人気ブログランキング |

川行ったんじゃけど...。

山に通ってたら今度は川が気になるので行ってきました。


しかしいっつも同じような絵柄じゃのぅ...。
d0359503_20350003.jpg

うん、川底は出てるな。(たまに潮を読み違えて入れない時があります)
d0359503_20350485.jpg

で、拾いました。(途中はカット)
d0359503_20035177.jpg
持ち帰ったけど今回は、はっきり言ってほぼゴミだな。(ーー;)



とりあえず白髪染めの「元禄」。中にコルクの中栓が残ってます。
d0359503_17590663.jpg

右読みで「量定」
d0359503_17591366.jpg

これは化粧品の「パピリオ」だけど二個目だし傷が多いからポイッ!の予定。
d0359503_17595049.jpg

サイドにはエンボス文字がいっぱい。これがなけりゃただの瓶。
d0359503_17595638.jpg

化粧品の試供品。これもいらん...。
d0359503_18000578.jpg

香水だろうけど口が欠けてるし見事にガサガサ、う~ん、どうしよう...。
d0359503_18001544.jpg

この二つはとっておこうかな。
ロートの両口式点眼目薬瓶とイチヂク浣腸型の丸薬か仁丹瓶。
d0359503_18004469.jpg

ん?
d0359503_18005037.jpg

フニャって...。火にくべられたか。(^^;)
d0359503_18014782.jpg


この温泉の素は川瓶ならではのマーブル模様のすりキズが入ってます。
海で拾ったものも同じようになってることがありますが、
それにしてもどうやったらこんなになるのか?
d0359503_18020492.jpg

サイドのエンボスもマーブル模様のせいで読みにくい。
「草津温泉湯の素」
d0359503_18021969.jpg

滑車等の「プーリーオイル」ですね。こう写すと分かりにくいですがキズが多いのでこれもボツ。
d0359503_18025276.jpg

なんじゃこりゃ?持って帰ってはみたけど (・・?
d0359503_18041203.jpg

他コマゴマしたもの。やっぱりゴミかなぁ。
d0359503_18241319.jpg



おまけ



こちら強そうな方を川からお連れしました。
d0359503_18242709.jpg

なかなかに凛々しいお顔...。
d0359503_18243546.jpg

しんじ君です! ← (おいっ!)
d0359503_18244312.jpg

ではまた!

スベッタ…。(ーー;)


by hiroibito | 2019-03-16 20:27 | リバーコーミング | Comments(0)

S君の海ハケ 2

洗い終わりました。
皆さんが期待するようなものは皆無です。
(T_T)


d0359503_20250882.jpg



石蹴りの破片とビー玉とおはじき。
こういったものはS君は持ち帰らないようなのでありがたく頂いて帰りました。
川でもそうだけど石蹴りってホント完品がめったに出ません。
おはじきはここらではよく出る、じゃんけんと数字のエンボスのものです。
d0359503_20251977.jpg


この石蹴りも熱で逝っちゃってます。
d0359503_20252493.jpg


これも...。しかしこれはこれで味があるんじゃにゃーの?
左はおはじき、右はビー玉。(多分)
d0359503_20252973.jpg


バリバリにヒビだらけの哺乳瓶の蓋。
d0359503_20253349.jpg


以前拾っていた蓋の無い哺乳瓶があったからちょうど良かった~♪
d0359503_20253883.jpg


ゆるゆるじゃねーかよっ!(*´Д`)
d0359503_20254321.jpg


小さな化粧瓶?と「資生堂ドルックス」の試供瓶。
d0359503_20254728.jpg


角度によってうっすらと文字あとが浮かびます。
(わかるかな~?)
d0359503_20255285.jpg


「ドルックス フレーシュボーテ」
いつもなら中身は洗いますが、匂ってみたらまだ変質してないようなので
参考としてこのままにしておきます。(洗った同じ瓶は他にもあるので)
d0359503_20255951.jpg


このガラスは好きな色なので持ち帰っちゃいました。完品ならな~。
d0359503_20260334.jpg


「みやこ染」二本じゃけど...。
d0359503_20260806.jpg


片方は割れてたのでさようならです。
d0359503_20261141.jpg


この「クロカミ」、一瞬喜んだんですが。\(≧▽≦)/ ヨッシャーッ
d0359503_20261538.jpg



うん....?
d0359503_20262475.jpg

コレも熱にやられてる (T T)
d0359503_20262067.jpg

普通のアンバー薬瓶ですが。
d0359503_20262895.jpg

どこのエンボスマークだろ?
d0359503_20263983.jpg

泥落としたら割れてたし。
d0359503_20264391.jpg

だいたいコレも変形しとるじゃにゃーきゃあっ! Σ(・ω・ノ)ノ!
d0359503_20264913.jpg

強壮剤か何かについてた計量カップでしょうか?小さくてかわいいです。
d0359503_20265313.jpg

やっぱりヒビ...。
d0359503_20270289.jpg

牛乳瓶かな?
d0359503_20271210.jpg

こりゃなんじゃ?
熱で曲がった?それともわけあってこの形なのか?
面白いのでキープです。
d0359503_20272442.jpg

年号が平成なので比較的最近落とされた一円玉と、
錆を落としまくって結局なんだかわからなかったメダル。
d0359503_20273348.jpg


きょうはここまで。


3に続く。(^-^)

by hiroibito | 2019-01-24 20:28 | ディギング | Comments(0)

さて、今回はインク瓶から。


これ、綺麗な色してます。お気に入り~♬
d0359503_22321730.jpg


「S S S」と言えばサンエスインキですね。
d0359503_22322211.jpg


しかしなんで欠けてんだよ......。(ーー;)
d0359503_22322670.jpg



こちらは小さくて角形、かわいい瓶です。メーカーは不明。
d0359503_22323154.jpg



d0359503_22323576.jpg




お次は白髪染め。と言ってもいつものばかり。

まず「元禄です。」
d0359503_22323948.jpg


裏側
d0359503_22324381.jpg



これまたいつもの「ビゲン」
d0359503_22324766.jpg


「Hoyu」のエンボス。
d0359503_22325293.jpg


少し銀化してます。
d0359503_22325989.jpg


こっちは「パオン」
d0359503_22330723.jpg


「PAON」のエンボス
d0359503_22331257.jpg


蓋には「SOFT」の文字。
d0359503_22331504.jpg



そしてこの川の常連「味の素」のバチ瓶
d0359503_22332015.jpg


「AJINOMOTO」のエンボス。
d0359503_22332420.jpg


今回はこれだけ!ちょっと物足りない。次回は何かな?

(・ω・)ノ

by hiroibito | 2018-11-19 23:52 | リバーコーミング | Comments(2)

今回は他で見たことない白髪染め。←(違いました)(^^;)


この瓶なんですが........。
d0359503_22313049.jpg
家?のようなマークと「TRADE MARK HOYUSHOKAI」のエンボス。←(家じゃなかった)
ほぼ朽ちているゴム栓にかすかに残る「朋友」の縦書きの文字。やっぱり白髪染めなんでしょうかね~、朋友だし。←(違うっちゅうに)
名古屋市に本拠を置く1905年(明治38年)創業のホーユー株式会社。白髪染めは1909年(明治42年)発売の「二羽からす」から。現在はビゲンヘアカラー系で有名ですね!
この瓶はホーユーのホームページの製品史にも出てないので短期間だけ販売されたものかなぁ?
(白髪染めじゃないので出てないだけでした)

ドクターKさんからコメントを頂き、この瓶は1954年(昭和29年)から1962年(昭和37年)頃に販売されていた「タムシトリ」もしくは「ホーユー水」という皮膚病用塗り薬の共用瓶だとわかりました。
家のように見えるマークは粉薬を折って包む薬包紙を表しているそうです。この瓶の片面は何もエンボスが無いのでその面にどちらかの製品名の書かれたラベルが貼られていたようです。
朋友商会の前身は水野甘苦堂で創業時から家庭薬も販売しており、朋友商会に改名した1923年(大正12年)から1964年(昭和39年)にも医薬品を販売していたようです。
ドクターKさん、ありがとうございました。m(_ _)m
d0359503_22311813.jpg

以前拾ったものとツーショット!
d0359503_22310954.jpg



これは現ホーユーの古い白髪染め「元禄」です。ガサガサなので不燃ごみ行きと思ったんですが、手持ちのを調べてみると裏側に「GENROKU」と入った物は持ってなかったのでとっておくことにしました。ネット上で見慣れたタイプだったので持ってるものとばかり....。手持ちのはしっかり把握しておきたいですねぇ。(記憶力無し)
d0359503_22304765.jpg


d0359503_22305751.jpg


次は衣料等の布用染料瓶をひとつ。
以前はまったく出なかったコルク栓の「みや古染」。人様から頂いたり買ったりすると出始めるという典型的な瓶です。始まりはボトルソウドウさんから頂いた二本でした。
ありがたいことに十分集まってきたので、わたしゃ今度は「音羽染」のコルク栓瓶を見つけたい。状態が最悪なのはあるんだけどね~。
d0359503_22260913.jpg



それじゃまた!


(@^^)/




by hiroibito | 2018-08-31 23:56 | リバーコーミング | Comments(6)

ナ~イスっ!!

便乗ネタは続く~よ~~、ど~こま~でぇ~も~🎵  
(^○^)~🎶

今回はレトロびんでは有名な白髪染めです。

丹平商會の「志らが赤毛染 ナイス」
山の集落跡のハケからセットで出たものです。
d0359503_21440145.jpg
超僻地の山の中なんですがホントに全国隅々まで行き渡っているびんってありますねぇ。


双方とも同じエンボス文字が入ってます。裏面には何もなく、ラベルを貼る面になっています。
d0359503_21441006.jpg


二液を混ぜて使用する甲液と乙液のびんです。
(瑠璃瓶が甲、透明が乙)
d0359503_21440634.jpg


底には「TM」のエンボス文字。
d0359503_21441513.jpg
いや~、瑠璃瓶は無条件でお宝扱いです。
しかも甲乙セットで出て、この時はひとりでお祭りでした。
(ひとり人......。)


***************************


おまけ


5月のある日、女房殿と山野草の花を求めて山の中へ。
d0359503_22314677.jpg


「ヤマブキソウ」
本州、四国、九州に自生する多年草です。
山野草の中では花が大きく見ごたえがある貴重な花です。
d0359503_22320878.jpg


こちらは「ラショウモンカズラ」
これも本州、四国、九州に自生する多年草です。
珍しい花ではありませんが、ある程度行くところに行かないと見れません。
渡辺の綱が羅生門で切り落とした鬼の腕に見立ててこの名前がついたそうですが
ちょっとこの花にとって気の毒な気がします。
d0359503_22321776.jpg
あ、画像がぼけてる。適当に撮ったので手振れと老眼でピントがあま~いっ!💦

他にも色々あったんですが、鑑賞に堪えられない写真ばかりなのでちょっと。
(;・∀・)



ちなみにこの下にヘビさんの画像があったんですが、
やはり怖い方がいらっしゃるようなので削除しました。

(^^;)

ではまた! ((✋))

by hiroibito | 2018-06-27 23:56 | 手持ちの瓶 | Comments(4)

「ご挨拶」

おかげさまを持ちまして、本日ブログ開設1周年を迎えました。
飽きっぽい私がよく続いたもんだと思います。

月並みな挨拶ですがコメントをくださっている皆さんや、
通りすがりに見て下さっている皆さんがいらっしゃる事が、励みになっているのは確かです。
(何事も消極的な割に目立ちたがりという、意味の分からない性格にもよりますが.....。)

これからも飽きない限り.....。いや、皆さんが見てくださっている限り、
また、ネタの続く限り続けて行こうと思いますのでよろしくお願いします。

感謝  

m(_ _)m




今回は「染めます!」
というわけで白髪染め瓶と着物等の染料瓶で行きます!
(撮った順にアップしていたら1周年記念にしては物足りないのが来てしまった.....。)

(ーー;)



では、白髪染めから。

まずは御存知「るり羽」。どこ行っても出ますねーっ!
d0359503_18591288.jpg

この手は三色あります。( ̄▽ ̄)
d0359503_18591719.jpg




続いては「元禄」。こちらも色んなのがあります。
d0359503_18592262.jpg


このスクリュー栓、くもりまくり.....。
ところどころ内側から欠けてるし。((+_+))
d0359503_18593191.jpg


裏側です。右読みで「量定」。
d0359503_18593733.jpg


こちらは、綺麗なアクアカラー。作りはちょっとゆるめ?です。
d0359503_18594358.jpg


泡だらけがいいですなぁ~。(´ω`*) 右読みで「容定」
(あ、錆び汚れが残ってる......。)
d0359503_18594923.jpg


で、こちらはオーソドックスなタイプ。
d0359503_18595401.jpg


右読みで「量定」
d0359503_19000090.jpg


口はこんな感じ。
d0359503_19000606.jpg




これは「テート」。初見でした。( ̄▽ ̄)
検索してみると中北商店チューブ入り白髪染め「テート」というのが出ますが
こちらのタイプは不明です。どなたかのブログ等で見たような気もしますが.....。
d0359503_19002742.jpg
 

d0359503_19003351.jpg


これも右読み。「量定」
d0359503_19003837.jpg



これらはメーカー、製品名等のエンボス文字はありません。
左から全て右読みで「量定」「容定」「容定」です。
d0359503_19004479.jpg




続いては染料瓶です。昔は古くなり色あせた着物等は染め直して大事にしていたようです。


まず、おなじみの「みやこ染」のスクリュー栓の縦エンボスと横エンボス。
拾ったり掘ったりを始めると、勝手にどんどん貯まっていく瓶ですね。
わたしゃ、それでも状態がいいものなら持ち帰ってしまいます。
もう習慣化してしまってます。
d0359503_19005819.jpg




こちらはコルク栓の「みやこ染」
ついこの前までこのタイプが出ない出ないとぼやいてたのは何だったのか.....。
d0359503_19010468.jpg




次は「みづほ染料」の透明瓶。
面白いもので以前はアクア色しか出なかったのに、今度は透明色が続いてます。
d0359503_19011170.jpg




最後は好きな「家庭染料京美染」。何個出ても嬉しい瓶です。
実物は画像よりもアクア色が強めです。
d0359503_19011763.jpg


味わい深い.......。(^^♪
d0359503_19012294.jpg




*************************************


おまけ


これもSハケ産ですが、どこのジャンルに入れたらいいのか?
左のは目盛りがあるので水薬瓶だと思うんだけど.....。
右のはトロトロで詫び錆び系です。(´ω`*)  似た形の二本です。
d0359503_19012888.jpg


右の底裏のエンボス。菱形の中に「NBK」
d0359503_19013357.jpg
その後、素性が判明しました。

狐憑き?さんによると、「日本薬局方 ヒマシ油」のラベルが貼ってあるものがあったそうです。
また、ロンサムチカさんのブログに数回同じNBKのエンボス瓶が登場してますが、
「小宮製薬所の精妙水」という目薬だということです。

当時は瓶の使い回しは当たり前で、ラベルを貼り変えて色々使われたことは十分考えられます。
或いは製瓶メーカーや卸業者が汎用瓶として扱っていたものかもしれません。
なのでヒマシ油と目薬の両方とも存在し、他にも色々と使われていたと思います。




S級のハケ 17へ続きます。

では、また!

( ̄ー ̄)



by hiroibito | 2018-04-07 22:34 | ディギング | Comments(12)

「ビーマン」

今回も手持ちの瓶をアップです。
お手軽に一種類だけ......。(^0^;)



白髪染めの「ビーマン」です。
ビーマン研究所から販売されていたものです。


d0359503_22540971.jpg
スクリュー蓋の口のは川で拾ったものです。
その後コルク栓のを拾いましたが、確かハケからだったと思います
どこのハケかも忘れましたが.....。
(やっぱり記憶力悪い)(ーー;)

双方とも状態は良くお気に入りの瓶たちです。

!(^^)!


by hiroibito | 2017-11-16 22:28 | Comments(2)

白髪染めじゃあ!

きょうはネタがないため、白髪染めの日。
特に理由は無いんですが、部屋の中がとんでもない状態になっており、
少しでもスッキリさせるため、びんや古民具を取り捨て選択中なので、
選択が終わったものからアップすれば、一石二鳥。
整理するうえでも、都合がいいだけだったりします。(^^ゞ

白髪染めなので、似たようなびんばかりですが、お付き合いください。


まずは、やたらと出るこちらのシリーズ....。
ご存じホーユーの「ビゲン」!
その1
d0359503_21572234.jpg
ふたのロゴはこう。
d0359503_21575982.jpg
底のロゴ。微妙に違うツーパターン。
d0359503_21582078.jpg
ラベル付きは中身入り。
d0359503_21573492.jpg
その2
ふたがベージュ色のタイプ。
d0359503_21584093.jpg
d0359503_21584827.jpg
底のロゴは手描き?風。
d0359503_21585539.jpg

その3
ふたのロゴが違うタイプ。
d0359503_21592292.jpg
d0359503_21593326.jpg
その4
びん正面にビゲンとあるタイプ。
d0359503_21594851.jpg
底にはロゴは無し。
d0359503_22000295.jpg

続いて「パオン」!
その1
側面にPAONとエンボス。
d0359503_22002245.jpg

d0359503_22003393.jpg

その2
正面にPAONとエンボス。
d0359503_22004268.jpg

d0359503_22005611.jpg

その3
ふたが褐色のタイプ
d0359503_22010551.jpg

d0359503_22011805.jpg


今度は「納言」!
d0359503_22013091.jpg


次は「元禄」
左はスクリューふた、右はコルク。
d0359503_22015010.jpg

裏は右から、量定
d0359503_22015915.jpg

川物で傷だらけですが....。
コルク栓で、裏側は定量と、GENROKUのエンボス
d0359503_22021245.jpg

一番よく出る「るり羽」スクリューふた。
裏側に定量のエンボス
d0359503_22022719.jpg

こちらは裏側に、
定量
過酸化水素水13cc、
大阪.堂島.上一
山発産業
d0359503_22023784.jpg

これはコルク栓。
裏は右から、容定。
d0359503_22024873.jpg

同じくコルク栓で裏は定量のエンボス。
びんの色は二色あり。
d0359503_22025919.jpg

こちら無印!裏はコノスジ定量。
d0359503_22031071.jpg

これらも無印!裏は右から容定。
右端のみ、右から線量定。
d0359503_22032369.jpg

これらはまったくエンボスなし。
d0359503_22033334.jpg

「君が代」二種。右は甲液。
左は乙液でしょうか?
右のは洗った後で下の方に、ニュウが...。(T T)
d0359503_22034421.jpg

どちらもMADE IN JAPANのエンボスあり。
d0359503_22035558.jpg

「志らが赤毛染ナイス」
山の集落跡のハケでセットで出ました。これも乙液、甲液かな?
写真忘れたけど、底にT.M.のエンボスあり。
d0359503_22041422.jpg


そしてこちらっ!
ケラダマヒのmaicaさんから頂いたものです。
こころよく譲っていただきありがとうございました。
「清姫」の厚底、おちょぼ口でトロトロの「羽衣」!
どっちもいいっ!
(^o^)/

みなさんから頂いたものは、少しずつこういった形でアップさせてもらおうと思います。
d0359503_22043094.jpg


おまけ。
白髪染めをはじめとした、海で拾った砂糖菓子状態のびんたちです。
川では汚く傷だらけのことが多いんですが、
海では徹底的にみがかれて、美味しそうになったのが、たまに見つかります。
綺麗な完品とは違った良さが生まれます。
d0359503_22044056.jpg


おまけのおまけ。

ちょっくら干潮を見計らって、いつもの川へ行ってきました。
d0359503_22051960.jpg
前回より多少ましかな?とは思いますが、まだ多くの場所が砂に埋もれていてダメです。


本日の結果。
洗った後でまた捨てるものを選びます。

この中に破片ですが、お宝を見つけた人はさすがです。
d0359503_22052657.jpg

書籍。「いろはにコンペイトウ」59ページの7番と同じものと思われます。
破片とはいえ、わたしにとってこのタイプは初見!
嬉しいものが見つかりました。\(^o^)/
d0359503_22053599.jpg
洗った画像はまたそのうち....。(^^ゞ



by hiroibito | 2017-05-29 00:00 | Comments(10)