人気ブログランキング |

きょうも川が呼んでいる

前記事のあとで二回ほど雨降り後の探索に行ってきました。

成果はいまいちですが いつもコメントやメールで情報を下さるNさんにばったり出会ったりして楽しい時間でしたね~。
( ̄▽ ̄)/


こっちを見て慌てて反転するカワウさん。
d0359503_11083893.jpg


で、とっておくことにしたブツ少々。
d0359503_12400940.jpg



これが一番良かったかな?
このあたりではよく出るタイプのみかん水の瓶ですが、状態が今までで一番きれいです。
d0359503_12410314.jpg

底に大きな気泡があったりします。( ̄▽ ̄).。o○
d0359503_12414181.jpg

うん、キレエキレエ。( ^^)
d0359503_12415049.jpg



これは化粧品じゃなくて時々出るラムネ菓子の瓶かな?
口にスクリューの山がないのは初めてだけど、状態は最低...。(ーー;)
d0359503_12455788.jpg

右は以前拾っていた「シマダラムネ」
d0359503_12451683.jpg


画像借りますたよ~。(''◇'')ゞ ← (誰に言ってる?)
元はこんな感じです。古くはないが新しくもない。
このあたりのガラス瓶入りのラムネ菓子は関西を中心に出回っていたようです。
d0359503_11224350.jpg



これは名も無き白髪染めの瓶。Nさんが見つけてくれました。
d0359503_12422296.jpg



これは「クラブ ホルモンクリーム」でいいのかな?蓋つきです。
d0359503_12453373.jpg


この手の蓋のは初めてです。ありがたや~。\( ̄▽ ̄ )
d0359503_16204161.jpg

これは以前手に入れていたもの。普通はこっちの蓋なんだけど。
d0359503_12445028.jpg



小さな豆皿?豆鉢とでもいった方がよさそうな形。専門的にはなんて言うんでしょうね? (・・?
この図柄はゴムの印判によるものでしょうかね。
d0359503_12425966.jpg


見込みはこんな感じです。
d0359503_12453757.jpg



ちょっとオパールガラスっぽいおはじき。好きなガラスのタイプです。(≧◇≦)キャイッ!
d0359503_12430445.jpg



こっちは珍しい色?の海ボタン。(川だけど)
d0359503_12435454.jpg

電球のこの部分に使われている絶縁部品です。
d0359503_16430076.jpg


普通はこのあたりじゃ圧倒的にこの色なんですけどね~。(以前拾った物)
d0359503_12443826.jpg


ネット上でよく見るのはこの色です。私のはちょっと薄めだけど。(一個しか持ってない)
普通はビーチコーミングで拾われてますね。( ̄ー ̄)
d0359503_12425130.jpg



目が合ったため持ち帰らざるを得なくなったお方...。
神様仏様関係の皆さんは持ち帰ってしまいます。何かいいことないかな~?(ーー;)
d0359503_12454769.jpg


以上!


***************************************************************


おまけ


庭で羽化した空蝉の皆さん。ぱっと目についたのだけでこんなにありました。
うちの周りは野生の王国です。(^^;)
d0359503_12432869.jpg

d0359503_12433768.jpg


じゃっ!(^^)/


by hiroibito | 2019-08-24 16:49 | リバーコーミング | Comments(14)

さて、「無理やりの川じゃけぇ!」の最終回は残りの瓶達をアップします。



このフジツボだらけだった「カゴメ」の瓶は、景色として面白いかと思ったんですが。
d0359503_18344831.jpg
結局全部除去しました。(やっぱりガラスは綺麗な方が好き)
右は無名の佃煮瓶です。
d0359503_18352628.jpg


久々に出た「永久糊」の瓶。
d0359503_18353721.jpg
右の無名瓶とツーショット。素朴できれいです。
d0359503_18354482.jpg


定番の布用染料「みやこ染」エンボスは縦書きバージョン。
d0359503_18362412.jpg


こちらも定番、白髪染めの「るり羽」スクリューキャップのものです。
中栓であるコルクはあえて中に残しました。
d0359503_18362955.jpg
この瓶も細かく分けると様々なバージョンが存在しますね~。
d0359503_18363345.jpg


この瓶は現場写真はありませんが、拾う前はヒビはあるけどこんな状態。
d0359503_18380377.jpg
拾い上げた瞬間、こんな状態に。
d0359503_18290688.jpg
小さくて可愛い瓶なので結局接着しました。(^^;)
d0359503_18380935.jpg
でもやっぱりヒビが気になる.....。(ーー;)
d0359503_18381392.jpg


こんな風に顔を出していた青瓶。ガサガサだろな~と思ってましたが。
d0359503_18403650.jpg
洗ってみると意外に綺麗でした。(*´▽`*) 左の小瓶も首をかしげてかわいいでしょ!
d0359503_18410235.jpg


毎度毎度の大學目薬とロート目薬。この川じゃホントによく出ます。
大体ガサガサだけど.....。(T▽T)
d0359503_18400530.jpg


今回良かったのはこの瓶。
d0359503_18300916.jpg
他に拾った物たちと記念撮影。
d0359503_18323523.jpg
縦にカタカナで「ササキ」のエンボスが入っています。口は切りっぱなし。
この川でたまにラムネ菓子の瓶が出ますが、更に古いタイプではないかと思います。

検索をかけてみると大阪の「株式会社佐々木製菓」が金平糖やチャイナマーブルといった
掛け菓子の製造を昭和4年から始めているのが見つかりました。
ラムネ菓子を扱ったかどうかは不明です。
コンペイトウ瓶と言えば口はスクリューキャップが普通なので、
はたしてこの瓶はラムネ菓子だったのか、それとも金平糖だったのか?
d0359503_18322464.jpg
実は全く関係ない仁丹か何かの瓶だったりして.....。(ーー;)



グーチョキパーの「グー」のエンボスの入ったおはじきと青い豆蹴り。
d0359503_18342998.jpg


そしてコレ。
d0359503_18414558.jpg
少し欠けてるけどほぼ完器の「ペロペロ」\(^o^)/
d0359503_18341572.jpg
ほぼだけど完器は久しぶり~♪
d0359503_18332819.jpg
きゃわいい。
d0359503_18334239.jpg
きれえ。
d0359503_18334724.jpg

d0359503_18340554.jpg
デカペロもいいけど、わたしゃちっちゃいほうが好きです。
d0359503_18341043.jpg


他こまごまと....。
d0359503_18423494.jpg
だれ?
d0359503_18283983.jpg
陶磁器関係。
d0359503_18422958.jpg
こうやると、どっかで見たような。(・ω・)ノ  オーイ!
d0359503_18423980.jpg


ではまた!


ヽ(^。^)ノ


by hiroibito | 2018-10-26 18:44 | リバーコーミング | Comments(6)

いつもの川へ (3)

え~.....。

間違って「いつもの川へ (2)」を (1)と同じ日にアップしちゃいましたが....。
(どーでもいいか)

今回は(3)です。前回のつづき....。(^^;)
d0359503_20495302.jpg




こりゃもう、汚れてても見慣れた人はお判りでしょう....。
d0359503_20515693.jpg

「ロート」の両口式点眼瓶です。
d0359503_20415346.jpg



これは二個目! 前に拾ったものより一回り大きいです。
d0359503_20422473.jpg

「デッカ」の瓶。
検索しても他の方のブログは出てきましたが、その方も不明とのこと....。
d0359503_20425438.jpg



これは?
d0359503_20522676.jpg

この形は、固形ラムネと思われます。

コンペイトウ瓶も一瞬疑いましたが、今まで出た固形ラムネに佇まいが似ています。
d0359503_21415342.jpg


左は瓶好きには有名な、マエダの固形ラムネ、「セルベット」
もちろん買った物ですが....。(^^ゞ
固形ラムネには溶かして飲料として飲むものとラムネ菓子とがあります。
d0359503_21420125.jpg

ちなみにこの川ではこのラムネ菓子タイプが多く?出ます。
大阪ラムネ株式会社の「ハピー」
d0359503_21421321.jpg

d0359503_21422839.jpg


他にはこんなタイプもあります。(右端は今回の物)
左端の仁丹瓶に似たタイプは「SASAKI」のエンボスがありますが、
レトロアツメ 狐憑きさんのブログでも別タイプをとりあげられています。
中央の島田製菓株式会社の物もレトロアツメ 狐憑きさんのところでとりあげられています。
(ここからのリンクの仕方がよくわからない.....。) (ーー;)
d0359503_21423860.jpg


見ての通りのガラスの蓋....。いいですね。
d0359503_21403832.jpg



見ての通りのペロペロか、ままごと系の破片....。残念ですね。
(-ω-;)
d0359503_21411036.jpg



おっ!これは......。
d0359503_20525632.jpg



見ての通りの「ペロペロ」!! \(^o^)/
d0359503_20532609.jpg

ほぼ完品です!
d0359503_21412104.jpg
凸凹に欠けてるように見えますが、
作られたとき型の中にガラスが行き渡らなかったようです。
d0359503_21413035.jpg

あとはごくわずかなニュウと台座がちょこちょこ欠けてるだけ。
これならOKです!(キズ多いけど....。)
d0359503_21413807.jpg
既出のタイプですが、やっぱり「ペロペロ」は嬉しいですねぇ。



では、その(4)へつづく.....。

(*'▽')




by hiroibito | 2017-11-23 20:40 | リバーコーミング | Comments(4)