人気ブログランキング |

S君の海ハケ 2

洗い終わりました。
皆さんが期待するようなものは皆無です。
(T_T)


S君の海ハケ 2_d0359503_20250882.jpg



石蹴りの破片とビー玉とおはじき。
こういったものはS君は持ち帰らないようなのでありがたく頂いて帰りました。
川でもそうだけど石蹴りってホント完品がめったに出ません。
おはじきはここらではよく出る、じゃんけんと数字のエンボスのものです。
S君の海ハケ 2_d0359503_20251977.jpg


この石蹴りも熱で逝っちゃってます。
S君の海ハケ 2_d0359503_20252493.jpg


これも...。しかしこれはこれで味があるんじゃにゃーの?
左はおはじき、右はビー玉。(多分)
S君の海ハケ 2_d0359503_20252973.jpg


バリバリにヒビだらけの哺乳瓶の蓋。
S君の海ハケ 2_d0359503_20253349.jpg


以前拾っていた蓋の無い哺乳瓶があったからちょうど良かった~♪
S君の海ハケ 2_d0359503_20253883.jpg


ゆるゆるじゃねーかよっ!(*´Д`)
S君の海ハケ 2_d0359503_20254321.jpg


小さな化粧瓶?と「資生堂ドルックス」の試供瓶。
S君の海ハケ 2_d0359503_20254728.jpg


角度によってうっすらと文字あとが浮かびます。
(わかるかな~?)
S君の海ハケ 2_d0359503_20255285.jpg


「ドルックス フレーシュボーテ」
いつもなら中身は洗いますが、匂ってみたらまだ変質してないようなので
参考としてこのままにしておきます。(洗った同じ瓶は他にもあるので)
S君の海ハケ 2_d0359503_20255951.jpg


このガラスは好きな色なので持ち帰っちゃいました。完品ならな~。
S君の海ハケ 2_d0359503_20260334.jpg


「みやこ染」二本じゃけど...。
S君の海ハケ 2_d0359503_20260806.jpg


片方は割れてたのでさようならです。
S君の海ハケ 2_d0359503_20261141.jpg


この「クロカミ」、一瞬喜んだんですが。\(≧▽≦)/ ヨッシャーッ
S君の海ハケ 2_d0359503_20261538.jpg



うん....?
S君の海ハケ 2_d0359503_20262475.jpg

コレも熱にやられてる (T T)
S君の海ハケ 2_d0359503_20262067.jpg

普通のアンバー薬瓶ですが。
S君の海ハケ 2_d0359503_20262895.jpg

どこのエンボスマークだろ?
S君の海ハケ 2_d0359503_20263983.jpg

泥落としたら割れてたし。
S君の海ハケ 2_d0359503_20264391.jpg

だいたいコレも変形しとるじゃにゃーきゃあっ! Σ(・ω・ノ)ノ!
S君の海ハケ 2_d0359503_20264913.jpg

強壮剤か何かについてた計量カップでしょうか?小さくてかわいいです。
S君の海ハケ 2_d0359503_20265313.jpg

やっぱりヒビ...。
S君の海ハケ 2_d0359503_20270289.jpg

牛乳瓶かな?
S君の海ハケ 2_d0359503_20271210.jpg

こりゃなんじゃ?
熱で曲がった?それともわけあってこの形なのか?
面白いのでキープです。
S君の海ハケ 2_d0359503_20272442.jpg

年号が平成なので比較的最近落とされた一円玉と、
錆を落としまくって結局なんだかわからなかったメダル。
S君の海ハケ 2_d0359503_20273348.jpg


きょうはここまで。


3に続く。(^-^)

by hiroibito | 2019-01-24 20:28 | ディギング | Comments(0)

「やっぱり川じゃぁ!」の最後はこの瓶から。

たまに出る染料瓶の「家庭染料 京美染」です。
この瓶はエンボス文字がある上に出来が悪くて味があり好きな瓶です。
続々 やっぱり川じゃぁ!_d0359503_23392834.jpg


小さな泡からポツポツと...。← (どっかで聞いたようなフレーズ)
続々 やっぱり川じゃぁ!_d0359503_23393299.jpg



いくつかお嫁に行ってますが残ってるもので記念撮影。
右端が今回の物でやや縦長ですね。
続々 やっぱり川じゃぁ!_d0359503_23393655.jpg



その他いつものようにコマゴマした物たちを。
続々 やっぱり川じゃぁ!_d0359503_23400035.jpg



拾ったのは九割がた首が無い陶磁器製人形。恐い方はごめんなさい。
私から見れば庶民の生活を語る文化遺産です。手に持ってるのは尺八?
続々 やっぱり川じゃぁ!_d0359503_23400556.jpg


袈裟懸けかな?虚無僧かなにかですかね。
続々 やっぱり川じゃぁ!_d0359503_23400978.jpg

よく出るじゃんけんおはじきですが、型押しがずれててグーなのかチョキなのかパーなのか?
続々 やっぱり川じゃぁ!_d0359503_23401342.jpg

ちいちゃな練りガラスのボタン。
続々 やっぱり川じゃぁ!_d0359503_23402730.jpg

拡大
続々 やっぱり川じゃぁ!_d0359503_23401703.jpg

裏面
続々 やっぱり川じゃぁ!_d0359503_23402279.jpg

錆の塊だった貨幣です。ここまで磨いてやっとエンボスがうかびあがりました。
続々 やっぱり川じゃぁ!_d0359503_23403294.jpg

反対側なんてほぼ何が何やら。
続々 やっぱり川じゃぁ!_d0359503_23404410.jpg

材質の半分以上は錆になってたようですね。錆落としをしたらペラペラになっちゃいました。
ここまでして取っておくようなものでもないんですが。(^^;)
続々 やっぱり川じゃぁ!_d0359503_23403893.jpg

大正から昭和初期の「桐1銭青銅貨」です。
続々 やっぱり川じゃぁ!_d0359503_23404905.jpg


最後に今回の完全ボツのみなさん。
続々 やっぱり川じゃぁ!_d0359503_23405567.jpg

「永久糊」ですが口が欠けちゃってます。
続々 やっぱり川じゃぁ!_d0359503_23410036.jpg


続々 やっぱり川じゃぁ!_d0359503_23410757.jpg

擦れすぎてるバイアル瓶。微小貝入れにも使えない。
続々 やっぱり川じゃぁ!_d0359503_23411118.jpg


丸薬や仁丹用のイチヂク瓶は乾燥中にピシッと割れました。(ーー;)
続々 やっぱり川じゃぁ!_d0359503_23411503.jpg


コロンブスの靴クリーム瓶。泥を落としたら初めからヒビが入ってました。
持ってるのと同じので良かった。(*'ω'*)
続々 やっぱり川じゃぁ!_d0359503_23412024.jpg


資生堂「ドルックス」
実に川瓶らしい流れ模様の擦れが入ってしまっています。

続々 やっぱり川じゃぁ!_d0359503_23412491.jpg


パイロットのインク瓶。銀化はきれいですが...。
続々 やっぱり川じゃぁ!_d0359503_23412847.jpg

擦れが汚い。
続々 やっぱり川じゃぁ!_d0359503_23413349.jpg

ブヒッ!
続々 やっぱり川じゃぁ!_d0359503_23414595.jpg
ではまた!

\🐗/



by hiroibito | 2019-01-22 20:05 | リバーコーミング | Comments(4)

ええもん貰った!


ケラダマヒのmaicaさんから、びん便が届きました。

(^ω^)マッテマシタ
ええもん貰った!_d0359503_22201649.jpg


左はお願いしていたものですが右は何だろう。(。´・ω・)? 
何かいっしょに送ってくれると言ってたけど。
ええもん貰った!_d0359503_21551283.jpg


プチプチをほどいてみると....................。   




(;・∀・)なんとっ!!



神薬ーーーーーーーっ!!
ええもん貰った!_d0359503_21552443.jpg



しかも破片しか持ってない八角神薬がっ!! ;つД`)
ええもん貰った!_d0359503_21553062.jpg

エンボス文字はかなり薄めですが、邑田資生堂の物のようです!
ええもん貰った!_d0359503_21553488.jpg


こっちの神薬もいいぞーっ!写真のピントがどこに来てるのかわからないくらいトロットロです。
ええもん貰った!_d0359503_21554393.jpg

かすかに神薬のエンボスがあるんだけどちょっと判読が苦しい。いやぁ、とろけてますねぇ。
ええもん貰った!_d0359503_21554824.jpg


なんとこちらはピンクっぽい金魚のゼリー型! 
金魚のゼリー型はずっと欲しかったんだけどまだ買えてません。掘っても出ないし。

ええもん貰った!_d0359503_21561938.jpg

右から
ええもん貰った!_d0359503_21561015.jpg

左から
ええもん貰った!_d0359503_21560420.jpg

う~ん、かわいい! (●´ω`●)
ええもん貰った!_d0359503_21561447.jpg



もうわかったかな?



実は神薬も金魚もmaicaさん手作りの石鹸です。全て実物から型をとったそうです。

やるなぁ、maicaさん。

\(◎▽◎)/!


そしてこちらがお願いしていたアルス染料。戦前の物でしょうけどなかなかの状態の良さです。
それにしてもシュールなパッケージデザインじゃのう!
ええもん貰った!_d0359503_21564854.jpg

一周してみましょか。
ええもん貰った!_d0359503_21565322.jpg


ええもん貰った!_d0359503_21565794.jpg


ええもん貰った!_d0359503_21570276.jpg

蓋です。
ええもん貰った!_d0359503_21570615.jpg

そして肝心の瓶ですが、これが画像で見ていた印象よりもずっと素敵で可愛いんです!
ええもん貰った!_d0359503_21571144.jpg

ラベルの状態も本当に綺麗だし。
ええもん貰った!_d0359503_21571554.jpg


ええもん貰った!_d0359503_21571970.jpg


ええもん貰った!_d0359503_21572318.jpg

エンボスもいい。
ええもん貰った!_d0359503_21572853.jpg

そしてこのガラス栓が憎いですねぇ。(≧▽≦) 
ええもん貰った!_d0359503_21573295.jpg

普通わたしゃ、化粧瓶や香水瓶、クリーム瓶以外はラベルは無い方がいい。
光を透して輝きを取り戻した姿を見ていたいから。
な~んて思ってるんですがこれは中身の染料の色が生きているためか、
このままですごく綺麗で魅力的なんです。
ラベルの一枚一枚もこだわった形で秀逸ですね。(統一感はないけど)



いや、それにしてもmaicaさん本当に素敵な数々の物をありがとうございました。

神薬石鹸は、神薬瓶を飾っているガラスケースに一緒に並べようと一瞬思ったんですが.....。
夏場だとケースの中はけっこうな温度になるので、変形するとやなので別の場所にとりあえず
大事にしまっておくか冬限定で飾ろうと思いまっす!



ではでは!

(゚∀゚)ノ

by hiroibito | 2018-09-22 00:08 | 頂きもの | Comments(4)

今回は他で見たことない白髪染め。←(違いました)(^^;)


この瓶なんですが........。
また川じゃあっ!(皮膚病薬と白髪染めと染料瓶)_d0359503_22313049.jpg
家?のようなマークと「TRADE MARK HOYUSHOKAI」のエンボス。←(家じゃなかった)
ほぼ朽ちているゴム栓にかすかに残る「朋友」の縦書きの文字。やっぱり白髪染めなんでしょうかね~、朋友だし。←(違うっちゅうに)
名古屋市に本拠を置く1905年(明治38年)創業のホーユー株式会社。白髪染めは1909年(明治42年)発売の「二羽からす」から。現在はビゲンヘアカラー系で有名ですね!
この瓶はホーユーのホームページの製品史にも出てないので短期間だけ販売されたものかなぁ?
(白髪染めじゃないので出てないだけでした)

ドクターKさんからコメントを頂き、この瓶は1954年(昭和29年)から1962年(昭和37年)頃に販売されていた「タムシトリ」もしくは「ホーユー水」という皮膚病用塗り薬の共用瓶だとわかりました。
家のように見えるマークは粉薬を折って包む薬包紙を表しているそうです。この瓶の片面は何もエンボスが無いのでその面にどちらかの製品名の書かれたラベルが貼られていたようです。
朋友商会の前身は水野甘苦堂で創業時から家庭薬も販売しており、朋友商会に改名した1923年(大正12年)から1964年(昭和39年)にも医薬品を販売していたようです。
ドクターKさん、ありがとうございました。m(_ _)m
また川じゃあっ!(皮膚病薬と白髪染めと染料瓶)_d0359503_22311813.jpg

以前拾ったものとツーショット!
また川じゃあっ!(皮膚病薬と白髪染めと染料瓶)_d0359503_22310954.jpg



これは現ホーユーの古い白髪染め「元禄」です。ガサガサなので不燃ごみ行きと思ったんですが、手持ちのを調べてみると裏側に「GENROKU」と入った物は持ってなかったのでとっておくことにしました。ネット上で見慣れたタイプだったので持ってるものとばかり....。手持ちのはしっかり把握しておきたいですねぇ。(記憶力無し)
また川じゃあっ!(皮膚病薬と白髪染めと染料瓶)_d0359503_22304765.jpg


また川じゃあっ!(皮膚病薬と白髪染めと染料瓶)_d0359503_22305751.jpg


次は衣料等の布用染料瓶をひとつ。
以前はまったく出なかったコルク栓の「みや古染」。人様から頂いたり買ったりすると出始めるという典型的な瓶です。始まりはボトルソウドウさんから頂いた二本でした。
ありがたいことに十分集まってきたので、わたしゃ今度は「音羽染」のコルク栓瓶を見つけたい。状態が最悪なのはあるんだけどね~。
また川じゃあっ!(皮膚病薬と白髪染めと染料瓶)_d0359503_22260913.jpg



それじゃまた!


(@^^)/




by hiroibito | 2018-08-31 23:56 | リバーコーミング | Comments(6)

「ご挨拶」

おかげさまを持ちまして、本日ブログ開設1周年を迎えました。
飽きっぽい私がよく続いたもんだと思います。

月並みな挨拶ですがコメントをくださっている皆さんや、
通りすがりに見て下さっている皆さんがいらっしゃる事が、励みになっているのは確かです。
(何事も消極的な割に目立ちたがりという、意味の分からない性格にもよりますが.....。)

これからも飽きない限り.....。いや、皆さんが見てくださっている限り、
また、ネタの続く限り続けて行こうと思いますのでよろしくお願いします。

感謝  

m(_ _)m




今回は「染めます!」
というわけで白髪染め瓶と着物等の染料瓶で行きます!
(撮った順にアップしていたら1周年記念にしては物足りないのが来てしまった.....。)

(ーー;)



では、白髪染めから。

まずは御存知「るり羽」。どこ行っても出ますねーっ!
S級のハケ 16(染めます!)_d0359503_18591288.jpg

この手は三色あります。( ̄▽ ̄)
S級のハケ 16(染めます!)_d0359503_18591719.jpg




続いては「元禄」。こちらも色んなのがあります。
S級のハケ 16(染めます!)_d0359503_18592262.jpg


このスクリュー栓、くもりまくり.....。
ところどころ内側から欠けてるし。((+_+))
S級のハケ 16(染めます!)_d0359503_18593191.jpg


裏側です。右読みで「量定」。
S級のハケ 16(染めます!)_d0359503_18593733.jpg


こちらは、綺麗なアクアカラー。作りはちょっとゆるめ?です。
S級のハケ 16(染めます!)_d0359503_18594358.jpg


泡だらけがいいですなぁ~。(´ω`*) 右読みで「容定」
(あ、錆び汚れが残ってる......。)
S級のハケ 16(染めます!)_d0359503_18594923.jpg


で、こちらはオーソドックスなタイプ。
S級のハケ 16(染めます!)_d0359503_18595401.jpg


右読みで「量定」
S級のハケ 16(染めます!)_d0359503_19000090.jpg


口はこんな感じ。
S級のハケ 16(染めます!)_d0359503_19000606.jpg




これは「テート」。初見でした。( ̄▽ ̄)
検索してみると中北商店チューブ入り白髪染め「テート」というのが出ますが
こちらのタイプは不明です。どなたかのブログ等で見たような気もしますが.....。
S級のハケ 16(染めます!)_d0359503_19002742.jpg
 

S級のハケ 16(染めます!)_d0359503_19003351.jpg


これも右読み。「量定」
S級のハケ 16(染めます!)_d0359503_19003837.jpg



これらはメーカー、製品名等のエンボス文字はありません。
左から全て右読みで「量定」「容定」「容定」です。
S級のハケ 16(染めます!)_d0359503_19004479.jpg




続いては染料瓶です。昔は古くなり色あせた着物等は染め直して大事にしていたようです。


まず、おなじみの「みやこ染」のスクリュー栓の縦エンボスと横エンボス。
拾ったり掘ったりを始めると、勝手にどんどん貯まっていく瓶ですね。
わたしゃ、それでも状態がいいものなら持ち帰ってしまいます。
もう習慣化してしまってます。
S級のハケ 16(染めます!)_d0359503_19005819.jpg




こちらはコルク栓の「みやこ染」
ついこの前までこのタイプが出ない出ないとぼやいてたのは何だったのか.....。
S級のハケ 16(染めます!)_d0359503_19010468.jpg




次は「みづほ染料」の透明瓶。
面白いもので以前はアクア色しか出なかったのに、今度は透明色が続いてます。
S級のハケ 16(染めます!)_d0359503_19011170.jpg




最後は好きな「家庭染料京美染」。何個出ても嬉しい瓶です。
実物は画像よりもアクア色が強めです。
S級のハケ 16(染めます!)_d0359503_19011763.jpg


味わい深い.......。(^^♪
S級のハケ 16(染めます!)_d0359503_19012294.jpg




*************************************


おまけ


これもSハケ産ですが、どこのジャンルに入れたらいいのか?
左のは目盛りがあるので水薬瓶だと思うんだけど.....。
右のはトロトロで詫び錆び系です。(´ω`*)  似た形の二本です。
S級のハケ 16(染めます!)_d0359503_19012888.jpg


右の底裏のエンボス。菱形の中に「NBK」
S級のハケ 16(染めます!)_d0359503_19013357.jpg
その後、素性が判明しました。

狐憑き?さんによると、「日本薬局方 ヒマシ油」のラベルが貼ってあるものがあったそうです。
また、ロンサムチカさんのブログに数回同じNBKのエンボス瓶が登場してますが、
「小宮製薬所の精妙水」という目薬だということです。

当時は瓶の使い回しは当たり前で、ラベルを貼り変えて色々使われたことは十分考えられます。
或いは製瓶メーカーや卸業者が汎用瓶として扱っていたものかもしれません。
なのでヒマシ油と目薬の両方とも存在し、他にも色々と使われていたと思います。




S級のハケ 17へ続きます。

では、また!

( ̄ー ̄)



by hiroibito | 2018-04-07 22:34 | ディギング | Comments(12)

S級のハケ 6(陶磁器)

(。-`ω-) 今回は陶磁器関係を少々......。

コンペーはどうしたっ!コロダインはどーなったっ!!という声が聞こえてきそうですが....。



もったいぶってるだけです。(^^ゞ



では、かまわず続けます。(。-`ω-)

拾ったり掘り出したりした物の場合、完品のように見えても
持ち帰って洗って見ると欠けやニュウが見つかることが多いです。

今回はまずまずでした。


型紙摺り印判の湯呑。(湯呑でいいよね....。)
この技法は主に明治期に出回っていたものです。
食器類は割れない限り使われるのが普通なので、
これらが出たからと言って明治時代のハケというわけではありません。
S級のハケ 6(陶磁器)_d0359503_18001013.jpg
飛び立つツルさんです。
あちこちに色が飛んでしまっている稚拙な作りが生活雑器らしくていいですね。



こちらも型紙印判手。この技法は大好物です。
S級のハケ 6(陶磁器)_d0359503_18001577.jpg
かわいらしい柄です。



これも。
S級のハケ 6(陶磁器)_d0359503_18002224.jpg



こちらも。
S級のハケ 6(陶磁器)_d0359503_18002777.jpg


これって、こちら向きの、ウサギさんの団体でしょうか。
それともおデブのキツネさん? なんにしても可愛すぎる。(^O^)
S級のハケ 6(陶磁器)_d0359503_18003228.jpg



これは備前焼かな? 臍徳利と言われるものです。
窪ませた部分をへそに見立ててこう呼ばれるようで、
ここに大黒様などの福の神があるものは人形徳利と呼ばれます。
S級のハケ 6(陶磁器)_d0359503_18000089.jpg
人形徳利は地元の薬用酒「保命酒」の瓶としても、かつて出回っていたようです。
人形の無いこれはどうだったんでしょうか......。




こちらは銅版転写の印判の徳利です。
銅版転写は明治後期から昭和の戦前まで主に使われていた技法のようです。
S級のハケ 6(陶磁器)_d0359503_18000575.jpg
徳利はあまり趣味じゃないんですが、今回はこのたたずまいに負けました。



これらはお絵かき関係です。
梅皿(パレット)が完品で出たのは良かったですねぇ。
(いまだに私の親は絵手紙書くとき使ってるけど.....。)
S級のハケ 6(陶磁器)_d0359503_18003765.jpg


毎度おなじみの絵具容器です。
二つあるうちの一方は統制番号が入ってますが、なぜか文字がひっくりかえってる気が....。
(^^;)
S級のハケ 6(陶磁器)_d0359503_18004135.jpg


こちらも絵具容器ですが......。
S級のハケ 6(陶磁器)_d0359503_18004649.jpg



すずらん絵具でした! \(^o^)/
これ、欲しかったんです!
S級のハケ 6(陶磁器)_d0359503_18005099.jpg
中央には統制番号「岐184」が見て取れます。




続いて型紙刷り印判のお皿。
S級のハケ 6(陶磁器)_d0359503_18005519.jpg


王道の図柄ですね。
S級のハケ 6(陶磁器)_d0359503_18010018.jpg



これも型紙刷り
S級のハケ 6(陶磁器)_d0359503_18010515.jpg


ぐ~るぐるぐ~るぐる......。
目が回る.....。 \(◎o◎)!
S級のハケ 6(陶磁器)_d0359503_18011025.jpg




他にもこんなのとか.....。
S級のハケ 6(陶磁器)_d0359503_18011805.jpg


S級のハケ 6(陶磁器)_d0359503_18012312.jpg




こんなの。
S級のハケ 6(陶磁器)_d0359503_18012879.jpg


S級のハケ 6(陶磁器)_d0359503_18013462.jpg



これはやたらと出てくる、桜の図柄の盃? 吹墨の技法です。
S級のハケ 6(陶磁器)_d0359503_18013998.jpg




次は軍盃。軍猪口とか軍隊盃、記念盃とか言われるものです。
戦勝記念や凱旋記念に軍のお土産として個人が業者に作らせたもののようです。
ちなみに我が家の母屋(ボロ家?築約百年)を片付けた時にも近所の方の名入りが出てきました。
S級のハケ 6(陶磁器)_d0359503_18014546.jpg
以前はあまり好きじゃなかったんですが、これの特集もいつかやろうかなぁ....。

わたしゃ別に軍国主義者でも何でもないんですが、
戦争物は歴史の一片を語るものとして興味があります。




ヘルメット型、いや鉄兜型というべきか.....。
中央のは飛行機のプロペラ?かな。
ここが飛行機そのものだったり、桜の花の形だったり色々あるようです。
S級のハケ 6(陶磁器)_d0359503_18015027.jpg
(狐憑き?さんからコメントで三つの砲弾であることを教えて頂きました。)
いつもありがとーっ!



S級のハケ 6(陶磁器)_d0359503_18015782.jpg


見込みには旭日旗と桜の花が描かれているようですが、
大体このように剥げたり薄くなってしまっているのが多いです。
所属部隊などの文字もあったはずなんですが....。
S級のハケ 6(陶磁器)_d0359503_18020412.jpg



もう一つは星を挟んで右に縦書きで「満期」左に「記念」
「満期記念」ですね。
S級のハケ 6(陶磁器)_d0359503_18021281.jpg


これも旭日旗と桜の花?
S級のハケ 6(陶磁器)_d0359503_18021934.jpg


右読みで「一四歩」。「歩兵四一連隊」かな? 
これは詳しい人じゃないとわからないですね。小隊とか中隊かもしれないし.....。
S級のハケ 6(陶磁器)_d0359503_18022585.jpg




これはそんなに古くはないと思いますが、集めてるので.....。
清酒の銘柄入りの猪口です。
(買ってまでは集めてないけど。あくまで拾い人.....。)
(ーー;)
S級のハケ 6(陶磁器)_d0359503_18023064.jpg



これもよく出る金属の代用の陶器製のフック。
勝手に集まってくるものですが.....。
S級のハケ 6(陶磁器)_d0359503_18023564.jpg


今回のはちょっと違ってた!
文字が入ってました!!ちょっと見たこと無いです。
S級のハケ 6(陶磁器)_d0359503_18024081.jpg

だからどーした!と言われればそれまでですが......。(^^;)ゞ
S級のハケ 6(陶磁器)_d0359503_18024663.jpg





懲りずに今回のおまけ.......。



挿し木から育てたアセビの木です。漢字で書くと「馬酔木」
有毒なので馬が食べると酔ったようにふらつく.....。といったことでこの名前がついたといいます。
S級のハケ 6(陶磁器)_d0359503_18073268.jpg
初めて花が咲きました。(*^_^*)




では、その7までお待ちください。

m(_ _)m



by hiroibito | 2018-03-20 23:26 | ディギング | Comments(10)

購入品

今回は昨年買った瓶達を紹介します。

(これでこいつらも仕舞うことが出来る.....。)
(^^ゞ




まずはこの瓶。「どりこの」です。この業界?では有名どころ!

詳細は.....。

かってに調べていただくと助かります。(^^;)
購入品_d0359503_21004351.jpg
本当は「どりこの」のエンボス文字の入ったものの方が良かったんですが、
そっちはラベルまでついていたためにちょっとお高く、断念しました....。
(。-`ω-)



パチものも多いと聞いてますが、おそらく本物と信じてます。
(*^_^*)
購入品_d0359503_21010427.jpg




次は桑の葉のための愛情一本!

養蚕活桑器系の瓶です。どういったものかというと.....。


やっぱりかってに調べて頂けると助かりま.....。← (こらっ!)
購入品_d0359503_21015165.jpg
手前の金川式は例の大量に掘り出してしまったやつです.....。他が買ったもの。


この瓶、変な形だなと思ってたんですが、手にしてみると案外小さい瓶で、
この形と相まってなかなか可愛らしい瓶なんです。
(*^^*)
購入品_d0359503_21015852.jpg


こっちも意外に小さくていい感じでした。
購入品_d0359503_21020746.jpg




こちらはヨウモトニックの試供瓶です。これまた可愛い瓶です。
購入品_d0359503_21022859.jpg


右書きで「録登匠意」
購入品_d0359503_21023888.jpg





これらは染料瓶ですね。
購入品_d0359503_21025905.jpg


まずはポピュラーな「マツ染料」
購入品_d0359503_21174863.jpg


そのうち拾えると思ってたんですが、こっちでは全然出てくれないので買っちゃいました。
(ーー;)
購入品_d0359503_21035781.jpg
見慣れた人にはどうでもいいかも知れませんが、このエンボスが好きだったので.....。



これはマツ染料とセットだったためついてきたスクリューキャップの「みやこ染」
(どうせなら蓋もあったら良かった.....。)
購入品_d0359503_21034994.jpg


購入品_d0359503_21033674.jpg



こっちもマツ染料についてきたコルク栓の「みやこ染」
頂きものと自分で見つけたのとを持ってたので、もうよかったんですが
ラベル付きも悪くないかな?
購入品_d0359503_21031775.jpg


購入品_d0359503_21030695.jpg


購入品_d0359503_21032732.jpg


こちらは「松香染」。けっこう曇ってるのが残念です。
購入品_d0359503_21025218.jpg
少しでも曇りを目立たせまいとオイルを塗ったためにホコリが寄ってきてますね....。
(ーー;)



以上、昨年買ったびん達でした!




さあ、とっとと仕舞わなきゃ!ヽ(^。^)ノ







by hiroibito | 2018-01-26 23:17 | 手持ちの瓶 | Comments(12)

いつもの川へ (2)


S君との二度目の出会いの後、日を改めてまたやってきました。
いつもの川へ (2)_d0359503_20483983.jpg


まず、これ....。
いつもの川へ (2)_d0359503_20535621.jpg


これが出たのは久しぶり。大きめの味の素です。
ちなみに左の味の素は、よくあるものよりやや小ぶりです。
いつもの川へ (2)_d0359503_20365066.jpg
オイルを塗って出来るだけ透明に見えるようにしてますが、双方ガサガサです....。
右のは古いので一応とっておきますが、左のは残念ながら.....。(^^;)



右読みで「素の味」
いつもの川へ (2)_d0359503_20370280.jpg

これはたまに出る「カゴメ」の瓶です。前にも書きましたが好きな瓶です。
(本当にカゴメでいいんだろうか....。) (・・?
いつもの川へ (2)_d0359503_20371524.jpg

カゴメのトレードマークの「六芒星」
いつもの川へ (2)_d0359503_20372894.jpg

おっ!たまに出る形のインク瓶!
いつもの川へ (2)_d0359503_20512375.jpg

色もきれいです。状態もまずまず。
いつもの川へ (2)_d0359503_20374967.jpg

「セーラー」です。この形の瓶は、他のメーカーにもあります。
いつもの川へ (2)_d0359503_20375993.jpg

小瓶とバイアル瓶と曇った水薬瓶.....。(状態が悪いのでみんなさよなら)
いつもの川へ (2)_d0359503_20381006.jpg

「みづほ染料」の透明瓶。この色を拾ったのは初めて。
(買ったら同じものを拾ってしまった....。)
いつもの川へ (2)_d0359503_20381911.jpg
ちなみに手持ちの「みづほ染料」を代表してこの四つを参考までに....。
いつもの川へ (2)_d0359503_20383254.jpg

瓶の色違い....。片方はラベル付き。
いつもの川へ (2)_d0359503_20384390.jpg

円筒形の色違い。
いつもの川へ (2)_d0359503_20385352.jpg


続いてはこの瓶........?
いつもの川へ (2)_d0359503_20390236.jpg


ではなくて、これは蓋ですね。最初にこれが出た時は悩みました....。
(^^;)

化粧瓶? なんだこのプラスチックの白いの?
あれ、?口の穴が塞がってる.....。なぜ?
車かバイクのライト関係....?いやいやいや、その場合も配線用の穴がないと....。

などなどと.....。
いつもの川へ (2)_d0359503_22142578.jpg


おなじみ、コロンブスの靴クリーム瓶。
いつもの川へ (2)_d0359503_20391427.jpg


メーカー不明の化粧瓶。
川瓶特有のマーブル状の擦れが入ってます。
いつもの川へ (2)_d0359503_20392562.jpg
やや大きめだし、底が欠けてるので.....。う~~~~~ん.....。

ポイッ!


こちら「資生堂」

これといった特徴もなく、中も曇ってるのでこれまたサヨナラ。
いつもの川へ (2)_d0359503_20393880.jpg

いつもの川へ (2)_d0359503_20394911.jpg


ありゃありゃららら.....。
「びしっ」と、ヒビ入りのレートフード。手持ちもあるんだけど、やっぱり捨てられない....。

いつもの川へ (2)_d0359503_20395982.jpg

いつもの川へ (2)_d0359503_20401460.jpg

いつもの川へ (2)_d0359503_20402109.jpg


「カネボウ」の試供瓶二種。状態悪し.....。
いつもの川へ (2)_d0359503_20403126.jpg


資生堂の「スペシァル」
いつもの川へ (2)_d0359503_20404009.jpg

いつもの川へ (2)_d0359503_20404809.jpg


透明のと摺りガラスのクリーム瓶。
いつもの川へ (2)_d0359503_20410018.jpg


モナの化粧品のふた....。
いつもの川へ (2)_d0359503_20410945.jpg


印判の皿
いつもの川へ (2)_d0359503_20412917.jpg


タイル....。
いつもの川へ (2)_d0359503_20412040.jpg

続く.....。

(・ω・)ノ


by hiroibito | 2017-11-22 22:40 | リバーコーミング | Comments(6)

たまには川へ!

なかなかハケ探しに行けないので、せめて川にでもと思い、行ってきました。

いやぁ~!ここのところクリーム瓶特集ばかりで、
飽きてる人もいるかと思いますので、ちょうどいいかと....。



いつもの川です。干潮2時間前から入れます。
たまには川へ!_d0359503_17554709.jpg



結果はこんな感じ。
たまには川へ!_d0359503_18001211.jpg



まずはこちら。
おっ「コルク栓じゃっ!」
やっぱりコルク栓で小さめのびんは嬉しい。しょっぱなからいい予感.....。
たまには川へ!_d0359503_18041420.jpg


ふむ....。ちっちゃくてかわいいです。
たまには川へ!_d0359503_18072002.jpg

気泡もエンボスも無いけど状態は、まずまず。 (^^)
たまには川へ!_d0359503_18072814.jpg




ん?
たまには川へ!_d0359503_18042638.jpg


また出た.....。「メヌマポマード」でした。
たまには川へ!_d0359503_18082990.jpg

たまには川へ!_d0359503_18083565.jpg





こりゃもうわかりますね。
たまには川へ!_d0359503_18043243.jpg


「モナの葉緑素アストリンゼント」の系統....。
何個この川、捨ててあるんだ? (ーー;)
きりがないのでポイッ!
たまには川へ!_d0359503_18051422.jpg




むっ......。
たまには川へ!_d0359503_18043842.jpg


音羽染め!! コルク栓は初めて見た!!! \(◎o◎)/!
たまには川へ!_d0359503_18064514.jpg


綺麗に、すりガラスになってるのは我慢するとして.....。

割れてる.....。 😭😭
たまには川へ!_d0359503_18065189.jpg




しかしこっちはどうだ!?
たまには川へ!_d0359503_18044443.jpg



よしっ! ちょっと擦れてるけどいいでしょう。
(肩から胴にかけてヒビが入ってるように見えますが、製造時に出来た筋です)
(しかし中に白いのが強力に固まってて、サンポール原液でやっとやっつけた....。手強かった)
たまには川へ!_d0359503_18073510.jpg


う~ん....。検索しても素性がわかんない.....。)
たまには川へ!_d0359503_18074125.jpg




たぶんこのアラバスターは.....。
たまには川へ!_d0359503_18052227.jpg


よくある初期の「オロナイン軟膏」
1953昭和28年に発売されて以来、基本的にはデザインが変わっていません。
「オロナイン軟膏」から「オロナインD軟膏」、
そして現在は「オロナインH軟膏」と変遷しています。
現在はアラバスターガラスではありません。
たまには川へ!_d0359503_18052844.jpg






そんなに古くないけど.....。
たまには川へ!_d0359503_18053669.jpg



鷲のマークの大正製薬。
たまには川へ!_d0359503_18054207.jpg



「TAISHO PHARM.CO.,LTD.」
たまには川へ!_d0359503_18054979.jpg






これまたあまり古くない水薬びん。
たまには川へ!_d0359503_18060952.jpg






またまた、よくある形の「パイロット」のインク瓶。
角が丸く、この形の中では古めでしょうか?
たまには川へ!_d0359503_18061579.jpg



「PILOT MADE IN JAPAN」
たまには川へ!_d0359503_18062276.jpg







今は無き、地元の地酒の販促用猪口。「ちまき」と読みます。
後ろは、粗雑な作りの代用猪口。(ぼけてますね....。)
たまには川へ!_d0359503_18063736.jpg






ま~た、これも出たよ.....。
たまには川へ!_d0359503_18065769.jpg



「ビゲン」の白髪染め。
たまには川へ!_d0359503_18070636.jpg



キズも多いし、ポイッです。「ホーユー」さん、すみません。
たまには川へ!_d0359503_18071293.jpg






資生堂の「スペシァル」
たまには川へ!_d0359503_18074967.jpg



なんか汚れが、しみ込んで落ちない....。
たまには川へ!_d0359503_18075595.jpg







「ジュジュ」です。乳白とアラバスター
たまには川へ!_d0359503_18080576.jpg


「Juju」
たまには川へ!_d0359503_18081342.jpg







「ももの花」もまた出たよ。もうええっちゅねん....。
(捨てるとわかってるのに持って帰って洗う....。悲しい習性.....。)
たまには川へ!_d0359503_18082177.jpg






特に特徴のない方.....。う~ん。ポイッ 
たまには川へ!_d0359503_18084248.jpg







これは好きです。
たまには川へ!_d0359503_18084885.jpg







これもいい。

平尾鉄也商店の「パール煉香油」 ケラダマヒのmaicaさんのブログで判明しました。
ありがとうございまーす!
あちらにはラベル付きの画像がありまっす!\(^o^)
たまには川へ!_d0359503_18085527.jpg



縦に「平尾」右から「分店」 ちょっと角が欠けてますね。
たまには川へ!_d0359503_18090384.jpg
明治38年から大正11年頃まで製造されていたそうです。
(maicaさんの受け売りっ!)





えっと....。
陶器のおろしがねと丸い絵具容器?と、ちっちゃい碍子に、黒い海ボタン(川だけど)
そして50円玉。(良い子は警察に届けましょう。わたしゃ、悪い子)
たまには川へ!_d0359503_18091041.jpg



白ガラスにマーブル模様のでっかいビー玉とおはじきたち。
ビー玉もおはじきも毎回拾います。
ビー玉はガタガタに欠けまくってます。
たまには川へ!_d0359503_18091659.jpg



石蹴りとママゴト系の破片。
最近完品出ないなぁ.....。
たまには川へ!_d0359503_18092289.jpg



たまには川へ!_d0359503_18092953.jpg





タコ?
たまには川へ!_d0359503_18093604.jpg



「ワレワレハ・ウチュウジンダ・チキユウシンリャクニ✇§×ΘШ#*........。」
たまには川へ!_d0359503_18094239.jpg




こびと星から来たそうです.......。
たまには川へ!_d0359503_18094929.jpg






では.......。


(^^;)


by hiroibito | 2017-09-03 20:20 | リバーコーミング | Comments(6)

クリーム瓶特集 その15

その15も、色んなメーカーいきます。



まずは「クラヤ特殊化粧品本舗」の「蜂蜜入りクラヤバニシングクリーム」
「サカエクリーム」とも言います。ほんとはもっとワインっぽい色です。
クリーム瓶特集 その15_d0359503_20201207.jpg


クリーム瓶特集 その15_d0359503_20202041.jpg


う~ん....。色が出ない。(ーー;)
クリーム瓶特集 その15_d0359503_20202691.jpg



次は「丸善化粧品部」
クリーム瓶特集 その15_d0359503_20203304.jpg


「丸善」のエンボス
クリーム瓶特集 その15_d0359503_20204058.jpg



次は丸善化粧品部のカガシ化粧品本舗の瓶。
(ややこしい....。) (ーー;)
クリーム瓶特集 その15_d0359503_20213309.jpg

このマーク、好きですねぇ。
クリーム瓶特集 その15_d0359503_20214034.jpg

「KAGASI」
クリーム瓶特集 その15_d0359503_20214885.jpg



「エイボン」です。
クリーム瓶特集 その15_d0359503_20204835.jpg


「AVON SkinSilk DayCream」
クリーム瓶特集 その15_d0359503_20205770.jpg

正直者にしか見えないエンボス...。 (;^ω^)
「AVON」とあります。
クリーム瓶特集 その15_d0359503_20210486.jpg



次は.....。
クリーム瓶特集 その15_d0359503_20212033.jpg


「パル?」「パール?」「ノビル?」
わかりませんっ💦 ← キッパリ
クリーム瓶特集 その15_d0359503_20212743.jpg



こっちは?
クリーム瓶特集 その15_d0359503_20215558.jpg


「SHIRAHO.KAIMEN.OSHIROI.」
合成界面活性剤の使われた白粉ですかね?
クリーム瓶特集 その15_d0359503_20220272.jpg



これは?
クリーム瓶特集 その15_d0359503_20220940.jpg


「COLONA SAMBIDO」
「クラブ」の中山太陽堂により、1957昭和32年に株式会社「コロナ」が設立されています。
ただ、その「コロナ」かどうかは不明....。
クリーム瓶特集 その15_d0359503_20221676.jpg


「BBB SANBI」
なるほど....。 三つのBで 三B、サンビー、サンビ.....。
う~ん.....。(;^ω^)
クリーム瓶特集 その15_d0359503_20222294.jpg



こんどは?
クリーム瓶特集 その15_d0359503_20222949.jpg


「BEAUTIFIER BY THE GREER」
クリーム瓶特集 その15_d0359503_20223514.jpg

検索しても出てきません.....。(-ω-)
クリーム瓶特集 その15_d0359503_20224253.jpg





おまけ


「ターナー」のポスターカラーかな?
某専門学校時代、この瓶じゃないけどお世話になりました。
そのころ習ったことは......。

まったく関係ない仕事に行った私には.....。(ーー;)
クリーム瓶特集 その15_d0359503_20554762.jpg

では!

(-ω-)/

by hiroibito | 2017-08-30 17:54 | Comments(2)