人気ブログランキング |

パピリオ陶器瓶

手持ちの瓶を続けま~す <(`^´)>


今回は「パピリオ クレーム」の陶器瓶です。
白いので磁器のようにも見えますが磁器と違って透明性が無く、
硬質陶器と呼ばれるもののようです。


一昨年書いた記事とダブりますが種類が増えたのでまた取り上げます。

「パピリオ」は1904年創業の伊藤胡蝶園を前身としています。
紆余曲折を経て、実質的には現在存在しない会社ですが、
「ピアス」が商標権を獲得し、「パピリオ株式会社」として生き続けています。
しかし胡蝶園に始まる「パピリオ」とは歴史的に関係ないようです。

洋画家として有名な佐野繁次郎氏がロゴデザインを手がけた陶器の瓶です。
佐野氏はパピリオの重役だったようです。
d0359503_16373704.jpg

このロゴのが一番ポピュラーかな?戦前の瓶です。
写真入りの一番古い広告では昭和12年6月5日の「東京小間物化粧品商報」で確認してます。
造られた期間が長いから比較的出るんでしょうかね~。\(*'ω'*)
d0359503_16375279.jpg

こちらは戦後のロゴの瓶。
昭和23年12月4日の「日本粧業新聞」にこのロゴの物が新製品として紹介されています。
また昭和24年2月26日には大きな写真入りの広告が掲載されています。
d0359503_16380239.jpg
(;一_一) 例のSハケで掘り出しましたが欠けてるのが残念....。


このロゴのタイプが一番好きですね~。
散々探したけど広告が見つかりませんでした。これも確か戦前のはずです。
d0359503_16380847.jpg

これは「Glam Drive」のTomoさんからの頂き物。
戦前から戦後すぐにかけての統制陶器の瓶です。
円筒形のはPマークのラベルを貼っただけのもありますね~。黒色もあったりします。
蓋はベークライトだったり、木製だったり、紙だったりと色々あったようです。
d0359503_16382588.jpg

底裏には統制番号。と言っても読み取れないけど...。(^^;)
d0359503_16385334.jpg


それにしても見事に蓋が無いですね~。(ーー;)
d0359503_21464235.jpg


キープしている陶磁器の蓋で合うものがあればいいんですが。


こりゃ違うよな~。
d0359503_16384658.jpg

これはどうだ!    ←(変でしょっ!)
d0359503_16385900.jpg


こうかな?     ←(いや、そうじゃなくって...。) 
d0359503_16390528.jpg

(;・∀・) ..................。
d0359503_16391001.jpg
以上、パピリオでした。



おまけ


ポマードの瓶ふたつ。これらも拾ったり掘り出したりしている人は多いですね。
d0359503_16392164.jpg

おいっ!
d0359503_16392525.jpg


d0359503_16393361.jpg

じゃ、また!

(*´з`)


by hiroibito | 2019-02-08 23:17 | 手持ちの瓶 | Comments(8)

気が付くと一気に春になってますねぇ。

(´ω`*)
畑の隅に植えた桜は、小さいながらも満開に花を咲かせています。

ソメイヨシノ
d0359503_14255142.jpg

その他の花たちも嬉しそうですねぇ。


ユキヤナギ
d0359503_14260799.jpg


スノーフレークとローズマリー
d0359503_14261641.jpg


ムスカリ
d0359503_14262768.jpg


ハナニラ
d0359503_14263739.jpg


ウマノアシガタ
d0359503_14264329.jpg




きょうは毎年恒例のタラの芽採集に行ってきました。
こいつの天ぷらは絶品ですね。我が家はこれを食べないと春が来ません。
d0359503_14264890.jpg
タラの芽のノルマは達成したので、きょうはさっさと帰ってブログのアップに努めます。
(^^;)



では本題へ!

Sハケのクリーム瓶の最後は、土の瓶達を紹介したいと思います。

土の瓶としましたが、基本的には焼き物である陶磁器は
土ものの「陶器」と石ものの「磁器」に分かれます。

戦中から戦後間もなくにかけて作られた、ガラスの代用品として作られた陶器の瓶。
けっこう白くて磁器っぽいものもありますが、ここでは陶器として進めたいと思います。
(''◇'')ゞ


まずは有名なパピリオの陶器瓶。
この書体のは初めて拾ったんですが、正面右下が大きく欠けてます。残念!
しかし貴重なコレクション。完品が出るまでは他のと一緒に飾っておきます。
しかし「パピリオ」はどれもこれもまったく蓋が出ない。
いいかげん一個でも欲しいんだけど......。(ーー;)
d0359503_01074378.jpg
ちなみにこれも有名な話ですが、
パピリオの重役でもあった、洋画家の佐野繁次郎氏によるデザインです。
(以前も書いたかな?)



こちらは「メヌマポマード」
ちょっと欠けていたりどうしても取れないシミがあったりしますがこれも嬉しい一品です。
d0359503_01074890.jpg
これも蓋無いな......。



これらは化粧用とは限りません。ワセリン等も考えられます。
右のは1570年創業の加藤翠松堂のもの。「ハウト液」等で有名です。
d0359503_01075900.jpg


左の統制番号「岐298」
d0359503_01080564.jpg


右の「KATO」のエンボス。統制番号なし。
d0359503_01084510.jpg



これらは「ウテナ」の「バニシングクリーム」の陶器瓶。
左端は参考として並べたガラス製。同時に出たものです。
d0359503_01085101.jpg


左下がガラス瓶。ほかは陶器。
右のは「0.1」と数字が入っていますが統制番号と関係があるのかないのか不明です。
d0359503_01085645.jpg




これは「MASTER 尚美堂」のもの。
d0359503_01090008.jpg


d0359503_01090409.jpg




これはかなり「柳屋ポマード」っぽい気がしますが、確証がありません。
以前も出てるので二個目です。
d0359503_01090965.jpg
と、思ったら「モンココ洗顔クリーム」でした。
狐憑き?さんの情報です。(^^ゞ

「岐723」
d0359503_01091588.jpg




これは?
d0359503_01093558.jpg


「岐152」
d0359503_01094003.jpg



こっちは......。
「パピリオ」の陶器瓶で、本体には何もなく、
「P」の文字のラベルが貼ってあるのみのものが存在します。蓋は木製。

それだといいなぁ........。
(いや、底の角の形状が違うしっ!)
d0359503_01094493.jpg
やっぱり違うようです。 ;つД`)






おまけ




狸ですけどなにか!
d0359503_15425270.jpg
(^^;)





S級のハケ 12 に続く。


by hiroibito | 2018-04-01 17:25 | ディギング | Comments(4)

クリーム瓶特集 その10

今回は「パピリオ」と他こまごま。

まず、「パピリオ」から....。
「パピリオ」は1904年創業の伊藤胡蝶園を前身としています。
紆余曲折を経て、実質的には現在は存在しない会社ですが、
「ピアス」が商標権を獲得し、「パピリオ株式会社」として生き続けています。
しかし胡蝶園に始まる「パピリオ」とは歴史的に関係ないようです。

洋画家として有名な、佐野繁次郎氏がロゴデザインを手がけた陶器の瓶です。
全て川で拾ったものですが、蓋が出てきてくれません。(ーー;)

右の二つは同じものですが、「P」のロゴ違いの物が他に存在します。
また、円筒形の物もあるようです。 
d0359503_19543105.jpg



これも「パピリオ」の小瓶
d0359503_19543954.jpg


蓋は金属です。
d0359503_19545040.jpg



メーカー不明。しかし持ってる人多いみたいです。
やっぱりピタッと合う蓋が出てきません。
蓋には「アイボリーポマード」と文字がある画像を確認済です。
d0359503_20032061.jpg

謎の「2」
d0359503_20033313.jpg


「天美」です。大阪の地名の天美と関係があるのかな?

蓋か中蓋か本体か、わけわからない一品。
d0359503_20034119.jpg

d0359503_20034670.jpg

「TENBI TOILET GOOOS」? のエンボス。
なんでこの面に入ってんだ?
(・・?
d0359503_20035340.jpg


これも「天美」
d0359503_20040086.jpg

またまた見えにくいけど「天美」のエンボス。
d0359503_20041627.jpg



次はこれ!


d0359503_20072879.jpg



d0359503_20073439.jpg


底裏に筆記体で「meijo」
詳細は不明です。
d0359503_20074034.jpg


こちらは特に特徴ないけど....。
d0359503_20075705.jpg

「MEIJO HANDO CREAM」
d0359503_20080316.jpg





おまけ....。


どうしても欲しくて、女房殿にゲットしてきてもらった、
ガチャガチャの「キアゲハの終齢幼虫」
50歳とっくに過ぎてるおっさんがやってると怪しいでしょ....。
(女房殿もじゅうぶんおばさんだが....。)

虫の苦手な方、ごめんちゃい!

m(_ _)m
d0359503_20543365.jpg
今見ると.....。

なんで欲しがったんだろ.....。
(。´・ω・)?




では!

by hiroibito | 2017-08-25 18:44 | Comments(6)