人気ブログランキング |

前回一部の戦利品を持ち帰るのを忘れたためまた山に向かいました。

ここのハケではやたらと失くし物や忘れ物が多いので、
この際だから「忘れ物のハケ」と命名...。(^^;)
d0359503_19422860.jpg

(;一_一) またここ下らんといけん。帰りがしんどい...。
d0359503_19423541.jpg

忘れ物は思ったより早く見つかったので、念のためにココでの最後のハケ探し。
絶対無いと思ってた方向で探してみます。
d0359503_21371032.jpg

ビニールの肥料袋があるようなとこは普通若い瓶しか出てきませんね~。
d0359503_21381670.jpg

こりゃ燭台にしか見えんな~。ペロペロには化けそうにないです。
d0359503_21371583.jpg

ゴソゴソと藪を漕ぎながら登っていくと、車を発見!!
って、自分のじゃね~か!一周してしまった。(''◇'')ゞ
d0359503_21382193.jpg

もう一度降りてうろうろしてると...。なんか良さげなクリーム瓶、破片だけど。
d0359503_21383486.jpg

付近には他にも何やら見えてます。
d0359503_21384073.jpg

上に積もった枯葉や枝をどけてみると、どうもハケっぽいです。ヽ(^。^)ノ
転がってるシャンプー?がプラボトルなのが気になるけど。
d0359503_21384565.jpg

割れてるけど時代は良さそう。( `ー´)ノ 期待できるぞコリャ!
d0359503_21425736.jpg

あれ?ナーリング入りもあるじゃないの。やっぱはずれかな?
d0359503_21430342.jpg
ちなみにナーリングは1960年代初頭からガラス瓶の底に強度アップの
ために入れられたギザギザのことです。主にガラス瓶の成型直後に
コンベアー上やその後の工程で底についてしまう僅かな傷が破損の原因に
なるため設置面積を小さくすることにより強度アップが図られています。
(知ったかぶり)


古そうなめがね....。ここは「めがねのハケ」とします。(^^;)
d0359503_21434640.jpg

これがあるなら戦後間もなくぐらいまでのが出てもいいけど。
d0359503_21435175.jpg

栄久庵さん....。ナーリング入りは持ってなかった。持ち帰ろう。
このキッコーマンの卓上瓶は時代は新しくても好きなんです。( ̄ー ̄)
(ただ、バーコード入りは無条件に嫌い)
d0359503_21435518.jpg

これがあるなら古いのがありそうなもんだけど。
d0359503_21435902.jpg
型紙印判の明治期以降の皿ですが、ガラス瓶と違って長く使われるため
戦後になって捨てられたと思われるものがほとんどです。


まずいな~、こいつが出るようじゃ若いハケ。
d0359503_21440494.jpg

両方とも破片です、ペロペロ風燭台。
左の完品は持ってるけど右のアラバスターのは完品が欲しかったなぁ。
d0359503_21440945.jpg

コルク栓口がちょこちょこ出るんだけど破片じゃ話にならん。(◎_◎;)
d0359503_21441314.jpg

若い化粧瓶だけど色がいい。これも完品が欲しかったなぁ。
d0359503_21442374.jpg

神薬だろか?微妙に期待を持たせるハケだな~。(^^;)
d0359503_21441834.jpg

しかし「オ〇ナ〇ンC」が出るようじゃちょっと...。(ーー;)
d0359503_21452916.jpg

掘り終わりました。やっぱりほとんどの瓶が若い時代でした~っ(汗)
結局埋まってた範囲はこの二本の杉の間だけで深さも20センチ程の小ハケでした。
d0359503_21434232.jpg

後片付けはすぐ終わったから良かったけど規模小さすぎ。
まあ楽しかったからいいか。帰ろっと!
d0359503_21454166.jpg

ヤマザクラ~♪
d0359503_21460204.jpg

こりゃ色が濃い目できれいじゃのぉ。(*^。^*)
d0359503_21460683.jpg

で、戦利品です。
d0359503_19373632.jpg


d0359503_19374166.jpg

数はともかく内容が寂しいかな。
d0359503_21461399.jpg

で、洗いましたが...。
d0359503_21525422.jpg

中途半端...。(ーー;)
d0359503_21530065.jpg


主な瓶だけ紹介します。


これは古いけど、でかいですね~(;^ω^)
戦前のサクラビールです。
d0359503_21530582.jpg


肩には桜のマークがあるタイプ。三本目です。
d0359503_21531086.jpg



d0359503_21531554.jpg

時々出る三ツ矢サイダー。
d0359503_21532590.jpg

ここのエンボスは数パターンあるのはよく知られたところ。
エンボスが凸だったり凹だったり「三ツ矢」が時計回りだったり反時計回りだったり...。
d0359503_21532942.jpg


これも「三ツ矢サイダー」の瓶。(で、いいよね)
d0359503_21533489.jpg

底周りのエンボスは右読みです。
d0359503_21533848.jpg


d0359503_21534309.jpg

醤油瓶三本。
d0359503_21540223.jpg

しかしこいつら本体と蓋の色が違う。本体は両方とも青いのに蓋が左はグリーンで右は無色...。
双方とも元からニコイチだな~。(ーー;)
d0359503_21543893.jpg

片っぽヒビだらけだし。
(その後ばらばらになったので蓋を残してゴミに出しました)
d0359503_21542705.jpg

よく出るびんたち。佃煮とか漬物とかだと思いますが。
右のは「カゴメ」のものです。
d0359503_21544314.jpg

初めて蓋つきで出ました。「小豆島 菊乃葉? 株式会社??商会」
(;一_一) 結局よ~わからん
d0359503_21544710.jpg

普通に雲丹瓶ですが持ってるのは川物ばかりでガサガサだったので差し替え用に持ち帰り。
d0359503_21545107.jpg

リキュールグラス? ショットグラス? ウランガラスじゃないのは確かです。
d0359503_21545476.jpg

汎用と思われるインク瓶。
d0359503_21545879.jpg

ボントンインキとプラトンインキ。特にプラトンのがいいですね~。ヽ( ̄▽ ̄ )
d0359503_21550129.jpg

こっちが「ボントンインキ」
d0359503_21550574.jpg

こっちが「プラトン」です。
d0359503_21550930.jpg

この色の糊瓶はおそらく初めてです。右読みで「トマヤ」
d0359503_21551382.jpg

きれいです。
d0359503_21551779.jpg

化粧瓶二本。古くはないけど好きなタイプ。
右は「ウテナレモン乳液」
d0359503_21552100.jpg

左はベークライトの蓋で古そうなので持ち帰り。
右は株式会社黒龍堂の「黒龍シャロン」の瓶のようです。
中の曇りが落ちません。(T_T)
d0359503_21552598.jpg

左の瓶の首は切りっぱなしなのか折れてるのか?
右のはどっかで見たような見ないような?色がきれいなので持ち帰り。
d0359503_21553353.jpg

オイル瓶と思われるもの各種。
d0359503_21553731.jpg

オイル瓶はもともと好きなんだけどエンボス入りは更に嬉しい。
d0359503_21554602.jpg

この瓶は二本目。皮革手入れ用オイルです。
以前拾ったのはラベルも残っててエンボス共々かっちょええ瓶です。
d0359503_21554283.jpg

「KBK」の化粧瓶ですが用途は不明。
d0359503_21560519.jpg

(/・ω・)/?
d0359503_21561220.jpg


d0359503_21561650.jpg

資生堂の小さい瓶。製品名は....。調べるの疲れたからそのうちに。
(''◇'')ゞ
d0359503_21562581.jpg
判明しました。狐憑き?さんによると香水の「禅」だそうです。


d0359503_21562930.jpg

伊藤胡蝶園(後のパピリオ)の「御園白粉」でしょね~。
揚羽紋に源氏香のマークのようです。
d0359503_21555132.jpg

アラバスターガラスの本体側面には可愛らしい模様が入ってます。
(ちょっとこの画像じゃわかりにくいけど)
d0359503_21555540.jpg


d0359503_21560039.jpg

これは蓋に「Reiko」のエンボス。
d0359503_21562012.jpg

手前のヒビ入りは「PIAS」、
奥のは「ピカソ」だけどぼかしちゃったからわかんないか。
d0359503_21563459.jpg

ウテナの「レモンミルク」のアラバスター...。
じゃなくってプラ製です。手に取るまでわかんなかった。参考用にキープ
d0359503_21563752.jpg

同じくウテナの陶器瓶。比較的よく出る瓶です。
d0359503_21564176.jpg

「ウテナ」のマーク。
d0359503_21564563.jpg

こっちはメーカー不明の陶器瓶。
d0359503_21565067.jpg

統制番号かと思うけどよ~わからんな~?
d0359503_21565483.jpg

これは完品が欲しかった。きれいですよね~(メーカー不明)
d0359503_21565854.jpg

この手のでかいコバルトブルーの薬品瓶は三本目。
d0359503_21570203.jpg

小さな薬瓶三本。
d0359503_21570669.jpg

明るいアンバーと気泡のコラボ。(≧◇≦)
d0359503_21571092.jpg

星製薬と思われる薬瓶。
d0359503_21571467.jpg

Hの文字が入ってないタイプ。(星製薬じゃなかったりして)
d0359503_21572346.jpg

左のは前回忘れて帰った「タムシチンキ」。
右のは以前から持ってた文字エンボスの無いタイプです。
タムシチンキはコレがぎりぎりかな?
これ以上新しいのは要らないですね~。
d0359503_21572678.jpg


d0359503_21573072.jpg

両口式目薬瓶は「ロート」と「大学目薬」の両巨頭。
d0359503_21573869.jpg

海ボタン....。山で拾ったけど。(^^;)
(白熱電球のガラス製部品)
d0359503_21574299.jpg

で、これが今回の一番のお宝になるかもしれなかったんですよ~っ!
( ノД`)シクシク…
見つけた時はもうバラバラだったけど破片を回収してきました。
d0359503_21461846.jpg

この角度じゃわかんないか。
d0359503_21575642.jpg

( ;∀;) 一個足りね~っ!
d0359503_21575264.jpg

「シャボン玉」の液が入ってたようですーーーっ。 キャーッ!(≧▽≦)
なんて夢のある瓶なんだっ!惜しい、惜しすぎるぅ~っ!!(汗)💦
d0359503_21580181.jpg

で、最後はコレ。 チ~ン.......。
d0359503_21580691.jpg
金属不足の時代のガラス製燭台で中に金色が吹き付けてあります。





************************************************



おまけ

少し前に食べた春の便り。
d0359503_22001022.jpg

食べすぎか.....。(ーー;)
d0359503_22001644.jpg



ではまた!


\(^o^)/

by hiroibito | 2019-04-11 23:24 | ディギング | Comments(8)

祠のハケ

さ~て、きょうも山へ行くど~っ!


天気もええし。(≧▽≦)
d0359503_20224939.jpg


封印したはずのSハケで掘り残したところを見つけるという嬉しい誤算があったので
同じ集落のやはり封印した別のハケを再調査に向かいました。
d0359503_20225659.jpg


車を停めてまたしばらく歩きます。
d0359503_20230046.jpg


到着。
ハケのすぐそばに石の祠があるので「祠のハケ」と呼んでます。
お参りして開始です。
d0359503_20234476.jpg


祠の付近を頂点とした斜面のハケです。
d0359503_20234924.jpg


無いと思っていた場所を深めに掘ってみたらいきなり出ました。ヽ(◎▽◎ )ノ
d0359503_20235480.jpg


ホーカー液ですね~。
いくつか持ってるけど状態が良くないのばっかりなのでコレは嬉しい。
d0359503_20240081.jpg


結局これで全部でした。
もともと大きいハケじゃないから、残り物がこれだけ出れば十分です。
d0359503_20240974.jpg



そして洗いました。.。o○


まずインク瓶。
d0359503_23012240.jpg


菊水インキです。肩に「KIKUSUI INK」
d0359503_23013366.jpg


底に右読みで「イスクキ」
d0359503_23013866.jpg


この形はほぼ「セーラー」です。同じ形で別メーカーも存在します。
実物はもっときれいなグリーンですが色をうまく出せませんでした。(ーー;)
d0359503_23014445.jpg


底には「Sailor ink 2oz 7」とあります。
d0359503_23014800.jpg


これは「エンゼルインキ」....。(*´з`)ちょっと画像がぶれてますね
d0359503_23015432.jpg


蓋に「Enzeru」とあります...。
これってホントにエンゼルか?スペルがおかしいし。(/・ω・)/?
d0359503_23015864.jpg


白髪染めの「元禄」ですが通常は無色透明瓶が多いので色付きは嬉しいです。
d0359503_23020502.jpg



d0359503_23021052.jpg


桃谷順天館の「白色美顔水」ですが内側が「白濁美顔水」になっちゃってますね~。
これはもう捨てるしかないな。持ってる瓶で良かった。(~ ~;)
d0359503_23022102.jpg


で、ゲットした時は喜んだホーカー液ですが軽く下洗いして置いてたら。

ピカピカで今までで一番きれいなホーカー液の瓶だったのに......。(^^;)
d0359503_23022758.jpg


(;一_一) なぜ勝手に割れる...。
d0359503_23023277.jpg


こちらよく出る黒い瓶。
d0359503_23024026.jpg


今回のは「MIEL」とエンボスがあります。「ミエル」と読んでいいのかな?
d0359503_23024679.jpg


透かすと、お約束の綺麗な色。
d0359503_23025220.jpg


これは「SANTANEY」とエンボスのあるクリーム瓶。
d0359503_23025917.jpg


こっちがラベル面でしょうね。
d0359503_23030584.jpg


「草浦療院」の水薬瓶。
d0359503_23031211.jpg


首のバリはご愛敬。
d0359503_23031952.jpg


こっちはちっちゃくてかわいい瓶です。
d0359503_23032855.jpg


好物の「星製薬」の瓶でした。ヽ(^。^)ノ
d0359503_23033336.jpg


コレ、見つけた時どっかで見たような瓶だなと思ったんですが...。
(・・?
d0359503_23034591.jpg


あ、ひょっとしてと思いエンボスを確認したらありました。
「HOSHIPHARMACEUTICAL Co.,L'T'D.」
d0359503_23035064.jpg


大正期に売り出された星製薬の薬用葡萄酒「ホシ人参規那葡萄酒」の瓶です。
瓶博士である庄司太一先生の名著、そして我々のバイブル
「びんだま飛ばそ」に掲載されている瓶です。
この瓶の誕生ストーリーに魅せられ是非手に入れたいと思っていたものが今、目の前にあります。
(随分夢想していた状態と違ってしまいましたが...。)
d0359503_23035513.jpg


「びんだま飛ばそ」の写真のイメージで撮ってみました。
(大穴が悲しすぎるけど)
d0359503_23040044.jpg
手前の瓶はまったく関係ないです。


ではまた!

(^^;)


by hiroibito | 2019-03-21 00:21 | ディギング | Comments(6)

その5はインク瓶他を。


左は小倉化學工業所のボントンインキ。このタイプは初物!
右は丸善インキです。
d0359503_20014324.jpg

ボントンのトレードマークです。
蓋の材質はベークライト、今どきのプラと違って趣があって好きです。
しかも土の中で変質してまだら模様になってますがこれはこれで古色が出て味がある。
d0359503_20014750.jpg

エンボス文字入り、気泡もちらほら。
d0359503_20015217.jpg


丸善インキの底裏のエンボス。登録のエンボスがあると嬉しい。
d0359503_20015985.jpg

そして今回もまた出てくれました。四本め!(≧▽≦)
ナショナルの瓶です!!
♪ あっかっる~いナッショッナ~ル、あっかっる~いナッショッナ~ル ~♪~♬
(やっぱり歌う)
d0359503_20010022.jpg
他でほとんどお見かけしない瓶なので嬉しいものです。


最後はランプの油壷、不思議とホヤは出ません。やっぱり割れやすいのか。
d0359503_20010584.jpg


ではまた次回に続く!

(-。-)y-゜゜゜ 
ずっと禁煙してます。今度こそおそらく成功...。


by hiroibito | 2019-03-10 16:44 | ディギング | Comments(4)

冬の終わりに拾いに行って9月24日にアップしたビーチコーミングネタ。
持ち帰ったのをどこに置いたか忘れてたのが
倉庫の奥から出てきたので洗ったのをアップします。
今更っ!

尚、99%貝殻なので瓶好きの方はご容赦ください。
<(_ _)>


こんな場所とかで....。
d0359503_11074034.jpg

こういったわずかな貝だまりなどで、
d0359503_11084265.jpg

拾った貝たちです。
(状態が悪かったり地味すぎて既に捨てたのもあります)
d0359503_11094269.jpg


それじゃ、いってみましょうか。


いつでもどこでも拾える「ナミマガシワ」、今回は黄色だけ。
d0359503_11102393.jpg

右殻で岩に張り付いているので打ちあがるのは左殻が多いんですが
ここでは右殻が付いたままの状態でいくらか打ちあがります。(穴の開いたのが右殻)
d0359503_11102806.jpg

「クズヤガイ」
d0359503_11103381.jpg

「テンガイ」
d0359503_11103726.jpg

「ハブタエスソキレガイ」←(たぶん....。いつもより切れ込みが深いような気がする...。)
d0359503_11104147.jpg

「アシヤガイ」
d0359503_11104639.jpg

「フミガイ」(ちっこいのばっかりだな~)
d0359503_11105028.jpg

「アカマテガイ」
d0359503_11105369.jpg

「マツヤマワスレ」もっと白っぽいのもありますがこっちのほうがいいですね~。
ちょっと艶が落ちちゃってます。「マツヤマワスレ」は艶も命です。
d0359503_11110029.jpg

「レイシガイ」拾ってきたけどボロボロ....。
すぐそばの岩礁に普通にいる貝なのになぜかほとんど打ちあがらない。
そこは大潮でしかも潮位が思いきり低い時しか行けないので、
こんなのでもつい持ち帰ってしまいます。
d0359503_11110351.jpg

殻口はこんな感じ。
d0359503_11110751.jpg

「シラオガイ」これも古そうな殻。
d0359503_11111256.jpg

「イタヤガイ科」の仲間
「アワジチヒロ」かな~とも思うんですが放射肋の太さが太かったり細かったり、
図鑑を見るとそっくりなのがいっぱいあったりとかで
分布域とか考えあわせても非常にわかりづらい仲間です。
d0359503_11111664.jpg

国内では執拗な自然破壊によってほぼ絶滅した「ハイガイ」。
現在では有明海のみに生息すると言われています。
このあたりでは殻はよく拾えますが全て化石化したものです。
よく似たものに食用として流通している「サルボウ」や「アカガイ」などがいます。
d0359503_11112016.jpg

あると必ず拾っちゃう「サクラガイ」
いくらあってもいいですねぇ。まさに桜の花びらのような可愛い貝です。
(*´ω`)
d0359503_11112422.jpg

「アケガイ」これはまだまだ幼いですね~。
味もいい貝です。← (やっぱり以前食べてみた)
d0359503_11112867.jpg

「フロガイダマシ」
真ん中のは蓋が残ってたので拾ったときはまだ生きてたかも。
しかしなくしてしまったので標本としての価値は下がります。
周りのは色が褪せてしまってますね~。
d0359503_11113536.jpg

「アダムスタマガイ」
d0359503_11113926.jpg

殻口側。
d0359503_11114259.jpg

前にも書いたけどこれがいつまでたってもよくわかんないんですよね~。
「ワスレガイ」の一種だと思います。やたら見つかりますが化石かもしれません。
「シマワスレ」っぽいんだけどな~?
d0359503_11114811.jpg

主に二枚貝の殻に穴を開けて中身を食べてしまうタマガイ科の「ツメタガイ」
上の画像の殻の穴がそうです。
火の通し方が悪いと固くなってしまいますがそこそこ旨い貝です。
d0359503_11115339.jpg

殻口側。右端のは臍口が塞がりそうなので「ホソヤツメタ」かな~?
d0359503_11115745.jpg

「スダレモシオガイ」これも化石っぽい。
d0359503_11120198.jpg

「ウチヤマタマツバキ」だと思いますが擦れすぎて色がほぼ無くなってる。
好きな貝なんだけどこれはちょっと....。(ーー;)
d0359503_11123971.jpg

小さいし。
d0359503_11120997.jpg

「オオヘビガイ」
d0359503_11121371.jpg

「ウ〇コ.....。」じゃなくて「ミミズガイ」(^^;)
d0359503_11121707.jpg

こいつも時々拾うけどわかりません。擦れてるみたいだし。
d0359503_11122078.jpg

わかる人いませんか~?
d0359503_11122416.jpg

「ネコガイ」
d0359503_11122979.jpg

ちょっと古いけどこれも好きな貝です。
d0359503_11125763.jpg

「ヨフバイ」
d0359503_11130872.jpg

ん?
d0359503_11131331.jpg

ん~~~.....。
d0359503_11131775.jpg

「コシダカガンガラ」の幼貝でしょね。
d0359503_11132122.jpg

「ウミアサ」これまた好きです。
タマガイ科の貝に開けられてしまった穴がチャームポイント。
d0359503_11132777.jpg

「コベルトカニモリ」(別名コオロギガイ)
殻が古く色が抜けてるので「カタツノブエ」っぽくみえます。
d0359503_11133119.jpg

「イシダタミ」名前の由来は見ての通りで石畳状の殻から。
d0359503_11133542.jpg

ボケちゃってるけど殻口側。
d0359503_11133922.jpg

「オウウヨウラク」
d0359503_11134472.jpg

化石かな....。好きな貝なんだけどちょっと擦れすぎ。
d0359503_11134802.jpg

「ヒメヨウラク」
d0359503_11135213.jpg

「コシダカエビス」
d0359503_11135770.jpg

「オガイ」化石状態しか上がりません。
少なくともこのあたりでは絶滅していると思われます。
d0359503_11140132.jpg

「ムシロガイ」
d0359503_11140616.jpg

殻口側。コレも好きな貝。
d0359503_11141033.jpg

「カニモリガイ」たまにやたらと拾える時があります。
d0359503_11141663.jpg

「イトカケ科」の仲間。
ちっちゃいけど好きです。イソギンチャクに寄生してたりします。
d0359503_11142278.jpg

こいつも似たのが多くて私の持ってる図鑑じゃ苦しい...。
d0359503_11143046.jpg

地味に好きな「ハナガイ」
d0359503_11143501.jpg

ガスガスになってる「メダカラ」。タカラガイの仲間はこれしか見つかりません。
外洋沿いなら色んなのがいるのになぁ。ここは瀬戸内どまんなか....。
d0359503_11143981.jpg

可愛いのに噛みついてきそうな殻口がいいんですよね~。(*‘ω‘ *)
d0359503_11144340.jpg

「ヌノメリスガイ」コレも好き~!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
d0359503_11144991.jpg

ただ、新しい殻は見つからない。
d0359503_11145370.jpg

定番だけど拾えると嬉しい「マクラガイ」
d0359503_11150075.jpg


d0359503_11150430.jpg

こんな状態のも面白くて好きです。
d0359503_11150855.jpg

貝じゃないです。「アミコケムシ類」の骨格。
d0359503_11151231.jpg

「アカフジツボ」だと思うんだけど、
これがでっかいと「オオアカフジツボ」にしてしまいます。
どうも識別がはっきりしないやつです。
d0359503_11151653.jpg

これは?「アカシマフジツボ」?自信がない......。(*_*;
フジツボの見分け方のサイトって案外無いんですよね~。
d0359503_11152111.jpg

右のは「ムラサキウニ」だろうけど左二つは?
d0359503_11152599.jpg

「トゲモミジガイ」です。カイってつくけど見ての通りヒトデの仲間です。
これは脚の数を間違っちゃって六本生やしちゃったみたいですね。下のが正解。
d0359503_11152921.jpg

まだ赤ちゃん。(*´▽`*)
d0359503_11153435.jpg

「ハスノハカシパン」ウニの仲間です。
d0359503_11153822.jpg

瓶はこんだけでした~。インク瓶と黒いクリーム瓶。
d0359503_11154334.jpg
洗ってみるとインク瓶はなぜか川の物より状態が良かったです。



しかし改めてやってみるとビーチコはやっぱり楽しい。
わたしゃ貝が主なターゲットだけど持ってないのを見つけた時は
ディギングと同じで嬉しいですねーっ!
特に景色のいい開放的な浜で拾うときは格別です。



ではまた!


ツギハナニカナ? (''ω'')ノ

by hiroibito | 2018-12-08 18:42 | ビーチコーミング | Comments(6)

瓶便で~す!

いつもコメントや瓶の行き来でお世話になっている
「Glam Drive」のTomoさんから瓶便が来ました。
(やっぱりリンクできなくなった....。)(^^;)

駄菓子瓶の蓋を送ったお返しということです。
上に乗っかてるニワトリさんは個人情報を隠してくれていますが元々うちにいるものです。
d0359503_20325446.jpg

お手紙と。
d0359503_20330409.jpg

次に出てきたのは置き薬。これもささやかながら集めているのでありがたいです。
(=゚ω゚)ノ
d0359503_20330921.jpg

最近おなかがこの状態に近づきつつあるような.....。(ーー;)
d0359503_20331397.jpg

ここまで行ったらおしまいだな、少し運動しなくちゃ。
d0359503_20333012.jpg

( ;∀;) ちょっとグロくないかい?
d0359503_20331786.jpg

小学生の時おなかに飼ってたな。薬飲まされたけど。🐛💦
d0359503_20332236.jpg

だるまさんが転んだ?
d0359503_20332630.jpg


次はご当地のお菓子です。
かわいいうさぎさんのパッケージ。
d0359503_20333437.jpg

 中身はこんな感じです。
d0359503_20333941.jpg


可愛い。(*´ω`) (速攻で食べちゃったけど)
d0359503_20334422.jpg



モグモグモグ゙....。 ← (食べてる)


おや、次はさすが北九州。辛子明太子入りじゃ!
d0359503_20334816.jpg

ソーセージちゃんと辛子明太子くんが出会っちゃったんだね~。
これもすかさず頂いちゃいました。 
 ( *´艸`) モゴモゴ....。
d0359503_20335244.jpg



さて、本命のお楽しみを開けてみましょか。
マスキングテープもTomoさんらしいなぁ。
d0359503_20341189.jpg

まずはインク瓶!
おお~、かっちょええし綺麗な色~。
d0359503_20344525.jpg

いかついひょっとこ。
d0359503_20352790.jpg

裏はこんな感じ。トロトロガラスですね~。
d0359503_20352385.jpg

少しお辞儀してるのもいいです!
d0359503_20350735.jpg

真後ろ。
d0359503_20351383.jpg

真ん前。
d0359503_20351817.jpg

お決まりの日に透かして見るショット! いいねいいね~!!
(誰が最初にやり始めたんだろ?) (・・?
d0359503_20353710.jpg


続いて目薬です。前々から「今度出たらちょーだいっ」てお願いしていたものです。
(こんなに早く出るとは思ってなかった、嬉しい誤算。)
d0359503_20354813.jpg


右読みで「薬目」、縦に「真珠水」
d0359503_20355213.jpg

なんで目薬瓶ってみんな好きなんでしょね~。
嬉しい(*^。^*)
d0359503_20355661.jpg


いや、ホント良かった良かった! 拾った瓶の蓋がお宝に化けちゃいました。
現代版わらしべ長者でしょか?


Tomoさん今回もありがとうございま~す!


ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

by hiroibito | 2018-11-29 21:37 | 頂きもの | Comments(2)

さて、今回はインク瓶から。


これ、綺麗な色してます。お気に入り~♬
d0359503_22321730.jpg


「S S S」と言えばサンエスインキですね。
d0359503_22322211.jpg


しかしなんで欠けてんだよ......。(ーー;)
d0359503_22322670.jpg



こちらは小さくて角形、かわいい瓶です。メーカーは不明。
d0359503_22323154.jpg



d0359503_22323576.jpg




お次は白髪染め。と言ってもいつものばかり。

まず「元禄です。」
d0359503_22323948.jpg


裏側
d0359503_22324381.jpg



これまたいつもの「ビゲン」
d0359503_22324766.jpg


「Hoyu」のエンボス。
d0359503_22325293.jpg


少し銀化してます。
d0359503_22325989.jpg


こっちは「パオン」
d0359503_22330723.jpg


「PAON」のエンボス
d0359503_22331257.jpg


蓋には「SOFT」の文字。
d0359503_22331504.jpg



そしてこの川の常連「味の素」のバチ瓶
d0359503_22332015.jpg


「AJINOMOTO」のエンボス。
d0359503_22332420.jpg


今回はこれだけ!ちょっと物足りない。次回は何かな?

(・ω・)ノ

by hiroibito | 2018-11-19 23:52 | リバーコーミング | Comments(2)

遅くなりましたが川の瓶を洗ったのでご紹介します!(^O^)

その前に今回は残念なびん達も顔見せしておいた方がいいかと....。
何十年もたってやっと日の目を見たのにゴミステーション行き、もしくは再びヘドロや砂に埋もれてしまうのは忍びない。
状態は悪いですが洗ってゴミ出し前にお披露目です。これでこの瓶達も成仏できるでしょう。
;つД`)


まずこの川の特産品、二段のみかん水! 手前から二番目の完全に首が無いものはドラえもんと個人的に呼んでます。(^^;)
三段は見かけるけど二段は他で見かけないんですよ。某かいちょのとこにお嫁に行ったもの以外は見たことありません。
こちらに入ってくる瓶は関西で作られたものの割合が多いので、これもそうなんじゃないかと思ってますが情報が無いですね~。
(情報求む!)
d0359503_18310458.jpg


こちらは言わずと知れたロートの両口式目薬瓶。やたらと出るとは言っても好きな瓶なので完品であってほしかった。
d0359503_18311596.jpg

う~ん。
d0359503_18313280.jpg

口も双方とも欠けてるし。
d0359503_18314068.jpg


通称糊瓶とインク瓶。双方ともメーカー不詳。
d0359503_18305955.jpg

糊瓶は穴こそあいてないものの底が欠け、
d0359503_18360401.jpg

インク瓶はガッサガサ....。
d0359503_18362150.jpg

それにしてもいつも思う事.....。
海の物でも時々あるけどどうやったらこんなゲージュツ的なマーブル模様が入るのか?
(どっちみちガサガサであることには間違いが無く、捨てちゃうわけだけど)
d0359503_18301492.jpg

常連のシンヨの調味料瓶も....。
d0359503_18293835.jpg

表裏ともこんな模様.....。
d0359503_18300001.jpg

みやこ染は少しぼやけてるけど、
d0359503_18301821.jpg


水薬瓶はバッチリと入ってますねぇ。
d0359503_18302326.jpg


こちらはマーブル模様は無いけどやはりガサガサのパイロットのインク瓶。
d0359503_18380897.jpg

この形のパイロットのは比較的新しいものだけど、それでも新旧のバリエーションはあります。
参考に並べてみましょう。(右二つは以前拾っていた物)
d0359503_18382663.jpg

これは今回の。エンボス文字がでかいです。
d0359503_18383256.jpg

新しいものはPILOTの文字が小ぶりになり全体の文字がややシャープな印象。
d0359503_18384088.jpg

更に新しくなるとPILOTの文字の上に、内容量が表示されるようになります。
このびんはたまたまエンボスが薄いですね~。
d0359503_18384704.jpg

また、古いタイプは各エッジが丸っこく柔らかい印象がありますが、
d0359503_18385656.jpg

新しくなるとエッジが立ち、シャープな印象に!
d0359503_18390036.jpg

並べるとわかりやすいかな?
d0359503_18390465.jpg

では、次回からはちゃんとしたびんを紹介しま~す!(^◇^)
いいのがほとんどないけど......。




あ、もし今回紹介したゴミ出し予定のびんの中に「それでも参考のために欲しいーーっ!」って思ったのがある方は遠慮なく鍵コメでご連絡ください。(PILOTのインク瓶はガサガサのだけ放出可能です)\(^-^)
みかん水、水薬びん、シンヨのびんはお嫁入りが決まりました。それ以外はまだOKです。




by hiroibito | 2018-10-15 21:38 | リバーコーミング | Comments(4)

「また川じゃあっ!」シリーズもそろそろ終わりが近づいてきましたね。

今回はホントーにちょびっとだけ、ニッキ水とインクびんです。




よく割れずに待っててくれました! ピストル型ニッキ水のびんです。普通に水中に沈んでましたね~。
ピストル型は二個目、しかも可愛いチビニッキ! ヽ(^o^)丿
d0359503_22330364.jpg




ニッキ水に比べると見劣りするからもういいか。というわけにもいかないかな?
右のはインクびんとは違う? ちょっと口が大きいような。
d0359503_22254758.jpg


左は間違いなくインク瓶です。小倉化学工業の「ボントンインキ」ですね。
「OGURA BONTON INK」のエンボス文字入りです。
d0359503_22255610.jpg





では! (-ω-)/

by hiroibito | 2018-09-07 00:38 | リバーコーミング | Comments(2)

Sハケ封印....。

お終いが見えてきたSハケに起死回生をはかるべく、もう一度行ってきました。

大量の不法投棄ゴミの下に更なる古い棚があるのか!あるいは本ハケが近くにあるのか!!

それとも僅かな掘り残しの場所だけで終わってしまうのか? !(; ・`д・´)/
d0359503_21511240.jpg


どーでもいいけどよくこんな斜面で掘ったよなぁ。やたら滑ってこけそうになるし.....。
(^^;)
d0359503_21514190.jpg


この大量のガラは皆、掘り出したものです。
一度、軽くではあるけど埋め戻したのをまた掘り返してる....。アホだ!
d0359503_21520453.jpg
ブログのタイトル、「掘ったんじゃけえ!」に変えないといけないかな.....。




で、結果は.......。




これだけ!! もう絞っても出ない.....。 (ToT)
(近くを通ったらまた寄ってはみるけど、もう掘りはしないだろなぁ)
d0359503_21522400.jpg


上の画像にあるもので洗ってみたら割れていたのはアップしてません。



まず、大日本麦酒の「リボンシトロン」ではないかと思われる瓶。
(また場所とるのが増えた....。)
d0359503_21530953.jpg



d0359503_21530418.jpg


底周りに右読みで「造製社會式株酒麥本日大」
d0359503_21533049.jpg


これは「セブンアップ」ではなく、「ファイブアップ」.....。
「5up Juice」のエンボス。
d0359503_21535168.jpg



戦後ものですが、カルピスの小瓶!
戦前のが出たら持ち帰ろうと決めてたんですが、小瓶なら戦後もOKです。
d0359503_21535886.jpg


肩のエンボス文字。これが無かったら置いて帰ってました。
d0359503_21540470.jpg


底周り。
d0359503_21541181.jpg


白粉瓶他のお化粧関係。右のは元乳液か水白粉と思われる白い固まりが入ってました。
d0359503_21541813.jpg


1926年(大正15年)に発売された株式会社三香堂の美容原液「オパール」の試供瓶。
可愛いですね!首の左にバリが出ているのもポイント高いです。
d0359503_22012447.jpg

以前から持っていたスクリュー蓋仕様のものと並べてみました。
現在もこのデザインを継承して販売され続けているようです。
d0359503_21543048.jpg


クリーム瓶(ジャー)ふたつ。
d0359503_21544003.jpg

「Alick」....。 アリックと読むのかな?
d0359503_21544783.jpg


右はラベルが残ってました。色が落ちるので軽く洗って再度貼り付け。
「Honey Skin OLIVE POMADE 純植物性 オリーブ」とあります。
1964年(昭和39年)創業、大阪の株式会社タイヨーの「ハネスキン」です。
d0359503_21545761.jpg


Honey=蜂蜜....。なので蜂の型押し。 Skin=肌.....。
蜂蜜のようなあま~い肌になることをイメージしてつけたネーミングなのか?
全身ミツバチにたかられて、「妖怪蜂女」になってしまいそうな気が....。
ヒーッ(゚д゚;)
(関係ないけど昔仮面ライダーに蜂女って怪人が出てたな....。)
d0359503_21550210.jpg

底には「ハネスキン」のエンボス文字。
d0359503_21550768.jpg

黒いクリーム瓶が二つ......。
d0359503_21551467.jpg



陶製のクリーム瓶。糊瓶なども陶器で作られたようなので何が入っていたのかは不明です。
欠けているように見えますが、釉薬が掛かっているので完品のようです。
統制番号はありませんでした。
d0359503_21551915.jpg


インク瓶ふたつ。
右は「プラチナ」のものです。左は不明。
d0359503_21552671.jpg

「PLATINUM INK  MADE IN JAPAN」
d0359503_21554763.jpg

これは口が欠けてるようなので最初は置いてきたんですが、
やっぱり気になり持ち帰りました。豆ランプの油壷かなぁ?
ちょっと違うような.........。 (・・?
d0359503_21555253.jpg




おまけ


Sハケから出た、かなりお気に入りの青筋入りの瓶.......。
d0359503_22171305.jpg

バットに入れて床に置いてたのを誤って蹴飛ばしてしまい........。

(; ゚д゚)ゲッ!



泣くことになりました.........。 ( ノД`)シクシク…
d0359503_09524652.jpg

次回に続く......。

(^^;)


by hiroibito | 2018-05-13 18:46 | ディギング | Comments(4)


「S級のハケ シーズン2」スタートです。

あまり長くなるのも疲れるので、前回アップしたものと同じ物は
スルーするかサラッと紹介程度にしておきます。


では。


Sハケに行く前に、前回なくした手鍬があると思われるSハケ近くの場所へ。
d0359503_00330105.jpg


ついでに周りも物色しながら.....。
d0359503_00331684.jpg

クリーム瓶見っけ!
d0359503_00330666.jpg


この手のはもういらない.....。
d0359503_00331131.jpg


おっ! インク瓶。これは持ち帰りです。
d0359503_00332137.jpg
結局、手鍬は見つからず......。




で、Sハケに向かいました。




掘りました。(結果は前回の画像参照)

小雨が降ったりやんだりで、カメラが濡れるのやだから掘り出し途中の画像はありません。

(ーー;)




で、洗いました。
d0359503_00040951.jpg



d0359503_00042597.jpg



d0359503_00043228.jpg



d0359503_00043875.jpg





お約束の「勝手に割れました」です......。(^^;)

庄司先生著「びんだま飛ばそ」に出ている、俗に言う「シュワッチ瓶」の同系統の瓶です。
d0359503_00044647.jpg


まあ、ナーリングもある新しい物なので未練は無いですが、
参考品として完品は持っておきたかったですねぇ。
しかし、そんなに古くも無くガラスも厚手なのに割れるとは.....。
大きくてしっかりした瓶なので割れる音も今までで一番大きかったですねぇ。
「パシーッ!!」......。
d0359503_00045081.jpg





お次はニッキ水。

「広島縣規格壜」のエンボス文字の瓢箪ニッキ。
今回は割れませんでした!(今の所.....。)

\(^o^)/
d0359503_00050105.jpg


キューピー型。 ほんとにキューピーなんだろか?
前回よりましだけど、顔が惜しい。以前完品持ってたのになー.....。
d0359503_00050883.jpg


前回の顔と並べるとこんな感じ。
d0359503_00051374.jpg


こちらは瓢箪型チビニッキ。最初からニュウが入ってます。
d0359503_00053315.jpg
可愛いサイズです。



こちらは中の紙に文字が印刷してあり、封入されています。
「CARBONPENCIL」の文字があります。初めて見ましたが、トレース用かな?
d0359503_00053867.jpg



(。´・ω・)? ところで何これ? 医療器具?実験器具?風船型? わけわからん....。
d0359503_00051841.jpg




今回のインク瓶です。
d0359503_00060316.jpg


無名瓶......。
d0359503_00061095.jpg


これは「パイロット」のものです。
d0359503_00062801.jpg


「PILOT MADE IN JAPAN 2oz」
d0359503_00063489.jpg


次は武田化学工業株式会社の「タケダインク」
d0359503_00064092.jpg


カタカナで文字が入ってます。
d0359503_00064591.jpg


これは「マルゼン」
d0359503_00065082.jpg


「M」の文字と「登録」の文字。底周りがちょっと欠けてます。
d0359503_00065409.jpg


これはよくある「パイロット」の比較的新しめのものですが....。
d0359503_00070672.jpg


d0359503_00065943.jpg


これが面白くてアップしました。おそらく持ち主がイニシャルを掘ったんでしょうねぇ。
大事に使っていた様子がうかがえて興味深いです。
d0359503_00071176.jpg



糊瓶等.....。
d0359503_00071848.jpg


右端のは古いようで気泡もブクブクです。.。o○
d0359503_00072345.jpg




あとは染め関係。「元禄」と「みやこ染」
蓋付「元禄」の中にはコルク栓が残っています。
d0359503_00073115.jpg




続く


(''ω'')ノ






by hiroibito | 2018-04-21 01:27 | ディギング | Comments(2)