人気ブログランキング |

タグ:サイダー/ラムネ瓶 ( 2 ) タグの人気記事

サイダーじゃ! その2


その2 行きまーーーすっ!!  (^.^)/





有馬鑛泉の瓶です。
d0359503_20080554.jpg

明治33年(1900)に、大阪堺の酒造家で清酒「春駒」醸造元の鳥井駒吉が
サイダー製造会社「有馬鑛泉合資会社」を有馬に設立しています。

明治34年(1901)に日本で最初のサイダー「有馬シャンペンサイダー」を
神戸居留地の外国人、外国航路向けに発売。

大正15年(1901)に製造停止になり、平成14年(2002)に有馬八助商店が
お土産開発の一環として「有馬シャンペンサイダー」を76年ぶりに復刻、
「ありまサイダーてっぽう水」として発売されています。



トレードマーク?
d0359503_20081549.jpg


底周りには、右読みで「泉鑛馬有」
d0359503_20083693.jpg


「ARIMA MINERAL WATER」
d0359503_20084482.jpg


気泡もポチポチと.....。 (*^^*)
d0359503_20090749.jpg


窪んだキックアップの底にもトレードマーク。
d0359503_20094366.jpg





次はなんだ?



日本最古の歴史を誇る、兵庫県西宮市の「株式会社布引礦泉所」
明治32年創業です。
(どれが本当の最古なんだ?)(ーー;)
d0359503_20100728.jpg


オリジナルかどうかは不明ですが、コルク付きのガラス栓も付いてました。 
d0359503_20103655.jpg


こちらも気泡がいいです。
d0359503_20101620.jpg

底周りのエンボス.....。
二つ重なった蹄鉄のようなマークはなんでしょね?
d0359503_20105658.jpg


ダイヤモンドのトレードマークを挟んで、右読みで「ンロトシ💎キビノヌ」 
d0359503_20110914.jpg


「ダイヤモンドマーク」
d0359503_20112020.jpg


「シトロン」は、ある柑橘類の名称ですが、広義で柑橘系飲料をさすようです。
d0359503_20113349.jpg




次は一番のお気に入り。

株式会社別府鑛泉の「金色サイダー」?
有名な金線サイダーというのがあるので、これもサイダーだと思うんですが....。

検索すると、「川原の一本松」さんのブログにもありましたが、他は探せませんでした....。

しかしさすがは某会長?のブログには
もっと渋いデザインの金色サイダー瓶がアップされてました。
(-ω-)/
d0359503_20125351.jpg


ぐるりと「金色」の文字
d0359503_20130175.jpg


底周りには、山? お猿で有名な高崎山でしょうか?
(・・?
d0359503_20130831.jpg



右読みで「泉鑛府別」
d0359503_20131537.jpg


またもや山............。
d0359503_20132193.jpg


「社會式株」
d0359503_20132879.jpg





ちなみにサイダーとは無関係ですが、ついでにお気に入りをもう一本......。

(^^ゞ

壽屋(現サントリー)が明治40年(1907)に発売した
赤玉ポートワイン(現在名は赤玉スイートワイン)の瓶です。
総合洋酒メーカーとしてのサントリーの土台を築き上げた有名な製品です。
d0359503_20140907.jpg


キックアップの底に「AKADAMA・」の素朴なエンボスがツボです。
(*^▽^*)
d0359503_20142232.jpg
パチモンでなければいいが......。




ではこの辺で!


(・ω・)ノ



by hiroibito | 2017-12-08 18:25 | Comments(2)

サイダーじゃ! その1

部屋の整理の都合上のアップ、今度はサイダーなどなどを....。

(^^;)





「別子サイダー」です。
別子は愛媛県の別子銅山で有名ですね。
d0359503_20001717.jpg


新居浜市の工場で作られていたようです。
d0359503_20004536.jpg


「矢形炭酸飲料製造所」で検索しても、「別子サイダー」で検索しても出てきませんでした。
ただ、現存する「別子飲料」という会社が出てきましたが、関連は不明です。
d0359503_20005460.jpg


瓶本体はよくある流用品.....。このあたりの時代では普通のことです。
「三ツ矢サイダー」の瓶が使われることが多いですが.....。
(私が子供の頃飲んでいた農協のサイダーもそうでした)

これは古いですね。右読みです。
「社會式株ーダイサ輪雪」
d0359503_20010299.jpg


愛媛県の宇和島市に大正時代の頃に設立された会社のようです。
それ以上のことはわかりませんでした。
d0359503_20011146.jpg


d0359503_20012102.jpg


非賣品のエンボスがいいですね!
サイダー作っておいて売らないなんて! (ーー;)
(瓶だろっ!)
d0359503_20013106.jpg


おもむろに気泡も存在感に貢献してます。
d0359503_20014070.jpg






次は王道!「三ツ矢サイダー」
 (*'▽') 説明の必要なし!!
d0359503_20024222.jpg


大小とも肩のエンボスは同じです。
d0359503_20025668.jpg


正味量の、丸正マーク 340mlは大きい方の瓶のエンボス。
d0359503_20043635.jpg


ラベルはちっと残念....。
個人的にはエンボスが控えめなものは、ラベルは生きてた方がいいです。
  (嗜好はころころと変わりますが.....。)
d0359503_20040738.jpg



時代は遡ります。
d0359503_20050053.jpg


三ツ矢のマーク
d0359503_20051162.jpg


底周りには
「ASAHI BREWERIES.LTD.」
d0359503_20054890.jpg


d0359503_20055950.jpg


d0359503_20061191.jpg





この間には、魅力的なエンボスの三ツ矢サイダー瓶があったと思いますが
いまだ手に入ってません。 (T T)







更に遡ります。

シンプルですが、この手が出てくれると嬉しい瓶です。
二本とも同じものです。
d0359503_20064354.jpg


底裏にはトレードマークと、時計回りに「三ツ矢」
d0359503_20070370.jpg




これらも同じ系統ですが、左の瓶は色が明るく、ネックリングもありません。
d0359503_20072421.jpg


トレードマークと、反時計回りに「矢ツ三」
d0359503_20073525.jpg




その2に続きます。




ところでどなたか、次の瓶が何の瓶かご存じないですか?
d0359503_20133846.jpg


この瓶、どなたかのブログでも拝見した事があるんですが、
その方もよくわからなかったようです。

d0359503_20134875.jpg
通りすがりでもご存じの肩....。いや、方がいらっしゃいましたら御教示願います。
コメントよろしくお願いします。


m(_ _)m






by hiroibito | 2017-12-07 22:00 | Comments(2)