起がいい。
(捨てたてホヤホヤってかんじですが)
d0359503_18111288.jpg

まず両口目薬瓶がお出迎え。
d0359503_20152404.jpg

おっ?エンボス文字の入ってそうなのがある。
d0359503_20152716.jpg

と、いった感じで集まったのがこれだけ。良かったのは出だしだけでした。
まあ、降りすぎるとダメだけど適度な雨も降ってないからなぁ。
川底やヘドロから洗い出されたものが少ない。(ーー;)
d0359503_18113853.jpg

金鶴香油ですね~。左のは前に出ていたものですが並べてみました。
どっちも状態が悪いけど今回のは特に酷いです。(;´д`)
d0359503_23364698.jpg

真っ白に擦れまくってる上に、ヒビも数か所。
d0359503_23365264.jpg

底にはトレードマークの三角形の中に🌸がありますが、ヒビが...。
d0359503_23365603.jpg

口も欠けてる...。
d0359503_23370144.jpg


だけどこの鶴さんが捨てるなと言ってます。(^^;)
d0359503_23370753.jpg

こちら「セブンツーセブン化粧品」の試供瓶。
パックリいっちゃってるけどアラバスターで感じはいいですね~。
d0359503_23371197.jpg

エンボスが入ってる~♪♪
d0359503_23371542.jpg

穴あいてる~( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)
d0359503_23371986.jpg

柳屋のポマード瓶。
これはよく出るので戸外に置いてるダブリ用タンスの抽斗行きです。
サボテン植えたりするのに使います。
d0359503_23372472.jpg

メーカー不明のポマード瓶。似たデザインはよくありますね。
d0359503_23372801.jpg

これも不明。
d0359503_23373389.jpg

いつものジュジュの「マダムジュジュ」でしょね~。
ジュジュは似てるけど微妙に違うのがやたらとあるんですが
マダムジュジュの割合が高いです。
d0359503_23373768.jpg

「JUJU」のエンボス文字。
d0359503_23374157.jpg

「金鶴ポマード」右のが今回出たもの。左は以前神社裏で拾ったもの。
d0359503_23374618.jpg

右にもこの蓋と同じデザインのがあったんでしょうね。
d0359503_23375006.jpg

ヒビがこれにも入ってるけどこのサイズは初めてなのでとっておきま~す!
( ̄▽ ̄)
d0359503_23375416.jpg

これにもトレードマーク。
d0359503_23375977.jpg

「FUKEMYO」がトリオになりました。右端が今回のです。
小ぶりの壺型が可愛らしい瓶です。
d0359503_23380494.jpg


右手前が今回のですがちょっと上げ底でないかい?
d0359503_23380825.jpg

いちばん古そうなの。35mm
d0359503_23382455.jpg


少し新しい統制陶器の。やっぱり35mm
d0359503_23382122.jpg


一番新しそうな今回の。28mm
オイッ! \(-_-メ)
d0359503_23381749.jpg



これは蓋だけあったんですが、いつか本体と出会えることを信じてとっておきます。
(どんな本体かわかんないけど)
d0359503_23391989.jpg

続く

(*'ω'*)



by hiroibito | 2019-01-20 22:24 | リバーコーミング | Comments(6)

正月休み三日目は隣の県にビーチコかけてみました。
なのでまたもや瓶の記事ではありません。


しかし貝もありません...。大三島に続いてダメダメです。
瀬戸内一斉海岸清掃大会やったのか?(ーー;)
d0359503_18191415.jpg

........。
d0359503_18191997.jpg

大きめなのはどこでも転がってるアカニシくらい。(中身があれば旨い貝です)
現場写真は無しョ!
d0359503_19554775.jpg

ほね...。
d0359503_23343743.jpg

以前と変わらず微小貝貯まりはあるんだけど....。(ほぼ二枚貝)
d0359503_18202294.jpg

仕方なく浜を変えてみましたが....。
d0359503_18201783.jpg
ただでさえ広島県、岡山県を中心とした瀬戸内での貝殻ビーチコは厳しい。
それにしても無さすぎじゃね? 前はいつ来ても少しはあったのにな~。(;´・ω・)



いいのはお天気ばかりなり(気持ちいいからいいけど)
d0359503_18193910.jpg

しゃ~ないから手ですくった微小貝貯まりの砂をお持ち帰りです。
d0359503_18202822.jpg

こうやってちまちまとピンセットで貝と砂を分けていきます。
d0359503_18203398.jpg

最初はおおざっぱに二枚貝と巻貝関係に分けて、
あとで一つづつ種類分けし、わからないのは図鑑やネットで検索していきます。


こちら主に二枚貝。
d0359503_18203793.jpg

こっちは巻貝。
d0359503_18204136.jpg

地道な作業です。
d0359503_19544797.jpg

打ち上げと書いてますが実際には大半が
養浜のために運ばれてきた砂の中にあったものと思われます。

あ、場所がわかっちゃうな、まっいいか。夏は海水浴場で賑わう場所です。(''ω'')ノ
d0359503_19545718.jpg

オリイレボラ
巻貝の微小貝はちっちゃくても緻密な形が好きです。( ̄▽ ̄)
d0359503_19550143.jpg

名前が思い出せなかったりわからないのも、とりあえずラベルと一緒に仕分けしていきます。
私の場合貝殻はコレクションだけど標本でもあるので記録は重要です。
d0359503_19550604.jpg

ちっちゃすぎてルーペで見ても種名がわからんのもあります。
d0359503_19551047.jpg

こんな大きな奴ばかりなら種類を特定しやすいんですが。
(これは昔拾ったアカニシ)
d0359503_19561161.jpg


こんなのがあったら嬉しいんだけど。
山奥の限界集落の竹藪に捨ててあったやつ。おそらくお土産品。
好きなのはどんなものでも拾ってくる(=゚ω゚)ノ
d0359503_23344319.jpg
ベニシリダカとラクダガイ
なお、周りにあるシーグラスはその辺に投げてた
B級クラスを使ってるのでまだ破片っぽいのばかりです。



で、そのへんに転がってる瓶に余った貝を入れることにしています。
d0359503_23345373.jpg
サクラガイとマクラガイ



この菓子瓶も拾ったもの。(裏の角にヒビ入ってるけど)
d0359503_23345753.jpg
ミヤコボラ、アカニシ、テングニシ



こちらは少し小ぶりな瓶ですが蓋が無かったので拾っておいた適当なガラスをかぶせてます。
d0359503_23350241.jpg
ツメタガイだらけ。


大きめのガラス瓶が足りないから仕方なく使ってるプラの味付け海苔容器。
d0359503_23352482.jpg
ヌノメリスガイ、サキグロタマツメタ、ナミマガシワ他


これもプラ容器。
d0359503_23353060.jpg
シドロガイ、コンゴウボラ、オガイ、コロモガイ


d0359503_23353772.jpg
唯一拾えるタカラガイの仲間のメダカラ。



d0359503_23354578.jpg
ネコガイとミミエガイ


白粉瓶もいい感じ。
d0359503_23355094.jpg
アミメコケムシ、ウニの仲間、ヨフバイとウネボラ


いつか何かに使おうと思ってとっておいたバイアル瓶。
(とりあえず家にあったコルク栓なのでサイズが合ってません。
右端のは初めからついていたゴム栓)
d0359503_23355467.jpg
ツノガイ類、フロガイダマシ、トマヤガイ、カゴメガイ
(このあたりは古い貝殻ばかりなので本来の色は抜けています)



愛用している図鑑類。これらとネットで検索します。
d0359503_23360346.jpg
本当は欲しい図鑑があるんだけど数万円するから諦めてます。( ノД`)シクシク…
どうしてもわからない時は図書館に標本を持ち込んで
その図鑑と(貸出禁止)にらめっこしながら種名を特定していきます。



右の二冊に載ってるようなのはほぼ出ないので宝の持ち腐れ...。(ーー;)
d0359503_23360844.jpg


最後にコレは母屋に昭和30~40年代からあったお土産品。
d0359503_23492051.jpg
トウカムリ


別にこんなバカでかいのが欲しいと言ってるわけじゃないんだけどな~。
太平洋沿岸や日本海で皆さんが拾ってるようなのが欲しいだけなんだけど...。
ここは瀬戸内どまんなか。(ノд-。)クスン


ではまた!

ヽ(^。^)ノ

by hiroibito | 2019-01-20 00:58 | ビーチコーミング | Comments(8)

初詣じゃ!


思い切り更新が滞ってるので、今更ながら初詣のネタでも挟んでおきます。

(;^ω^) ビンハナイ…。

帰省してきた息子に運転をまかせ、女房殿と三人で「しまなみ海道」をまっしぐら。
d0359503_18055267.jpg

トンネルもあるぞ!
d0359503_18055822.jpg

朝の光に照らされて海がきれいじゃ。(≧▽≦)
d0359503_18060328.jpg

いろいろな橋の見本市です。
d0359503_18060879.jpg

ここは愛媛県の大三島にある大山祇神社初詣で来たのは初めてです。
d0359503_18062182.jpg

境内の大クスノキ。
d0359503_18065598.jpg

立派じゃ....。(=゚ω゚)ノ
d0359503_18070384.jpg

お参りをすませて。
d0359503_18071077.jpg

干支の肉でできたソーセージなど食べつつ....。← (もう無いじゃねーか!)
d0359503_18071903.jpg

四国まで渡って昼飯にしようということになり...。
d0359503_18072510.jpg


d0359503_18073037.jpg

一路南へ!
d0359503_18073706.jpg


d0359503_18075204.jpg


d0359503_18393611.jpg

飯を食っただけで、とっとと帰ります。
d0359503_18392721.jpg

途中大三島の海岸が気になってたのでまた降りて、ビーチコしてみたけどまったく貝が無い...。
海岸一斉清掃でもやったか?(ーー;)
d0359503_18081903.jpg

古い木造校舎が保存利用されてるのをぼ~っと眺めて。
d0359503_18083441.jpg

小学校の二年生までうちの母校もこんな感じだったはずだよなぁ。
( 一_一) トオイメ…。
d0359503_18082922.jpg


d0359503_18084692.jpg


d0359503_18085375.jpg


d0359503_18090142.jpg


d0359503_18392098.jpg

この岩が見えたら家はもうすぐです。
d0359503_18090609.jpg

あ~、疲れた。

ではまた!

(''ω'')ノ


by hiroibito | 2019-01-18 21:27 | その他 | Comments(6)

新年じゃっ!

皆さま新年あけましておめでとうございます。

<(_ _)>

本年も前年同様、笑えないお笑い瓶ブログをめざしておりますのでよろしくお願いいたします。
(時々脱線しますが)


お正月なのでご登場していただきましょう。
我が家の恵比寿様と大黒様。びん神様ではありません。
d0359503_19220300.jpg


こちらは拾った一輪挿しの大黒様。不憫だったのでお連れしました。
こちらには母屋を守っていただいています。(^^;)
d0359503_19222908.jpg


失礼ながらお顔が少し下品な気もしますが...。(ーー;)
d0359503_19223497.jpg


新年最初の瓶はお正月らしく華やかな色のものを。
これ、懐かしマーケットで手にとって見ていたのに会場全体を見てからにしようと思い、
後回しにしてそのまま買い忘れてしまったものです。
最近この手の物が好きになっていたので後悔しきり...。(汗)
d0359503_22244734.jpg


しかしある日オクに出ているのを見て撮っていた写真と照合してみたら
口を覆った紙の皺やわずかな傷がぴったり一致!

こりゃびん神様がもう一度チャンスを与えてくれたものだと思い
姑息にも時間ぎりぎりで入札して落としました。(^^;)
というわけなので入札されていた他の二名の方、失礼しました。
どうしても持っておきたかったので...。(ーー;)💦
d0359503_22240176.jpg


麝香白粉「やまと錦」です。アダチヨシオ氏の名著、ワスレコモノにも出てますね~。
d0359503_22240986.jpg

明治二十七年 宮内省献納品のようです。
d0359503_22241374.jpg

包み紙と本体の間に入れられていたもの。
d0359503_22241825.jpg

裏面です。
d0359503_22242446.jpg

包み紙は虫食いがありますが時代からすれば十分な保存状態です。
d0359503_22242855.jpg

d0359503_22243374.jpg

d0359503_22243772.jpg

d0359503_22244232.jpg

同じ「やまと錦」でデザイン違いの物も出ていましたが
買い忘れたもう一本のものとは違っていたのでそちらは見送りました。
つまり「やまと錦」は最低でも三種類はあるようですね~。

この時代の白粉はホントに綺麗なラベルデザインです。(*´ω`*)
d0359503_22240565.jpg


では、続いてよろしくお願いいたします。

ワライガナイナ (''ω'')ノ

by hiroibito | 2019-01-01 00:01 | その他 | Comments(20)