人気ブログランキング |

 (´Д`)ハァ… やっと洗い終わりました。

長かった...。


とりあえずあまり人気のない瓶から。 ← (また、もったいぶってる)
農薬などの薬品瓶が多いな~、久々にこんなに持ち帰ってしまったぞ。
ガラス栓とセットになるタイプだけにしてたのに。あ~あ.....。( ̄▽ ̄;)
d0359503_18243899.jpg


d0359503_18244317.jpg


この中からちょっとだけ気になるものをとりあげます。

ワインの瓶です。ちょっと古そうなたたずまい。
d0359503_18244861.jpg

口はコルク栓、だよね...。
d0359503_18245486.jpg

ワイン瓶の決め手、底がキックアップになっています。
d0359503_18245870.jpg

いい気泡もはいってますにゃぁ。(=^・^=)
d0359503_18250383.jpg

この二本は小ぶりなサイズが可愛くて持ち帰ったんですが
d0359503_18251584.jpg

洗ってみたら色が綺麗でガラスもとろみがあり味わい深い瓶でした。
d0359503_18251808.jpg

イカリソースの卓上瓶。
こりゃ昭和30年代後半から40年代でしょうかね~?
成果が少ないと思って持ち帰ってしまいますた。(^^;)
いつもなら置いて帰るところです。
d0359503_18253322.jpg

片面はエンボスになってます。ちょっと魅かれるものがあるけど。
(しかし曇ってることもあってゴミ行き)
d0359503_18253766.jpg

殺虫剤の瓶です。この分野はけっこう好き。(*´ω`)~♡
d0359503_18280075.jpg

鷲のマークの大正です。(大正製薬)
d0359503_18280484.jpg

その名も「ワイパア」!! ← (だからどーした)
d0359503_18280900.jpg

トレードマークがかっちょええ!
d0359503_18281337.jpg


ここからは残念だったみなさん。
d0359503_18313085.jpg

清酒のひさご型の瓶です。ほとんどの場合、口は機械栓です。
骨董市などではよく見かける瓶なので買ってませんが、
川でもハケでも出てくるのは割れてるのばかり。
なのでいまだに完器を持ってません。(ーー;)
d0359503_18315099.jpg

????ギンシロップ....?????キンシロップ? (?_?)
d0359503_18315943.jpg

ニッキ水....。(;´・ω・) この手はガラスが薄いからほぼ割れてるな~。
d0359503_18320391.jpg

たて長のペロペロ!
d0359503_18320734.jpg

ではありません (''◇'')ゞ 燭台です。
d0359503_18321151.jpg

しかも割れてる...。

コレ色といい指ではじいた金属音といい、鉛ガラスっぽいんですよね~。
おしいなぁ (T_T)
古い剣先コップにもつながる味があるんだけどな~...。
d0359503_18321543.jpg

今までで一番でっかい、いちぢく浣腸型  オシイ…。(^^;)
しかもエンボス入り「江口?市 謹製」
d0359503_18322050.jpg
仁丹じゃなくて丸薬だろな~。



これも惜しい。ムトウハップの陶器瓶。(磁器かな?)
インスタに黒猫ワカメさんがポストしてるの見て、欲しかったやつなんだけど。
d0359503_18322593.jpg

パーツも足りないから接着しても悲しいだけだろな....。
d0359503_18322963.jpg

ここはなぜか「610 AHP」になってる。 
ワカメさんのはちゃんと「610 HAP」になってるんだけど。← (ムトウハップと読む)
ワカメさんのは統制番号が入ってましたがコレにはありません。
d0359503_18323565.jpg

これ、磁器の油壷なんだけど残りの部分があったんだよな~。
ガラの中を探しておこうとおもってたんだけど。←( 帰って気が付いた)
また探しに行かなきゃ。← (くっつける気満々)
d0359503_18323978.jpg

続く

\(^o^)/




by hiroibito | 2019-03-08 22:36 | ディギング | Comments(8)

フラトール

う~ん......。(ーー;)

洗浄した川出しの瓶の写真撮ってブログにアップしようと思ってましたが、
盆休みに入った途端また川に行ってしまい結局撮影出来てません。
実質三回分の川の記事が貯まってます。(^^;)

とゆーわけで今回つなぎで登場してもらう瓶はこれです。


三共株式会社の悪名高き強力殺鼠剤「フラトール」です。


昭和27年発売開始、モノフルオール酢酸ナトリウムを含有する製剤で効果は絶大!
ネズミからの農業被害を防ぐため使われたようですが強力な為に犬、猫にとっても危険で
特に山村では猟犬が被害にあう事が多かったようです。もちろん人間が誤って摂取したら.....。
致死量はあのサリンを上回っていたようです。
普及員の立ち合いのもとでしか使用できず、特定の地方公共団体、農業協同組合、
農業共済組合、森林組合のみ使用が認められていました。
毒物及び劇物取締法断定の「特定毒物」扱いで登録失効農薬となっており
個人で所持しているだけで罪になります。

箱付きのもの以外は掘り出したものです。もちろん中身はありません。
d0359503_15472874.jpg



瓶の形やエンボスの位置関係など持っている物以外にも微妙なバリエーションがあります。
d0359503_15473337.jpg

d0359503_15473995.jpg




こちらは上のと違って毒のマークがエンボス文字の位置と同じ高さで瓶口も細いものです。
d0359503_15480500.jpg




こちら箱付き。
山中の荒れ果てた廃集落で崩れ落ちた農作業小屋?から救出したもの。
中身は残ってませんでしたが赤い色がうっすらとガラスに残っていました。
ラベルをいったん剥がして洗ったけどそれだけでも危険だったのかも?
d0359503_15481044.jpg

d0359503_15481997.jpg
d0359503_15482420.jpg
d0359503_22063868.jpg



コロンとした小さな可愛らしい瓶に毒のマークが怪しい魅力を放っています。
しかし中身入りを掘り出したらどうしよう....。埋めなおして帰るしかないか。(ーー;)
d0359503_23145412.jpg


次こそ川のネタを行きたいと思います!

(^^;)


by hiroibito | 2018-08-13 00:53 | 手持ちの瓶 | Comments(0)

では! (^^ゞ

とりあえずSハケから出た、でっかい瓶の紹介から。
(いや、でかいのは見たい人そんなにいないし......。)


すみません。順番は例によって片づけの都合だけです。

m(_ _)m



まずは大日本麦酒関係です。
茶色いのはビールだと思いますが、グリーン系はシトロン系かもしれません。
この会社のは、やたらとお目にかかるんですが種類もやたらとあるので
持ってなさそうなのはとりあえず持って帰り.....。
で、この会社の瓶がどんどん増殖してしまいます。
d0359503_17482189.jpg
同じ瓶でも一本一本個性があるから、違う瓶扱いにすることもあるし.....。
いつかまとめておさらばせざるを得ない日が来ると思います。その日までは.....。




こっちは「カブトビール」
愛知県半田市にある赤煉瓦建物(旧カブトビール工場)にて
1898年(明治31年)に丸三麦酒によって「加武登麦酒」の銘で誕生し、
1943(昭和18年)まで製造されたビールの瓶です。
d0359503_17483583.jpg
この会社の瓶は、わたしゃ初めてです。(^^ゞ

「KABUTO BEER」のエンボス文字。
d0359503_17484213.jpg

○の中にKのマークを挟んで「TRADE MARK」のエンボス。
d0359503_17484807.jpg




古い「トリス」の瓶と、「赤玉ポートワイン」(現在は赤玉スイートワイン)の瓶。
d0359503_17485831.jpg
「赤玉ポートワイン」の瓶は以前アップしたものと同じタイプですが、一回り大きなものです。
(首をちょっとかしげていらっしゃいます.......。)
(^^;)



「Torys」
d0359503_17493569.jpg



トリスには「KOTOBUKIYA LIMITED」の文字、
赤玉にはキックアップした底に「AKADAMA PORTWINE」の文字。
d0359503_17494241.jpg



次は?

「養命酒」と「大黒葡萄酒株式会社」の瓶
d0359503_17495056.jpg


文字は右からの読みです。「酒命養」
肩にトレードマークである「飛龍」のエンボスがある物も出ましたが
大きなヒビが入っていたため持ち帰りませんでした。
d0359503_17495707.jpg




「大黒葡萄酒株式会社」は後に「オーシャン」となります。
d0359503_17500884.jpg


d0359503_17501646.jpg
「大黒葡萄酒」はあくまで会社名なので、葡萄酒とは限らないけど何の瓶だか?、






左からニッカのアップルジュースと、よくあるエンボス入りのジュース瓶。
そしてなぜか持ち帰ってしまった「ミリンダ」。
d0359503_17502805.jpg



「Nikka」のエンボスです。

ウィスキーで有名な会社ですが創業当初はアップルジュースからスタートしています。
「ニッカウヰスキー」の前身、「大日本果汁株式会社」は
ウィスキーが熟成し販売できるようになるまで、
1934年(昭和9年)からリンゴジュースを作り始めています。
翌1935年(昭和10年)からニッカ林檎汁(アップルジュース)の販売を開始しています。
d0359503_17503777.jpg


こちらは「ペアリース」......。と読むのかな? (・・?
d0359503_17504498.jpg





今度は左から「朝潮サイダー」と「三ツ矢サイダー」二本。
d0359503_17505429.jpg


わかりやすいエンボス文字ですが、この瓶をお持ちの方でも
なかなかこの会社については謎なようです。
d0359503_17510270.jpg



三ツ矢のこの手の瓶はたまに出ますが、
底のエンボスは微妙に違うパターンが何種かあるのは有名ですね。
d0359503_17510955.jpg
三ツ矢の文字が右回りだったり左回りだったり、
矢羽のエンボスが凸だったり凹だったりとか.............。今回は両方同じでした。





ソース瓶三本......。

左の三ツ矢ソースは既出のものと違って上下のアルファベットが
カーブしていてかなりかっちょいいんですが.....。
d0359503_17511650.jpg

ざ~んねんじゃ......。
d0359503_17512306.jpg

無念じゃ..................。 (T T)
d0359503_17513146.jpg



これは時々、市やお店で、見かける大正製薬の「アテミス」
中にコルク栓が残ってます。つついて壊して取り出してもいいんですが、
コルクとスクリューキャップの併用瓶であることの資料として残してます。

使ってた人が蓋なくして、その辺にあったコルク栓をはめてただけだったりして.....。
(ーー;)
d0359503_17513605.jpg
気になるけど、でかいのでいつも買わなかったんですが、出てくれてよかったです。
二本出たうちの一本は割れてました。一本は完品で良かった。



こちらもなかなかに、いかつい瓶です。洗い方が雑なのは......。
d0359503_17514395.jpg

「TENYOSYA」
d0359503_17515022.jpg

「KYUDAISOL」
d0359503_17515766.jpg

洗ったら勝手に割れちゃいました。(゚Д゚;)
なので、でかいこともありサヨナラする予定です。
d0359503_17520492.jpg

しかし以前購入した「ブルトーゼ」によく似てるなぁ......。
d0359503_17521254.jpg




次は殺虫剤!「フマキラー」と.........。
「ピレトール」.....? 知らない名前......。
d0359503_17521794.jpg

おなじみ、專賣特許「フマキラー」
d0359503_17522323.jpg

この瓶も微妙なバリエーション違いが何種かあるようです。
d0359503_17522705.jpg



そしてこっちが右読みで
「害無畜人 ルートレピ」
d0359503_17523367.jpg

「許特賣專 ツメンセ」
ツメンセ→センメツ→殲滅.....。古い殺虫剤にはこの殲滅の文字があるのを見かけます。
ちょっと、過激......。
d0359503_17523803.jpg

「社會資合薬製國中」
d0359503_17524447.jpg





そして最後に!

ちょっと小ぶりな農薬瓶っぽいの。見かけないサイズなので参考に持って帰りました。
d0359503_17524817.jpg




帰ってから泥を洗い流してみると.....。




「えっ!」




d0359503_17525327.jpg





おおおおおおおおおおおーーーーーーーーっ!!


お宝でした!
(*^^*)
d0359503_17530111.jpg

(。´・ω・)? ところで何が入ってたんでしょね?



では! その4までしばらくかかります.......。

<(_ _)>


by hiroibito | 2018-03-04 21:26 | ディギング | Comments(5)

あけました....。

新年あけましたっ!!



\(^o^)/





閉めました........。 (-`ω-)ん?

..................................。

じゃなくって.......。(^^;)


時々あほなことや、毒をはきながら? じっくり、まったり、ジタバタとやっていきますので

今年も皆さんよろしくお願いします。

<(_ _)>



d0359503_23145412.jpg
強力殺鼠剤「フラトール」 家から5分のハケにて。




では。次の記事で!


(なかなか次の記事がアップできなかったりして....。) (^^;)




by hiroibito | 2018-01-01 00:10 | Comments(12)

ちょこっと寄り道...。


少し前に市内の懐かし系のお店に、女房殿と行ってきました。

店の周りではマーケットも同時開催していましたが、買いたいガラス瓶は見当たらず....。
代わりに前から目をつけていたガラスケースを購入し、後日引き取りということで店をあとに。



さて、まだ午前中です。このまま帰るにはちと早い....。(^^ )



ちょっと寄り道してみるかぁっ!
(隣の県まで行って、ちょっともくそもないが.....。)
d0359503_22492276.jpg




事前に調べてた限界集落の、裏からの進入ルート.....。
(調べとるやないかっ!) \(>◇< )

ここから歩きです。
d0359503_22494145.jpg






あ..............。

車にカメラ置いてきた....。← (またかよ)








なので、いきなり収穫品.....。

竹藪を中心に全て表面採集です。
d0359503_22500686.jpg
あ~あ.......。集めるの止めたはずの瓶、またいくつか拾ってる.....。
(ーー;)







洗いました! ← (展開早すぎ...。)

ここから先、出てこないものは結局ゴミの日行きです。
(^^;)





フマキラーの殺虫剤の瓶です。
d0359503_22434401.jpg


右読みで「許特賣専」「-ラキマフ」
d0359503_22435557.jpg

「舗本賣發」「堂春回下大」
この二つの文字が無いものは持ってましたが、やっと拾えました。
ネット上ではよく見かけるんですが、やっとです。
d0359503_22440318.jpg

「300c.c.」
このあたり、かなりガラスがとろとろしてます。
d0359503_22441145.jpg





次は、三ツ矢ソースです。既出のものよりも一回り大きい瓶です。
瓶自体は小さい方がいいんですけど、でかいエンボスは好きですねぇ。
\(^o^)/
d0359503_22441947.jpg
写真は色が出てなかったため、色調整しましたが、
なんかやりすぎた感じ。緑色を強くしすぎました。
瓶自体の色はこんな感じなんだけど、背景まで......。(^^;)


三ツ矢のエンボスと「TRADE MARK」の文字
d0359503_22442439.jpg


「T.N & COMPANY」
d0359503_22443173.jpg






少し古めの水薬瓶。
d0359503_22444488.jpg






これは何が入ってたんでしょね? 
ポツリと気泡はありますが、かなりピシッとした作りです。
d0359503_22445620.jpg






こちらは「ハウス」のエンボスがある調味料瓶。
肩にうっすらとエンボスが入ってます。
d0359503_22450357.jpg






資生堂の「スペシァル」......。
これ、手放したりまた拾ったりを繰り返してます。
きりがないので拾わないようにしてたんですが.....。ダメだなぁ。
d0359503_22451051.jpg





なにやら文字が書いてある御猪口。
d0359503_22451869.jpg

ほうきと熊手?この絵柄が好きなのでお持ち帰りしました。
d0359503_22452663.jpg





印判のお皿。
d0359503_22454047.jpg






ランプの油壺。これけっこうお気に入り。😆
d0359503_22455871.jpg





ではまた!

ヾ(・▽・)

by hiroibito | 2017-12-12 22:18 | ディギング | Comments(9)

音羽染出ず....。

前に「音羽染」の瓶が出たハケへと行ってきました。
また出るかなぁ~! (^^♪
d0359503_22140624.jpg


見落としていたビン塚発見!しかし案の定いいのはありません。
d0359503_22141331.jpg


よって、本ハケへ。
d0359503_22142271.jpg


結果、「音羽染」出ず....。
まっいいかぁ。それなりのものは出たし....。
d0359503_22143340.jpg


洗いました。

左から「養命酒」と不明瓶二本、それと「グリコ」の牛乳瓶。
d0359503_22155878.jpg


すでに持ってるし、時代も若めだけどまた持って帰りました。
このエンボスが、かっこよすぎる!(^^
ちなみにこのびんはナーリングのあるものと無いもの両方存在します。
持って帰ったのはもちろん、無いもの。
d0359503_22160588.jpg


茶色の不明瓶?の裏。どう見ていいのかわからないエンボス。
時々見かける瓶です。
d0359503_22161492.jpg


グリーンの不明瓶のエンボス。こちらも時々見かけます。
NO DEPOSIT☆NO RETURN
d0359503_22162664.jpg


NOT TO BE REFILLED
d0359503_22163502.jpg


底はエンボスが甘く、読めない.....。
ナーリングのような凸凹があるけど、
側面のデザインに合わせたものと思います。
d0359503_22164408.jpg


新しめの「フマキラー」と「グリコ」牛乳。
この「フマキラー」何本目だ?
微妙にプリントが違うものがあり、結果何本にもなってしまった....。
持って帰ってみたら、すでに持っている物だったので、
状態のいい方をキープ。ちなみに「グリコ」も持っているものでした....。
d0359503_22165748.jpg


正体不明の瓶二本と味の素、みやこ染
d0359503_22170875.jpg


一本目、意匠登録ナンバーみたいですね。
d0359503_22171634.jpg


二本目、○の中に大の文字。
d0359503_22172667.jpg


ハリウッド化粧品二本。双方オーキッドシリーズかなぁ。
左の瓶は同型で色違いの瓶がありますが、その色違いの瓶とこの瓶の
どちらかが「オーキッドスピリットローション」だと思います。右は不明。
d0359503_22173529.jpg


透かして見ると.....。
d0359503_22175985.jpg



こちらのふたは本来金色です。
あまりに汚いので、ハイターに浸けてたら
あ~ら不思議。銀色になりましたァ。って.....。
d0359503_22181796.jpg


加美乃素の液体ポマード「ポマド-ル」男性用
同デザインでアラバスターのもありますがそちらは女性用のようです。
d0359503_22183528.jpg


d0359503_22184557.jpg


クリーム瓶4本。左から二本目はカネボウ
d0359503_22190120.jpg


これはスクリュー蓋だけど、コルクの中ふたが残ってました。
d0359503_22191992.jpg

左のは底に桃とトンボのエンボスが.....。
無い。(ーー;)

まっ、この形は桃谷順天館で間違いないでしょう!

右はエンボスなし。ずっしりとして存在感あります。たしか二本目!
d0359503_22191155.jpg
この二本が一番良かったかな?

ではまた!



by hiroibito | 2017-06-20 23:12 | ディギング | Comments(4)