人気ブログランキング |

活性酵素パパナ

つなぎの記事、手持ちの瓶シリーズです。(''◇'')ゞ

今回は兵庫県の太洋酵素工業所の特殊活性酵素・栄養調理料「 パパナ」
検索するといくつか箱の画像が出てきますが、「太洋酵素工業所」の文字の上に
「発賣元 森永配給株式會社」と書かれた紙が貼られているものがあります。
始めは自社で売っていたのを森永に委託したのかどうかは不明です。
またこの配給会社が現在の森永製菓のグループと関連があるかどうかも謎です。

この手の瓶型は好きですが私が持ってるのはちょっと大きめの瓶。
ひとまわり小ぶりの瓶や無色透明の瓶もあるようです。
d0359503_21432032.jpg

側面にクッキリとエンボス文字。
d0359503_21432514.jpg


d0359503_21432969.jpg



これは「パパナ」ではありません。

しかしこれは同じ瓶型でサイズも小ぶり、
形も色も好きなタイプでなのでアップしちゃいます。(≧▽≦)
d0359503_16432922.jpg

あ、ちょっと白く写りすぎた。肉眼ではもっときれいなんだけど。(ーー;)
d0359503_16434914.jpg


じゃ、また! (=^・^=)
d0359503_16444123.jpg


by hiroibito | 2019-02-15 06:15 | 手持ちの瓶 | Comments(4)

この川の常連、味の素の瓶。

1909年(明治42年)に発売され、旨味調味料として(グルタミン酸)今日まで確固とした地位を築いています。
瓶好きのあいだではカレー粉の瓶同様にバチ瓶として知られていますねー。(^ω^) ちなみに三味線を弾くバチに形が似ているためこう呼ばれるようです
今回のは左二本が古いです。右のスクリュー栓タイプはやや若くなりますがそれでも戦前からのものです。
d0359503_22244256.jpg

底にはいつもの右書きの「素の味」及び「AJINOMOTO」のエンボス文字。(欲張って三つ並べて撮ったら小さくて字が読みづらくなってしまった)
d0359503_22245726.jpg




次は何度も登場しているこの川の常連さん、「カゴメ?」の瓶です。カゴメなのでケチャップの瓶ではないかとずっと思っていましたが、最近海苔佃煮も作っていたことを知りました。ずっと前から知ってた人はいっぱいいるんだろな~。(^^;)
検索してみると六芒星のマークが入った「カゴメののり佃煮」の琺瑯看板がけっこうヒットすることが判明。しかし肝心の製品の画像は出てきません。なのではっきりとは言えませんが瓶の佇まいからするとこれがカゴメののり佃煮の瓶なんだろうな~と言うことになりました。違ってたらゴメンチャイ。(^^ゞ

まっ、なんにせよ好きな瓶です。
d0359503_22241736.jpg


底にはカゴメの製品であることを示す六芒星。
d0359503_22242758.jpg



今回はコレだけ!


(^_^)/


by hiroibito | 2018-08-31 22:42 | リバーコーミング | Comments(2)

今回は佃煮や調味料などをとりあげます。(^◇^)




左は東京日本橋柳屋製の「江戸の華」海苔佃煮の瓶です。
右の丸いタイプは出所はわかりませんが漬物だったりすることもあるようです。
d0359503_20062523.jpg


江戸の華はこの川で時々出ますがいつもガッサガサ、なかなかいいのに巡り合えません。
今回もアップした後は前に拾ってるのと比べてましなほうだけとっておきます。

右書きで「製屋柳」
d0359503_20063005.jpg

「華の戸江」
d0359503_20063573.jpg




おなじみカレー粉の瓶、メーカー不明です。よくあるガラスの色ですが好きな色です。
d0359503_20064879.jpg





戦前の味の素の瓶二本、左はコルク栓、右はスクリューキャップのもの。右はキズが多いので手放す予定.....。(´ω`;)
d0359503_20065450.jpg


左の瓶は右書きで「素の味」
d0359503_20070635.jpg


右の瓶はアルファベットで「AJINOMOTO」
d0359503_20071168.jpg




ヨーグルトの瓶と思われます。佃煮でも調味料でもありませんがここに入れときます。(^^;)
持ち帰りましたが、洗い始めてすぐキズだらけなことが判明。ゴミに回そうかと思いましたが.....。
d0359503_20072524.jpg


持っていないグリコのものだったのでとりあえず綺麗なものが出るまで保管しておきます。
d0359503_20073065.jpg
こんな状態のまでキープしてるから、仕舞う場所が無くなるのは当然ですね。(^^;)




次回に続く。 (*^_^*)


by hiroibito | 2018-08-15 22:26 | リバーコーミング | Comments(8)

今回出た物の中で嬉しかったもののひとつ。

イカリソースの縦書き瓶です。

エンボス文字は「ANCHOR ⚓ SAUCE」
d0359503_23034740.jpg


肩には「KY & COMPANY」
d0359503_23035196.jpg


右は以前から持っていた物。これでやっと捨てることが出来ます。
d0359503_23035690.jpg




次ですが......。



わたしゃ別に割れたソース瓶を集めてるつもりはないんだけど。(ーー;)
d0359503_23033384.jpg


この大きさの三ツ矢ソース瓶は確か持ってなかったので、参考用に....。
これの完品が出るのはいつなんだ?
d0359503_23033700.jpg
もう一回り大きいのも破片で持ってるし.....。( ̄д ̄;)




食紅と思われる瓶と、おそらく調味料瓶。
d0359503_23041915.jpg
調味料瓶はカレー粉の瓶を一回り小さくしたような形です。


底には「楕円の中にKK」のエンボス。
d0359503_23042497.jpg




この「ハウス」の調味料瓶は前回もアップしましたが、
なぜか今回の方が かっちょよく見える。
d0359503_23042929.jpg

と、思ったらデザインが違ってました。底の部分です。
左が今回、右のが前回の物。
d0359503_23043467.jpg

うん。わたしゃ、左の方がいいですねぇ。
d0359503_23043981.jpg




醤油差しも出ましたが今回も蓋がありません。
d0359503_23044503.jpg

で、以前全然違う場所で拾っていたこの蓋のご登場です。
格子模様がありますが本体にも格子模様が入っているので、なかなかにいいんじゃないかと....。
(^^)
d0359503_23045090.jpg


サイズもピッタリでしたっ! \(^o^) いや~、なんでもとっておくものです。
d0359503_23045518.jpg




では、次回に続きます。 (/・ω・)/


by hiroibito | 2018-04-26 20:28 | ディギング | Comments(8)

さてと。



今回は調味料瓶関係........。 


(神薬とかないのか?  コロダインはまだか.....?)


え~っと、聞こえないふりして進めます。( ̄▽ ̄;)




メーカー不明のカレー、もしくはカラシ瓶。できればエンボスが欲しいですね。
d0359503_18532822.jpg




これはたま~に出る「日本専売公社」の瓶です。当然塩でしょうねぇ!
特に面白みは無いので一個あれば十分なんですが、いつもなんとなく持ち帰ってしまいます。
で、結局ゴミに出す......。(^^;)
d0359503_18533365.jpg

「日本専売公社」のエンボス文字。
d0359503_18533812.jpg




この手のはけっこう味わい深い......。\(^O^)
d0359503_18534225.jpg
気泡もあるし、トロってるし。
d0359503_18534662.jpg
朽ちているとはいえ、金属の蓋は古さを感じて好きですねぇ。
d0359503_18535134.jpg




これは「ハウス」の瓶ですが、中蓋からみても比較的新しめですね。
((+_+))
d0359503_18541087.jpg
「ハウス」のエンボス文字。
d0359503_18541554.jpg




次は?

やはり「ハウス」ですが、左右で微妙に違います。
ラベル窓のある正面なんですが......。
d0359503_18543226.jpg
右の瓶だけ「ハウス」のエンボスがラベル窓の上にあり......。
d0359503_18543711.jpg
裏面です。
d0359503_18544392.jpg
左の瓶は裏側に「ハウス」のエンボス文字があります。
d0359503_18572059.jpg
ただそれだけ......。




こういった不明瓶も出てます.....。
(ラベル窓側)
d0359503_18573706.jpg

(裏側)
d0359503_18574305.jpg

(。´・ω・)? 「ヒカリ」のエンボス文字。1946年(昭和21年)創業で
徳島県の「ヒカリ食品」という会社がありますが、そちらのものでしょうか?
d0359503_18575290.jpg





これはどう考えても調味料ではありません。
食紅かな?この手のは素朴で、ちっちゃくてかわいらしいです。
d0359503_18581253.jpg




御存知、「味の素」のバチ瓶達です。
三味線のバチ型をしているためこう呼ばれます。
d0359503_18581846.jpg


上に乗っけた小さいのは文字がありません。たぶんこれも味の素だと思うんだけど....。
下の二本は右読みで「素の味」
d0359503_18582524.jpg


こちらはスクリュー蓋のもの。
「AJINOMOTO」のエンボス。
d0359503_18584875.jpg

アルミの蓋はけっこう朽ちていましたが、そ~っと磨き直しました。
d0359503_18585587.jpg
中に入っていた耳かきのように小さなスプーン。
朽ちてはいますが、以前見た純正品とよく似ています。
d0359503_18590632.jpg



ではまた次回!


S級のハケ 16に続く。


(^。^)/


by hiroibito | 2018-04-06 00:51 | ディギング | Comments(4)

S級のハケ 4(薬品等)

S級のハケ、なんとか洗い終わりましたので、続けてゆっくりとですがアップしたいと思います。
写真もまだ一部しか撮ってませんし。

(^O^)/


数えてみたら約450本も持って帰ってました。そりゃ洗うのも写真撮りも時間かかるわな。
そもそも仕舞う場所が全く足りない。この前整理して捨てた量より多いんだから.....。

(アホだ!)





まずはこの青い薬品瓶。この大きさの瑠璃瓶は初めてです。
(^^)
d0359503_20582167.jpg
綺麗ですね~。(*^^*)~💙




他の薬品関係。(あ~あ、またでかいの多く持って帰ってる.....。)
d0359503_20583264.jpg
特にエンボス文字はありません。


泡だらけのもあります。
d0359503_20584048.jpg
しゅわしゅわぁ~....。.。o○




左のは蓋と本体が別々に出たんですが、ピッタリなのでたぶん純正ということに.......。
d0359503_20584845.jpg
右端のはよく見ると底にナーリングがありました。新しい証なのでゴミの日へ。

真ん中のオキシフルの瓶も時々出ますね。
d0359503_20585353.jpg

d0359503_20585954.jpg



円筒形の水薬瓶色々。後ろ真ん中二本はくもりが何をやっても取れません。
古いタイプですがもう一回だけくもり落しにチャレンジしてダメなら手放す予定です。
右端のは新しめで味が無いんですが、コルク栓でもはめて将来フリマにでも出すかな~。
d0359503_20590629.jpg


中央のは「草浦療院」のエンボス文字。
d0359503_20591217.jpg



こちらは前後に平たい水薬瓶。
d0359503_20591856.jpg


右後ろのは「今川醫院」のエンボス文字。
d0359503_20592327.jpg


これは見えにくいけど、サンドブラストと思われる文字入り。
d0359503_20593470.jpg
レントゲン科 内科小兒科 藤井醫院
電話一二六番





アンバーカラーの瓶二種。右のは特にかっちょいい!

Kitsunetsukiさんのコメントによると右のは武田薬品の四塩化炭素球の可能性があるようです。
四塩化炭素自体はドライクリーニングの溶剤に使われたり消火器の薬剤、機械器具の脱脂、
農薬等に使われていたようですが毒性があるので現在は一般販売は禁止されているようです。
四塩化炭素と四塩化炭素球の違いは検索してみてもさっぱり理解できませんでした。(^^;)
あくまで参考まで。

いつの時代もコスト的に数種類に使用できる汎用瓶は存在するので
ラベルが無いとそれと確定はできないのが残念ですが。
d0359503_21000136.jpg



こっちもアンバー。
d0359503_21000788.jpg


右の底裏にあるエンボスマーク。
どちらさん?
d0359503_21001369.jpg



これらは? 右端のは何が入ってたのか。首曲がってるけど....。
d0359503_21001900.jpg


左端の瓶底には「SANKYO」のエンボス。
d0359503_21003034.jpg


真ん中のは「むさし」.....。
なんて勇ましいネーミングなんだ。( ゚Д゚)
d0359503_21003853.jpg




これはどうでしょうか? オーソドックスですがいいかんじ....。
d0359503_21004575.jpg


おっと! 星製薬の瓶でした。☆の中にHの文字。好きなマークです!
d0359503_21005167.jpg
Kitsunetsukiさんによるとホシ アンチツベルケンではないかとのこと。
肺結核をはじめとした肺病関連の薬のようです。
もちろんこれも汎用瓶の可能性あり。





これらはもう形でわかりますね。(^O^) ビオフェルミンです。
右の大きいのは泥を落としたら割れていて、更に乾いたら反対側も割れてしまった....。
(ーー;)
ただ、大きいのはエンボスが一切ないのでこれもビオフェルミンかどうかは確定できてません。
しかしコルク栓のビオフェルミンは他に持ってないので参考品としてキープ。
d0359503_21005806.jpg


小さい方にはおなじみの「K.H.L.」のエンボス。
d0359503_21010493.jpg


朽ちかけた蓋は磨いたら欠けがひどくなってしまった.....。(T T)
d0359503_21010981.jpg


同時に出た左のはビオフェルミンの統制陶器じゃないかと思われます。
d0359503_21012650.jpg
エンボスも統制番号もなんにもありません。




次のは右二本は時々出ますね。
d0359503_21035057.jpg
真ん中のは以前買った物には「むすめ印 酢の素」のラベルが貼ってありました。


左端の瓶には「理研 無塩醤油」のエンボス。この文字は洗って見つけた物。
d0359503_21035704.jpg



こっちのエンボスは「NOT TO BE REFILLED」
d0359503_21040259.jpg

「NO DEPOSIT NO RETURN」
d0359503_21040756.jpg




そしてケチャップ関係.....。右端のでっかいサイズは初めて見ました。
d0359503_21041274.jpg


左二本。
イカリとカゴメですね。
d0359503_21041840.jpg


右二本は愛知トマト時代のカゴメ。
d0359503_21042426.jpg




醤油瓶も出ました。大きなダメージも無ければ蓋も無い.......。
d0359503_21101970.jpg


こういった時の為にキープしてるんですが、今回も合うのがあるか!?
d0359503_21043606.jpg


ありました。
純正の組み合わせかどうかは不明だけど.......。 (^^;)
d0359503_21044163.jpg
ちょっと首を傾げてるのがいいです。




次です。「わかもと」のスクリュー栓の瓶。
スクリュー栓口の格好が悪いためか、比較的少ないのか.....。
あまりネット上でも見ないような?
d0359503_21013225.jpg



次は「わかもと」風の「パチもと....。」左のがそうです。右は本物。
d0359503_21014876.jpg


しかし「パチもと」のほうが気泡も多く.....。
d0359503_21021388.jpg


赤い不純物があったりと、わびさび度は高いです。(。-`ω-)
d0359503_21022074.jpg



こちら本家、すっきりしすぎて味があまり無いですね。
アルファベットのエンボス文字はかっちょええけど。
d0359503_21015882.jpg


しかしこの首の「わかもと」エンボスが好きなんだナァ。
d0359503_21020465.jpg


外形のよく似た統制陶器と....。
エンボスは一切無いので「わかもと」かどうかは怪しいです。小さい方はかわいいですね。
d0359503_21024059.jpg


双方とも「岐」番号ですね。
d0359503_21024811.jpg




そういえばこういったのも出ました。




八角神薬ーーーーーーっ!!!(;゚Д゚)
d0359503_21031886.jpg
完品ならお宝........。 (T T)ううっ




次は.....。






おおおおおおぉぉぉぉ..........。

憧れの「陶器製タムシチンキ」があああぁぁぁ......。
d0359503_21032580.jpg


大丈夫! 完器も出ました。
(''◇'')ゞ
d0359503_21033115.jpg


裏側。ん?どっちが表????
d0359503_21033971.jpg



おまけ.......。



人から株分けしていただいて、庭で育てている「ユキワリイチゲ」.....。
春を告げる花のひとつです。
d0359503_21044657.jpg
どうも眠い写真になるなァ。へたくそ.....。



次回もまたしばらくお待ち下さい。
(''◇'')ゞ



by hiroibito | 2018-03-12 00:16 | ディギング | Comments(10)

頂きものと業務連絡!

今回は、Glam DriveのTomoさんからの頂きものです。
(ここからのリンクができない。涙のPC音痴なわたし......。)
(T T)


個人情報はヤマドリの羽で隠してみました。
d0359503_20263514.jpg



古い洗濯ばさみの描かれた封をしてあります。細やかな気遣いが嬉しいですね。
d0359503_20265267.jpg



こちらも......。
d0359503_20264281.jpg



瓶と、ご当地名物と漂白剤.....。嬉しいおまけが色々と入ってました。
d0359503_20270191.jpg

ハイドロハイターは特に錆び汚れに強いようで、
近所で売ってないので取り寄せようと思ってたところでした。ありがたい!
(ちなみに本来は衣料用です。)



Tomoさんのブログを見て、欲しいのがあったら......。
と、いう事が書いてあったのでこれをお願いしました。森永のケチャップ瓶と思われます。
カゴメや同じカゴメの愛知トマト時代の瓶はよくお見かけしますが、
森永のはこちらではなかなか出てくれません。
以前持っていたんですが、川出しで状態が悪く
ガッサガサだったのでゴミの日に出してしまいました。
d0359503_20271087.jpg

底周りには「MORINAGA CONF.CO.,LTD.」とあります。
d0359503_20271677.jpg

底裏の旧マークのエンゼルが大好きなので、今度は綺麗なのが手に入り良かったです。
d0359503_20283174.jpg



Tomoさん、ホントありがとうございました。
(^^ゞ



ここからは同じTomoさんへの業務連絡。
(メールでやれよって言われそう......。)

S級のハケで出た、ピアスの「ナインコールド」の瓶。
側面にエンボス文字の無いタイプです。
(エンボス入りが欲しい.....。)
d0359503_20285594.jpg

お約束。底裏に時計の文字盤です。
d0359503_20290145.jpg

ちょっと欠けてますね。
d0359503_20292605.jpg

そしてこれが、ネット上でもお見かけしたことが無かった蓋です。
特に特徴の無い白いプラスチック製......。(^^;)
d0359503_20294262.jpg

わかりにくいですが、細く大きな文字で「Pias」とあります。
それにしても、よりによって何でこんなとこに穴があるんじゃ.....。
(ーー;)
d0359503_20311534.jpg

蓋をするとこんな感じ。蓋の側面にラベルでもあったのかなぁ?
どうも間が抜けてバランスが悪いような.....。
d0359503_20315726.jpg

底を上にした方が自然な感じ.....。文字盤見えるし!
(。-`ω-)
d0359503_20321422.jpg


以上、業務連絡でした。

........................。

えっ!結局何の業務連絡だって?

いや、蓋つきの状態を見たかったらしいんで.............。ホントそれだけ!


(^^ゞ


by hiroibito | 2018-02-24 22:51 | 頂きもの | Comments(6)

やっと行けた!(2)

前回の続き。戦利品を洗った画像をお届けします。 <(_ _)>



丸正瓶のアサヒビールですが、思っていたより状態は悪く肩のあたりの擦れが多いです。
オイルを含ませた布で拭きあげて写真は撮りましたが、まだ擦れが写ってますね。
d0359503_18334885.jpg




ただの農薬?の瓶。しかし色は綺麗です。
全部持って帰ったら家じゅう農薬瓶だらけになります。(^-^;
d0359503_18335774.jpg




水差し? デキャンタ?
水差しでしょうね。口の上部が磨ってあるのでガラス栓があったようです。
d0359503_18340690.jpg

気泡も見あたらずそんなに古くもなさそうですが、新しくもない....。
底裏にまで模様のエンボスがあり、なかなか頑張ってる瓶ですね。
いつ頃の物だろか?
d0359503_18340224.jpg



カゴメのケチャップ瓶。
持って帰りはするけど既出の物と見比べて、状態のいい方を残すだけ....。
d0359503_18342283.jpg


左は愛知トマト時代の物です。
d0359503_18341436.jpg



よくあるASGマークの水薬瓶。
若いかたはコルク栓と思われるかもしれませんが、
通常はポリの白色の半透明樹脂キャップが付いてました。
d0359503_18343040.jpg



時々出るタイプのびん。特に特徴なし.....。
この手のはペン立てか、びんを洗うための道具立てに使ってます。
d0359503_18343657.jpg


「ブンセン」と言えば海苔佃煮を連想しますが....。どうなんでしょ?
d0359503_18344223.jpg



シンヨのカレーかカラシの瓶。色がいいねぇ。
d0359503_18344654.jpg

「シンヨ」のエンボス。
d0359503_18345062.jpg


「月美人」のエンボス。
d0359503_18345421.jpg


三日月と美人女性?のトレードマーク。
d0359503_18345836.jpg


かなり新しめの「パイロット」のインク瓶。
d0359503_18350133.jpg


本島椿の「本島純白椿」
ラベルは結局黒く変色したのがどうにもできず、断念しました。
状態の悪いラベルは無い方がいいと考えるタイプなので...。(^^ゞ
d0359503_18350927.jpg

いい感じに古色が出てますが、蓋の中の樹脂部分が朽ちて
洗ったらボロボロと落ちてしまい、本体との相性はスカスカです。
d0359503_18351300.jpg

下部の「本島椿」のエンボス。
d0359503_18352299.jpg

底裏にはヘッタクソな文字の「意匠登録」のエンボス。
逆に味わいがあります。(^-^;
d0359503_18352633.jpg


クリーム瓶二本。左のはよく出るタイプ。
どこのだっけ? (・・? 
遡って調べるのめんどい....。ハハハ....。
d0359503_18352935.jpg
左のは「ピアスベル」と思ったけど、肩が丸いので「ピアスクリーム」ですね。



本当はもっと濃いグリーンの糊瓶。気泡がチャームポイント。
d0359503_18353570.jpg

組合とも少し違うし、結局どこのマークなんだろ.....。
d0359503_18354051.jpg



底にのみエンボスがある「ライオン」の靴クリーム瓶。
シンプルでかっちょええんですが......。
d0359503_18354923.jpg

ありゃ!? 洗ったらニュウが入っちゃたよ!!
状態が良かっただけに少し残念.....。
d0359503_18355333.jpg




こっちは側面にバッチリとエンボスのあるタイプ。やはり「ライオン」のものです。
こっちはニュウは大丈夫でした。 (^^ゞ
ライオンさんの図柄がよろしいんでないかい?
d0359503_18355847.jpg



「るり羽」はよく出るなぁ。
白髪染めです。
d0359503_18360232.jpg
スクリューキャップのものは蓋が欲しいですね。
しかし状態が良く綺麗なのでキープです。
ちなみにこのビー玉も掘り出したものです。





こっちはもう少し新しい時代。
「パオン」の白髪染め。
d0359503_18360692.jpg




何かの陶器の蓋と絵具容器、電気系統の碍子。
d0359503_18361128.jpg

絵具容器は統制陶器です。統制番号が入ってます。
d0359503_18361463.jpg




壁に取り付ける衣装、もしくは帽子かけ.....。
これの三つ並びの物が、子供の頃からずっと母屋の鴨居に打ち付けてあったんですが、

最近取り払いました....。

手元に置いておきたかったもので...。(^-^;
d0359503_18371036.jpg



軍猪口と思われる、今となっては可愛らしく見えるデザインの猪口。
d0359503_18361889.jpg

桜形の高台
d0359503_18362276.jpg




こちらも軍猪口。
d0359503_18362763.jpg

縦書きで「溝入」
この猪口を発注された方の名字と思われます。
d0359503_18363148.jpg

薄くなってますが、見込に「退営記念」の文字が見えます。
d0359503_18363498.jpg

口縁部内側に「朝歩七九ノ九」の文字。
部隊名と思われます。
d0359503_18365555.jpg




最後にこれこれっ!
d0359503_18370263.jpg

岡山縣製薬の「神薬」です!
d0359503_18370602.jpg




がっ.......!








割れたーーーーーーっ!!!!


d0359503_18371958.jpg

洗ってる最中に手の中で、「ピキッ..........。」

(;゚Д゚)ハッ! 



たまにあるけど、これだけはかんべんして.........。

(~_~;)



「神薬」なんですけど~..............。💦 

(ToT)



by hiroibito | 2018-01-17 22:18 | ディギング | Comments(8)

やっと行けた!(1)

正月休みも瓶探しに行くことが出来ず、欲求不満が相当溜まってましたが.....。
(~_~;)


先日、無理やり時間を作って行ってきました! ヽ(^。^)ノ
半日と少ししか使えないので、確立と効率を考えて家から車で15分の山の集落跡へ!


現地到着。

( ゚д゚)ハッ! .............。またカメラ忘れた.....。
(ええかげんにせんかいっ!)

なので、ここからの写真は家に帰って撮ったものですが、歩いて見つけた順に追っていきます。




車を置いて歩きます。必ず新たなハケがあるはず。


前に神薬や次亜燐の瓶を拾った斜面をしつこくチェックしてみると....。

シンヨのカレー、もしくはカラシの瓶がありました。
d0359503_22465459.jpg

出来の悪いエンボスですが、トレードマークの「月美人」です。
d0359503_22470590.jpg




これは丸正瓶のアサヒビールですが、持って帰っては手放して....。を、繰り返してます。

右読みのエンボスなら間違いなくキープですが....。
d0359503_22453118.jpg


この朝日のマークがいいんですがねぇ。
d0359503_22455730.jpg
じゃまになるから、でかくて新しめのものはどうしても対象外になりやすい.....。




これといったヒットもなく、集落の下の方に移動したいんですが道が藪になっていて通れず、
引き返して大回りしなければならないため、時間を考えて藪漕ぎ決行!

強行突破!! (; ・`д・´)



視界がきかないため迷いながら、上がったり下がったりを繰り返して
何とか見覚えがある場所に出ました。、 ε-(´∀` )ホッ

そこで今までチェックしてなかった竹藪の斜面があることに気づき、降りてみると....。

ハケとは言えないけれど、いくらか捨ててあるようです。



クリーム瓶二つ。
左のは木の根が中にぎっしりはびこって、地面から抜き取れなかったため
山菜掘りスコップのギザギザの部分で無理やり切断。
d0359503_22460304.jpg


こちらはパイロットのインク瓶。新しいタイプですね。どうもここは時代が若い....。
d0359503_22461053.jpg


カゴメのケチャップ瓶。
d0359503_22461596.jpg


よくある白髪染めの「るり羽」です。せめてコルク栓のタイプならいいんですが...。
d0359503_22462154.jpg


これはライオンの靴クリーム瓶。底にしかエンボスはありません。
既出の物ですが、持ってるものは状態が悪いので交換のため持ち帰り。
d0359503_22462634.jpg


本島椿の瓶ですが、洗ってラベルがどうなるか!?
99%ダメになっちゃうだろなぁ....。
d0359503_22463028.jpg


口縁のピンク色が可愛い御猪口ですが....。
d0359503_22463423.jpg

高台が桜の形。おそらく軍猪口でしょうね。
猪口の見込にあったはずの字や図柄が消えてしまっていると思います。
d0359503_22463920.jpg


こちらは間違いなく軍猪口。何とか図柄が残ってます。
d0359503_22465037.jpg


電気関係の碍子のたぐい.....。なぜか持って帰ってしまう。
d0359503_22471102.jpg

こちらも....。
d0359503_22471647.jpg

「岐」の文字があります。統制陶器でしょうか? 統制番号はありません。
d0359503_22472321.jpg

  


他には持ち帰るようなものはなく、もう新ハケは見つかりそうもありません。



なので何度も封印したはずの既ハケへ!

六回目です!!

岡山縣製薬の「神薬」のハケです。
d0359503_22540732.jpg
(この写真は今回撮ったものではなく、以前使ったものです。)


ダメもとで掘りはじめると....。

ライオンの靴クリーム瓶。サイドにしっかりエンボスの入ったタイプ。
これも既出ですが、今回のほうがやっぱり状態がいい。
d0359503_22473002.jpg


糊瓶ですが....。
d0359503_22500065.jpg

このエンボスは初! \(^o^)
ヤマト糊に似たようなエンボスがありますが、的も矢も無いので違うようです。
どなたかのブログかインスタでみたような....?

しかし、何回掘り尽くしても掘り残しがあるなぁ.....。(^^;)
d0359503_22500728.jpg




そして......。





出た!! \(◎o◎)/!



待ってましたこいつを!!

岡山県製薬の「神薬」です!
ヽ(^。^)ノ
d0359503_22501678.jpg

既出ですが、あと一本は持っておきたかったんです。
d0359503_22502241.jpg
お嫁に行った2本を含めて、5本目!破片を含めるともっとあったんですが...。


今回も全体にいまいちだったので、この一本ですべてオッケーです!




他はなんとなく拾ったこんな物たち....。
d0359503_22502984.jpg



では!洗った画像は次回で!!


(=^・^=)





by hiroibito | 2018-01-12 23:14 | ディギング | Comments(4)

ソースじゃっ!

なぜ、この年末の押し迫った時期にソース瓶の特集か?


はい.....。

部屋の整理の都合ですね。もう、バレバレですかね? (^-^;
とにかく大きい瓶だけでも年内に片づけたいですから.....。




買ったときにもアップしたこちらから。

チキンソースです。
d0359503_19472865.jpg

詳細のわからないメーカーですが、明治45年(1912)に荒井長治郎氏が、
チキンソースの前身である、スワンソースを発売しています。


にわとりのエンボスが無く、「チキンソース」の文字だけのものもあるようです。
その他、肩と底周りが段々になってるものや、戦前では緑色や茶色の瓶、
その他色々なタイプが存在するようです。

とりあえず今度の目標は、戦前の右書きの文字のものをゲットですね。
d0359503_19473618.jpg

この瓶は丸正瓶ですね。昭和31年施行の計量法により、ある高さまで中身を満たした時、
正しい量が確保された透明もしくは半透明の瓶であることを
保証された瓶にのみ記されるものです。
d0359503_19474456.jpg





続いてイカリソースです。

明治29年(1896)
イカリソースの初代、木村氏が大阪に山城屋を創業。
英国人のデービス氏の指導を受けて錨印ソースを製造発売。
本格的ソースとしては国産第1号だそうです。


この瓶は下部にエンボスがあるものの、かなりシンプルな瓶ですね。
d0359503_20521683.jpg


IKARI SAUCE CO.LTD.
d0359503_20545197.jpg


底には錨のエンボス。
d0359503_20552856.jpg



こちらはもっと時代を遡ります。川で拾っていたのがあったんですが、
ガッサガサで汚かったので、オクで見かけた時に安かったため買い直しました。

錨のマークを囲むように「ANCHOR BRAND   REGISTERED」
d0359503_20555054.jpg


K.Y.&COMPANY
K.Y.は木村氏の頭文字のKと、山城屋のYでしょうか。
d0359503_20560056.jpg


NET 360c.c.
d0359503_20561370.jpg






今度は言わずと知れたカゴメ株式会社です。
明治32年(1899)創業、大正3年(1914)愛知トマトソース製造(資)設立。
大正12年(1923)愛知トマト株式会社に改組改称
昭和24年(1949)に関連5社を合併して愛知トマト株式会社を改めて設立。
昭和38年(1963)にカゴメ株式会社に改称。この時に現在のトマトマークを採用したようです。
d0359503_19475336.jpg



トレードマークの六芒星を挟んで「KAGOME 〇 BRAND」のエンボス。
ちなみにこの六芒星は大正6年(1917)に商標登録されています。
六芒星のエンボスが大きい物の方が古いようです。
d0359503_19481262.jpg


「AICHI TOMATO CO.」のエンボス。
d0359503_19482042.jpg



左の瓶には何もありませんが、底にも六芒星のエンボスがあり、
中央の瓶には瓶の製造年と思われる「1953」右の瓶には「55」のエンボスがあります。
d0359503_19480275.jpg


あ.....。
「方向転倒に注意 ⚠危険 天板の上.....。」などの文字は気にしないでください。
脚立に板のっけた上で撮影してるんで.....。ただの脚立の注意書きです。 (^^ゞ

戦前のものには、瓶の正面にでかでかと大きなエンボスがある物もあり、
ぜひ手に入れたい瓶です。
(オクに出たこともありますが高くなりすぎ、そのときは断念しました)
(T T)





そして俗にいい意味で「エンボスばか」で有名な白玉ソースの瓶。(^^;)

明治31年(1898)、野村洋食料品製造所が製造したのがはじまりです。
d0359503_20562889.jpg


こちらの青っぽい瓶。
言わずと知れた、エンボスの数々....。
d0359503_20563517.jpg


d0359503_20564324.jpg


d0359503_20571965.jpg


d0359503_20573410.jpg


無色に近い瓶の方も.....。
d0359503_20574296.jpg


d0359503_20575145.jpg


d0359503_20580004.jpg


d0359503_20580818.jpg

本当にこの時代は.....。
d0359503_20581882.jpg

自分とこが一番だとアピールしてる会社が多いですねぇ。(^-^;
d0359503_20582753.jpg
ちなみに上記二点は、白玉ソースとしてはまだエンボス控えめなほうです。







最後は三ツ矢ソース!

明治27年(1894)に大阪越後屋産業から発売されています。
昭和44年(1969)に関西食品株式会社、現ハグルマ株式会社が
三ツ矢ソースの製造、販売一切を委託され、現在に至っています。

真ん中の瓶は傾いてます。朝礼で立ちっぱなしで貧血になりかけてるみたいです。
(;゚Д゚)
d0359503_19483422.jpg
同じのは無いと思ってましたが、三本並べてみたら、右二本は色が違うだけでした。


エンボスは三本とも同じ内容です。
d0359503_19485436.jpg


かっちょええ.....。(*^^*)
d0359503_19484622.jpg

この木栓もかっちょええ.....。
d0359503_19491554.jpg



では!

m(_ _)m




by hiroibito | 2017-12-29 00:06 | 手持ちの瓶 | Comments(2)