人気ブログランキング |

タグ:飲料瓶 ( 30 ) タグの人気記事

山...。

前回行った廃集落にまた行ってきました。
しつこく探してりゃいいハケが見つかることを信じて。
d0359503_21195027.jpg




しっかしクソ暑いわ、ブヨは顔の周りを嬉しそうにぶんぶん飛び回るわ、やたらと顔からくもの巣に突っ込むわ...。
「どーでもええのう、こりゃぁ」(;´Д`)ヒーッ!
と言いながらも好きな山の中を歩けるだけで心うきうき楽しいんです。
d0359503_21195382.jpg




しばらく歩いて見覚えのある場所へ。
d0359503_21195871.jpg



またコレか...。
結果に期待できないのでとりあえず持ち帰り。
d0359503_21200133.jpg



この奥にも廃屋があるな...。
d0359503_21200406.jpg



「うおーー、歩きにきいのーっ!」 \(≧◇≦;)
d0359503_21201363.jpg



この集落にポツポツとある農作物の貯蔵用?の穴倉です。
d0359503_21201785.jpg



別の穴倉ですが中には何もなし。
d0359503_21203525.jpg



古井戸もありますが覗いても貞子さんはいらっしゃいませんでした。キャーーッ! ε≡≡ヘ(ノД`)ノ
d0359503_21202299.jpg
「貞子」の画像検索結果「貞子」の画像検索結果
d0359503_22310487.jpg


家屋跡にはこんな穴が地面に開いてることもよくあるので気を付けないと...。(◎_◎;)
d0359503_21204171.jpg



廃集落でたまに見る巨大な瓶。50㎝以上はあると思うけど何用なんだか。(・・?
d0359503_21202681.jpg

ヒビが入ってるし重いので持ち帰りは断念。
d0359503_21203011.jpg


時間が無いのでもう帰ろうと思ったら、祠の前に惜しそうなのが落ちてました。
d0359503_21204510.jpg

エンボスがある....。
d0359503_21194049.jpg

帰って洗いました。「...置」の文字と。
d0359503_21392684.jpg


「...水」だなコリャ。
玉置薬局の「外用 ヨーヂ水」かな?
しかしあの瓶だとしたらエンボスは両サイドの狭い面に入ってるはずなんだけど?
このパターンもあったのか、それとも全然別物か...。
d0359503_21391452.jpg
ちなみにわたしゃヨーヂ水持ってません。(T T)



******************************************************************


おまけ


子供のころまで家の周りに居た「ニホントカゲ」。数年前から帰ってきてくれてます。
(  ̄▽ ̄;)オトモダチデス。
d0359503_21194570.jpg

by hiroibito | 2019-09-10 23:09 | ディギング | Comments(16)

きょうも川が呼んでいる

前記事のあとで二回ほど雨降り後の探索に行ってきました。

成果はいまいちですが いつもコメントやメールで情報を下さるNさんにばったり出会ったりして楽しい時間でしたね~。
( ̄▽ ̄)/


こっちを見て慌てて反転するカワウさん。
d0359503_11083893.jpg


で、とっておくことにしたブツ少々。
d0359503_12400940.jpg



これが一番良かったかな?
このあたりではよく出るタイプのみかん水の瓶ですが、状態が今までで一番きれいです。
d0359503_12410314.jpg

底に大きな気泡があったりします。( ̄▽ ̄).。o○
d0359503_12414181.jpg

うん、キレエキレエ。( ^^)
d0359503_12415049.jpg



これは化粧品じゃなくて時々出るラムネ菓子の瓶かな?
口にスクリューの山がないのは初めてだけど、状態は最低...。(ーー;)
d0359503_12455788.jpg

右は以前拾っていた「シマダラムネ」
d0359503_12451683.jpg


画像借りますたよ~。(''◇'')ゞ ← (誰に言ってる?)
元はこんな感じです。古くはないが新しくもない。
このあたりのガラス瓶入りのラムネ菓子は関西を中心に出回っていたようです。
d0359503_11224350.jpg



これは名も無き白髪染めの瓶。Nさんが見つけてくれました。
d0359503_12422296.jpg



これは「クラブ ホルモンクリーム」でいいのかな?蓋つきです。
d0359503_12453373.jpg


この手の蓋のは初めてです。ありがたや~。\( ̄▽ ̄ )
d0359503_16204161.jpg

これは以前手に入れていたもの。普通はこっちの蓋なんだけど。
d0359503_12445028.jpg



小さな豆皿?豆鉢とでもいった方がよさそうな形。専門的にはなんて言うんでしょうね? (・・?
この図柄はゴムの印判によるものでしょうかね。
d0359503_12425966.jpg


見込みはこんな感じです。
d0359503_12453757.jpg



ちょっとオパールガラスっぽいおはじき。好きなガラスのタイプです。(≧◇≦)キャイッ!
d0359503_12430445.jpg



こっちは珍しい色?の海ボタン。(川だけど)
d0359503_12435454.jpg

電球のこの部分に使われている絶縁部品です。
d0359503_16430076.jpg


普通はこのあたりじゃ圧倒的にこの色なんですけどね~。(以前拾った物)
d0359503_12443826.jpg


ネット上でよく見るのはこの色です。私のはちょっと薄めだけど。(一個しか持ってない)
普通はビーチコーミングで拾われてますね。( ̄ー ̄)
d0359503_12425130.jpg



目が合ったため持ち帰らざるを得なくなったお方...。
神様仏様関係の皆さんは持ち帰ってしまいます。何かいいことないかな~?(ーー;)
d0359503_12454769.jpg


以上!


***************************************************************


おまけ


庭で羽化した空蝉の皆さん。ぱっと目についたのだけでこんなにありました。
うちの周りは野生の王国です。(^^;)
d0359503_12432869.jpg

d0359503_12433768.jpg


じゃっ!(^^)/


by hiroibito | 2019-08-24 16:49 | リバーコーミング | Comments(14)

梅雨明けの川 2

前回の続きです、洗い終わりますた。ヽ(^o^)
d0359503_21160463.jpg


まずコレ、このタイプは二個目! コンペー瓶です。(多分)
d0359503_21161579.jpg
以前出たのは口が欠けてました。今回はOK!
ん? 並べてみると少しだけ意匠が違いますね、微妙なバリエーション違いのようです。
d0359503_21161044.jpg

底には「〇の中にフ」のエンボス。
d0359503_21182494.jpg

どんなラベルが貼ってあったんでしょね~。(*´ω`)
d0359503_21173128.jpg


こちらパイロットのインク瓶。思った通りガサガサでした。
ラベル窓の丸い窪みはなんだろう?
d0359503_21175296.jpg

同型を持ってましたが底のエンボスパターンが違うのでキープです。
d0359503_21175751.jpg



で、今回の一等賞いきまーーっす!

ガラスの汽車茶瓶出ましたーーーーーーーーーーっ!! 

しかも珍しく状態がいいっ! キャーーーッ!(≧▽≦)ウレピーーーッ!  ← (少女化するオッサン...。)

1921年(大正10年)に鉄道省から陶器製の汽車土瓶(汽車茶瓶)の使用を禁止する通達が出され、ガラスの汽車茶瓶が登場したようです。
しかし「割れたかけらで怪我をする」「お茶を入れた状態が尿瓶みたい」と不評であまり長続きせずまた陶器に戻っていったようです。(^^;)
d0359503_21180682.jpg

この溝は針金製の持ち手が収まってたとこでしょね。ヽ(^ω^ )
d0359503_21214285.jpg

エンボス文字はすべて右書きです。「定指局道鉄戸神」 「茶御」 「銭七價定」
d0359503_21214762.jpg

反対側です。「案考合組人業営管西」 「造製所造製子硝井酒」 「号  第録登案新」
d0359503_21215240.jpg

駅も近いし上流には鉄道の橋梁もありますからね~。出やすい環境と言えなくもない。( ̄▽ ̄)

以前出た陶器の茶瓶と記念撮影です。(こうなると蓋をかねた湯飲みが欲しいな~)
d0359503_21215757.jpg


次回に続く。

********************************************************************


おまけ


この日救出したお二方...。
右のお方はウルトラ6兄弟の長兄ゾフィーですね~!
わんちゃんは〇〇丸さん。似てないな...。(^^;)
d0359503_21232012.jpg



じゃっ! ( ̄▽ ̄)/

次回へ続く。

by hiroibito | 2019-08-07 22:35 | リバーコーミング | Comments(12)

お山に行きたい禁断症状が出始めたので、わずかな時間ですが強引に行ってきました。( ̄▽ ̄)
d0359503_22260750.jpg

あくまでお山の空気を吸いに行くのが目的ですが、何かひとつでも出ればいいな~。(^ω^)
d0359503_22263175.jpg
このあたりは二、三回めですがまだ十分に調べていないところです。
例によって数十年も前に廃村になり、木々に覆われ森に帰ってしまった集落跡です。
d0359503_22263621.jpg
よくある光景ですがこの一升瓶の周りにも下にも何もありませんでした。

d0359503_22264082.jpg

あまり時間が無いので脈のなさそうなところは足早に飛ばしていきます。
d0359503_22264550.jpg

芋などの貯蔵に使っていたと思われる横穴です。このあたりに家がまとまっていたはず。
d0359503_22265004.jpg

秋と並んで梅雨時はキノコが多いです。
d0359503_22265694.jpg

竹藪奥に家屋発見。
d0359503_22270225.jpg

案外家屋の近くには瓶は少ないです。
d0359503_22270889.jpg

家屋と石垣の間...。
前にも見た場所でした。ナーリングの入った養命酒瓶がごろごろあった場所。(ーー;)
d0359503_22271507.jpg

他を探します。
いつものことだけど放置された森は荒れ果てて暗いです。
d0359503_22272434.jpg

ここにも横穴。
d0359503_22273125.jpg

さっきの家屋から100mくらいの場所。
d0359503_22273610.jpg

その奥の竹藪でわずかにハケってる場所。
掘ったら出そうだけど竹の細根がびっしりはびこっていて手鍬がまったく歯が立ちません。熊手じゃ不可能なレベル...。
(;´д`)ダメダコリャ...。
d0359503_22274265.jpg

表面採取しようにも突入さえ拒む竹藪です。(◎_◎;)
d0359503_22275270.jpg

時間切れなので帰ってきますた。
やっぱりハケらしいハケは見つからず...。(^^;)
d0359503_22291093.jpg



主な物だけご紹介します。って、ほとんど無いけど(汗)


まず王道の糊瓶!
d0359503_21412615.jpg

「フエキ糊」です。
d0359503_21413358.jpg

これはビール瓶らしいんですがこの手は重いですね~。
重いから持ち帰ったことが無いと思って今回は持ち帰ってみたら...。やっぱりすでにありました。
(  ̄▽ ̄;)
d0359503_21411032.jpg

底裏にはこんなエンボス。
d0359503_21412070.jpg

この瓶もでかいな~。首、傾げてますけど...。ヽ(≧▽≦ )
どうも滋養強壮の薬用酒、「人参規那鐵葡萄酒」の瓶みたいですね~。
d0359503_21414608.jpg

口なんて溶け落ちてますがな。( 一一)ホホウ...。
d0359503_21420044.jpg

底はキックアップしてますね。やっぱり葡萄酒だ。
d0359503_21415305.jpg


そして今回の一等賞!「白玉ソース」の瓶です。(≧▽≦)ヤッタ!
何種類も白玉ソースはバリエーションがありますがこれは戦後タイプ。
同じエンボスでもう少し小さいのは持ってますがこの大きさは初めてです。
d0359503_21421818.jpg
やっぱしエンボスゴリゴリはいいもんだ!
なお戦後タイプにはびっしりディンプルが入ってるのもあるので今度はそっちが欲しいな~。
( ̄ー ̄)



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>




おまけ




むかし子供とよく採りに行ったクワガタムシなどの標本を出してみました。
殺すのは嫌なので死んだ後、腐り始める前に処理したものばかりです。

良かった、カビ生えてない...。(^^;)
以前はもっとあったんですが虫に喰われてボロボロになり捨てました。
d0359503_22253915.jpg


海外の昆虫はかっちょよくて、規制も緩いからやたらと日本に輸入されてます。
いいのかな~日本の生態系、実際に外国のクワガタのメスを捕まえたことあるし。(ーー;)ニガスナヨ...。

ちなみにコレは子供がくじで当ててしまった幼虫さんを育てたもの。
日本のカブトムシと違って幼虫期間が確か二年近くかかりました。
蛹になって成虫になるまで二年半くらいかかったかな~。実に気の長い飼育...。
幼虫も超巨大なイモムシさんでバケモンみたいでした。(◎_◎;)

「ヘラクレス・オオカブト」の亜種で「ヘラクレス・リッキー」です。
117ミリもありますがこれでも小さめです。
久々に見ると確かにかっちょいい。
d0359503_22254694.jpg



こっちは大好きなミヤマクワガタ。日本の正しいクワガタムシです。ヽ(≧▽≦ )コレコレ!

子供と一緒に毎週休日ごとに早朝出撃してましたね~、懐かしい。(*´ω`*)
一番右のが捕まえた中で一番大きい73ミリ。
ちなみに普通は昆虫の標本ってからだにブスッっと一本ピンを刺してとめるんですが、死んでるとはいえちょっと嫌なので私は数本のピンで動かないようにしています。
展足と言って硬くなるまでは、発泡スチロールやコルクボードにたくさんのピンで形を整えて固定し、完全に乾燥し終わったらその後にピンで標本箱に固定します。
標本ラベルを付属して、防虫剤を入れて蓋をして出来上がり。
本当は死ぬまで待っていると足や触覚、微細な毛などがとれてしまったりするので、状態の良い生きたものを殺して作るのが普通です。
わたしゃ無理っ!(ToT) なので大事に大事に個別にケースに入れ飼ってました。
d0359503_22255174.jpg
あ、ラベルの産地消すの忘れた。 ま、いいか大昔のだし...。

じゃ、また! (*´з`)

by hiroibito | 2019-08-02 23:35 | ディギング | Comments(18)

洗うたど~っ! 1

お待たせしました! \(^o^)/  ← (誰も待ってないっ!)

洗い終わってたんだけどアップするのを忘れてました。(^^;) ← (果てしなくボケまくり)
川で拾ったものとS君と一緒に掘ったハケのものです。
d0359503_10402837.jpg

ハケのものは60~70年代が中心だと思ってたけど、50年代後半~70年代ってとこでしょうか?(あまり変わらない)
しかしこの年代はどうしても化粧品が多くなりますね~。
この年代の化粧品は大きめなのは持ち帰るのをやめていたんだけど...。(置き場がなくなるので)
d0359503_10403465.jpg

新しめだけど勢いで持ち帰ってしまいました。
うん、洗ってみるとなんだかいい感じに見えてきた。(^u^)
d0359503_10403826.jpg


では、主な物だけ紹介します。(ほとんどすべてに近いけど)
まず飲料瓶関係から。
d0359503_10404629.jpg


ナショナルドリンクの瓶です。色んな飲料メーカーに使われた汎用瓶ですね~。
この手の瓶はエンボスがいいので、状態が良さそうなら持ち帰ってしまいます。
d0359503_10405014.jpg


このあたりではよく出るタイプのみかん水瓶。川の干潟に半分埋まってました。
d0359503_10405493.jpg


今では「コーヒー牛乳」の表示は使えません。ガサガサ首なし。
d0359503_10410093.jpg


地元福山の「三共舎」というメーカーのようです。
検索にかかってきません。現在はおそらく廃業かな? ← (違ってたらスミマセン)
d0359503_10410356.jpg


参考に以前拾った完品をアップしておきます。(^ω^)コレモガサガサ...。
こちらは胴回りにもエンボスあり。
d0359503_10410777.jpg



次は重いし、でっかいし場所をとるのですべて処分したんですが...。
あ~ぁ、また持って帰っちゃった。(ーー;)

大阪の前田産業株式会社、果汁入り殺菌乳酸菌飲料の「ミルトン」です。
1935年(昭和10年)前田景治により大阪で個人創業、そして1947年(昭和22年)に設立。
ミルトンは1957年(昭和32年)に発売、2014年(平成26年)に飲料水事業から撤退するまで販売されています。
d0359503_10411856.jpg



コレは何でしょか?参考のためにお持ち帰り。小ぶりな瓶です。
「OS」のエンボスが肩にあるけど時代からして経口補水液のわけないし?
d0359503_10412242.jpg



次はおなじみ、バスクリンの瓶。
1893年(明治26年)創業の津村順天堂。現在はアース製薬グループの「株式会社バスクリン」となっています。
この瓶は大きさの割に軽い瓶ですね~。古い瓶にはやけに見かけの大きさよりも重かったり軽かったりするのがあります。
1930年(昭和5年)にバスクリンは発売され、戦後の1950年(昭和25年)からガラス瓶を使って再版されているのでそれ以降のものと思われます。
d0359503_10412650.jpg



次はかゆみ、虫刺され薬として有名な株式会社金冠堂の「キンカン」の瓶です。1923年(大正12年)に「金冠堂研究所」を設立し、1926年(大正15年)からキンカンを発売、創業年としています。
d0359503_10413031.jpg
このタイプの瓶は容量の違うものがいくつかあり、すべて時代は新しめですがデザインはレトロなので好きな人は多いようです。( ̄▽ ̄)
しかしコレ以前の、特にブルーグリーン系の瓶が出ないんですよね~。憧れの瓶です。




こちら、口の中が磨ってあるので、ガラス栓があった薬品瓶と思われます。
一緒に二、三個掘り出したガラス栓があったんですが合いませんでした。
d0359503_10414841.jpg


なのでストックの中からみつくろって...と思ったんですがやっぱりダメ...。
d0359503_10415489.jpg


ま、トロッとしていて味があるし、手に持った時に大きさの割にズシッと心地よい重さがあるのでこのままでもいいかな。(*´ω`*)
d0359503_10415876.jpg


これらは底にASGのエンボスがある水薬瓶。
そんなに古くないので気が向いた時だけ持ち帰ります。
d0359503_10423099.jpg


随分薄手の磁器の器です。透け感がよく、花柄も可愛らしいので持ち帰り。
d0359503_10423339.jpg



次回に続く。



*******************************************************************

おまけ

図書館による「ボトルディギング」と題した展示企画。

おかげさまで無事終了しましたーーーっ!!

\( ̄▽ ̄)/


撤収時に一個しか無い両口点眼瓶を割っちゃったけど...。
心配してた事がおきた。 (;´Д`)ヒーッ!

d0359503_10462878.jpg


d0359503_10463282.jpg

しかしまあ以外と大好評だったようで予想外でした。ヽ(^o^)
遠くから来て頂いたり、新聞3件、ラジオ2件の取材もあったり(ローカル新聞、ローカル局とはいえキンチョーした)💦
このコーナーの企画展では図書館始まって以来の反響だったそうです。(ずっと張り込んでたわけじゃないからわかんないけど)
まあ、図書館だもんな~、普通こんなのは展示しないもんねぇ。
だけど聞いた話を総合すると、ご高齢の方はやはり懐かしがって見られる方が多かったようです。
ニッキ水は案外瓢箪型しか記憶が無い方が多かったですね~。
一緒に展示していたキューピー型とかの瓢箪型以外の物は、やはりもっと古いもののようです。
ペロペロを覚えているとおっしゃったお二方は、やはり戦後の記憶です。
コンペイトウ瓶は覚えている方も覚えていない方もいらっしゃいました。年齢は同じような方たちなので地域性だと思います。

ほかにもこんなレトロ感のある瓶が大好きだとおっしゃっていた隣県のかたや、写真を撮らせてほしいと図書館に交渉した方も多かったようで、なかなかに嬉しいことを館長さんや展示担当のかたからお聞きしました。
出来ればず~っと張り付いて説明したかった。 ← (教え魔...。)


最後に、見に来て頂いた皆さんはもちろんのこと、展示を提案して下さった記者のA女史、図書館長さん、展示担当のSさん、図書館の皆さんにこの場を借りてお礼申し上げます。
ほとんど見てないと思うけど...。(T T)

あ、かってに話を進めた女房殿にも。 ← (一応書いておく)



記念に写真撮ってきました...。(  ̄ー ̄;)
d0359503_23012291.jpg


ではまた!

(^ω^)/

by hiroibito | 2019-07-19 18:04 | リバーコーミング | Comments(16)

山行っても出んのぉ...。

なかなかハケらしいハケが見つからない日々が続いています。
探し続けていればいつかまたいいハケに出会えるはずなんですが...。
Sハケが良すぎたのかあれからとうに一年を経過しています。

なかなかびん神様がほほえんでくれないな~。(ーー;)

今回は女房殿とただのドライブだったんですが、帰り道で少し怪しいところに入ってみました。
集落のはずれの谷間です。「こんなとこに無いでしょっ」
と、女房殿は言いますがそんな時はだいたいなんらかの成果があります。
d0359503_20272142.jpg


女房殿には車で寝ていてもらい、いざ突入!

捨てられたアサリの殻、これは瓶への導入として期待できます。時々サザエも見かけます。
こんな内陸部でも海の物が食べられてたんだな~。(^^;)
しかし本当に古い集落跡の場合は内陸ではタニシやシジミだったりします。
d0359503_20273488.jpg
あ、手振れが...。

案の定ハケらしき場所がありました。
d0359503_20274384.jpg


これは戦時中の軍猪口ならぬ軍徳利でしょうね~。
ここに文字や図柄があったはずですが消えているようなので置いて帰ります。
d0359503_20274805.jpg

これもナーリングこそ無いものの時代も若い...。
d0359503_20275746.jpg

ずん胴の佃煮?瓶。
d0359503_20280248.jpg

エンボスも何もない。
d0359503_20280759.jpg

ブンセンの「アラ!」昭和中期ですね~。置いて帰ります。
d0359503_20281264.jpg

ナショナル ドリンクの汎用瓶。
d0359503_20281693.jpg

特徴のないクリーム瓶。
d0359503_20282052.jpg

掘り終わりました。
やっぱりほぼ昭和中期、昭和30年代後半から50年代初めまでといったところでしょうか。
d0359503_20282539.jpg


持ち帰ることにしたもの。微妙なのばっかし!
d0359503_20275207.jpg

本洗いはまだですが、もう紹介しちゃいます。\(一一 )

飲料瓶二本。
d0359503_20283395.jpg

「Sperioritu Drink」← なんじゃこのスペル?(^^;)
d0359503_20284205.jpg

こっちはわかりやすい。
d0359503_20285364.jpg

ここに電話しないように。つながらないだろうけど...。\( ̄▽ ̄;)
d0359503_20285789.jpg

瓶はよくある「National Drink」の汎用瓶。
d0359503_20283795.jpg

おなじみの「磯じまん」
d0359503_20290646.jpg

このタイプはすでに持っているんですが蓋が残っていたので持ち帰り。
d0359503_20291902.jpg


d0359503_20291597.jpg

全く特徴のないクリーム?瓶。
d0359503_20292403.jpg

資生堂Vegetable pomadeの瓶。狐憑き?さんに教えてもらいました。( ̄▽ ̄)
d0359503_20292837.jpg

見えにくいけど花椿のエンボスがあります。
d0359503_20293369.jpg

こちら「POLAのESPOIR」です。これも狐憑き?さんに教えてもらいました。
d0359503_20293747.jpg

底に「POLA」
d0359503_20294126.jpg

明治期以降の型紙印判の器と(一個割ってしまった)
戦前から戦後まもなくにかけての国民食器。
d0359503_20294586.jpg

印判のほうは「福寿」の文字があります。
d0359503_20295006.jpg

見込みはこんな感じ。
d0359503_20295580.jpg

これが緑の二重線でおなじみの国民食器。
d0359503_20295908.jpg

「岐?25」の統制番号。薄くて読み取りにくいです。
d0359503_20300349.jpg

あぁ、いいハケはいずこ...。

ドコ?(ToT)/

***********************************************************



おまけ


女房殿がのたまいました。

「この前畑から採ってきた柳の枝に、ずっとテントウムシがいるんだけど」

見てみたらなんか違う...。(ーー;)

ナナホシテントウに似てますが細長い形...。こりゃ葉っぱを食べるウリハムシの仲間だな~。

調べたら「クロボシツツハムシ」でした。初めて見た。\(^o^)
鳥が食べないテントウムシに擬態しているようです。
d0359503_20301165.jpg



ではまた!

('ω')ノ

by hiroibito | 2019-05-11 00:02 | ディギング | Comments(10)

続 ハケを探して三千里

さて、前回川に行った成果がパッとしなかったのでまた山に向かいました。


d0359503_19324746.jpg



やっぱり山が一番好きかな~。( ̄▽ ̄)
d0359503_19325233.jpg




d0359503_19325728.jpg



前回見つけた若いハケを攻めてみたいと思います。
え~い、歩きづらいわっ!! \(ToT )
d0359503_19333923.jpg



あれ?こりゃ見落としてたな。またひょうたんニッキです。(^◇^ )
d0359503_19334527.jpg



到着したので掘り始めました。このオケツは見覚えがあるな。
d0359503_19334960.jpg



これ誰かも出してたな。それにしても
ウンコ…? (^^;)
d0359503_19335357.jpg
パピリオの「シルバーヘヤークリーム」でした。
狐憑き?さん、ありがとう。m(__)m





出たっ!!
ピストリコンペーっ!!!!!
シンプルダケド \(^o^)/
d0359503_19335716.jpg



一部を除き全体に若い瓶ばかりだったので少しだけ持ち帰りです。
d0359503_19342386.jpg




イノシシさん用の罠を横目に車に戻ります。
私がやたら通ってるので人間の臭いが残ってここは掛からないだろな。
d0359503_19342736.jpg



持ち帰り品です。
ま~た、貧乏徳利を持ち帰ってしまった。場所とる~(汗)
しかも一部持ち帰るの忘れたものがあるし。←(よくやります)
d0359503_19343525.jpg


洗いました。

まずはコレ、知る人ぞ知る守山牛乳の菊型瓶です。このタイプは二本目です。
d0359503_19353529.jpg




d0359503_19353994.jpg




d0359503_19354395.jpg


今回も出ました。「広島縣規格壜」のニッキ水。
d0359503_19354838.jpg



d0359503_19355206.jpg


.。o○
d0359503_19355764.jpg
今回は勝手に割れなかった。( ̄▽ ̄)



そしてコレコレ!ピストリじゃ~♥
d0359503_19360495.jpg


栗原英次氏の著書「いろはにコンペイトウ」に同じと思われるものが出てました。
本体の上に竹などで作られた銃身が付属するものです。
ミーハーなので出てると嬉しい。
d0359503_19373009.jpg


そしてやっぱりこうやって遊んじゃいます。
ふっふっふ...。
d0359503_19360942.jpg


オケツがのぞいてたのはコレでした。ヒメ椿のヘヤークリームです。
アラバスターは大きめでも新しめでもどうしても持ち帰っちゃいますね~。
d0359503_19361415.jpg



d0359503_19362703.jpg


コレはメーカー不明。
d0359503_19363140.jpg


だけど透けた色が良かったので。
d0359503_19363572.jpg


これは形が楽しくて持ち帰り。パピリオの「シルバーヘヤークリーム」
けっしてウ〇コじゃありません。Σ(・ω・ノ)ノ!
d0359503_19363920.jpg


ピアスの「ナインコールド」また出ました。しかしサイドにエンボスのあるのが欲しかった。
d0359503_19365429.jpg


やっぱりこの色と文字盤エンボスがいいわ~。
d0359503_19365992.jpg


これは鳥さんの盃。何の鳥だろ?
d0359503_19370899.jpg


次回は忘れ物を取りに行った記事です。もう洗い終わってるけど撮影がまだです。



******************************************


おまけ


自作のナイフ三本。

何年か前にハンティングナイフ形のペーパーナイフとして作ったものですが
刃をつけてみたらブレード自体が薄いこともあり意外と切れ味が良くて、
野菜の収穫やジャガイモの種イモ切り、紐の切断といったガーデニング作業全般や
果物の皮むきその他いろいろ活躍してくれてます。
d0359503_19372012.jpg

しかし元の材料はダ〇ソーのスクレーパーだったりします。
ヤスアガリ...。(^^;)
d0359503_19372556.jpg

ではまた!

(●^o^●)/



by hiroibito | 2019-04-05 21:24 | ディギング | Comments(8)

なかなか山の集落跡にハケ探しに行けないので、しつこくもお手軽な川へ行ってきました。
d0359503_11430898.jpg


いつものように潮の引いた河口近くへ。
d0359503_11431998.jpg


戦利品.....。(現場写真はどーした!)
d0359503_11424748.jpg


こちらはすでに下洗い済み。
d0359503_11424227.jpg


で、塩素系漂白剤を溶いたお風呂へ。(キッチンハイター、キッチンブリーチ等)
ここの川の瓶は藻やヘドロ、フジツボ、カキなどが
頑固にはりついている事が多いので漂白剤風呂は必須です。
d0359503_11423417.jpg
その後どうしても取れない鉄分他の汚れ瓶は(必ず何本も出ます)
塩酸系(サンポール、ネオナイス等)のお風呂に入っていただきました。
フジツボやカキはスクレーパー等で下洗い前にかき落としていますが
しぶとく落とした跡がこびりついていてもここで溶けてしまいます。




あ~さっぱりした。(*´ω`)
d0359503_18360912.jpg


d0359503_18361404.jpg


d0359503_18361996.jpg




じゃ、まず飲料関係から。



見事にガサガサのスレスレ。左は「リボンジュース」、
真ん中は「Fresh Drink」のエンボス入りジュース瓶。
右端の「ペプシコーラ」は色が残ってたら少しはレアなんですけどね~。
全部ゴミ行きだなコリャ.....。(;^ω^)
(ちなみにうっすらとワセリンを塗ってるので画像はましに見えているだけです)
d0359503_18364970.jpg


こちら「みかん水」の瓶。またドラえもん状態のも出ました。
ドラえもんと左から二番めのガサガサニュウ入りもゴミの日行きです。
d0359503_18365441.jpg


右側二本は口が惜しい! しかし擦れも少なくきれいなのでとっておきます。
d0359503_18365800.jpg




地元の片山牛乳の機械栓の牛乳瓶、また状態のいいのが出ました!
(ちなみに右のは前回出たものです)
この瓶は三本目ですが最初のはガッサガサだったので処分しました。
(人様にさし上げるには状態悪すぎたし) (^^;)
d0359503_18370467.jpg

エンボスは双方とも「滊熱消毒片山」
d0359503_18371001.jpg

しかし裏側は今度のは文字が多くていいですねーっ!
「消毒全乳」 正壱合詰
d0359503_18371575.jpg

これは前回の瓶。エンボスは「全乳」だけ
d0359503_18371953.jpg




お次は化粧瓶です。

パピリオの化粧水「香のオードコロン」のようです。
d0359503_18374041.jpg



左は桃谷順天館の「白色美顔水」、右は香油等のオイル瓶だと思います。
d0359503_18375031.jpg

白色美顔水の底には「トンボと桃」の桃谷順天館のトレードマーク。
d0359503_18375405.jpg

オイル瓶のほうはアワアワのしゅわしゅわです。(*´ω`)
d0359503_18380188.jpg



左の瓶は手掛かりなし。
右の瓶はお染香油株式会社の「エリガンス 香油 スペッシャル ヘヤーオイル」
d0359503_18381437.jpg

左の瓶は欠けだらけで本来なら捨てるんですが.....。
d0359503_18381865.jpg

透かすと素晴らしく綺麗なんですよねェ~。どうしよっかなぁ。(^^;)
d0359503_18382209.jpg

お染香油には「OSOME ELEGANCE HAIR-OIL」とエンボスが入っています。
d0359503_18382754.jpg

底には「意匠登録」のエンボス。
d0359503_18383110.jpg


こちらはキスミーの「ファンデ」。右に置いてるのは内蓋です。
傷だらけでプリントはハゲハゲ、蓋もありませんが参考品としてとっておきます。
d0359503_18383708.jpg



********************************************



ここからはその他の不燃ごみ行きに決まった瓶です。
洗ってはみたんですけどね~。

資生堂「ドルックス」とオッペンの化粧瓶。
昭和中期以後の大きい化粧瓶は、よっぽど気に入らないと持ち帰らない事にしていたはずですが
つい持って帰ってしまったものです。しかもオッペンのなんかはガサガサだし。
d0359503_18392484.jpg



左は資生堂の「スペシャル」の試供瓶かな?
右の「みやこ染」は色が入っているのは初めてだったんですが。
う~ん、ちょっとこれじゃあねぇ....。(;´д`)
d0359503_18392813.jpg



エーザイのハンドクリーム?。なんの面白みもないのに一応持ち帰りました。
d0359503_18393347.jpg

蓋のエンボス、「Eisai」
大体においてこのタイプのマークは昭和42年以後の新しいものみたいだし。
d0359503_18401469.jpg


左はウテナのバニシングクリーム。
右は.....。どーでもいいか。(ーー;)
d0359503_18393755.jpg

ウテナのほうはオパールセントっぽいガラスで綺麗なんだけどね~。
初見瓶じゃないからなぁ。(前から持ってる完品の方はオパールじゃないけど)
d0359503_18394154.jpg

ヒビが表も裏も入ってるし
d0359503_18394583.jpg



これまたコバルトブルーが綺麗な瓶だけど、汚れを落としたら見事なヒビが隠れていました。
d0359503_18394922.jpg

エンボスは薄くてよくわからないけど多分「YaNA」じゃないかな。
どっちみちなんのこっちゃわからん。
d0359503_18395339.jpg



最後はこの瓶。特徴は無いけど綺麗な色で状態もいいっ!( `ー´)ノ
d0359503_18395899.jpg


と思ってたんだけど自然乾燥中にかってに割れました。(;-ω-)/ オイッ
d0359503_18400202.jpg


次回に続きます。

(*´ω`*)



by hiroibito | 2018-11-17 23:35 | リバーコーミング | Comments(4)

ちょっと買い物

先日市内の「懐かし百貨店」駐車場で行われた「古りぃマーケット」に行ってきました。

店内を含めていくつか気になるものはあったけど、守備範囲外なので見なかったことにして。
d0359503_21190969.jpg



同じ敷地内にある「オリーブ」さんに。
d0359503_21202851.jpg


こちらは女性らしいおしゃれな雰囲気のお店なんですが。
d0359503_21203528.jpg

d0359503_21203907.jpg

誰かさんの好きそうな、こんなのもあります。
やっぱり前拾ったガラス枠、コレじゃね?
d0359503_22434526.jpg



中をささっと物色して外をじっくり見てみます。
d0359503_21201561.jpg


ごちゃっと色々入ってますが、
d0359503_22443877.jpg

気になったのはこいつ。
d0359503_22444441.jpg



六大製薬研究所の「クリマグ」もありますね~。
d0359503_22444959.jpg



こっちも気になる。(~_~;)
d0359503_22445933.jpg


これは持ってるけどこの色のは持ってない。
d0359503_21212905.jpg


「イカリソース」この大きさのは持ってたっけ?
(帰ったあと家で確認したら持ってるやつだった。危ない危ない買わなくてよかった)
d0359503_21213447.jpg


かわいいサイズの牛乳瓶。スクリューのガラス栓が残ってればなぁ。
d0359503_21213802.jpg


これはレアなんだけど裏側が割れてたので見送り。(;´д`)
d0359503_22450704.jpg



結局買った瓶はここからの写真。
「守山牛乳」の持ってないエンボスのタイプ。
d0359503_21224400.jpg
守山の字の間に盾型の枠の中に乳の文字。
d0359503_21224980.jpg


個人的に二本目のヘチマコロンの瓶。
一本目は川で拾った瓶でガサガサだったのできれいなのが欲しかったんです。
ラベルの状態も悪く摘まみのついた蓋もないけど、本体の状態がよく購入を決断。
(二度見送って今回やっと決断しました)
d0359503_21232992.jpg
色あせて破れたラベル....。
d0359503_21233404.jpg
裏のラベルはもっと悲惨。
d0359503_21233953.jpg
だけどこの肩のヘチマと葉っぱのエンボスがお気に入り。
d0359503_21234412.jpg

そしてラベルは無いけど可愛かったうえに安かったので
「クラブ美身クリーム」の試供瓶も買いました。
d0359503_21232287.jpg





****************************************



このあと友人の知り合いの方がやっていらっしゃるレトロ雑貨?のお店
「分銅屋」さんに初めて行ってみました。
おもちゃ箱をひっくり返したような色んな古物雑貨が所狭しと並んだ店内で
見ているだけでも楽しいお店です。


が、写真撮らせてもらうの忘れた.......。(ーー;)



目当てのガラス瓶は気になるものが何点かありましたが、これを買わせていただきました。

「神薬」です!(≧▽≦)

口が欠け気味でしたが相場よりも安かったので購入させていただきました。
d0359503_21235288.jpg
もうちょっと絞り込めばよかった。写真がぼけて見える....。(^ω^;)



この〇の中に藥のマーク、ネット上でよく見る神薬だけどどこのだったけ?
d0359503_21235786.jpg


しかし今日は気が付くと大幅に予算オーバーの買い物をしてしまった。

しばらく何も買えない。自粛しなければ....。



ではまた!

( `ー´)ノ


by hiroibito | 2018-10-29 22:30 | 骨董店/古道具屋 | Comments(8)


はい、今回は飲料瓶を少し行ってみましょか! \(^◇^)



まずはみかん水の瓶です。この川で一番よく出るタイプですがエンボスは一切なし。しかし状態はいいですね!
d0359503_22223043.jpg



これまたみかん水です。口がやや欠け気味だけど完器と言っていいでしょ!みかんが三段重なったものは見かけますが二段の物はレアなようです。
ただしこの川ではポツポツと出ます。庶民の(子供たちの)娯楽を語る貴重な近代埋蔵文化財と言っていいんじゃないかな。一本でも多く救出しておきたいですね。(。-`ω-)
d0359503_22223771.jpg

三段とのツーショット! 三段のは買ったものですがやはり自分で見つけた二段の方が愛着がありますね~。(●´ω`●)
d0359503_21203036.jpg



これは小さな乳酸菌飲料?かな。ヤクルトの瓶より小さくて可愛らしいですねぇ。
右のは大きなエンボス入りのラムネ瓶? エンボス文字は「山陽」だと思いますが側面のエンボス入りのはなかなか完器がでないです~。(涙)
d0359503_22224648.jpg

乳酸菌飲料はこんな大きさ。
d0359503_22240777.jpg



ではまた次回!

(・´з`・)~🎵


by hiroibito | 2018-08-30 21:44 | リバーコーミング | Comments(4)