お宝頂きました!

ボトルソウドウさんから嬉しい贈り物が届きました。 
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

こちらから送った瓶のお返しということですが、またも送った以上に頂いてしまいました。
前にも色々と頂いてしまい、恐縮のいったりきたりです!! 

m(_ _)m



Sハケの割れた金線サイダー発掘記事を見て頂いたようで、完品を送ってくださいましたーっ!💦
まさかこんなに早く完品を手に入れられるとは......。
ずっと気になっていた瓶だけに感謝感激雨あられーーっ!!

 m(_ _)m m(_ _)m
d0359503_22035793.jpg


いやあ、金線の文字がぐるっとありますねぇ! 
d0359503_22041682.jpg


こんな「スパッ!」とした長い気泡もあるし!
d0359503_22042769.jpg


どてっぱらにもいい気泡が入ってる! (=^・^=)
d0359503_22043477.jpg


なので、Sハケ産のこちらはさよならだな.....。(^^;)
d0359503_22043963.jpg



こちらも頂いてしまいました!
m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m 
 (だんだん増えてくる....。)
d0359503_22050239.jpg


トヤマ廣貫堂の神薬です!廣貫堂の青瓶は持ってないと言ったら入れてくださいました。
d0359503_22050848.jpg


Sハケ産のアンバーとツーショットしてみたりして.....。
d0359503_22051462.jpg




そしてそして、こんな子も頂いてしまいましたーーーっ!!
\(^o^)/
d0359503_22052198.jpg


ナショナル坊やです!!
d0359503_22053014.jpg


当然この瓶とコラボしてみました!! (^○^)
d0359503_22054014.jpg


あらためてホントにありがとうございましたーーーーっ!!
d0359503_22054556.jpg

m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m

(団体さん.....。)

[PR]
by hiroibito | 2018-05-17 23:01 | 頂きもの | Comments(4)

では! (^^ゞ

とりあえずSハケから出た、でっかい瓶の紹介から。
(いや、でかいのは見たい人そんなにいないし......。)


すみません。順番は例によって片づけの都合だけです。

m(_ _)m



まずは大日本麦酒関係です。
茶色いのはビールだと思いますが、グリーン系はシトロン系かもしれません。
この会社のは、やたらとお目にかかるんですが種類もやたらとあるので
持ってなさそうなのはとりあえず持って帰り.....。
で、この会社の瓶がどんどん増殖してしまいます。
d0359503_17482189.jpg
同じ瓶でも一本一本個性があるから、違う瓶扱いにすることもあるし.....。
いつかまとめておさらばせざるを得ない日が来ると思います。その日までは.....。




こっちは「カブトビール」
愛知県半田市にある赤煉瓦建物(旧カブトビール工場)にて
1898年(明治31年)に丸三麦酒によって「加武登麦酒」の銘で誕生し、
1943(昭和18年)まで製造されたビールの瓶です。
d0359503_17483583.jpg
この会社の瓶は、わたしゃ初めてです。(^^ゞ

「KABUTO BEER」のエンボス文字。
d0359503_17484213.jpg

○の中にKのマークを挟んで「TRADE MARK」のエンボス。
d0359503_17484807.jpg




古い「トリス」の瓶と、「赤玉ポートワイン」(現在は赤玉スイートワイン)の瓶。
d0359503_17485831.jpg
「赤玉ポートワイン」の瓶は以前アップしたものと同じタイプですが、一回り大きなものです。
(首をちょっとかしげていらっしゃいます.......。)
(^^;)



「Torys」
d0359503_17493569.jpg



トリスには「KOTOBUKIYA LIMITED」の文字、
赤玉にはキックアップした底に「AKADAMA PORTWINE」の文字。
d0359503_17494241.jpg



次は?

「養命酒」と「大黒葡萄酒株式会社」の瓶
d0359503_17495056.jpg


文字は右からの読みです。「酒命養」
肩にトレードマークである「飛龍」のエンボスがある物も出ましたが
大きなヒビが入っていたため持ち帰りませんでした。
d0359503_17495707.jpg




「大黒葡萄酒株式会社」は後に「オーシャン」となります。
d0359503_17500884.jpg


d0359503_17501646.jpg
「大黒葡萄酒」はあくまで会社名なので、葡萄酒とは限らないけど何の瓶だか?、






左からニッカのアップルジュースと、よくあるエンボス入りのジュース瓶。
そしてなぜか持ち帰ってしまった「ミリンダ」。
d0359503_17502805.jpg



「Nikka」のエンボスです。

ウィスキーで有名な会社ですが創業当初はアップルジュースからスタートしています。
「ニッカウヰスキー」の前身、「大日本果汁株式会社」は
ウィスキーが熟成し販売できるようになるまで、
1934年(昭和9年)からリンゴジュースを作り始めています。
翌1935年(昭和10年)からニッカ林檎汁(アップルジュース)の販売を開始しています。
d0359503_17503777.jpg


こちらは「ペアリース」......。と読むのかな? (・・?
d0359503_17504498.jpg





今度は左から「朝潮サイダー」と「三ツ矢サイダー」二本。
d0359503_17505429.jpg


わかりやすいエンボス文字ですが、この瓶をお持ちの方でも
なかなかこの会社については謎なようです。
d0359503_17510270.jpg



三ツ矢のこの手の瓶はたまに出ますが、
底のエンボスは微妙に違うパターンが何種かあるのは有名ですね。
d0359503_17510955.jpg
三ツ矢の文字が右回りだったり左回りだったり、
矢羽のエンボスが凸だったり凹だったりとか.............。今回は両方同じでした。





ソース瓶三本......。

左の三ツ矢ソースは既出のものと違って上下のアルファベットが
カーブしていてかなりかっちょいいんですが.....。
d0359503_17511650.jpg

ざ~んねんじゃ......。
d0359503_17512306.jpg

無念じゃ..................。 (T T)
d0359503_17513146.jpg



これは時々、市やお店で、見かける大正製薬の「アテミス」
中にコルク栓が残ってます。つついて壊して取り出してもいいんですが、
コルクとスクリューキャップの併用瓶であることの資料として残してます。

使ってた人が蓋なくして、その辺にあったコルク栓をはめてただけだったりして.....。
(ーー;)
d0359503_17513605.jpg
気になるけど、でかいのでいつも買わなかったんですが、出てくれてよかったです。
二本出たうちの一本は割れてました。一本は完品で良かった。



こちらもなかなかに、いかつい瓶です。洗い方が雑なのは......。
d0359503_17514395.jpg

「TENYOSYA」
d0359503_17515022.jpg

「KYUDAISOL」
d0359503_17515766.jpg

洗ったら勝手に割れちゃいました。(゚Д゚;)
なので、でかいこともありサヨナラする予定です。
d0359503_17520492.jpg

しかし以前購入した「ブルトーゼ」によく似てるなぁ......。
d0359503_17521254.jpg




次は殺虫剤!「フマキラー」と.........。
「ピレトール」.....? 知らない名前......。
d0359503_17521794.jpg

おなじみ、專賣特許「フマキラー」
d0359503_17522323.jpg

この瓶も微妙なバリエーション違いが何種かあるようです。
d0359503_17522705.jpg



そしてこっちが右読みで
「害無畜人 ルートレピ」
d0359503_17523367.jpg

「許特賣專 ツメンセ」
ツメンセ→センメツ→殲滅.....。古い殺虫剤にはこの殲滅の文字があるのを見かけます。
ちょっと、過激......。
d0359503_17523803.jpg

「社會資合薬製國中」
d0359503_17524447.jpg





そして最後に!

ちょっと小ぶりな農薬瓶っぽいの。見かけないサイズなので参考に持って帰りました。
d0359503_17524817.jpg




帰ってから泥を洗い流してみると.....。




「えっ!」




d0359503_17525327.jpg





おおおおおおおおおおおーーーーーーーーっ!!


お宝でした!
(*^^*)
d0359503_17530111.jpg

(。´・ω・)? ところで何が入ってたんでしょね?



では! その4までしばらくかかります.......。

<(_ _)>


[PR]
by hiroibito | 2018-03-04 21:26 | ディギング | Comments(5)